ビンテージ ランタン。 コールマン ビンテージ ランタン 200A 242 and other.

Old Coleman's Factory〜 コールマン社製ヴィンテージランタン・ストーブの販売を行っています。

ビンテージ ランタン

ランタンには使う燃料によってガソリンや灯油、ガス、電池 LED などに分かれています。 ハリケーンランタンは製品として100年を超える歴史があり、灯油を使うランタンの代表的なモデルです。 構造は下部のオイルタンクと炎を覆う「ホヤ」と呼ばれるガラス、発熱する部分のマントル、吊り下げリングなどでできており、内部で空気を循環させることで安定した明るさを持続できます。 ハリケーンランタンのメリットは風に強く安定した灯りが得られることです。 燃料に圧力をかけて使用するランタンは燃焼音がしますが、ハリケーンランタンはほぼ無音なので、静かに揺れる炎を楽しめます。 火力としては強くありませんが、暖房効果も期待できます。 デメリットとしてはほかのランタンと比べて光量が少ないこと。 ハリケーンランタンの明るさは、サイズによっても変わりますが、基本的に手元を照らし、文字が読める程度です。 キャンプサイト全体を明るく照らすメインランタンとしてはやや物足りなさを感じるので、その点は留意しておきましょう。 ハリケーンランタンの選び方 燃焼時間はタンク容量をチェック 高さ約26. 中型サイズのため、テーブルに置いても場所を取りません。 本製品は、本体が黒塗装、ホヤ周りの部品は金メッキされたデザインです。 着火後は金メッキ部分に光が反射し、場の雰囲気を盛り上げます。 素材には、防錆処理された鋼板を採用。 外観がレトロかつおしゃれで、キャンプや自宅での使用に適した製品です。 ガラスの厚みも充分に確保されているので、安心して使用できます。 ホヤは手作りのため、気泡やゆがみなどのバラつきがあるものの、味わい深いのが特徴です。 平芯サイズは4分芯 12mm で、20W程度の明るさ。 タンク容量は約340ml、燃焼時間は20時間に対応しています。 重量も約500gと軽量で、持ち運びやすいおすすめの製品です。 高さ約30. 4cmのハリケーンランタンです。 デイツの「ハリケーンランタン 30 LITTLE WIZARD」とほぼ同じサイズですが、燃焼空間は広め。 安定して燃焼でき、キレイな炎を演出できます。 連続燃焼時間は12時間のため、日帰りのアウトドアシーンや家庭での使用におすすめです。 本体の素材は鋼板を使い、その上にスズメッキや亜鉛メッキを施すことで防錆力を向上しています。 本体の支柱部分はスポット溶接を施しており、高い剛性があるのも特徴。 手作りのホヤは厚みがあり、頑丈なのも嬉しいポイントです。 芯のサイズは5分芯 15mm を採用。 8Wの電球と同等の明るさを得られます。 ハリケーンランタンの雰囲気を楽しむだけでなく、作業用の明かりとしても機能する製品。 重量は約620gで、簡単に持ち運べます。 マットシルバーでレトロな雰囲気を楽しめるモデルです。 本体トップとタンク部には、フュアーハンドのロゴマークなどが表示されていておしゃれ。 明るさは5W、燃焼時間は20時間以上に対応しています。 本製品は燃焼することで、あたためられた空気が上昇。 空気は本体横のパイプを通り、バーナー部分に供給します。 絶えず空気を得られるため、少し強い風が吹いても、安定して燃焼するのが特徴。 アウトドアシーンにぴったりの製品です。 本体は鋼板に亜鉛メッキを施しており、錆びにくい仕様。 高品質ながらも、値段はお手頃に設定されています。 初めてハリケーンランタンを購入する方におすすめの製品です。

次の

ハリケーンランタンのおすすめ9選。アウトドアシーンを彩るアイテム

ビンテージ ランタン

ビンテージキャンプ用品の代表格【ランタン】 キャンパーの間でバースデーランタンが流行中?! 筆者は十数年前に中古住宅に引っ越したのですが、先人が置いて行った倉庫の中で古いオイルランタンを見つけました。 中国製の錆付いた道具でしたが、その古さがキャンプの雰囲気にピッタリで、処分することができませんでした。 今はキャンプに同行させる機会を検討しています。 ランタンは多くのメーカーから出ていますが、中でもコールマンの製品は、ヴィンテージ品が欲しい、憧れるという人がとても多いと聞きます。 メンテナンスの手間がかかる古いランタンになぜ魅了されるのか、その理由を調べてみました。 すると、自分の生まれた年月が刻印されたバースデーランタンを持つことがキャンパーの間で流行していることや、限定モデルがあることなどが分かりました。 筆者も、懐古的なデザインが素敵だなと感じています。 - 2019年 2月月9日午前2時05分PST ビンテージキャンプ用品の入門なら【ジャグ】 サーモス・コールマンなどのブリキやスチールが人気! ジャグは、キャンプ中に使う水を入れておくキャンプ道具で、蛇口を捻ると水が出るアイテム。 ヴィンテージ品ではイグルー、スタンレー、サーモス、コールマンなどのブランドが人気です。 それぞれに個性があり、甲乙が付けられません。 現代の薄いプラスチックではなく、ブリキやスチールの素材に魅力を感じる人もいれば、あえてどっしりとした重量感を楽しむ人もいます。 ヴィンテージ品のファンは、たとえメンテナンスにひと手間かかっても、重くて使い勝手が悪くても、そのデメリットを凌駕する価値を見い出しているんですね。 - 2017年 5月月30日午前6時59分PDT キャンプ用品といえば【テント】 レトロな形やこなれた風合いをビンテージテントで取れ入れよう! キャンプ道具のスタメンであるテント。 いくつも所有しているというキャンパーも少なくありません。 目的地や移動手段などに応じて持って行くテントを変えることもありますが、その中でヴィンテージ品のテントを使っている人を時々見かけます。 色や形が気に入って欲しいと感じても、すでにメーカーが販売を終了していて購入できない物や、埃っぽい雰囲気を醸し出している物や、使用感が感じられるテントに惹かれる…など、欲しいと感じる理由も人それぞれです。 筆者は、ヴィンテージとまではいきませんが、コールマンのクラッシックテントに憧れを抱いています。 どことなくレトロな形とコットンの風合いに魅力を感じています。 - 2019年 1月月21日午後7時30分PST ビンテージ【ストーブ】であなたもキャンプ通! これからの季節使いたいオプティマスの箱ストーブ 寒い時期のキャンプでは、暖を取るためにストーブを持っていくキャンパーがいます。 キャンプ道具としては必需品とまでは言えないストーブですが、ヴィンテージ品の中には意外にも大人気な物があります。 筆者はストーブを持っていないので調べてみたところ、箱ストーブというコンパクトでレトロなストーブを見つけました。 中でもオプティマスというブランドのストーブが人気で、20年以上も同じストーブを使い続けている人もいるほどです。 手入れやメンテナンスの作業時間も趣味の時間として楽しむことができ、ますます愛着が湧く逸品になるのでしょうね。

次の

Old Coleman's Factory〜 コールマン社製ヴィンテージランタン・ストーブの販売を行っています。

ビンテージ ランタン

Coleman 200A Lantern。 1950年代から1980年頃にかけて製造された赤いランタン。 かつてはアメリカの闇夜を照らしていました。 現代ではその秀逸なデザインとカラーで、 リビングやガレージを彩る優れたインテリアとしてコレクションされてはいかがでしょうか。 タンクの底面には製造年月が刻印されており、 オーナーとなられる方の誕生年月と同じ月に製造されたモデルも見つかるかもしれません。 当ショップでは、製造当時のオリジナルな状態を残す事が重要と考えメンテナンスを行っています。 タンクにクラックの入った物、燃焼が不調だった物等は危険ですので修理・販売は行っておりません。 また、タンク内の腐食・異物混入防止のため防塵油を注入後インナーキャップを挿入しています。 大変古いビンテージ品になります、 インテリア、コレクション用にいかがでしょうか。 分解、ポリッシュで美しいブラスの輝きが復活します。

次の