電動 キック スクーター。 Ninebot Kickscooter ES2(ナインボット・キックスクーター・イーエスツー)

電動キックスクーターボードは運転免許が不要なのか?

電動 キック スクーター

電動キックボード Q2 電動スクーター(電動キックボード)は玩具ですか。 A いいえ、 原 動機付自転車です。 原動機のない単なるキックボードは、ローラースケートと同じく「玩具」として扱われますが、電動スクーターは玩具ではなく、原動機付自転車として扱われます。 Q3 販売のうたい文句の「免許不要」は、本当ですか。 A いいえ、 運転免許が必要です。 電動スクーター(電動キックボード)は、道路交通法上、原動機付自転車として扱われますので、道路で走行する場合は、原動機付自転車を運転することができる運転免許が必要になります。 また、原動機付自転車ですから、当然に ヘルメットの着用が必要ですし、 歩道を走行することはできません。 Q4 運転免許があれば、電動スクーター(電動キックボード)で道路を走行してもよいのですか。 A いいえ、走行できません。 電動スクーター(電動キックボード)は、道路運送車両法上も原動機付自転車に当たるため、道路運送車両の 保安基準を満たす必要があり、これらを満たさない場合は、道路交通法の整備不良車運転の違反となります。 また、その他にも 市町村への登録とナンバーの標示、自動車損害賠償責任保険(共済)契約の締結が必要となります。 よって、これらのすべてを満たさなければ、公道での使用は違法となります。 詳細は、をご覧ください。

次の

電動スクーター・キックボードは公道を走ることが可能なのか?

電動 キック スクーター

電動スケーターは充電式。 ハンドルにあるレバーがアクセルで、時速30キロメートルほどで走る(写真:Skip Scooters) アメリカの多くの都市で今、「電動キックスケーター」のシェアリングサービスが人気だ。 現地では「スクーター」とも呼ばれている。 ブームが本格化したのは半年ほど前だ。 背景にあるのが、特に大都市の住民を悩ませる交通渋滞の悪化だ。 サンフランシスコでは、車なら1マイル(約1. 6キロメートル)進むのに30分かかることもあるが、時速24~30キロメートル前後の速度が出る電動スケーターなら5~10分だ。 しかも基本料金は1ドルで、1分につき15セントの使用料を払えばよい。 「より多くの人々が、短時間で環境に負担をかけずに都市の中を移動するには、自転車専用道路(を走る電動スケーター)が最も有望だ」 サンフランシスコのスタートアップ、スキップ・スクーターズの共同創業者であるサンジェイ・ダストアCEOは、今や全米に浸透したライドシェアに代わるエコロジー型シェアサービスだとして、スケーターシェアに期待を込める。 同社は今年2月、首都ワシントンDCでサービスを開始。 すでに当局から営業許可を取得し、今後400台まで提供できる。 歩行者が迷惑をこうむったり、街の景観や安全性を損ねたりしないよう、都市によっては営業許可の申請が必要だ。 駐輪場いらず、QRコードで解錠 電動スケーターが許可されていないニューヨークでは自転車シェアが人気だが、駐輪場が必要だ。 一方、電動スケーターは乗り捨て自由。 GPSが搭載されているため、スマートフォンのアプリ上で場所がわかり、アプリでQRコードを読み取って解錠する。 電動スケーターはハンドル部分に貼られたQRコードをスマホアプリで読み取って解錠する(写真:Lime Bike) ニューヨーク大学リューディン交通センターの副責任者で、都市計画に詳しいサラ・M・カウフマン氏は、街の密集度が高く自転車専用道路も足りないニューヨークでは、走行スペースの確保が難題だと指摘しつつ、同市でもスケーターシェアが認可されるべきと力説する。 「駐輪場が設置されない低所得層の居住地域でも利用できる」(カウフマン氏)。 電動スケーターシェアの3大スタートアップの一角、スピンのユアン・プーン共同創業者兼社長は、新たなビジネスモデルが渋滞に嫌気が差す市民の潜在需要を一気に掘り起こしたと分析する。 同社は自転車シェアが主力だったが、今年から電動スケーターにシフト。 「こちらのほうが、はるかに大きな需要がある。 収益も自転車シェアより多く見込める」(プーン氏)。 すでに南部ノースカロライナ州最大の都市シャーロットなどで営業許可を取得した。

次の

大人用キックボードおすすめ人気ランキング3選|通勤通学・公道OK

電動 キック スクーター

電動スクーター・キックボードのメリットとデメリット まず、メリットとして、ホテルからレストランに行ったり、お土産屋さんに行ったりと、ちょっとした距離を素早く移動する際にとても重宝しました。 バスや地下鉄は待ち時間が発生しますし、タクシーは配車サービスを使ってもすぐに捕まえられないことがありますが、電動スクーター・キックボードの場合、都市の中心部であればアプリから簡単に見つけて、すぐに利用することができます。 一方、デメリットもあります。 たとえば、車輪が小さいため、段差に弱く、バランスを崩しやすいという点です。 自転車道が整備されている場所は安全に運転することができますが、狭い車道を走る場合は注意が必要です。 また、スマートフォンを固定するアタッチメントがない場合、地図アプリを見ながらの運転は非常に危険です。 各国での利用規制はどうなっている? 電動スクーター・キックボードはとても便利なサービスである反面、安全性を担保するために、各国で様々な利用規制が施されています。 米国・カリフォルニア州では、16歳以上の年齢制限があり、運転免許者も必要ですが、18歳以上であればヘルメットの着用は義務付けられていません。 自動車道を含む車道で走行が可能ですが、歩道での走行は禁止されています。 ドイツでは14歳以上の年齢制限がありますが、運転免許は不要で、ヘルメットの着用義務もありません。 自転車専用道に限定され、歩道での走行は禁止されています。 では、日本国内の法規制はどのように定められているのでしょうか? 現在の国内法における電動キックボードの法律的解釈が神奈川県警のホームページにまとめられています。 電動式のモーターにより走行する「電動スクーター」や「電動式キックボード」は、道路交通法並びに道路運送車両法上の原動機付自転車に該当するため、運転免許が必要であることに加えて、次の4つの制約が説明されています。 前照灯、番号灯、方向指示器等の整備 前照灯、番号灯、方向指示器等の構造及び装置が、道路運送車両法の保安基準に適合している必要があります。 適合していない状態で道路を走行すると、整備不良車両運転となり、道路交通法第62条の違反として処罰される場合があります(罰則:3月以下の懲役又は5万円以下の罰金)。 自動車保険への加入 自動車損害賠償保障法に規定する自動車損害賠償責任保険、または、自動車損害賠償責任共済の契約を締結していなければ、運行することができません(罰則:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)。 納税およびナンバープレートの取り付け 地方税法に規定する軽自動車税(市町村税)を納付する義務があり、また、市町村条例により、軽自動車税の納付の際に交付される標識(ナンバープレート)を取り付けなければなりません。 ヘルメット着装など交通法令を守ってください 道路上を走行する場合は、乗車用ヘルメットの着装義務など交通関係法令を遵守しなければなりません。

次の