インスタ 昨日 アクティビティ が ありま した 意味。 インスタグラムで勝手にタグ付けされた…タグの確認と削除方法

インスタで『アクティビティがありました』の意味とは?|インスタグラム使い方

インスタ 昨日 アクティビティ が ありま した 意味

ミュートは、特的のユーザーのストーリーが、自分のタイムラインに表示されるのを防ぐという画期的な機能です。 フォローを外さなくても、タイムラインに流れるのを防げるので、以下から ミュートの設定方法について紹介しますね。 まず、ミュートをかけたい人のストーリーを 長押ししてください。 するとポップアップメニューが表示されるので、 「〇〇さんをミュート」という項目をタップします。 たったこれだけで、選択したユーザーのストーリーは ミュートにされ、自分のストーリー一覧からは消えてしまうのです。 何度もこまめに投稿をしてくる場合、いつも新着の最初に並んでしまい本当に閲覧したいストーリーを見過ごす可能性もあります。 このミュートの設定方法を利用すれば、 ストーリーを非表示にできるので便利ですよ。 2.インスタグラムのストーリーで特定の人にのみミュートを有効にする手順 自分がストーリーを投稿したいとき、 「このフォロワーには見せたくないな」と思う人は多いでしょう。 その人に閲覧されると思うと、とてもじゃないけれどストーリーを投稿する気になれず、一人だけ周囲から置いてけぼりにされる…。 こんな時に有効なのが、ストーリーを閲覧できる人をこちらで制限をかけるというものです。 つまり、 ストーリーを特定の人にのみミュートを有効にする方法があるので、以下から紹介していきます。 まず、ストーリーを閲覧されたくないユーザーのプロフィールページに移動し、画面右上の 「…」をタップしてください。 するとポップアップメニューが表示されますから、 「ストーリーを非表示にする」を選択します。 これで、非表示設定したユーザーには、自分のストーリーを閲覧されることはなくなり、 ミュート機能が有効化されました。 3.インスタグラムのストーリーでミュートを解除するには? 特定の人のストーリーをミュート、あるいは自分が投稿するストーリーを閲覧できないようにする方法を見ていきました。 こうしたミュート機能はとても便利ですが、時間が経過するうちに 「やっぱりミュートを解除したい」と思うこともあるでしょう。 ミュートを解除する方法はとても簡単なので、しっかりと覚えおき、いざという時に使えるようにしたいものです。 特定の人のストーリーを非表示にしていた場合は、その人のストーリーを 長押ししてください。 ポップアップが表示されるので、 「〇〇さんのミュートを解除」をタップすれば、ミュートの解除が可能です。 次に、特定の人に自分のストーリーを表示しないように設定していた機能を解除するには、 相手のプロフィールページへ移動します。 画面右上にある 「…」をタップしてから、 「ストーリーを表示する」を選択すればミュートが解除されます。 先ほどのミュート設定と逆のことをするだけなので、特に難しいと感じるものではないでしょう。 4.インスタグラムのストーリーでミュートしたら相手にバレる? インスタグラムのストーリーで、ミュートという便利な機能が付いていることが分かりましたが、 「ミュートにしたら相手にばれるのでは?」と不安に感じる人もいるでしょう。 相手にミュートにしていることがバレたら、その人との関係が悪化したり、現実世界で知り合いなら気まずい空気になりかねません。 ただ、あなたと共通の知り合いが、ミュートをした人と一緒にいたとき、一方の人のストーリーには表示されるのに、他方には表示されていないことが比較で分かったときはバレます。 インスタグラム側も、そこまでの想定は出来ていないので、ミュートは100%絶対に相手にバレないという訳ではありません。 5.インスタグラムのストーリーでミュートしたユーザーのタイムラインを確認する方法 ストーリーでは特定のユーザーのストーリーをミュートにし、 こちらのタイムラインに表示しない設定が可能です。 ところが、ミュートにした相手のストーリーが、それ以降まったく見れなくなるというのも困りもの。 話題について行けない時などに、相手にミュートしたことがバレてしまう恐れもあります。 インスタグラムは、ミュート設定した後でも相手のストーリーについては、問題なく閲覧ができるので覚えておきましょう。 ミュートにしても相手のストーリーを見るには、まずストーリーを見たい人の プロフィール画面を開いてください。 そして プロフィールの画像アイコンをタップします。 これで、相手のストーリーが更新されているなら、その場で確認ができるでしょう。 6.インスタグラムのタイムラインをミュートにするやり方 インスタグラムのタイムラインは、フォローしている人が多ければそれだけ 最新投稿がタイムラインにどんどん追加されていきます。 少しでも閲覧を怠ると見るのが大変になるほどですし、1日にいくつも投稿するユーザーがいると、本当に知りたい情報を見つけるのに苦労…。 かといってブロックやフォローを外すのは、気まずい関係になる恐れがあるので、中々行動に移せない場合もあるでしょう。 そんな時にあったら便利なのが、 「特定の人のタイムラインをミュートにする」という機能です。 他のSNS、たとえばツイッターなどではお馴染みのミュートですが、ストーリーには追加されているもののタイムラインには適用されません。 つまり、タイムラインをミュートにする方法は、残念ながら存在しないのです。 以前は 専用アプリをストアでダウンロードすることで、ミュートに似た状態にできましたが、そのアプリは消えてしまいました。 残念ながら特定のユーザーのタイムラインをミュートにすることは、インスタグラムの仕様が変更されない限りは無理です。 インスタグラムのミュートまとめ ここでは、 インスタグラムに用意されている様々なミュートを使いこなす方法などについて紹介していきました。 インスタグラムのストーリーには、ミュート設定が用意されており 相手のストーリーを非表示にしたり、 特定の人に自分のストーリーを見せない設定も可能です。 ただし、タイムラインに関してはミュート機能が用意されていないので、毎日いくつも投稿するユーザーは我慢するしかありません。 今後もインスタグラムのユーザーは増加すると考えられるので、ミュート機能がさらに充実してくれることを期待したいですね!.

次の

【インスタ】オンライン機能でバレる!非表示(オフ)の方法

インスタ 昨日 アクティビティ が ありま した 意味

インスタグラムでは『アクティビティ』という機能があります。 アクティビティとは元々は自分がフォローしている人やフォロワーの行動によって表示される機能で、インスタアプリの画面下にある『ハートアイコン』をタップすると表示される情報がアクティビティと呼ばれていました。 』といった情報や、フォローしている人が他の人をフォローしたりコメントを書いたりすると表示される内容です。 上記のような情報をアクティビティと呼ばれていたのですが、いつの間にかアクティビティという表示もなくなってアクティビティの意味も少し変わってきたようです。 現在では友達やフォロワーのオンライン状態がわかる機能の中にもアクティビティという言葉が使われていますよね。 インスタではどのような意味でアクティビティが使われているのか改めてまとめてみました。 元々、アクティビティとは『活動』や『行動』という意味があり、IT用語的に見ると以下のようにまとめられています。 アクティビティとは、一般的には「活動」や「活気」といった意味の英語である。 IT用語としては、FacebookやTwitterをはじめとするソーシャルメディアにおいて、ユーザーの最近の活動状況を表す語として用いられることが多い。 参照: つまり、いいねやコメントやシェアやリツイートといった行動自体は全てアクティビティと呼ばれているのです。 2018年以降のインスタではオンラインやログイン時間が相手にバレる機能でアクティビティという言葉が使われています。 SNSにおける基本的な行動をアクティビティと呼んでおり、インスタの場合はそれらの行動に加えて、ログインしている事で『アクティビティがありました』という扱いになっている感じですね。 また、インスタの利用時間がわかるアクティビティ項目や、セキュリティ対策用のログインアクティビティといったものも追加されています。 『昨日アクティビティがありました』の場合は、上記でも解説したようにインスタを放置してから日付が変わっている状態。 『オンライン中』の場合は、リアルタイムでインスタを利用している(操作している)状態です。 更に細かくアクティビティの表示が変わる時間をまとめると以下のような感じになります。 アクティビティとアクセスという表現が似ているのでどういう違いがあるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。 私自身も個人的に気になったので詳しく調査してみました。 『今日(昨日)アクティビティがありました』という表示はiphoneで見た時に表示され、『今日(昨日)アクセスがありました』という表示はandroidで見た時に表示されるようです。 実際に同じアカウントを使ってiphoneとandroidでDM画面の確認をしてみました。 iphoneでDM画面を見た時 上記を見てもわかる通り、同じアカウントでもiphoneで見ると『アクティビティがありました』という表示なのに対し、androidで見ると『アクセスがありました』と表示されています。 つまり、『アクティビティがありました』と『アクセスがありました』は表現が違うだけで同じ意味という事になります。 自分のプロフィール画面にアクセスがあると『今日アクセスがありました』という表示になるといった情報もありましたが、そういうわけではなかったようです。 プロフィールの閲覧に関係なく、『アクティビティがありました』も『アクセスがありました』も同じ意味で、単純にそのユーザーのログインが確認できた状態と認識すれば良いでしょう。 ・いいねやコメントをキャンセルする ・フォロワーを削除する ・フォロワーをブロックする 例えば、特定のいいねやコメントをフォロワーに見せたくない時には、それらをキャンセルするとアクティビティ表示も自動的に削除されます。 また、フォロワー自体を削除したり相手をブロックすればその相手にはアクティビティを見られません。 少し例外的なやり方ですが、上記のような方法を使えばいいねやコメントのアクティビティを消す事も可能です。 個人的にはいいねやコメントなどのアクティビティはあまり見る事も少ないので消さなくても気にする必要はないかなぁと思ったりします。 それにフォローしている人のいいねが全て表示されるので、自分のアクティビティなんてすぐに流れてしまうという理由もあるので。 とりあえず、どうしても気になる時にだけこういう方法で消す事が出来ると覚えておくと良いでしょう。 ・インスタと他のアプリ連携を解除する ・インスタのパスワードを変更する インスタと他のアプリを連携させていたりすると知らない場所からログインされてログインアクティビティに表示される可能性があります。 特にインスタ非公式アプリなどでログインが必要なアプリを利用しているとログインアクティビティに影響があるようです。 アプリ連携なので乗っ取りなどではないでしょうが、アカウント連携はセキュリティ的な影響が多少はあるという事を覚えておくと良いでしょう。 他のアプリとの連携を解除したり、パスワードを変更する事でそういった知らないログインを防ぐことができます。 パスワードの変更やリセットは以下で詳しく解説してるので参考にして下さい。 関連リンク• このページで解説したログイン時間がわかるアクティビティステータスもそうですが、ストーリーやライブ配信の足跡機能、そしてDMのスクショ通知機能などもそうですよね。 関連リンク• 自分の行動が相手にバレるというのはどうも気になってしまいます。 筒抜けになっているような気がして気兼ねなく楽しむ事ができないという方も多いのではないでしょうか。 世界中で使われているインスタですが、こういった通知機能が今後も増えてくるとユーザーが離れてしまう可能性もありそうです。 facebook離れやsns離れといったキーワードもよく聞きますが、数年後にはインスタ離れという言葉が普通に使われているかもしれませんね。 一人のインスタファンとして、そうならないように更にインスタが楽しく発展していく事を期待したいです。

次の

インスタのマークの意味は?徹底解説まとめ【完全版】

インスタ 昨日 アクティビティ が ありま した 意味

アクティビティステータス機能について 自分以外の他のユーザーがインスタグラムアプリにログインした日時がわかる機能です。 ログイン時間がわかるのは、フォローしているユーザーとメッセージ送信相手に表示されます。 (自分から見ると、フォローされているユーザー、メッセージが送られてきたユーザーのオンライン情報がわかります) DM(Direct)のユーザー一覧画面で確認できます。 「オンライン中」や「20分前にオンライン」と表示し、他のユーザーのオンライン状況を見れます。 オンライン中のユーザーは、プロフィールアイコンに緑色の丸いマークが付くようになりました。 こちらは、DM一覧画面およびストーリー視聴者一覧画面でプロフィールアイコンに表示します。 ・ 表示している時間やオンライン中の表示に誤差はないのか ・ オンライン状況(最終ログイン)の確認方法 Instagramアプリを起動させて、右上の【紙飛行機のマーク】をタップして、ダイレクトメッセージの画面を表示させると、過去にメッセージをしたことのあるユーザーが表示します。 ダイレクトの画面だけでなく、ストーリーズの投稿時の宛先選択時に表示するユーザー一覧の画面でもオンライン状況が表示します。 下方向にスクロールすると、「アクティビティのステータスを表示」の設定項目があります。 この設定をオフにすると、自分のアクティビティ(最終ログイン時間)が非表示になります。 自分の設定をオフにしていると相手のアクティビティも表示しなくなります。 アプリバージョン57. <設定をオフにした時の表示はどうなるのか?> 最後にメッセージした内容とメッセージをした日時が表示します。 最終ログイン時間が表示しない原因は 相手がいつログインしたかアクティビティステータスが表示していないユーザーがいる場合、いくつかの原因が考えられます。 条件を満たしていない メッセージを受け取った(送られてきた)事がある、またはフォローされている場合に閲覧できます。 アクティビティが非表示設定になっている アクティビティのステータスの表示設定がオフになっている場合、閲覧することができません。 相手、自分どちらかがオフになっていると表示しません。 設定方法は「最終ログインの時間を非表示にしたい(上記)」の通りです。 長期間ログインしていない アクティビティステータスの機能が追加されてからインスタグラムアプリにログインしていないユーザーについては、オンライン状況が表示しないようです。 まだ利用できないアカウントである DM画面の全てのユーザーが表示していない場合は、自分のアカウントに機能が反映していない可能性があります。 徐々に利用できるように拡大しているようですが、まだ使えない(表示しない)アカウントもあります(2018年1月23日時点)。 その場合は、しばらく様子を見て下さい。 アプリバージョンが古いバージョンになっている場合は、最新バージョンにアップデートしておきましょう。

次の