いつのまにかここにいる 主題歌。 岩下力監督インタビュー 映画「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」

乃木坂46ドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる』がBlu

いつのまにかここにいる 主題歌

解説 人気アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。 前作から4年ぶりとなる今作では、初のシングルミリオンセールスや日本レコード大賞受賞を果たした2017年、史上初の明治神宮球場&秩父宮ラグビー場での2会場同時ライブ開催やレコ大2連覇を成し遂げた18年、そしてエースであり絶大な人気を誇ったメンバーの西野七瀬が卒業し、新たな時代を迎えた19年と、近年のグループの歩みをメンバーたちの証言でつむぎ、少女たちが抱える心の葛藤や成長を、これまでにないほどの親密な距離感で描き出していく。 監督は、乃木坂46のライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像などを手がけてきた岩下力。 2019年製作/120分/G/日本 配給:東宝映像事業部 スタッフ・キャスト Powered by• 2019年• 2015年 「DOCUMENTARY of」シリーズ関連作品• 2020年• 2019年• 2016年• 2016年• 2016年• 2015年• 2015年• 2014年• 2013年• 2011年• 2010年 いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の

乃木坂46の軌跡|『いつのまにか、ここにいる』を見て思うこと

いつのまにかここにいる 主題歌

主演はテレビドラマシリーズに引き続き中島健人が務めた。 乃木坂46メンバーでこの作品に出演したのは、橋本奈々未、生駒里奈、桜井玲香、高山一実、若月佑美、能條愛未、松村沙友理、秋元真夏、伊藤万理華、伊藤寧々、白石麻衣。 【乃木坂46 出演映画】『死の実況中継 劇場版』 2014年4月19日公開。 「乃木坂46」のメンバーが主演したホラー映画を3カ月連続公開する3作品の第1弾。 能條愛未が主演を務めている。 【乃木坂46 出演映画】『デスブログ 劇場版』 2014年5月24日公開。 「乃木坂46」のメンバーが主演したホラー映画を3カ月連続公開する3作品の第2弾。 中田花奈が主演を務めている。 【乃木坂46 出演映画】『杉沢村都市伝説 劇場版』 2014年6月28日公開。 「乃木坂46」のメンバーが主演したホラー映画を3カ月連続公開する3作品の第3弾。 伊藤寧々が主演を務めている。

次の

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46

いつのまにかここにいる 主題歌

1時間59分 音声:日本語 乃木坂46に訪れた季節の変わり目の物語 前作『悲しみの忘れ方』から4年、乃木坂 46 待望のドキュメンタリー第2弾。 結成から7年目を迎えた2018年9月。 22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野七瀬の口から自身の卒業が明かされた。 いつまでも変わらないと信じていた、しかしいつか失ってしまうとわかっていた、戸惑うメンバーたち。 エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出る少女たちの心の葛藤と成長をこれまでにない親密な 前作『悲しみの忘れ方』から4年、乃木坂 46 待望のドキュメンタリー第2弾。 結成から7年目を迎えた2018年9月。 22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野七瀬の口から自身の卒業が明かされた。 いつまでも変わらないと信じていた、しかしいつか失ってしまうとわかっていた、戸惑うメンバーたち。 エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出る少女たちの心の葛藤と成長をこれまでにない親密な距離感で、物語はつむがれていく。 監督は、話題のCMやドキュメンタリーを数多く手掛ける、いま注目を集めるクリエーター、岩下力。 乃木坂46関連ではこれまで、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物。 だからこそ、先入観や遠慮や忖度などは一切なく、興味の赴くまま、停止線の向こう側へも立ち入り、知りたい質問をメンバーに投げかけ、監督の気がすむまで彼女たちの傍らに寄り添った。 そうして彼女たちの本音はもちろん、表情や息づかいの変化にいたるまで、余すことなくカメラに収めることに成功した。 これは、あなたがまだ知らない、大切な人が変わり行く物語。 あらすじ 前作『悲しみの忘れ方』から4年、乃木坂 46 待望のドキュメンタリー第2弾。 結成から7年目を迎えた2018年9月。 22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野七瀬の口から自身の卒業が明かされた。 いつまでも変わらないと信じていた、しかしいつか失ってしまうとわかっていた、戸惑うメンバーたち。 エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出る少女たちの心の葛藤と成長をこれまでにない親密な距離感で、物語はつむがれていく。 監督は、話題のCMやドキュメンタリーを数多く手掛ける、いま注目を集めるクリエーター、岩下力。 乃木坂46関連ではこれまで、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物。 だからこそ、先入観や遠慮や忖度などは一切なく、興味の赴くまま、停止線の向こう側へも立ち入り、知りたい質問をメンバーに投げかけ、監督の気がすむまで彼女たちの傍らに寄り添った。 そうして彼女たちの本音はもちろん、表情や息づかいの変化にいたるまで、余すことなくカメラに収めることに成功した。 これは、あなたがまだ知らない、大切な人が変わり行く物語。 ドキュメンタリーとしては正直0点に近い。 これまで比較的良質なドキュメンタリーしか見てこなかったからだろうけど嫌な部分がめちゃくちゃ目立った。 それでも一期生が大勢いた乃木坂が見れるので素晴らしいことですけどね。 凄さが伝わる。 お見立て会?でさっそく武道館とかさすがトップアイドル… ・大薗桃子さんのインタビューは凄く良かった。 彼女の泣き虫キャラの裏にある努力や覚悟の強さを感じておお、となった。 ・西野七瀬の卒業が中心になってるので、彼女が好きなので楽しかった。 高山さんと西野さんの関係性がいい。 アイドルってこんな風に感じるのか…と思った。 ・ダンスシーンを捉えた描写はどれもけっこうエモくてお別れムードが出てて素敵。 ・夜にビルの向こうから本番前の自主練の様子をとらえたやつはめっちゃ良い。 冒頭から『いや』と感じる要素が多い。 かつ、新参者向けのドキュメンタリーという感じでもない。 『白石さんの代役は誰にでも務まるものではない』て白石麻衣知ってる前提だしね。 考えられてなさが嫌。 こんな風に乃木坂の関係性をファンが承知の上で見ている前提で描かれる描写が多いのに新規の様な立ち位置で取材側のモノローグが始まる違和感。 ・ひとつに、冒頭から『集団だと分からないので個別に聞いて行くことにした』というインタビュー方法の謎の提示があるのだけど、個別に聞くにも人気メンバーに聞いていってるようにしか見えない。 それなら主要メンバーに…とか言ってもインでは? ・全員仲がいい、なんてことあるんだろうか?みたいなモノローグが流れて斎藤飛鳥が1人ポツンと食堂で食事するシーンが映るんだけど、そのあとが『もうちょっと話し掛けやすい人に話しかけてみました』って…なめとんか!!?笑 その後で再取材のシーンがあるにしても、なら初めに気にかかる描写を入れるべきじゃない。 ・多分取材してる監督が乃木坂ファンなんだろうけど、間口を広く撮りたいのかそれを隠して『このアイドルたちをどう撮ればいいのか分からなかった』『アイドルドキュメンタリーの魅力は少女の成長譚、彼女たちはもう成長しきってる』という立ち位置を取るのでゴチャついてた。 カッコつけんな!てなる笑。 あと単純にこの映画の魅力はこうなるはずだ〜って語る映画はダサすぎる。 ・監督の主観が入り込みすぎてる。 冒頭あたりはもう完全にノイズでしかない。 主観メンバーしか撮らないことを伝えない感じや、取材スタイルを何故か誤魔化す姿勢が垣間見えて彼女たちの物語自体への導入をかなり阻害してて大変勿体なかった。 ただ後半は気にならなくなる、けど、それも導入がもっと上手く行ってれば没入感があったと思う。 とにかく冒頭にすごく違和感を感じた…• 西野さんにしろ飛鳥さんにしろ、拙いながらではあるけど自身の考えや感情を自分の言葉で伝えようとしている部分にはとても好感を持てます。 アイドルを続けると自分の歩む道が正しいのか分からなくなる時もある。 そしてかつての乃木坂が変わっていく中、彼女達はどうやって自分自身と乃木坂に向き合っていくのか。 その答えは環境は変わってもその中に変わらないものを見つけて折り合いをつけることなんじゃないかな…と。 飛鳥さんの心の予防線の話と同窓会に行って庶民の方々と過ごすシーンが新鮮ですごく良かったです。 一般人とアイドルは住む世界が違うという事とその一般人に同化する事はもはや不可能である事に気付いた飛鳥さんの表情が切なかったです。

次の