じゃがいも えぐみ。 じゃがいも・えぐみの取り方を徹底解説!レンジで茹でると簡単?

ゆでたじゃがいもが苦い!食べても大丈夫?毒? 原因と対処法

じゃがいも えぐみ

もくじ• html じゃがいもには多くの野菜のように、この時期に植え付けてこの時期に収穫をすると言うような、綿密な収穫スケジュールはありません。 植付けてから約3ヶ月、具体的な期間を言いますと90日から100日前後という時期だけ守ってもらえれば大丈夫です。 この時期のじゃがいも、 春じゃがいもの場合は2月から3月上旬までに植え付けて、5月から6月上旬の梅雨入り前に収穫するというスケジュールが多いです。 九州では、6月に入るとすぐ収穫するそうです。 梅雨時期の収穫は、じゃがいもが病気に侵されたり、腐敗しやすくなるので、梅雨入り前に収穫するのが最適です。 収穫は早めに! 100日近くなったら、なるべく早く収穫して下さい。 収穫が遅れれば表面が傷んだり、ネズミや昆虫、モグラなどに傷付けられたり腐敗や病気のリスクも高まります。 また、じゃがいもは連作障害も起こしやすいので、同じスペースで何度も育てている場合は収穫時期の見極めに充分注意しなければなりません。 収穫のタイミング この時期、じゃがいもと言えば、2つタイプのじゃがいもがありますよね。 1つは通年美味しく食べられる、ゴロゴロと大きなじゃがいも。 そしてもう1つ、小振りで皮が薄い新じゃが。 通常のじゃがいもを収穫するか、新じゃがを収穫するかでタイミングが変わってきます。 じゃがいもの好みや量に応じて、収穫のタイミングを見極めて下さい。 このタイミングで収穫できる新じゃがは、まだ未熟なじゃがいもなので小さめで水分が多く、加熱するとねっとりした食感になります。 また、皮が薄く茹でれば手で擦ってすぐに剥けますし、皮ごと食べる事もできます。 しかし、水分量が多いので、通常のじゃがいもより日持ちはあまり長くないです。 量が少なく、すぐに使い切れるならば、全て新じゃがとして収穫するのも、また面白いです。 葉や茎が枯れてきたら、じゃがいもが完全に成長したサインです。 通常のじゃがいもはデンプン質が多く、加熱するとホクホクとした食感になります。 また、皮が厚く水分量も少なめせ、保存性が高いです。 量が多くて使い切れそうになかったり、直ぐに使う予定がない場合はこのタイミングでの収穫がおすすめです。 収穫は晴天続きの日 雨天時、雨天翌日は土が湿って柔らかくべちゃべちゃです。 そのような状況では、じゃがいもが掘り起こし辛く、著しく作業効率が落ちます。 更に、じゃがいもは必要以上に水分を含むと腐敗しやすくなり、日持ちも悪くなります。 作業効率を上げ、じゃがいもを長持ちさせる為にも、収穫は 2、3日晴天が続いて、土が乾いてから行って下さい。 ・ 芽かき 芽の長さが20cm位まで成長したら、よく育っている芽を1本か2本だけ残します。 この時、種いもごと引き抜かないように、茎の根元を押さえて、引き抜いて下さい。 何本も芽を残しておくと、栄養分が分散して小さなじゃがいもが多くなります。 大きいじゃがいもを収穫したい、短期間で集中的に栽培したい。 そんな考えを持っている方々には必須の作業です! ・ 花を摘んでおく れんこんなどの根菜類と同じように、じゃがいもも花を咲かせる時にはエネルギーを消費します。 そのエネルギーは、じゃがいもの栄養分を使って作り出します。 花が咲く時期はじゃがいもが太り始める時期でもあります。 その為、じゃがいもの栄養分が開花に奪われ、 大きいじゃがいもが育ちにくく、旨みやホクホク感も弱くなります。 花は綺麗で勿体ないですが、見付けたら摘み取って下さい。 ・ 試し掘りをする 収穫のタイミングを見極めたら、土を掘り返してじゃがいもが実っているかを確認してみます。 まだ小さいなと思ったら、土を戻して育つまで待ちます。 収穫方法 じゃがいもが育って、収穫日を決めたら、いよいよ収穫していきます。 収穫は、次のような手順で行っていきます。 ・ 茎を束ねる 大きく育ったじゃがいもの茎の根元をしっかり持って、そのまま束ねます。 ・ 引き抜く 茎の根元を束ねたら、少しずつ蔓を引き抜いていくと、じゃがいもが掘れます。 引き抜いた後も土を掘っていき、じゃがいもを掘り当てていって下さい。 これぞ正に芋づる式です。 次に紹介するじゃがいもが掘り起こされた場合は、取り除いて下さい。 ・ 未熟なじゃがいも 収穫してみると、中には小さい未成熟のじゃがいもが出てくると思います。 そう言ったじゃがいもは、葉っぱと一緒に潔く捨てて下さい。 と言うのも、未成熟のじゃがいもには ソラニンやそれに類いする物質が多く含まれています。 ソラニンは加熱しても死滅しないので、そのまま体内に入ると腹痛や吐気、症状が重いと呼吸困難になったりして、害を及ぼします。 蔓を引き抜いて、 2cm以下のじゃがいもが出てきたら、それは収穫せずに捨てて下さい。 ・ 傷が多い 腐敗してはしてなくても、 傷が目立つじゃがいもの収穫は避けて下さい。 多少は仕方ないですが、余りにも傷が多いと、その部分に雑菌が付着して入り込むと、腐敗させる恐れがあります。 表面が乾燥してないと腐敗の原因にもなりますし、あまり日持ちがしないです。 土が付いているからと言って、調理直前までは 洗ったりもしないで下さい。 じゃがいもの保存場所 表面を乾燥させて、じゃがいもを保存していきますが、その時は次の条件が当てはまる場所に保存して下さい。 ・ 光の当たらない場所 じゃがいもに長時間光が当たると、水分が抜けて シワシワになったり、光合成をして 皮が緑色に変色します。 緑色に変色する緑化が進むと、芽が育ってソラニンやえぐみの原因になるアルカロイドが合成されて、じゃがいもの質が落ちたり食べられなくなります。 ・涼しい場所 じゃがいもは冷涼な気候を好む作物なので、収穫後も似た温度の下で保存して下さい。 具体的なじゃがいもの保存方法 難しくなってしまいましたが、下のような方法で保存している家庭が多いようです。 ・ コンテナや段ボールに入れて蓋をして保存 場所は1番光が当たらない、玄関や台所が多いようです。 ・倉庫の棚を網で囲って保存 網をしないとネズミが寄ってくるそうです。 ・ 冷蔵庫で保存 春先は常温でも大丈夫ですが、梅雨前後からは新聞紙に包んで冷蔵庫か、野菜室での保存が多いようです。 この環境下で保存すれば、通常のじゃがいもならば 最低でも1ヶ月、より整っていれば 数ヶ月は保存が可能となります。 新じゃがの場合は 最低で2週間から3週間、長くて2ヶ月程度です。 因みに、私の実家にじゃがいもが送られてきた時は、新聞紙を敷いた段ボールを蓋して台所に置くか、野菜室に入れて保存していました。 その上、デンプン質も壊れてホクホク感がなくなってモソモソして、 味や食感が落ちます。 じゃがいもの状態をチェックする 春じゃがいもは梅雨入り前後の多湿と気温の上昇が重なるので、どうしてもじゃがいもが 腐敗しやすくなったり、芽が育って伸びてきます。 貯蔵している中に腐敗したじゃがいもが1つでもあると、そこから雑菌などが大量に繁殖します。 すると、無事なじゃがいもまで腐敗し、貯蔵分全てが腐るなんて事態も起こる可能性があります。 腐敗したじゃがいもは、一目見れば明らかに腐っていると解りますし、異臭もします。 そんなじゃがいもを見付けたら、速やかに取り除いて、処分して下さい。 また、芽が育つと、それだけエネルギーを消費して、じゃがいもから栄養分が取られてしまうので、萎びたりしてじゃがいもの質が徐々に低下してきます。 伸びてきた芽は取り除いて、エネルギーの消費を防いで下さい。

次の

じゃがいものえぐみの原因は?対処法と簡単にえぐみを防ぐ方法を解説

じゃがいも えぐみ

じゃがいもを水にさらす意味を知っていますか?じゃがいもは調理の下ごしらえとして水にさらすのが基本といわれていますが、なぜ下ごしらえとして水にさらす必要があるのでしょうか? 料理の際に流れとして水にさらしてはいたものの、水にさらす意味を知らない人も多いのではないでしょうか。 今回はじゃがいもを水にさらす意味や正しいじゃがいもの水にさらす方法などを紹介します。 水にさらす時間や調理方法、保存方法などもまとめました。 これをみれば、じゃがいもの調理がきっと今までより美味しくできるはずです。 料理の定番食材、外せない食材として知られるじゃがいもですが、水にさらすなどのポイントをおさえるだけでさらに美味しいじゃがいも料理を作ることができます。 水にさらす意味を知ってじゃがいも料理をする際の参考にしてみてください。 じゃがいもを下ごしらえとして水にさらす 理由の一つ目は、変色を防ぐことができるからです。 じゃがいもはアクをもっている野菜です。 このアクによって切ったままじゃがいもを放置しておくと、酸化して、褐色や茶色に変色してしまう場合があります。 茶色く変色してしまうと、せっかくのじゃがいも料理も美味しく見えません。 料理は味も大事ですが、見た目も大事です。 煮込み料理などはあまり目立ちませんが、 炒め調理を行う際にはじゃがいもの変色が目立ってしまうこともあります。 炒め調理をする場合は特にじゃがいもは水にさらすようにしてアク抜きをし、変色を防ぎましょう。 水にさらすことは料理の見た目がとてもよくなる意味をもっています。 じゃがいもを下ごしらえとして水にさらす理由の二つ目は でんぷんを洗い流すことができるからです。 じゃがいもは切ると、でんぷん質がでてくる野菜です。 このでんぷん質は熱が加わるとノリ状になって固まってしまうものなのです。 じゃがいも同士が炒めているときにくっついて困ったという経験がある人もいるのではないでしょうか。 じゃがいもが同士がくっついてしまうのはこのでんぷんが理由です。 片栗粉はじゃがいもからできていますが、水に溶くと料理に粘りを加える効果があります。 これはじゃがいものでんぷん質によるのが理由です。 でんぷんは加熱するともったりする特徴があります。 これを洗い流すのが水にさらす意味です。 特に 炒める調理方法を使う時には水にさらすのがおすすめです。 じゃがいもの炒め料理を作るときに水にさらすと、シャッキとしてくれるのが水にさらす理由です。 カレーやシチューなどの煮汁がたくさんある調理のときには水にさらす必要はありません。 また、 皮つきのまま切って使うときには水にさらすことはせず、さっと洗い、切り口のでんぷんを洗い流すくらいでも大丈夫です。 まず、包丁を使ったじゃがいもの皮のむき方です。 包丁を使ってじゃがいもの下ごしらえをする場合には、 最初に皮をぐるっと一周むいていきます。 その次に両側の残った皮も順番にむいていきます。 その後、じゃがいもの芽などがあれば包丁の下のあごの部分を使ってえぐり取るようにします。 じゃがいもの芽はきれいに取り除きましょう。 なぜじゃがいもの芽を取り除くかというと、 じゃがいもの芽には ソラニンという毒が含まれているからです。 毒素なので体に入ると悪影響があります。 これがじゃがいもの芽をしっかりと取り除く理由です。 また、包丁ではなく、ピーラーを使ってじゃがいもの下ごしらえをする方法もあります。 包丁よりもピーラーの方が時間がかからず簡単にじゃがいもの皮をむくことができます。 ピーラーがある場合はピーラーを使って皮をむくのもおすすめです。 ピーラーの場合も包丁の下ごしらえと同様、毒素を取り除く意味でじゃがいもの芽はきっちりとえぐり取りましょう。 じゃがいもに切り方にはさまざまな切り方があります。 大きさをそろえるように 4等分に切ったり、輪切りにしたり、半月切り、いちょう切りにしたりする方法があります。 細く長さを合わせて切る 拍子切りや細かく切ったさいの目切りなどの切り方もあります。 肉じゃがやカレー、スープや粉ふきいもには一口大に切る方法、4つ切りなどが合います。 また、輪切りはじゃがいものソテー、グラタンなどの調理法がぴったりです。 半月切りは味噌汁などの汁ものによく使われます。 いちょう切りは炒め物や汁ものに使われる方法です。 拍子切りはみそ汁や炒め物におすすめです。 さいの目切りは他の食材もじゃがいもと同じサイズにしてサラダや炒め物に使われます。 自分の好みに合わせてじゃがいもの切り方を工夫してみてください。 じゃがいもは基本的に水から煮るといわれています。 これはなぜかというと、 水から煮ることで煮崩れしにくくなるからです。 ではなぜお湯から煮るといけないのでしょうか?水から煮ずに沸騰したお湯からじゃがいもを煮ると、 表面から煮えて、表面が煮えたときは中は生のままという状態になります。 中まで煮ようとすると、表面が煮すぎてしまって煮くずれを起こしてしまうのです。 そのため、 じゃがいもを煮くずれさせたくない場合は、水から煮るのがおすすめです。 コトコトとじっくり水から煮ることで煮崩れしにくいじゃがいもに仕上げられます。 皮つきの場合でも皮をむいた場合にも水からコトコトと煮るのは同じです。 水から煮て、沸騰したら中火~弱火くらいまで火を弱めます。 その後コトコトと煮ていきましょう。 ちなみに 土から下に生えてできた野菜は水から煮る、葉物野菜などの土から上に生えてできた野菜は沸騰したお湯から煮るのが基本です。 覚えておくと便利です。

次の

じゃがいもの毒性はどのくらい強いのでしょうか?|北海道のこだわり旬野菜のネット通販サイト/シエラ ファーマー

じゃがいも えぐみ

もくじ• html じゃがいもには多くの野菜のように、この時期に植え付けてこの時期に収穫をすると言うような、綿密な収穫スケジュールはありません。 植付けてから約3ヶ月、具体的な期間を言いますと90日から100日前後という時期だけ守ってもらえれば大丈夫です。 この時期のじゃがいも、 春じゃがいもの場合は2月から3月上旬までに植え付けて、5月から6月上旬の梅雨入り前に収穫するというスケジュールが多いです。 九州では、6月に入るとすぐ収穫するそうです。 梅雨時期の収穫は、じゃがいもが病気に侵されたり、腐敗しやすくなるので、梅雨入り前に収穫するのが最適です。 収穫は早めに! 100日近くなったら、なるべく早く収穫して下さい。 収穫が遅れれば表面が傷んだり、ネズミや昆虫、モグラなどに傷付けられたり腐敗や病気のリスクも高まります。 また、じゃがいもは連作障害も起こしやすいので、同じスペースで何度も育てている場合は収穫時期の見極めに充分注意しなければなりません。 収穫のタイミング この時期、じゃがいもと言えば、2つタイプのじゃがいもがありますよね。 1つは通年美味しく食べられる、ゴロゴロと大きなじゃがいも。 そしてもう1つ、小振りで皮が薄い新じゃが。 通常のじゃがいもを収穫するか、新じゃがを収穫するかでタイミングが変わってきます。 じゃがいもの好みや量に応じて、収穫のタイミングを見極めて下さい。 このタイミングで収穫できる新じゃがは、まだ未熟なじゃがいもなので小さめで水分が多く、加熱するとねっとりした食感になります。 また、皮が薄く茹でれば手で擦ってすぐに剥けますし、皮ごと食べる事もできます。 しかし、水分量が多いので、通常のじゃがいもより日持ちはあまり長くないです。 量が少なく、すぐに使い切れるならば、全て新じゃがとして収穫するのも、また面白いです。 葉や茎が枯れてきたら、じゃがいもが完全に成長したサインです。 通常のじゃがいもはデンプン質が多く、加熱するとホクホクとした食感になります。 また、皮が厚く水分量も少なめせ、保存性が高いです。 量が多くて使い切れそうになかったり、直ぐに使う予定がない場合はこのタイミングでの収穫がおすすめです。 収穫は晴天続きの日 雨天時、雨天翌日は土が湿って柔らかくべちゃべちゃです。 そのような状況では、じゃがいもが掘り起こし辛く、著しく作業効率が落ちます。 更に、じゃがいもは必要以上に水分を含むと腐敗しやすくなり、日持ちも悪くなります。 作業効率を上げ、じゃがいもを長持ちさせる為にも、収穫は 2、3日晴天が続いて、土が乾いてから行って下さい。 ・ 芽かき 芽の長さが20cm位まで成長したら、よく育っている芽を1本か2本だけ残します。 この時、種いもごと引き抜かないように、茎の根元を押さえて、引き抜いて下さい。 何本も芽を残しておくと、栄養分が分散して小さなじゃがいもが多くなります。 大きいじゃがいもを収穫したい、短期間で集中的に栽培したい。 そんな考えを持っている方々には必須の作業です! ・ 花を摘んでおく れんこんなどの根菜類と同じように、じゃがいもも花を咲かせる時にはエネルギーを消費します。 そのエネルギーは、じゃがいもの栄養分を使って作り出します。 花が咲く時期はじゃがいもが太り始める時期でもあります。 その為、じゃがいもの栄養分が開花に奪われ、 大きいじゃがいもが育ちにくく、旨みやホクホク感も弱くなります。 花は綺麗で勿体ないですが、見付けたら摘み取って下さい。 ・ 試し掘りをする 収穫のタイミングを見極めたら、土を掘り返してじゃがいもが実っているかを確認してみます。 まだ小さいなと思ったら、土を戻して育つまで待ちます。 収穫方法 じゃがいもが育って、収穫日を決めたら、いよいよ収穫していきます。 収穫は、次のような手順で行っていきます。 ・ 茎を束ねる 大きく育ったじゃがいもの茎の根元をしっかり持って、そのまま束ねます。 ・ 引き抜く 茎の根元を束ねたら、少しずつ蔓を引き抜いていくと、じゃがいもが掘れます。 引き抜いた後も土を掘っていき、じゃがいもを掘り当てていって下さい。 これぞ正に芋づる式です。 次に紹介するじゃがいもが掘り起こされた場合は、取り除いて下さい。 ・ 未熟なじゃがいも 収穫してみると、中には小さい未成熟のじゃがいもが出てくると思います。 そう言ったじゃがいもは、葉っぱと一緒に潔く捨てて下さい。 と言うのも、未成熟のじゃがいもには ソラニンやそれに類いする物質が多く含まれています。 ソラニンは加熱しても死滅しないので、そのまま体内に入ると腹痛や吐気、症状が重いと呼吸困難になったりして、害を及ぼします。 蔓を引き抜いて、 2cm以下のじゃがいもが出てきたら、それは収穫せずに捨てて下さい。 ・ 傷が多い 腐敗してはしてなくても、 傷が目立つじゃがいもの収穫は避けて下さい。 多少は仕方ないですが、余りにも傷が多いと、その部分に雑菌が付着して入り込むと、腐敗させる恐れがあります。 表面が乾燥してないと腐敗の原因にもなりますし、あまり日持ちがしないです。 土が付いているからと言って、調理直前までは 洗ったりもしないで下さい。 じゃがいもの保存場所 表面を乾燥させて、じゃがいもを保存していきますが、その時は次の条件が当てはまる場所に保存して下さい。 ・ 光の当たらない場所 じゃがいもに長時間光が当たると、水分が抜けて シワシワになったり、光合成をして 皮が緑色に変色します。 緑色に変色する緑化が進むと、芽が育ってソラニンやえぐみの原因になるアルカロイドが合成されて、じゃがいもの質が落ちたり食べられなくなります。 ・涼しい場所 じゃがいもは冷涼な気候を好む作物なので、収穫後も似た温度の下で保存して下さい。 具体的なじゃがいもの保存方法 難しくなってしまいましたが、下のような方法で保存している家庭が多いようです。 ・ コンテナや段ボールに入れて蓋をして保存 場所は1番光が当たらない、玄関や台所が多いようです。 ・倉庫の棚を網で囲って保存 網をしないとネズミが寄ってくるそうです。 ・ 冷蔵庫で保存 春先は常温でも大丈夫ですが、梅雨前後からは新聞紙に包んで冷蔵庫か、野菜室での保存が多いようです。 この環境下で保存すれば、通常のじゃがいもならば 最低でも1ヶ月、より整っていれば 数ヶ月は保存が可能となります。 新じゃがの場合は 最低で2週間から3週間、長くて2ヶ月程度です。 因みに、私の実家にじゃがいもが送られてきた時は、新聞紙を敷いた段ボールを蓋して台所に置くか、野菜室に入れて保存していました。 その上、デンプン質も壊れてホクホク感がなくなってモソモソして、 味や食感が落ちます。 じゃがいもの状態をチェックする 春じゃがいもは梅雨入り前後の多湿と気温の上昇が重なるので、どうしてもじゃがいもが 腐敗しやすくなったり、芽が育って伸びてきます。 貯蔵している中に腐敗したじゃがいもが1つでもあると、そこから雑菌などが大量に繁殖します。 すると、無事なじゃがいもまで腐敗し、貯蔵分全てが腐るなんて事態も起こる可能性があります。 腐敗したじゃがいもは、一目見れば明らかに腐っていると解りますし、異臭もします。 そんなじゃがいもを見付けたら、速やかに取り除いて、処分して下さい。 また、芽が育つと、それだけエネルギーを消費して、じゃがいもから栄養分が取られてしまうので、萎びたりしてじゃがいもの質が徐々に低下してきます。 伸びてきた芽は取り除いて、エネルギーの消費を防いで下さい。

次の