レム クローゼット。 ストライプがD2C事業本格始動、身長153cm以下の女性向けブランド「レム クローゼット」がデビュー

[B! ファッション] ストライプがD2C事業本格始動、身長153cm以下の女性向けブランド「レム クローゼット」がデビュー

レム クローゼット

今回宿泊は鹿児島の『レム鹿児島』。 だいたい鹿児島だと『かごしま天文館プラザホテル』に泊まることが多いのだが、たまたま空いてなかったのでこちらに泊まってみた。 「レム鹿児島」情報アレコレ レムってレム睡眠? このホテル、『眠りをデザインする』と謳っている。 やはりホテル名の『レム』はレム睡眠のレムからきているんだろうか? レム睡眠って急速眼球運動睡眠とも呼ばれているように、実は脳は覚醒しているらしく夢を見るのもこの睡眠の時みたいだ。 要は眠りが浅いということか。 脳と身体とどちらの眠りが良いか?比べることではないしどちらも必要なんだろうけど、どちらかと言えば脳の眠りを多く取りたい気もする。 そうなると、このホテルは『ノンレム鹿児島』となるわけで、まあこのあたりはあまり深く考えないことにしよう。 二官橋交差点と文化通り交差点の間くらいに位置している。 大通りに面しているのですぐわかる。 市電なら『鹿児島中央駅前』電停から乗って、4つ目の『天文館通』電停で降りて少し戻ったところにある。 入ると何だか丸いオブジェ。 この丸いオブジェはフロントにもあった。 フロントは1Fではなくエレベーターで3Fまで上がるとある。 ロビーもやはりお洒落な感じ。 ハロウィンの飾りつけがされていてキレイ。 好みはもちろんあるだろうけどそんなにイヤではない。 廊下もエレベーターホールも落ち着いた色調で良い感じ。 そうそうセキュリティはしっかりとしていてセンサーにカードキーをかざさないと各階のボタンが押せないタイプになっている。 入るとまず左に狭いクローゼットがある。 正面は洗面所、 トイレ、 浴室とそれぞれが分かれているのはポイントがかなり高い。 何処かでもあったが、浴室とベッドの仕切りがガラス張りになっている。 まあロールカーテンみたいなもので仕切れるが、部屋の圧迫感をなくす工夫なんだろうか。 洗面所のアメニティは置かれているのではなくて吊り下げられている。 これは今まで見たことがない。 なかなか面白い。 こういう発想はなかったけど意外に良いかもしれない。 TVが置かれているところは基本デスクとしては使わないということなのだろう。 だいたい椅子がない。 それでもそこでPCを広げることは出来なくはない。 その場合マッサージチェアになっている椅子を使えば良い。 オリジナルのベッドだそうだ。 とは言え、そんなにこのホテルだけ特別に寝心地が良かったとハッキリ言えるかと言うと、ちょっと自信がない。 1泊なら全然問題ない。 下には金庫もある。 この冷蔵庫なかなかビジュアルがお洒落だ。 ちゃんと透明のプラスティックの容器もある。 自販機は、ソフトドリンクとアルコール両方揃っている。 内容はまあ定番なもの。 まとめ なかなかスタイリッシュなホテル。 これで仕事が出来るちゃんとしたデスクがあればと思うが、『眠りをデザインする』ということで『客室は寝室』という位置付けみたい。 なので、こればかりは仕方がない。 そう考えれば、色々な意味で非常に良いホテルと言っても良いのではないかと思う。 鹿児島のホテル宿泊レポート関連記事.

次の

「レム鹿児島」宿泊レポート

レム クローゼット

どしてクローゼットの中から見つめているの? いつの間に入り込んだの?? 当たり前のように入っていますけど・・・。 忍者か、君は。 飼い主が留守にしている時の猫達 今日は2ヶ月ぶりぐらいに出社しました。 私も、りょーちん(旦那)も。 行ってくるね〜😭 2ヶ月ぶりのお留守番、心配😭💦 — ハーリーとのオリバーとレムたん Hurley0706 ずーっと家に人がいる生活だったから いきなり 人がいなくなって不安になってしまうんじゃないかって 心配で心配でしかたなかったのです。 家を出る時も 断腸の思いで家を出て・・・ 会社について、猫は無事かとで確認しました。 そしたらね。 めっちゃリラックスして寝てた。 家に飼い主いなくて 快適そうだね・・・ — ハーリーとのオリバーとレムたん Hurley0706 うるさいの居なくてのびのび寝れるにゃーってぐらい 伸びきって寝てた。 寂しい。 安心しましたけどね。 いままで散々ほぼ寝たきり、運動不足な生活を送っていたので 今日の出社で体力の限界がきました。 目が閉じそう・・・・ もうオリーのようにむぎゅっと寝ます。 むぎゅぎゅっとコンパクトな男。 なぜ1日中寝ていた君が 疲れ切った顔しているのかね。 でも、私も疲れたよ〜。 この気の抜けた寝顔を見ていると 自然とこちらの力も抜けてリラックスできるぅぅぅ〜〜 ほにゃほにゃ。

次の

ストライプがD2C事業本格始動、身長153cm以下の女性向けブランド「レム クローゼット」がデビュー

レム クローゼット

3月 26日(木)、 SNSで注目を集める元 koeショップスタッフの松井里穂さんがディレクションする新ブランド「 rem closet(レムクローゼット)」がスタート。 松井さんは 150cmという小柄な体型をカバーするコーディネートを Instagramや WEARで投稿し支持を集めています。 レムクローゼットは、彼女自身のコンプレックスでもある「低身長」という悩みを抱える女性に向けたブランドです。 元ショップスタッフがディレクションするリアルクローズ 小柄な人は、着たい服が大きすぎて着ることを諦めてしまったり、毎回お直しが必要だったりも。 そんな低身長の人がぴったりの服を着られる高揚感を感じられる、今までにないジャストサイズのアイテムを提案します。 今まではけなかったセンタープレスパンツがはける! クロススリットニット5000円、ハイネックトップス3000円、センタープレスフレアパンツ7000円 低身長さんはパンツのお直しをしないといけないので、フレアパンツが理想のラインにならなかった人も多いはず。 レムクローゼット のパンツならお直ししなくていいので、キレイなフレアラインが叶うんです。 ロングコートだって理想の丈感に! ガウンコート8000円、ハイネックトップス3000円、ハイウエストセンタープレスストレートパンツ7000円 ロングコートが長すぎてゆるずるになってしまっていた人も、レムクローゼット なら絶妙な丈感でカッコ良く着こなせます。 ストライプの通販サイトで発売。 別途消費税がかかります。

次の