猫 インスタ 稼ぐ。 【広告収益】YouTubeで稼ぐ上で大切な「再生回数」アップの方法とは?

収入を得る方法の成功事例!インスタグラムでアフィリエイト!

猫 インスタ 稼ぐ

インスタ映え インスタ映えは自分のためではない場合も インスタ映えという言葉が定着するほど、インスタグラムは定着し、写真栄えの良さにも注目が集まるようになっています。 インスタグラムのキラキラした雰囲気が苦手という人も存在し、女子の中でも意見が分かれることがあるのもポイントです。 そもそもインスタグラムを使う目的自体が人によって違い、キラキラした自分や周囲のものを撮りたいという人ばかりではないのです。 インスタ映えを追及する理由の一つが、情報のシェアです。 自分が良いと思ったものを発信すれば反応が返ってきます。 その反応がうれしいという人もいますが、中には周囲にシェアしたいという欲求の方が強い人もいるのです。 自分がキラキラしたいわけではなく、他人が楽しめるようにという配慮からインスタ映えを追及している女性もいるということです。 本人に有名になりたい、評価されたいという気持ちはなく、 広まったこと自体が良かったと思う場合が多いのが特徴です。 ただ良いお店だから広まって欲しい、綺麗だから見てほしいといった純粋な気持ちで撮っている人もいるのです。 キレイを追求して、自分の美意識先行のアーティスト気質な人も インスタにはまってしまう人の中には、 キレイに撮ること自体にはまってしまう人もいます。 インスタ映えをする写真を撮ろうとすること自体が面白く、努力を積み重ねてしまうタイプです。 割合としては少数派ですが、インスタグラム自体を趣味にしてしまっているのです。 普段からカメラを利用しているカメラ女子も珍しくなく、あくまで作品作りや表現の一環として楽しんでいるケースもあります。 インスタ映えを追及するのは、自分の技術を磨くためです。 どのような角度でどのような物をとればいいのか常に研究し、時にインスピレーションで行動したりもします。 キレイに写りそうなものを探した結果、インスタグラムには厳選された写真が並び、キラキラした雰囲気になってしまうのです。 コツを聞くと親切に教えてくれる人が多い一方で、こだわりが強すぎて理解が追いつかないケースも増えます。 撮りたいから撮っているのであり、それ以上の意味などない場合もあるのです。 インスタで綺麗な思い出を集めたいから利用しているという人も インスタをアルバム代わりに利用している人もいます。 情報の発信はおまけで、日記や日常の記録感覚で使っているのです。 インスタ映えを追求するのはどうせならキレイな写真が残っていた方が気分がいいという理由で、中にはそれほど写りを気にしていない人もいます。 たまたま人目につくのがインスタ映えする写真なだけで、全体を見るとそれほどでもないという人もいるのです。 あくまで自分のアルバムを充実させることが重要になるため、話題のスポットに行くのも楽しみを増やすためです。 後から振り返って楽しいアルバムにしたいという気持ちで動いているため、あまり他人の評価を気にしない人が多いのが特徴です。 それでも褒められたりシェアされたりすればうれしいと思うため、そこだけ切り取ってあざとい人間と見られてしまうこともあるのです。 本気で追及する人はインスタグラムをお金にすることも考える インスタ映えはお金のためという人もいます。 インスタは自分が有名になるためのツールという考え方で、複数のSNSやブログを用途に応じて使い分けるケースが多くなります。 フォロワーの多さは情報の拡散力の強さです。 フォロワーが多く、発信力が強ければ、企業などから依頼が届くケースもあります。 いわゆるインフルエンサーになることで、収入を得られる場合もあるのです。 実際にインフルエンサーを利用したマーケティングは定着しつつあり、宣伝広告分野では一大市場になっています。 そこまで上り詰めるまでには努力や才能が必要になりますが、だからこそチャレンジしてみたいという人もいるのです。 ただし、お金になるまで突き詰めたいという人は少数派です。 継続する努力を怠ると、フォロワーが一気に減るということも珍しくないからです。 イメージを売る部分があるため、やっかみなどが辛くて挫折する人もいます。 それでも続けられる人は、メンタル的にタフな人が多くなるのも特徴になっています。 インスタグラムで稼いでいる人 MOYAさん MOYAさんの収入源はプロトラベラーとOL、ブログが主な収入になります。 プロトラベラーとは? プロトラベラーとはGENICという雑誌を発行しているミツバシワークス株式会社などと契約して 海外などを旅して撮った写真をインスタグラムに投稿して収入をもらうことです。 このGENICという雑誌がカメラ、インスタ、海外をテーマにした女性向け雑誌なので プロトラベラーがその集客を担っているというわけです。 主に旅行関係のSNSやブログ投稿をしている人に声がかかるようです。 ただ、このプロトラベラーは誰でもなれるわけではなく まさにそこに行った気になれるような写真かつオリジナリティがある写真を作れないとなれないです。 また声がかかるにはそれなりのフォロワーが必要で MAYOさんは4万人くらいでいいねが1投稿につき1000以上なのでそれが目安となるでしょう。 現在は4人のプロトラベラーがいます。 プロトラベラーの収入年収は628万円ほどと言われています。 これは平均なので、集客力(知名度)が高ければ高いほど収入があがります。 ちなみにMOYAさんはOLの収入もあります MOYAさんはアパレルブランドの営業の事務をされているそうです。 アパレル関係の年収はよくわかりませんが、年収は300~400万程度ではないかと思います。 ちなみにちなみにブログの収入もあります ブログは 月間400万PV(ページビュー)というえげつない数をたたき出しています。 わたしの別のブログでも30万PVなので。。。 MOYAさんのブログに広告を貼ったとしたらクリック率1%の場合月120万円、2%の場合240万円という収入になります。 で、インスタグラムの収益はあるの ? と思われた方もいるかと思いますが、インスタグラム自体にはは収益性はないです。 MOYAさんはインスタグラムで有名になり、プロトラベラーになったということです。 しかし、収益を得ている人もいます。 それは企業とスポンサー契約をしてその企業の商品を身に着けたりした写真を投稿します。 有名な人にはファンがいるので投稿のたびに見に来てくれます。 それが企業にとっては商品の宣伝になり、いいねの数でどれくらいその商品に反応があるのかが分かります。 だいたい1つの投稿で5万から50万程度の利益で、フォロワーが増えれば増えるほどその収益もあがります。 インスタグラマーでありインフルエンサーになれば稼いでいけるということです。 インフルエンサーとは? インフルエンサー 英: influencer は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。 その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる。 ブログ利用者が急増した2007年頃から頻繁に使用される言葉になった。 ブログ利用者の中には数千〜数万の読者を持つカリスマブロガーなどと呼ばれる人物が現れ、その人物が発信した情報が数十万人単位に広まり、大きな宣伝効果を持つようになった。 そのことが、購買行動に影響を与えるようになった。 2010年頃には、企業側がインフルエンサーを活用した宣伝、インフルエンサー・マーケティングに取り組むようになっていった。 インフルエンサー・マーケティングが成立した背景には、ジャーナリストのマルコム・グラッドウェルが2002年に発表した 『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』がベストセラーになったこともあって 広告よりも口コミの方が顧客獲得単価が高いという認識が産業界に広まったことがある。 しかし、 インフルエンサーはあくまで個人に過ぎず、その言動をスポンサーがコントロールするようなことができない。 そのため、インフルエンサーの不適切な言動によって製品のイメージに傷がつくこともあり、マーケティング手法としては諸刃の剣になりうる。 また、インフルエンサーとメーカーとの関係によってはステルスマーケティングとの線引きが難しいケースがあり、政府機関による規制の対象となりうる。 Wikipedia: インフルエンザとは違うってことだけれども、影響力、波及力が異常に高い人ってことですよね こりゃー稼げますわ 小遣い稼ぎ程度なら 写真をグッズにして販売する 自分が Instagram で作成・投稿した写真を、スマートフォンケースや印刷された写真・クッションなどにして販売してくれるアプリが複数あります。 「販売」と聞くと面倒なイメージがありますが、自分が行うことは 商品にしたい写真を選択するだけです 販売・代金回収などはアプリ側が代わりに行ってくれるので大変な管理は不要です。 Instaprints Instagram のアカウントでサインアップして、写真を選択するだけ キャンバス/アートプリント/グリーティングカード/スマホケース等のグッズとして販売ができます。 Twenty20 こちらも Instaprints と同様に、スマホケースやクッション等のグッズとして販売が可能です。 Twenty20 は画像データとしても販売ができます。 iOSアプリがあるので、例えばiPhoneで撮って Instagram にアップした写真をサクサクと商品にして販売していくことができますね 画像販売サイト Snapwireを利用する 写真をグッズとして販売するのではなく、画像データとして販売できるのが 『Snapwire 』です。 Twenty20 でも画像データを販売出来ましたが Snapwire は 買い手のリクエストに答えて販売ができるというもの。 例えば「猫の写真が欲しい!」という買い手のリクエストに対して、あなたは買い手の要望に応えられるような猫の写真を投稿します。 もし気に入られたら購入されるというものです。 スマホの写真だけでなく一眼レフの写真でもOKなので、Instagram にこだわる必要はありません。 プロも多数参加しているので、写真を撮る勉強にもなります。 個人で稼ぐためのインスタグラム 個人の集客としてインスタグラムを活用するのも一つの手です。 わたしは、まだこのブログ用にはじめていませんがわたしの普段の写真をインスタグラムに載せておいて プロフィールにブログのURLをのっけておくだけで、興味を持ってくれた人は見に来てくれます。 集客の一つとしてはじめてみるのは個人で稼ぐうえでは重要なことです。 まとめ インスタグラムを実際に利用しない人からすると、インスタ女子にキラキラしたイメージを抱いてしまいがちです。 しかし、インスタを使う理由は人それぞれです。 どうしてインスタグラムを使うか本人自身が理解していないケースもあり、友達などのつながりでなんとなく使っているだけの人もいるからです。 楽しみ方も人それぞれのため、何が正解ということはないのです。 同じインスタグラムを使っていても、同じ理由で使っているとは限らないため、交流に気を使う面もあります。 一方で気を使う相手なら交流しないという方法もあります ストレスを感じないように接するのが一番楽ですよ。 稼ごうと思えばインスタグラムでも稼げます。 まずはあなたが、どのように稼いでいけばいいのか? イメージする マネタイズする やってみる とても大事なことです。

次の

個人でもインスタグラムでお金を稼ぐ4つの具体的な方法

猫 インスタ 稼ぐ

再生数アップ!見たくなるサムネタイトルをつけよう YouTubeのアクセス数を増やすためにまず意識するべきことは、 思わず見たくなる・クリックしたくなるようなタイトルを動画につけることです。 これはリアルのお店だったり、ネットのサイトでも重要視されているのですが 「興味を引く」という事が非常に大切です。 当然、YouTubeの世界においても興味をうまく引いているチャンネルが再生回数を大きく伸ばしています。 ここでは、そのテクニックをいくつかご紹介していきます! 数字を入れる ブログのタイトルをつける時によく用いられる手法ですが、 タイトルに具体的な数字を入れるとユーザー(視聴者)はなんとなくその内容が気になってしまうのです。 タイトルに数字が入っているのといないのとではユーザーの感じる信憑性がまるで違います。 その動画がどれだけの情報量なのかを伝えられることも、タイトルに数字を入れるメリットです。 上記の動画は人気のYouTuberの「ヒカルさん」と「おるなたさん」の動画です。 タイトルを読んで楽できるノウハウであることが感じられれば、きっとユーザーはその動画を見たくなるはずです。 特に効果が見込めるのはダイエット系と料理系です。 「簡単に痩せられる」 「手軽に料理が作れる」 などの動画はちょっとした工夫で爆発的なアクセスアップを期待することが可能です。 例:「毎日5分〇〇をするだけで簡単に痩せられる」「ちょっと〇〇を工夫すればいつもの料理がプロの味に!」 ターゲット層を明確にする マーケティングの分野ではターゲット層を明確にするというのは基礎中の基礎です。 どんな人に向けた記事なのかをはっきりさせるとターゲットに該当する人の目を引きやすくなるでしょう。 年齢や性別はもちろん、年収や職業、趣味なども考えるとベターです。 上では効果的な「タイトル、サムネイル文字」を作っていきましたが、今度はそれを最大限に注目させる方法です。 サムネイルは視聴者が動画をクリックしてくれるかを決める大事なポイント。 検索結果には動画のタイトルと説明、そしてサムネイルが表示されます。 サムネイルを疎かにしてしまっては再生回数もアクセス数も伸びません。 「効果的なタイトル+サムネイルの魅せ方」 この2つが組み合わさって、初めて再生回数を増やす動画が完成されるのです! サムネイルの最適化とは? それではサムネイルを最適化するとはどういうことなのか。 具体的には、カスタムサムネイルを設定しましょう。 YouTubeへ動画をアップすると動画の中からポイントとなる画面を3つYouTubeが選び、自動で設定してくれます。 しかしそれはあくまでYouTubeが自動で設定したものですから、動画のおもしろさや内容を必ずしも的確に伝える画像でない場合があります。 といよりも、その場合の方が多い・・と考えていいでしょう。 カスタムサムネイルは任意の画像を動画のサムネイルとして設定できるというもの・・です。 カスタムサムネイルの作り方 カスタムサムネイルを作るときに一番簡単なのは動画編集ソフトの画面キャプチャ機能を使用することです。 動画の中の好きな位置で、表示されている画面を画像として書き出すことができます。 これに画像編集ソフトなどで好きな文字を入れ、視聴者の目を引くようなサムネイルを作成しましょう。 クリックされやすいサムネイルの例 人物の顔がアップになっている YouTuberが作る動画のサムネイルによく使われるのが、そのYouTuberの顔のアップです。 ヒカキンさんは変顔でドアップにするとそれだけで思わずクリックしたくる動画になっていますよね・・・笑 説明欄へユーザーが求める情報を記載しよう 動画のタイトル、サムネイルに続いて重要なのが動画の「説明」欄です。 フリーテキストとなっているため好きなことを好きなだけ書けますが、だらだらとまとまりなく書いてしまってはいけません。 なぜかというと、検索結果の画面に表示される文字数は70字までとなっているからです。 できる限り説明欄に記入する内容は70字以内にまとめ、できない場合は重要な情報を先頭の70字以内に記載しましょう。 内容は要点をまとめ、ユーザーが本当に必要としている情報を載せることが重要です。 ユーザーは検索結果でどの動画をクリックするのか、この説明欄で判断することが多いです。 もちろんSEOを意識した文章構成にしなくてはいけません。 SEOとは視聴者に自分の動画を気づいてもらう為に「検索されやすくする」テクニックのことだ SEOを意識したタグ付けをしよう 動画をアップロードするときに「タグ」という機能があります。 これは説明欄など検索結果の画面には表示されないものの、タグ付けしてあるワードが検索された時にはその動画が表示されるようになるという機能です。 SEOを意識したタグ付けをすることができれば、動画へのアクセス数は大きく伸びるでしょう。 また、タグ付けが有効なのは検索だけではありません。 YouTubeには動画の再生画面の横に「関連動画」という項目があることをご存知でしょうか。 その名の通り再生中の動画に関連のある動画がリストとなって表示されるのですが、YouTubeユーザーのほとんどはこの関連動画の中から次に見る動画を選んでいます。 共通するタグが入力されている動画は、それだけで関連動画のリストに表示されやすくなるのです。 例えば下記で言えば右に表示されているのが関連動画ですね。 (はじめしゃちょーさんの動画なので関連動画ははじめしゃちょーさんのみですが) もし他の動画の関連動画にあなたの動画を載せることができれば、動画へのアクセス数は飛躍的に増えます。 TwitterやインスタグラムなどのSNSとリンクしよう! スマートフォンの普及した現代ではほとんどの人が何かしらのSNSを利用しています。 YouTubeにはTwitterやインスタグラムとのリンク機能があり、それを使えば新しい動画をアップロードしたらSNSへ自動で投稿してくれます。 TwitterなどのSNSで集客をしてYouTubeへ流すことができれば再生回数が伸びることは言うまでもありません。 もしまだYouTubeのチャンネルと対応したSNSアカウントを作っていない人はこの機会に新しく作成しましょう。 YouTubeと相性のいいSNSとは?? Twitter YouTubeと最も相性のいいSNSがTwitterです。 Twitterは匿名でアカウントを作ることができ、更にYahoo! などのフリーメールアドレスを使って登録すればアカウントの数も無制限(似たようなアカウントだと判断されれば凍結されてしまうので注意)に作成することができます。 TwitterはYouTuberになるなら必須。 このSNSだけは確実に動かすようにしましょう。 Instagram 現代の若者が多く利用しているのがInstagramです。 話題になっている「インスタ映え」という言葉があるように、Instagramは若者の生活とは切っても切り離せないものとなっています。 Twitterと同じように匿名で利用することができますが、アカウントに公式感はあまりなく個人的な雰囲気が漂います。 そのためYouTuberとして自分をキャラ化して活動していくのであればInstagramを利用してみるといいかもしれません。 Ameba Pigg Ameba Piggは株式会社サイバーエージェントが運営するソーシャルゲームで、 Amebaブログ(通称アメブロ)に登録することでゲームやコミュニティの機能を利用できるようになるというものです。 アメブロは昔からあるサービスですが、いまだに利用する人の数は多くなっています。 人によっては「ブログの集客のしやすさはアメブロが一番」と言う人もいるほどで、そんなアメブロと連携したAmeba Piggを利用してみる価値はありそうです。 YouTubeと相性の悪いSNSとは?? それでは逆にYouTubeと相性が悪いSNSはどんなものがあるのでしょうか。 LINE スマートフォンを利用している人のほとんどが使っているLINE。 今やメールでの連絡はほとんどビジネスでしか行われておらず、連絡先の交換でもLINEを交換することが一般的となっています。 そんなみんなが利用しているLINEですが、非常にパーソナルなものであるためYouTubeとの相性は悪いです。 知り合いに直接連絡をすれば再生回数は多少伸びますが、それだけではYouTubeで稼げる程の再生回数は得られないでしょう。 方法によってはアカウントを複数作れたり匿名で利用したりすることもできますが、それでもYouTubeのアクセス数を増やす目的にはあまり向きません。 Facebook こちらもLINEと同じ理由でYouTubeとは相性が悪いです。 Facebookはビジネス利用でない限り実名での登録が必要となり、実名を晒したくない場合が多いYouTubeにおいては連携しにくいSNSであると言えます。 実名登録を回避する方法はありますが、そこまでして利用するメリットはないでしょう。 YouTubeのアクセス数を増やすには:応用編 それでは、ここまで「基本編」としてYouTubeで再生回数を増やす方法をお伝えしてきました。 ここからYouTubeのアクセス数を増やすためにやるべきこと「応用編」を見ていきましょう。 こちらは基本編とは異なり、必ずしもやらなければならないというものではありません。 より高みを目指す人や、ジャンルによっては取り入れてみるとうまくいくかもしれない内容を紹介します。 他のウェブサイトへ動画を埋め込もう 上ではSNSを通じて自身のYouTube動画を増やす試みを・・とお伝えしました。 しかしSNS以上に強力な武器で、忘れてはならないの「ブログ」や「サイト」です。 もしあなたがブログなど他のウェブサイトを運営しているのであれば、自分の動画をウェブサイトへ埋め込むことがアクセスアップへの近道となります。 ご自身のウェブサイトにアクセス数が多いようでしたら、それだけでYouTube動画の再生回数は伸びていくでしょう。 ちなみにこのサイト「俺はYouTuber!! 」で動画を紹介したことで急激に再生数が増えた動画もあるぞ。 サイトはそれだけ大きな武器となるな トレンド(流行)ネタでチャンネル登録数を増やす! トレンドネタとは、その名の通り現在のトレンド(流行)となっている出来事のことです。 トレンドを捉えた動画は瞬間的に再生回数を稼ぐことができ、数日で何万回もの再生回数を稼ぐことも夢ではありません。 ただし爆発的な再生回数の増加はありますがトレンドネタの動画はとても息が短いです。 数日、数週間してユーザーの関心が離れてしまえばもうその動画はあまり再生されなくなるでしょう。 そのため、トレンドネタはチャンネルの地名度を向上させるための手段と考えるのが適当です。 チャンネルの最後にチャンネル登録を促すエンドカードを作成し、チャンネル登録してもらいやすい環境をしっかりと整えておくことが重要です。 トレンドネタで新規の視聴者が動画を再生してくれれば、あとはチャンネル登録さえしてくれればそのユーザーがリピーターとなってくれる確率も上がります。 トレンド(流行)ネタを追う手法はYouTubeだけではなく、ネット全般において有効的な方法だな トレンドネタを見つけるには?? トレンドネタはなるべく早く動画を投稿しなければ意味がありません。 トレンドネタを見つけるための方法をいくつか紹介します。 グーグルトレンド グーグルトレンドは登録不要、誰でも無料で使えるトレンド検索サイトです。 検索エンジン最大手であるグーグルが蓄積してきた膨大な量の情報や検索データを基にした信頼のできるデータを見ることができます。 ついっぷるトレンド は、HOTワード・画像・ツイート・まとめ・ニュース・有名人など旬の話題がランキング形式 で楽しめるリアルタイム情報サイトです。 など各検索エンジンで急上昇ワードをチェックすることができます。 急上昇ワードはそれがそのままトレンドに対するキーワードとなるためこれを見逃してはいけません。 ニュースサイト等 トレンドの発信源となるのはやはりテレビのニュースなどです。 芸能人のゴシップネタやその他様々なニュースはテレビの情報が最も世間へ広がります。 大手ニュース番組はインターネットでも同じ内容のニュースを公開している場合が多いです。 そのためニュース番組やニュースサイトをこまめにチェックすることはトレンドを掴む上で非常に重要となるのです。 応用編は余裕のある人が行うと効果的な内容ですが、基本編は全員が必ずやるべき重要な内容。 アクセス数を増やしてYouTubeでガンガン稼ぎましょう! それでは以上、.

次の

1投稿15万円。1枚の写真で家賃代を稼ぐ、インスタグラマーの年収(3/3)[東京カレンダー]

猫 インスタ 稼ぐ

インスタ映え インスタ映えは自分のためではない場合も インスタ映えという言葉が定着するほど、インスタグラムは定着し、写真栄えの良さにも注目が集まるようになっています。 インスタグラムのキラキラした雰囲気が苦手という人も存在し、女子の中でも意見が分かれることがあるのもポイントです。 そもそもインスタグラムを使う目的自体が人によって違い、キラキラした自分や周囲のものを撮りたいという人ばかりではないのです。 インスタ映えを追及する理由の一つが、情報のシェアです。 自分が良いと思ったものを発信すれば反応が返ってきます。 その反応がうれしいという人もいますが、中には周囲にシェアしたいという欲求の方が強い人もいるのです。 自分がキラキラしたいわけではなく、他人が楽しめるようにという配慮からインスタ映えを追及している女性もいるということです。 本人に有名になりたい、評価されたいという気持ちはなく、 広まったこと自体が良かったと思う場合が多いのが特徴です。 ただ良いお店だから広まって欲しい、綺麗だから見てほしいといった純粋な気持ちで撮っている人もいるのです。 キレイを追求して、自分の美意識先行のアーティスト気質な人も インスタにはまってしまう人の中には、 キレイに撮ること自体にはまってしまう人もいます。 インスタ映えをする写真を撮ろうとすること自体が面白く、努力を積み重ねてしまうタイプです。 割合としては少数派ですが、インスタグラム自体を趣味にしてしまっているのです。 普段からカメラを利用しているカメラ女子も珍しくなく、あくまで作品作りや表現の一環として楽しんでいるケースもあります。 インスタ映えを追及するのは、自分の技術を磨くためです。 どのような角度でどのような物をとればいいのか常に研究し、時にインスピレーションで行動したりもします。 キレイに写りそうなものを探した結果、インスタグラムには厳選された写真が並び、キラキラした雰囲気になってしまうのです。 コツを聞くと親切に教えてくれる人が多い一方で、こだわりが強すぎて理解が追いつかないケースも増えます。 撮りたいから撮っているのであり、それ以上の意味などない場合もあるのです。 インスタで綺麗な思い出を集めたいから利用しているという人も インスタをアルバム代わりに利用している人もいます。 情報の発信はおまけで、日記や日常の記録感覚で使っているのです。 インスタ映えを追求するのはどうせならキレイな写真が残っていた方が気分がいいという理由で、中にはそれほど写りを気にしていない人もいます。 たまたま人目につくのがインスタ映えする写真なだけで、全体を見るとそれほどでもないという人もいるのです。 あくまで自分のアルバムを充実させることが重要になるため、話題のスポットに行くのも楽しみを増やすためです。 後から振り返って楽しいアルバムにしたいという気持ちで動いているため、あまり他人の評価を気にしない人が多いのが特徴です。 それでも褒められたりシェアされたりすればうれしいと思うため、そこだけ切り取ってあざとい人間と見られてしまうこともあるのです。 本気で追及する人はインスタグラムをお金にすることも考える インスタ映えはお金のためという人もいます。 インスタは自分が有名になるためのツールという考え方で、複数のSNSやブログを用途に応じて使い分けるケースが多くなります。 フォロワーの多さは情報の拡散力の強さです。 フォロワーが多く、発信力が強ければ、企業などから依頼が届くケースもあります。 いわゆるインフルエンサーになることで、収入を得られる場合もあるのです。 実際にインフルエンサーを利用したマーケティングは定着しつつあり、宣伝広告分野では一大市場になっています。 そこまで上り詰めるまでには努力や才能が必要になりますが、だからこそチャレンジしてみたいという人もいるのです。 ただし、お金になるまで突き詰めたいという人は少数派です。 継続する努力を怠ると、フォロワーが一気に減るということも珍しくないからです。 イメージを売る部分があるため、やっかみなどが辛くて挫折する人もいます。 それでも続けられる人は、メンタル的にタフな人が多くなるのも特徴になっています。 インスタグラムで稼いでいる人 MOYAさん MOYAさんの収入源はプロトラベラーとOL、ブログが主な収入になります。 プロトラベラーとは? プロトラベラーとはGENICという雑誌を発行しているミツバシワークス株式会社などと契約して 海外などを旅して撮った写真をインスタグラムに投稿して収入をもらうことです。 このGENICという雑誌がカメラ、インスタ、海外をテーマにした女性向け雑誌なので プロトラベラーがその集客を担っているというわけです。 主に旅行関係のSNSやブログ投稿をしている人に声がかかるようです。 ただ、このプロトラベラーは誰でもなれるわけではなく まさにそこに行った気になれるような写真かつオリジナリティがある写真を作れないとなれないです。 また声がかかるにはそれなりのフォロワーが必要で MAYOさんは4万人くらいでいいねが1投稿につき1000以上なのでそれが目安となるでしょう。 現在は4人のプロトラベラーがいます。 プロトラベラーの収入年収は628万円ほどと言われています。 これは平均なので、集客力(知名度)が高ければ高いほど収入があがります。 ちなみにMOYAさんはOLの収入もあります MOYAさんはアパレルブランドの営業の事務をされているそうです。 アパレル関係の年収はよくわかりませんが、年収は300~400万程度ではないかと思います。 ちなみにちなみにブログの収入もあります ブログは 月間400万PV(ページビュー)というえげつない数をたたき出しています。 わたしの別のブログでも30万PVなので。。。 MOYAさんのブログに広告を貼ったとしたらクリック率1%の場合月120万円、2%の場合240万円という収入になります。 で、インスタグラムの収益はあるの ? と思われた方もいるかと思いますが、インスタグラム自体にはは収益性はないです。 MOYAさんはインスタグラムで有名になり、プロトラベラーになったということです。 しかし、収益を得ている人もいます。 それは企業とスポンサー契約をしてその企業の商品を身に着けたりした写真を投稿します。 有名な人にはファンがいるので投稿のたびに見に来てくれます。 それが企業にとっては商品の宣伝になり、いいねの数でどれくらいその商品に反応があるのかが分かります。 だいたい1つの投稿で5万から50万程度の利益で、フォロワーが増えれば増えるほどその収益もあがります。 インスタグラマーでありインフルエンサーになれば稼いでいけるということです。 インフルエンサーとは? インフルエンサー 英: influencer は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。 その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる。 ブログ利用者が急増した2007年頃から頻繁に使用される言葉になった。 ブログ利用者の中には数千〜数万の読者を持つカリスマブロガーなどと呼ばれる人物が現れ、その人物が発信した情報が数十万人単位に広まり、大きな宣伝効果を持つようになった。 そのことが、購買行動に影響を与えるようになった。 2010年頃には、企業側がインフルエンサーを活用した宣伝、インフルエンサー・マーケティングに取り組むようになっていった。 インフルエンサー・マーケティングが成立した背景には、ジャーナリストのマルコム・グラッドウェルが2002年に発表した 『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』がベストセラーになったこともあって 広告よりも口コミの方が顧客獲得単価が高いという認識が産業界に広まったことがある。 しかし、 インフルエンサーはあくまで個人に過ぎず、その言動をスポンサーがコントロールするようなことができない。 そのため、インフルエンサーの不適切な言動によって製品のイメージに傷がつくこともあり、マーケティング手法としては諸刃の剣になりうる。 また、インフルエンサーとメーカーとの関係によってはステルスマーケティングとの線引きが難しいケースがあり、政府機関による規制の対象となりうる。 Wikipedia: インフルエンザとは違うってことだけれども、影響力、波及力が異常に高い人ってことですよね こりゃー稼げますわ 小遣い稼ぎ程度なら 写真をグッズにして販売する 自分が Instagram で作成・投稿した写真を、スマートフォンケースや印刷された写真・クッションなどにして販売してくれるアプリが複数あります。 「販売」と聞くと面倒なイメージがありますが、自分が行うことは 商品にしたい写真を選択するだけです 販売・代金回収などはアプリ側が代わりに行ってくれるので大変な管理は不要です。 Instaprints Instagram のアカウントでサインアップして、写真を選択するだけ キャンバス/アートプリント/グリーティングカード/スマホケース等のグッズとして販売ができます。 Twenty20 こちらも Instaprints と同様に、スマホケースやクッション等のグッズとして販売が可能です。 Twenty20 は画像データとしても販売ができます。 iOSアプリがあるので、例えばiPhoneで撮って Instagram にアップした写真をサクサクと商品にして販売していくことができますね 画像販売サイト Snapwireを利用する 写真をグッズとして販売するのではなく、画像データとして販売できるのが 『Snapwire 』です。 Twenty20 でも画像データを販売出来ましたが Snapwire は 買い手のリクエストに答えて販売ができるというもの。 例えば「猫の写真が欲しい!」という買い手のリクエストに対して、あなたは買い手の要望に応えられるような猫の写真を投稿します。 もし気に入られたら購入されるというものです。 スマホの写真だけでなく一眼レフの写真でもOKなので、Instagram にこだわる必要はありません。 プロも多数参加しているので、写真を撮る勉強にもなります。 個人で稼ぐためのインスタグラム 個人の集客としてインスタグラムを活用するのも一つの手です。 わたしは、まだこのブログ用にはじめていませんがわたしの普段の写真をインスタグラムに載せておいて プロフィールにブログのURLをのっけておくだけで、興味を持ってくれた人は見に来てくれます。 集客の一つとしてはじめてみるのは個人で稼ぐうえでは重要なことです。 まとめ インスタグラムを実際に利用しない人からすると、インスタ女子にキラキラしたイメージを抱いてしまいがちです。 しかし、インスタを使う理由は人それぞれです。 どうしてインスタグラムを使うか本人自身が理解していないケースもあり、友達などのつながりでなんとなく使っているだけの人もいるからです。 楽しみ方も人それぞれのため、何が正解ということはないのです。 同じインスタグラムを使っていても、同じ理由で使っているとは限らないため、交流に気を使う面もあります。 一方で気を使う相手なら交流しないという方法もあります ストレスを感じないように接するのが一番楽ですよ。 稼ごうと思えばインスタグラムでも稼げます。 まずはあなたが、どのように稼いでいけばいいのか? イメージする マネタイズする やってみる とても大事なことです。

次の