ビットコイン 仮想通貨。 仮想通貨のやさしい始め方

ビットコインボルトとは?概要・ビットコインとの違い!

ビットコイン 仮想通貨

「がよくわからない」という人は実は少なくない。 本記事では、金融庁からリリースされている「」を踏まえた上で、手数料/スプレッドのみならず、取扱仮想通貨や取引サービス、さらにはセキュリティー対策まで含め、様々な切り口で調査を実施している。 必要に応じて、ご自身の状況にあった仮想通貨取引所選びに活用して頂きたい。 また、万が一、仮想通貨(暗号資産)に関する何らかの詐欺・トラブル等に巻き込まれた場合に備え、金融庁から公表されているこちらのドキュメント「」や独立行政法人国民生活センターの公式HP内のこちらのページ「」に事前に目を通しておくことを推奨する。 際は、仮想通貨の仕組みや特徴について理解を深めた上で、下記の記載内容を判断材料の一つとして、自身にとって最適な取引所を決定することを推奨する(上記の5つの評価軸については、2019年1月に『』内で実施した仮想通貨投資家向けアンケート調査/2020年3月にCoinDesk Japanが独自に実施したオンライン調査の結果、導き出されたものである)。 参考:を利用すれば、価格下落局面においても、収益化の機会を得ることができるが、リスク管理の観点から、初心者の段階では、現物取引のみを行うことをおすすめする。 bitFlyer (ビットフライヤー) は、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。 CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。 スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。 創業者の加納裕三氏は、の代表理事を務めており、 グループ子会社のでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。 取扱通貨の種類 9種類 手数料 取引所:0. 01〜0. 001BTC/販売所:0. 00000001BTC スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能 セキュリティ を他社に先駆けて導入 coincheck (コインチェック) を運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。 2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:)に見舞われたが、東証一部上場のの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、2019年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録している。 取引手数料は無料。 国内では最多となる12通貨に対応しており、国内ではでしか取り扱っていないアルトコインも少なくない。 代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、の理事(非常勤)を務めている。 com証券を傘下に抱える合同会社DMM. comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。 DMM. com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。 現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。 取扱仮想通貨 9種類 手数料 販売所:スプレッド 最低取引数量 0. 001BTC スマホ対応 注文・分析に優れたスマホアプリ セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 GMOコイン を運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、仮想通貨FXアプリ「」の使いやすさで初心者にも人気がある。 6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているを通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。 取扱仮想通貨 7種類 手数料 取引所:-0. 0001BTC スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 TAOTAO(タオタオ) を運営するTaoTao株式会社は、国内を代表するIT企業の一角を占めるのグループ会社。 2020年2月29日時点で、口座管理料、取引手数料、入出金手数料、入出庫手数料がすべて無料となっている。 また、スプレッドが狭いことでも知られており、トレーダーを中心に人気の仮想通貨取引所である。 現物の取り扱いは、ビットコイン、イーサリアムのみとなっている点については、注意されたい。 0001BTC スマホ対応 現物とレバレッジ取引が可能 セキュリティ WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 5ハッキング時の補償 5つ目のポイントは、「ハッキング時の補償」である。 仮想通貨取引所の中には、取引所がハッキングされた場合に、補償制度が設けられている取引所もある。 ただし、補償対象となるには、二段階認証が必須である等、いくつか注意すべきポイントがある。 0001BTC 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 3 8種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 001BTC 注文・分析に優れたスマホアプリ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 3 9種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 00000001BTC スマホアプリでビットコインFXも取引可能 マルチシグを他社に先駆けて導入 詳細については、こちらの記事「」を参照のこと。 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 2 7種類 取引所:-0. 0001BTC 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 3 6種類 現物取引 0. 0001BTC 専用のスマホアプリが用意されている。 マルチシグ(複数人署名)によるコールドウォレットと、物理的・仮想的に分散された鍵管理システムによるホットウォレット管理体制を構築 詳細については、こちらの記事「」「」を参照のこと。 順位 取引所名 取扱通貨の種類 手数料 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ 1 7種類 取引所:-0. 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 3 9種類 販売所:スプレッド 0. 001BTC 注文・分析に優れたスマホアプリ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 詳細については、こちらの記事「」を参照のこと。 順位 取引所名 取扱通貨の種類 手数料 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ 1 9種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 2020年1月29日現在において、取扱通貨の種類は5種類。 トレーディング上級者向けのツール「MT4」を搭載していることに特徴がある。 登録年月日: 平成29年9月29日 法人番号: 6011001109930 本店所在地: 東京都港区六本木3-2-1 代表電話番号: 03-6303-0314 取扱仮想通貨: BTC/BCH/ETH/XRP/LTC 取引所URL: 取引量で見たおすすめの仮想通貨取引所ランキング 取引量の切り口で見た仮想通貨取引所ランキングは下記の通り。 国内取引所ランキング 国内の仮想通貨取引所の取引高ランキングについては、こちらのページ「」を参照のこと。 ちなみに、2020年4月10日時点においては、国内では、bitFlyer(ビットフライヤー)、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)、GMOコインがランキング上位を占めている。 海外取引所ランキング 海外の仮想通貨取引所の取引高ランキングについては、こちらのページ「」を参照のこと。 また、国内における直近の仮想通貨取引量については、のドキュメント「」必要に応じて、参照することを推奨する。 海外の仮想通貨取引所ランキング は、164の取引所を調査対象として、海外の仮想通貨取引所ランキングを作成している。 調査項目としては、法律面、情報提供、セキュリティ、チーム、投資監視、ネガティブレポート、市場の質などが挙げられている。 セキュリティとともに新たに追加されたネガティブレポートは、フラッシュクラッシュや異常な清算イベントなどの有無が対象となる。 ランキング:1-10位 順位 取引所名(前回順位)グレード 1位 Gemini(9位)AA 2位 itBit(6位)AA 3位 Coinbase(1位)AA 4位 Kraken(6位)A 5位 Bitstamp(3位)A 6位 Liquid(5位)A 7位 OKEx(14位)A 8位 Poloniex(2位)A 9位 bitFlyer(4位)A 10位 Luno(24位)A ランキング:11-20位 順位 取引所名(前回順位)グレード 11位 Bitfinex(15位)A 12位 Binance(8位)A 13位 coinfield(13位)B 14位 OKCoin(11位)B 15位 bitFleryEU(15位)B 16位 Cexio(23位)B 17位 ind. Reserve(20位)B 18位 HuobiGlobal(17位)B 19位 BitTrex(22位)B 20位 gopax(20位)B ランキング:21-30位 順位 取引所名(前回順位)グレード 21位 Bitso(34位)B 22位 HitBTC(60位)B 23位 CoinJar(32位)B 24位 Coincheck(18位)B 25位 BTCTurk(88位)B 26位 Coinone(27位)B 27位 Korbit(15位)B 28位 BTCMarkets(30位)B 29位 bitFlyerUS(29位)B 30位 ACX(35位)B アルトコイン取引所ランキング アルトコイン取引所ランキングについては、下記の通り。 リップル(XRP)取引所 リップル(XRP)を購入する上で、おすすめの取引所については、「」を参照のこと。 【参考】金融庁登録済:仮想通貨交換業者一覧 仮想通貨交換業者として金融庁から認可された取引所一覧を以下に記載する。 DMM Bitcoinは、アルトコインのレバレッジ取引を行うことができる点に特徴がある。 2020年1月26日時点において、レバレッジ取引に対応している仮想通貨は9種類である。 また、取引所毎に手数料/スプレッドや取扱通貨の種類も異なるため、いくつかの仮想通貨取引所の口座開設を行った上で、自分の投資スタイルに合う取引所を選ぶことをおすすめする。 各仮想通貨取引所の具体的な入金方法については、下記の通りである。 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 コインチェック(Coincheck)で入金する方法 コインチェック(Coincheck)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 GMOコインで入金する方法 GMOコインで入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 仮想通貨投資で利益を得た場合にかかる税金 仮想通貨で利益を得た場合、税金を支払うことが義務付けられている。 ここでは、仮想通貨の税務上の取り扱いについて記載する。 仮想通貨と所得税 所得税の取り扱いについては、国税庁からのやによって、以前から税務上の取り扱いが公表されていたが、平成31年度税制改正を踏まえ、「所得区分は原則として雑所得であること」「取得価額の計算方法については、移動平均法または総平均法とすること」が明らかにされている。 また、所得の計算方法については、平成29年12月に国税庁から公表された「」において、詳細に記載されている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と法人税 法人税の取り扱いについては、により、法人税法上の取り扱いが明確化されており、これに従い、課税所得を算出し、実際の税額を計算することとなる。 具体的には、「法人が期末に保有する仮想通貨の評価方法については、活発な市場が存在する仮想通貨については、時価評価により評価損益を計上すること」「法人が仮想通貨の譲渡を行った場合の譲渡損益については、その譲渡に係る契約をした日の事業年度に計上すること」「仮想通貨の一単位当たり譲渡原価の算出方法については、移動平均法又は総平均法とすること」「法人が事業年度末に有する未決済の仮想通貨の信用取引等については、事業年度末に決済したものとみなして計算した損益相当額を計上すること」が明らかにされている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と消費税 消費税の取り扱いについては、によって、資金決済法上の仮想通貨の譲渡が行われた場合、支払い手段の譲渡として、2017年7月1日以後、非課税取引に該当することが明らかにされた。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と相続税 相続税・贈与税の取り扱いについては、2018年11月に国税庁より公表された「」の中で取り扱いが明確化されている。 具体的には、仮想通貨を相続や贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税されることが定められている。 また、評価方法については、活発な市場が存在する場合には、相続人等の納税義務者が取引を行っている仮想通貨交換業者が公表する課税時期における取引価格によって評価することが定められている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 一方、販売所では、運営会社がビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)を一般ユーザーに対して販売する。 取引所では、ユーザー間で売買できるため、仮想通貨をより安く購入できる場合が多い。 ただし、欲しい金額で売買できるとは限らない。 販売所では、運営会社が手数料を上乗せしているため、取引所よりも購入価格が割高になっている場合が多い。 しかし、販売所の場合、価格水準がわかりやすく、より確実に購入できるといったメリットがある。 初心者にとっては、仮想通貨販売所の方が手軽に取引を開始できる可能性がある。 取引所の破綻にはどのように備えるべきか? 仮想通貨交換業者は、システムのセキュリティを強化するために、2段階認証や仮想通貨(暗号資産)の送付アドレスに複数の暗号鍵を必要とするマルチ・シグネチャなどを採用している。 また、2017年4月に仮想通貨(暗号資産)の利用者保護を目的として、仮想通貨交換業者は金融庁への登録が義務付けられるようになっており、仮想通貨取引所のセキュリティ体制はより一層強化されつつある。 ただし、仮想通貨に限らず、現代社会においては、ハッキングの可能性をゼロとすることは基本的には不可能である。 仮想通貨を保管する場合は、取引所内のウォレットに保管するのではなく、コールドウォレットを用意し、オフラインで保管することを推奨する。 海外の仮想通貨取引所は利用可能なのか? 仮想通貨(暗号資産)の取引によって利益を得た場合、納税の義務が発生する。 課税所得の区分は「雑所得」となり、課税方式は、「総合課税(累進課税)」となる。 仮想通貨(暗号資産)の取引で得た利益を含む「雑所得」が20万円以上である場合、確定申告が必要となる。 仮想通貨(暗号資産)による売買益の課税の仕組みや納税方法については、以下の記事を参照のこと。 ここでは、仮想通貨取引所選びを行う上で、特に有益と思われるアンケート結果を一部抜粋してお伝えする。 ・対象:30,979人の中から仮想通貨を認知している方を抽出 ・実施時期:2019年1月 ・調査手法:インターネット上におけるアンケート調査 ・有効回答数:2,166人 知っている仮想通貨 「仮想通貨の中で知っている銘柄は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「ビットコイン」と回答した割合が95. 仮想通貨を保有しようと思った理由 「仮想通貨を保有しようと思った理由は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「投機目的」と回答した割合が60. 知っている仮想通貨取引所 「知っている仮想通貨取引所の名前を具体的に教えてください」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「コインチェック」と回答した割合が50. 利用している仮想通貨取引所 「具体的にどの仮想通貨取引所に口座を開設していますか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「bitFlyer」と回答した割合が45. 仮想通貨取引所を選ぶ際に重視する基準 「仮想通貨取引所を選ぶ際に重視する基準は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「サービスの使いやすさ」と回答した割合が47. 【参考】仮想通貨を購入した後は、自身で用意したウォレットで保管 した後は、ハッキングリスクを抑えるために、自身のウォレット内で仮想通貨を保管することを推奨する。 ウォレットの種類としては、ウェブウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどが存在するが、利便性とセキュリティの高さの観点から、ハードウェアウォレットで保管することを心掛けたい。 主なウォレットの種類については、下記の通り。 ウェブウォレット ウェブウォレットとは、サービス提供者のサーバー内で仮想通貨を管理するタイプのウォレットのことを指す。 利便性の高さが特徴であり、インターネットがつながる環境下であれば、いつでもアクセスすることができる。 その一方で、セキュリティ面については、サービス提供者に依存することになる点には注意が必要である。 モバイルウォレット モバイルウォレットとは、iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するタイプのウォレットのことを指す。 QRコードが利用できる点や持ち運びができる点が特徴であり、実際の店舗で利用する場合は、最も利便性が高いウォレットの一つであると言える。 一般的には、ウェブウォレットよりも安全性が高いと言われている。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットとは、自身のPC上にインストールし、ローカル環境で管理するタイプのウォレットのことを指す。 ウェブウォレットよりもセキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、専用のハードウェア端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことを指す。 オフライン環境下で保存することは可能であり、セキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ただし、ハードウェアウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 ペーパーウォレット パーパーウォレットとは、秘密鍵や秘密鍵を復元するためのパスワードを紙などの物理媒体に転記し、保存するタイプのウォレットのことを指す。 ハードウェアウォレットと同様、オフライン環境下で保存することが可能であり、非常に高いセキュリティ性能を誇る。 ただし、ペーパーウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 仮想通貨/暗号資産は、日本円や米ドル等のように、国家がその価値を保証している「法定通貨」ではなく、インターネット上でやりとりされる「財産的価値」として、以下の性質を持つものと定義されている。 (1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米ドル等)と相互に交換できる (2)電子的に記録され、移転することができる (3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない• 仮想通貨/暗号資産は、価格の変動性が高く、価格が急落することで、保有者が損失を被る可能性がある• 仮想通貨取引所(交換業者)は、金融庁・財務局への登録が必要であり、利用する際は、登録を受けた事業者であるか否かを金融庁・財務局のホームページで確認することを推奨する• 仮想通貨/暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか否かを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク/サイバーセキュリティリスク等)について、サービス事業者から説明を受け、十分に理解した上で取引を行うことを推奨する• CoinDesk Japanが、これらの仮想通貨/暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではない。 また、仮想通貨/暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではない。 仮想通貨/暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点に留意することを推奨する。

次の

仮想通貨・ビットコインはいくらから?初心者は1000円で少額投資を始めよう!

ビットコイン 仮想通貨

本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。 暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、価格が変動することがあります。 暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。 利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。 暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。 本取引は、当社が提示する価格によって、お客様と当社との間で暗号資産の売買を行う相対取引であり、お客様は当社に証拠金を預託することで、証拠金の額を上回る暗号資産の売買を行うものとなります。 必要な証拠金額やその計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、をご確認ください。 本取引では、お客様が預託した証拠金額に比して大きな取引ができるため、多額の利益を得ることが期待できる一方、多額の損失を被る可能性があります。 また、その損失の額は証拠金の額に限定されず、預託した証拠金の額を上回る可能性があります。 取引にあたり手数料が発生することがあります。 手数料の詳細については、をご確認ください。 暗号資産の価値は、暗号資産取引の需給バランスとともに、様々な外部環境の変化により日々刻々と変動しています。 取引の開始した暗号資産の価格がお客様にとって不利な方向に変動した場合は、お客様は損失を被る恐れがあり、かつ当該損失額はお客様が預託した証拠金の額を上回る恐れがあります。 本取引は、当社の提示価格には、お客様による買付価格(Ask価格)とお客様による売付価格(Bid価格)の差(スプレッド)があります。 暗号資産の価格の急変や流動性の低下等により、スプレッド幅が拡大したり、注文受付を停止したりする可能性があります。 また、スリッページまたはロスカットの執行等により、お客様の意図した取引が行えないまたは意図しない取引が成立する可能性があります。 取引システムまたは当社とお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、処理の遅延や、注文の発注、執行、確認および取消等が行えない可能性があります。 外部環境の変化、当社の財務状況の悪化、委託先等の破綻等によって、当社の事業が継続できなくなる可能性があります。 お客様が当社に預託した金銭等(証拠金を含む。 )は、当社の資産と明確に分別して管理します。 当社は、お客様からお預かりした金銭等(証拠金を含む。 )については、楽天信託株式会社(以下「楽天信託」といいます。 )の預託金信託口座へ信託設定します。 その上で、当社は、楽天信託を通じ、楽天銀行株式会社(以下「楽天銀行」といいます。 )にてお客様が預託する金銭であることがその名義により明らかな方法により分別管理します。 なお、当社は、毎営業日の当社が定める時間において、お客様からお預かりした金銭等(証拠金を含む。 )の額を計算し、銀行営業日(銀行法第15条第1項に規定された休日を除く営業日)につき1回、楽天信託に信託設定を行うものとします。 信託設定をするまでの間、お客様からお預かりした金銭等(証拠金を含む。 )は、楽天銀行にてお客様が預託する金銭であることがその名義により明らかな口座により管理します。 暗号資産は代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。

次の

仮想通貨/ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング|日本の金融庁登録交換業者一覧・販売所との違い・海外の取引所も紹介!

ビットコイン 仮想通貨

インジケーターは星の数ほどある! このインジケーターというのは、 有名なものからマイナーなものまで含むと無限に出てきます。 誰でも発明することができるからです。 マイナーなものは玉石混交です。 マイナーなやつは取引所のチャートに無い 移動平均線などのような有名なインジケーターはどこの取引所のチャートにでも標準でついていることが多いですが、 マイナーなインジケーターは最初から扱っているところなど皆無です。 マイナーなインジはTradingViewやMT4で使える そこで利用されるのは世界最大手チャートツール 、そしてインストール型トレードツール Metatrader 主にMT4 です。 どちらも世界中で使われており、トレード専業のプロでさえ愛用しています。 このトレビューとMT4は、チャート分析をするツールとしても非常に優秀なのですが、重要なのは 個人ユーザーが自作インジケーターやストラテジー 売買アルゴ を導入することができ、開発者とユーザーが世界で最も利用しているという点です。 開発者が個人でも販売や配布を行うことができるという経済圏が確立されている訳です。 仮想通貨専用インジケーターは多くの場合、 TradingViewで使うことができます。 無料で使えます 事前知識は以上です。 以下で、ビットコインFXで特におすすめのインジケーターを紹介していきます。 売買シグナル:APS ちんイン 「」は、有料のインジケーター(買い切り)です。 今から価格が大きく動く仮想通貨が分かるかも!?という仕込みのシグナルをとらえるためのオシレーター系インジケーターです。 APSを使った基本的なトレード方法は、をはじめとした出来高が多く 市場で影響力が強い 、アルトコインを多く扱っている取引所で、シグナルが出た銘柄にいち早くエントリーして、仕掛けが入って価格変動が出た時に売り抜ける、という戦略です。 このインジケーターは仮想通貨マーケットで有効に機能しており、多くの支持を集めています。 ただ、APSが強く反応した後、上下どちらの方向に動くのかまではわからないのでその他の情報から動く方向を推測するしかありません。 どちらに動いたとしても利益をとれるトレード戦略が理想 似たインジケーターに『』というものもあります。 売買シグナル:BTCマージンスナイパー 「」という海外の方が作ったインジケーターです。 買われ過ぎと売られ過ぎの2つシグナルからエントリーポイントを告知、しかも簡便なアラート機能付きとのことですが、TradingViewで 無料で使うことができます。 私がみたところ、一時間足で表示すると一番しっくりきました。 アラート設定は、「アラートを追加」から、売られ過ぎまたは買われ過ぎのアラートのいずれかを選択する感じらしい。 開発者さんは主にでこれを使ってるらしいですが、他の取引所でも調整はいるかもだけど使えると思うよとのことです。 似たようなシグナル系インジケーターに「」とかもありました。 USDT総時価総額を表示:USDT Supply USDT時価総額を表示するインジケーター「」。 これはTradingViewに標準でついている銘柄「USDT market cap」を表示したシンプルなものなのですが、ビットコイン市場ではインジケーターのように使うことで有用に機能することが実証されています。 インジケーターを使わなくとも、トレビューでUSDT market capを検索して銘柄追加していくことでも監視できます。 以下のチャート画像を見ると、まるで磁石に引き寄せられるかのように、 USDT Tether の時価総額がビットコインチャートに先行した動きをしていることがわかります。 98~1. 05USDで価格推移していますが、以下のような相関関係があると推測できます。 テザーの値動きとBTC価格 1USDT>1USD USDTの発行が追い付いていない、つまり法定通貨の流入が起きている。 BTC上昇? 1USDT<1USD USDTの消却が追い付いていない、市場から資金が抜けている。 BTC下落? オシレーター系のインジケーターのように有効に機能しています。 ただ今後、Libraなど他のステーブルコインが台頭していけば、この法則も変わるかもしれません。 金利を監視:BitMEX Funding Rate 海外取引所BitMEXの資金調達率と、bitfinex LS ロングショート 建玉数から次の動きを考察するのに便利な有料インジケーターがあります。 二つのインジケーターがnoteでセット販売されています。 BitMEX Funding Rateインジケーター BitMEX Funding Rateインジケーターは、海外取引所BitMEXで採用されている無期限スワップという金利を視覚的に表示したものです。 金利がプラスの場合はロング側が支払い・ショート側が受け取り、金利がマイナスの場合はショート側が支払い、ロング側が受け取りとなります。 出来高も増えてきたでのトレードでも通用します。 先物との価格差監視:乖離フライヤー 「」とは、ビットコイン相場の指標として重要なFX銘柄の現物との価格乖離をまとめて視覚化したインジケーターで、noteで有料販売されています。 各取引所の指標の参考方法を載せておきます。 取引所名 指標の見方 bitflyerの剥離率 マイナス剥離なら上昇、プラス剥離なら下落傾向。 BitMEXの資金調達率 マイナスなら上昇、プラスなら下落傾向。 また、BitMEXのXBTUSDとXBT先物のコンタンゴ 順鞘 とバックワーデーション 逆鞘 を視覚的に表示するだけの無料インジケーターなら「」などもあります。 BTC日足 CM Guppy EMA 表示している全てのEMAが上昇トレンド時に緑帯、全てのEMAが下落トレンド時に赤帯を表示します。 それぞれの帯はサポートやレジスタンスラインとしても機能します。 また、上昇・下落トレンドに当てはまらない場合にはシルバー色で表示され、トレンド 赤か緑 が出てからエントリーするのが望ましいとのことです。 ビットコイン日足チャートに表示した「」が、綺麗に長期トレンドを捉えているのがわかります。 日足以上の時間軸で使うといいでしょう。 窓開け ギャップ 確認:CME Gap Finder 「」はビットコインの CME 先物市場 に生じた毎週のギャップを表示。 ギャップを埋める傾向がある。 チャートチェックしないでも比較確認できる点が便利ですね。 CME取引所の窓開けと窓閉めがビットコインチャートに及ぼす影響は以下の記事で説明しています。 過去一年の難易度推移 清算ラインを表示:Bitmex Liquidation Bands でのレバレッジトレードにおける影響があるとされる清算価格 ストップ価格 を視覚的に表示したインジケーターです。 チャートはほとんどの場合、ある清算ポイントから別の清算ポイントにジャンプする傾向 つまり値幅がとれる があるため、ストップまたはターゲットを配置するための目安として役に立ちそうです。 さまざまなレバレッジを選択できるとのことで、無料なのにすごいですね~。 ハッシュパッワーから売買シグナル:Hash Ribbons BTCマイニング難易度の移動平均のクロスを使ったインジケーター「Hash Ribbons ハッシュリボン 」の月足のBuy点灯足の底値を割ったことは過去5回一度もありません。 Hash Ribbons Tainoko氏のツイートから ガチホウォレットの比率:HODL Wave ビットコインアドレス総数に対する、一年以上移動がないウォレットアドレス数比率の推移をチャートに表示したものです。 サイトにアクセスすることでリアルタイムなデータを見ることが出来ます。 長期トレンドを予測するのに役立ちそうです。 「これは使えそうだ!」と思えるインジケーターや指標が一つでも見つかれば幸いです。 また新たなインジケーターや指標・ツールが見つかればどんどん追記していくのでよろしくお願いします。

次の