アナフィラ クト イド 紫斑 病 と は。 紫斑病性腎炎(指定難病224)

アナフィラクドイド紫斑病の治る時期

アナフィラ クト イド 紫斑 病 と は

総合病院皮膚科では血液検査+尿検査+皮膚検査をしました。 総合病院ではアナフィラクドイド紫斑に名前が変わりました。 症状は臀部からつま先まで全体的に紫斑あり、 雨が降ったような赤い斑点からアザのようなものまで。 手首、膝、足首、足のこうの痛みでした。 内臓までの影響は確認されませんでした。 ステロイドは使わず、トランサミン、アドナ、抗生物質の服用と安静でした。 退院した現在も薬の服用を続け、通院しています。 2週間の入院と1週間の自宅安静のち立ち仕事 の職場復帰 をしましたが、 やはり症状がぶり返しています。 仕事量は病気になる前の半分以下です。 安静生活が長かったので、ある程度の体力の衰えや紫斑は予測できましたが、 毎日できる紫斑と異常な疲れに不安になってきました。 そして、これ以上仕事の量を減らすことができません。 もうすぐ、以前の仕事量で勤務することになります。 しかし次の診察が10日以上先です。 もっと早めに診察してもらった方がいいでしょうか。 以上二点、とくに【1】に関して回答をお願いいたします。 20代で未婚で、外見が変わってしまうのはとても怖いです。 紫斑だらけの足をみるたび落ち込んでしまいます。 少しでも早く改善するためアドバイスをお願いします。

次の

アレルギー性紫斑病

アナフィラ クト イド 紫斑 病 と は

食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス 食と健康の総合サイト e840. net アナフィラクトイド紫斑病(アレルギー性紫斑病)の症状・検査・治療について アナフィラクトイド紫斑病の症状・検査・治療について アレルギー性紫斑病(別名:アナフィラクトイド紫斑病)とは、アレルギー性機序により血管が障害を受け、四肢末梢の紫斑を主としたさまざまな症状を呈する疾患です。 好発年齢は4~7歳で、男女差はありません。 免疫応答の異常が強く推察されています。 特にIgA抗体の高値やIgA免疫複合体の検出などが報告されており、発症にIgAの免疫複合体が関与していることが考えられています。 詳細な原因は不明。 しかし、種々のウイルス感染症や細菌感染症に続発することが多いことがわかっています。 アナフィラクトイド紫斑病の症状下肢~殿部を中心に、紫斑が出現します。 血小板減少性紫斑病とは異なり、若干膨隆して触知可能な紫斑が特徴。 皮疹は新旧が混在し、色調は赤色調~青紫、形状も点状から不整形な紫斑と多様となる。 血管壁が脆弱となるために、機械的刺激を受けた部分で小血管が破綻し、皮下に出血することで紫斑が出現する。 このため機械的刺激を受けやすい四肢末梢や、関節付近の皮膚に多く紫斑ができ、体幹や顔面には少ない。 アナフィラクトイド紫斑病の検査 紫斑が出現する他の疾患、すなわち特発性血小板減少性紫斑病、血友病、白血病などの鑑別が必要となります。 また、腹痛が先行する例では虫垂炎、腸重積などの鑑別が必要となります。 血液検査 おおむね正常であることがこの疾患の特徴です。 血小板減少はなく(白血病、血小板減少性紫斑病との鑑別)、プロトロンビン時間 PT 、活性化部分トロンボプラスチン時間 APTT の延長も示さない(血友病との鑑別)。 出血時間は正常。 毛細血管抵抗試験(ルンペル・レーデ試験)陽性。 凝固第XIII因子の活性低下を認めることがありますが、一般的な検査項目ではありません。 尿検査 しばしば、肉眼的血尿を伴いますが、蛋白尿を伴うことはほとんどありません。 ミオグロビン尿は認めません。 腹部超音波検査 腹痛を伴う例、腹痛が先行する例では重要な検査となります。 虫垂の粘膜肥厚・腫脹(虫垂炎)がないことを確認します。 腸管の浮腫を認めることが多く、ときに腸重積、腸閉塞を合併しているため、こちらの検索も重要となります。 細菌検査 咽頭培養を行います。 また、1~4週間程度前に発熱や咽頭痛などで抗菌薬を処方されたことのある患者では、GASの生菌がいなくても、迅速抗原検査で検出できることがあります。 アナフィラクトイド紫斑病の治療症状が紫斑のみである場合、経過観察します。 機械的刺激のある部分で紫斑が悪化するため、安静を心がける必要がある。 また、腎炎の発症の可能性があるため、定期的な尿検査が必要。 腹痛・関節痛などで日常生活が困難となった場合、入院加療が必要となる。 アナフィラクトイド紫斑病の治療期間と予後 発作時以外には臨床的な問題はありませんが、症状の繰り返しを避けるための予防に努めます。 手袋を着用するなど十分な防寒を行い、精神的なストレスを避け、禁煙を心がけます。 抗ヒスタミン薬やカフェインは症状を悪化させるので注意が必要です。 原因となる基礎疾患があるレイノー症候群との区別が重要ですが、当初は基礎疾患が不明であっても、数年後に膠原病などの病気が明らかになることがあります。 主治医と相談しながら、経過を追っていくことが必要です。 アナフィラクトイド紫斑病の予防 予防方法は確立されていません アナフィラクトイド紫斑病によい漢方薬 アナフィラクトイド紫斑病によい漢方薬 加味帰脾湯 (かみきひとう) 身体が衰弱して熱のでるもの。 往来寒熱するもの。 神経のつかいすぎなど。 帰耆建中湯 (きぎけんちゅうとう) 虚弱な患者で慢性に経過する膿瘍(のうよう)や瘻孔(ろうこう)のあるもの。 手術後の肉芽発生不良のもの。 外傷の治りが悪いもの。 弓帰膠艾湯 (きゅうききょうがいとう) 本方は適応症にあるような各種の出血に用いますが、おもに下半身のダラダラとした出血で冷えを訴え、皮膚乾燥して血色が悪く、貧血様症状、めまい、四肢の脱力感などを伴うことがあるものを目標とします。 炎症性で熱感、充血の強い出血には、本方よりも黄連解毒湯(おうれんげどくとう)や三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)が適します。 柴胡桂枝湯 (さいこけいしとう) 本方は、小柴胡湯(しょうさいことう)と桂枝湯(けいしとう)の合方です。 急性熱性疾患に用いる場合には、一定期間経過した後でも依然として表証(ひょうしょう)「頭痛、発熱、悪寒など」があり、また胸脇部の圧迫感や食欲減退、口苦、胃痛などの症状の加わった状態に用います。 感冒、感冒のこじれ、夏かぜにも効果があります。 本方は、また胸やけあるいは悪心(おしん)、嘔吐を伴う胃腸の痛みによく用いられ、本方と安中散(あんちゅうさん)との合方は、胃・十二指腸かいようにしばしば著効を示します。 十全大補湯 (じゅうぜんたいほとう) 本方は、四君子湯(しくんしとう)と四物湯(しもつとう)の合方に桂皮(けいひ)、黄耆(おうぎ)を加えたもので、漢方でいう「気(き)」、「血(けつ)」、両虚(りょうきょ)の症状に用います。 すなわち病後、術後あるいは慢性に経過する疾患の衰弱時に用いられます。 血色、栄養状態ともに悪く、やがて体力が低下し、食欲がなく、疲労倦怠感(けんたいかん)があって、体力・気力ともに乏しい状態です。 本方は、病勢が激しく、著明な熱症状、下痢、神経症状などのある場合には、用いられません。 当帰建中湯 (とうきけんちゅうとう) 貧血気味で冷え性の、虚弱な婦人や衰弱した婦人の腹痛。 下腹中心の腹痛で背や腰におよぶもの。 下腹から腰にかけて、ひきつるように痛むもの。 身体下部の諸出血によい。 無理なダイエットは辛く長続きしません。 ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。 早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。 逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。 食事は毒にも薬にもなります。 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。 メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。 特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。 また日頃の健康管理もチェックしましょう。 Copyright e840. net All rights reserved. 2013.

次の

紫斑病性腎炎(指定難病224)

アナフィラ クト イド 紫斑 病 と は

食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス 食と健康の総合サイト e840. net アレルギー性紫斑病(大人でも起こりうる病気です。 ) アレルギー性紫斑病(大人でも起こりうる病気です。 ) アレルギー性紫斑病とは、別名ヘノッホ・シェーンライン紫斑病やアナフィラクトイド紫斑病、欠陥性紫斑病などと呼ばれている病気で、皮膚、関節、消化器、腎臓などの血管が炎症を起こし、血液が漏れる病気です。 食物アレルギーや薬物アレルギーが原因となり発症します。 紫斑とは内出血したあざのことです。 5~15歳の子どもに起こる病気で、特に3~10歳の小児に最も多く、男児の方がかかりやすいとされていますが、大人にも起こりうる病気です。 小児では最も頻度の高い血管炎といわれ言われています。 アレルギー性紫斑病の半数は腎臓病が発症し、ほとんど完治しますが1~2%の患者さんに腎不全をひきおこします。 ~アレルギー性紫斑病の症状~ アレルギー性紫斑病の症状の特徴である出血斑は、足関節周囲を中心に両側に対照的に症状が現れます。 時には上肢、顔面、体幹などにも症状が現れることもあります。 また靴下や下着などで締め付けている部位に症状が強く出ることもあります。 最初は軽いかゆみのあるじんましんのような発疹から発症し、徐々に紫色の出血斑になります。 また、アレルギー性紫斑病の症状の一つに、関節症状があります。 足関節と手関節に症状が現れ、股関節や肩関節などは通常痛むことはないようです。 さらに、約半数の患者さんに現れるアレルギー性紫斑病の症状が腹部症状。 強い痛みで嘔吐をともなうこともあります。 手術が必要なほど激しい痛みの症状が出ることもあります。 ~アレルギー性紫斑病の診断~ アレルギー性紫斑病の多くは風邪などの呼吸器感染の後に発症することが多いのが特徴です。 また、薬物に対するアレルギー反応によっても引き起こされます。 最初は足や腕、尻などの皮下で血液が漏れ、青紫の小さなあざができます。 そのあざが数日経つと盛り上がって硬くなります。 数週間で次々とあざができていきます。 さらに関節が腫れて痛み、熱を持つこともあります。 消化器に出血があるとお腹が痛んだり、けいれんが起こります。 たいていは1ヵ月以内で治るとされています。 アレルギー性紫斑病と診断されたら、アレルギーの原因と考えられる食品や薬は中止します。 ~アレルギー性紫斑病の治療~ アレルギー性紫斑病の治療法は通常は必要ないとも言われていおり、対症療法が主なものになります。 症状が紫斑だけの場合は様子を見るだけということが多いのですが、腎炎の発症の可能性もあるため定期的な尿検査をして血尿やタンパク成分が出ていないかを確認することが重要となります。 アレルギー性紫斑病の治療法としては、アレルギー性紫斑病の原因を取り除くことが大切な治療法となりますので、抗生物質を使用します。 止血剤や抗アレルギー薬である内服薬での治療法になります。 炎症を抑えるためにはステロイドなどを使用した治療法になります。 アレルギー性紫斑病によい漢方薬~ アレルギーによい漢方薬 加味帰脾湯 (かみきひとう) 身体が衰弱して熱のでるもの。 往来寒熱するもの。 神経のつかいすぎなど。 帰耆建中湯 (きぎけんちゅうとう) 虚弱な患者で慢性に経過する膿瘍(のうよう)や瘻孔(ろうこう)のあるもの。 手術後の肉芽発生不良のもの。 外傷の治りが悪いもの。 弓帰膠艾湯 (きゅうききょうがいとう) 冷え性で出血過多により貧血するもの。 柴胡桂枝湯 (さいこけいしとう) 自然発汗があって、微熱、悪寒し、みぞおちがつかえ、頭痛、関節痛があるもの。 あるいは胃痛悪心(おしん)、腹痛が激しく食欲不振などを伴うもの。 十全大補湯 (じゅうぜんたいほとう) 貧血して皮膚および可視粘膜が蒼白(そうはく)か、栄養不良でやせており、食欲がなく衰弱しているもの。 当帰建中湯 (とうきけんちゅうとう) 貧血気味で冷え性の、虚弱な婦人や衰弱した婦人の腹痛。 下腹中心の腹痛で背や腰におよぶもの。 下腹から腰にかけて、ひきつるように痛むもの。 身体下部の諸出血によい。 アレルギー性紫斑病によいサプリメント アレルギーによいサプリメント グルタミン粉末 アミノ酸の一種で、腸内の傷をいやし、腸を強くする働きがあります。 乳酸菌 腸内細菌のバランスを整えます。 塩酸ベタイン 消化機能の促進をし、腸内環境の整備をします。 カプリル酸 カプリル酸は腸の治癒を助けると言われています。 カルシウム 良好な免疫バランスを保つためには、豊富なカルシウムが必要です。 亜鉛 亜鉛は様々な代謝に必要なミネラルです。 免疫機能の維持に必須です。 ケルセチン ケルセチンは、イチゴに多く含まれる成分で、アレルギー反応の主体であるヒスタミンの放出を抑制する働きがあるといわれています。 ビタミンC 免疫をはじめ、血液中のアレルギー反応物質を抑制する働きがあります。 特に、免疫機能の向上によりアレルギー反応を抑えるといわれています。 無理なダイエットは辛く長続きしません。 ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。 早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。 逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。 食事は毒にも薬にもなります。 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。 メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。 特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。 また日頃の健康管理もチェックしましょう。 Copyright e840. net All rights reserved. 2013.

次の