志村けんのお墓。 志村けんの愛用ブランドは?メガネやブレスレット,私服,帽子のこだわりは?

志村けん

志村けんのお墓

タレントの (70)が 陽性と診断され、都内の病院に入院中であることがわかった。 25日、所属事務所が発表した。 (ORICON NEWSより) 志村けんを四柱推命で見てみました。 1950.2.20 【年柱】庚寅 甲(偏財)(偏印)(長生)…三合 【月柱】戊寅 甲(食神)(偏印)(長生)…三合 【日柱】丙戌 戊 (食神)(墓) 志村けん(丙戌)(戊)。。。 人を喜ばせたい。 裏表がない。 小さな事にこだわらない。 (偏財)…社交的で楽しい人 (偏印)2個…特殊能力 (食神)2個…お金に困らない。。。 (偏印)が(食神)を剋するので、お金が手元に残らない。 (長生)2個…独り立ちする (午未空亡)…上から可愛がられて、出世が早い。 八字占い(+5・5)…人を引っ張って行くタイプ(強引なところがある) 九星気学では、 頑固だが、誰とでも合わす事ができて、人を育てるのが上手。 【命式のバランス】 (木)2個 (火)1個 (土)2個…胃腸 (金)1個…肺炎 (水)なし…腎臓、膀胱、生殖器 (無いところ、多過ぎるところが弱くなります。 ) 【大運と歳運】 志村けん(70)の大運は、 46歳~56歳まで 癸未(正官)(衰)…空亡 56歳~66歳まで 甲申(偏印)(病) 66歳~76歳まで 乙酉(印綬)(死)…六害 76歳~86歳まで 丙戌(食神)(墓) 86歳~96歳まで 丁亥(敗財)(絶) 2018年68歳 戊戌(食神)(墓)(坎宮) 2019年69歳 己亥(傷官)(絶)(坤宮) 2020年70歳 庚子(偏財)(胎)(震宮)…コロナウイルス陽性 2021年71歳 辛丑(正財)(養)(巽宮) 2022年72歳 壬寅(偏官)(長生)(中宮)…三合 2023年73歳 癸卯(正官)(沐浴)(乾宮)…支合 2024年74歳 甲辰(偏印)(冠帶)(兌宮)…七冲 志村けんは命式のバランスは悪くないので、特に身体が弱くはありませんが、命式に(偏印)を2個持つので、成人病などには注意が必要です。 運気を見ると、2019年(傷官)(絶)なので、1月に胃のポリープ切除の手術を行なったのを表しています。 2020年は(偏財)(胎)(震宮)なので、コロナウイルスでの影響は、命を脅かす程ではないでしょう。 一日も早いご回復を願っております。 junkorobox.

次の

志村けんさんの遺影は笑福亭鶴瓶との2ショット 兄が明かす

志村けんのお墓

Contents• 多くの方に愛された喜劇王、志村けんさん。 私も知った時は「え?」って固まってしまいました。 入院され懸命に治療されているということでしたが、快方に向かっているという情報もあったので元気に復帰してほしいなと思っていた矢先ですごく残念です。 直接お会いしたこともないのに、親戚のおじさんが亡くなったようなとても身近な感覚がしています。 持病はなかったということらしいのですが、長年のヘビースモーカー(現在はやめていたという情報も)、お酒大好き、しかも2月にポリープの手術をしているということは普段より免疫力が落ちていてもおかしくないし、重症化のリスクは高かったのかもしれません。 とにかく残念。 本当に悲しい。 私自身子供の頃から、「8時だよ全員集合」、「カトちゃんケンちゃんご機嫌テレビ」、「バカ殿様」、「志村けんのだいじょうぶなあ~」と、がっつりお世話になった世代です。 たくさんの方が言っているように、「だいじょうぶだあ~~~」って元気に復帰してほしかったなあ。 そんな志村けんさんの追悼を込めて、『四柱推命からみる志村けんさん』を見ていきたいと思います。 穏やかに照らす太陽。 そしてとにかく明るく、ポジティブ! 志村けんさんの命式がこちらです。 志村けんさんのベースは「丙」。 「太陽の人」です。 たくさんの人を明るく照らし、元気をあたえてくれる。 人を惹きつけるカリスマ性を持った人気者で、周りへの影響力も大。 何か小細工をするわけもなく、只々その場にいるだけでパッと目に付くオーラを持っている人が多いです。 そして「丙戌」の戌の季節は晩秋。 「丙戌」は晩秋の太陽。 太陽は太陽でも真夏のギラギラしたような太陽ではなく、もうすぐが冬訪れようとしている時のぽかぽかとした穏やかな太陽。 ちょっとなごり惜しいような、哀愁のある山に沈みかかる夕陽です。 強烈な個性としての影響力というよりは、穏やかでホッとするような、いつの間にか心に住み着いて忘れられない。 そんな影響力がある人です。 そして「おおう!」と思ったのが、日柱、月柱、年柱共に十干がすべてプラス。 さらに十二支もすべてプラス。 6プラス!! 根っからのポジティブ人です。 なんとかなる、なんとかする。 自分が動く。 自分で作り上げる。 それが当たり前で物事を見ています。 だから人からの影響を受けにくい。 人の意見を聞いたとしても、最後は「私はどうしたいか」で物事を決める。 通変星に自立星はありませんが、干支がすべてプラスですから、自分の意志は貫く強さ、自分軸というものをしっかりと持たれてたんじゃないかなと思います。 いつまでも子供のような心を持ち、たくさんの人に囲まれたチャーミングなおじいちゃん。 通変星、十二運星を見ていきましょう。 永遠の五歳児。 ワイワイ大好きパーティーピーポー。 好奇心旺盛で新しいこと大好き。 なんと楽しそうな!! この命式を見て、お酒大好きで夜な夜な繁華街で楽しんでた志村けんさんの姿が目に浮かびました 笑) 食神はとにかく楽しまなきゃ損!ワクワクを基準に生きる人です。 食べることも飲むことも、おしゃべりすることも大好き。 楽しさを経験するために生まれてきた星です。 その「食神」を2つ持っています。 そしてさらにパーティーピーポーと言われる「偏財」をお持ちです。 「偏財」もとにかくたくさんの人とワイワイすることが大好き。 誰に対してもフレンドリーに接し、たくさんの人脈を広げていきます。 ノリと勢いでムードメーカーになりますが、その反面人の気持ちを汲むこともとっても得意です。 そして他の「偏財」の特徴は、大きく稼いで大きく使う。 ダイナミックな回転財を持っています。 夜のお店でぱーーーっとお金を使ってる姿は、「偏財」さんですね! 「偏印」はとにかく頭の回転が速い。 好奇心が旺盛で最先端のものやが大好きなアイデアマン。 新しいことにワクワクしながらチャレンジして、ゼロから何かを生み出すことのできる星です。 とにかく知識の引き出しが多いので、志村けんさんとのお話はウィットにとんでて楽しいだろうな~ってのが想像できます。 上品でスマート。 凝り性。 常識人。 通変星はどちらかと言えばわちゃわちゃした感じで、楽しいこと命!みんなで楽しもう!遊ぼう!って感じなんですが、持って生まれたエネルギーの質はとっても穏やかで落ち着いています。 夜のお店で遊び方も、たくさんの女性とのお付き合いを上手にされているのは、他人から信用を得られる長正ゆえんかもしれません。 これだけ見ると楽しいことに全力投球してただけに思えるんですが、実は結構さみしんぼさんの星も持っています。 「丙」と「墓」は一人では耐えられない。 誰かそばにいてほしい寂しがり屋な星です。 命式を見ていくと、1人でいる時間が必要であったり、1人で何かを集中してやりたいっていう星が全くありません。 そんな中、寂しがり屋で孤独に耐えられない星を持っているわけですから、夜な夜な飲み歩いてたくさんの人に囲まれて楽しく過ごす生活は志村けんさんにとってはとっても幸せなことだったんじゃないかなと思います。 第二宿命は「傷官」、「沐浴」。 命式には載っていませんが、第二宿命というものがあって、そこから「人生を通して社会に求められる役割」を見ることができます。 外側から求められる自分の立場、役割はどんなものか?ということです。 そこに「沐浴」があります。 「沐浴」は「自由とロマンの星」。 たくさんの方とお付き合いされ、結婚を意識することもあったんじゃないかと思うんです。 でも、一生独身を通された。 そこに「沐浴」をすごく感じます。 これぞ星を活かした人生。 かっこいい! 命式をみてみると、志村けんさんのイメージと命式がそのまんまでした。 仕事用の志村けんでを演じてたのではなく、そのまんまの志村けんでみんなを楽しませ笑わせてくれて、そしてみんなから愛された。 プライベートでも仕事でも表裏がなく、そのまんまだったように思います。 プライベートも仕事も、自分も楽しんで、人も楽しませる。 そして持って生まれた才能すべてを存分に活かして、「志村けんを生きた」。 すごく羨ましいし、カッコいい!!! こんなに早くお別れするとは思わなかったので受け入れるのに時間はかかりそうですが、有り難いことにたくさんの映像も残っているので、これからもたくさんの人に笑いを届けていってくれると思います。

次の

【四柱推命|有名人を鑑定】志村けんさんの命式。|ありのままの私で幸せになる四柱推命

志村けんのお墓

その一角に、ひときわ大きな墓がひっそりとたたずんでいる。 きれいに掃き清められ、花立てには彩りにあふれた真新しい花が供えられている。 線香の燃え跡が残り、周囲にはまだ香りが漂っていた。 その傍ら、先祖代々の戒名が記された墓誌に、先日、新たな戒名が刻まれた。 「瑞心院喜山健徳居士」 ここには、3月29日に新型コロナによる肺炎で急逝した、志村けんさん(享年70)が眠っている。 最愛の母・和子さん(享年96)と共に。 訃報から2か月余り。 突然の別れとなった長兄の知之さん(73才)は、「まだ亡くなった実感がない」としながらも、「納骨が終わってホッとした」と複雑な胸の内を口にする。 「四十九日の前に、家族のみで納骨しました。 新しく建てたのではなく、先祖代々250年続くお墓です。 けんは妻も子供もいなかったので、両親や、じいちゃんばあちゃんたちと一緒にゆっくりしてもらえればと思ってね」 先祖代々の墓は、長男が受け継ぐケースが多い。 志村さんのように3人兄弟の末っ子で妻子がなく、突然の死を迎えた場合、墓問題は迷走することも少なくない。 ましてや、志村さんは遺言も残していないとされている。 葬送・終活ソーシャルワーカーの吉川美津子さんが言う。 「先祖代々のお墓に、長男しか入れないという決まりはありません。 そのお墓を管理している祭祀継承者が了解すれば、入ることができます。 志村さんの場合はお兄さまや親族との関係が良好だったので、揉め事もなく、スムーズに入ることができたのでしょう」 生前の志村さんは多忙の合間を縫って、正月には母・和子さんと知之さん一家が暮らす実家を訪れている。 結びつきが強かった兄弟らしく、葬儀や納骨などは兄らが取り仕切ったという。 葬儀で使われた志村さんの遺影も、知之さんが住む実家に戻っている。 その遺影の話題になると知之さんの表情が緩み、懐かしそうにこんなエピソードを教えてくれた。 「遺影にした写真は10年くらい前のもので、鶴瓶さん(笑福亭鶴瓶・68才)と一緒に撮った一枚なんです。 母親が、鶴瓶さんとけんのテレビ番組に出演したことがあるんですけど、その撮影の合間に撮った写真なんです。 出来上がった写真を見て、いい笑顔だなって思ってね。 ほかにも写真はたくさんあるんですけど、この鶴瓶さんと写ってる写真がいちばんいい。 あのけんの表情が、ずっと頭に残っていたんですよ」(知之さん) 志村さんと鶴瓶は50年来のつきあいで、1998年からは年に1度、正月の特別番組で共演している。 プライベートでも仲がよく、鶴瓶は志村さんの母親とも親交を深めていた。 その間柄は、晩年の志村さんに大きな影響を与えている。 志村さんは今年、NHKの連続テレビ小説『エール』への出演や、映画『キネマの神様』の初主演など、70才を機に俳優業に力を入れていた。 それでも鶴瓶さんは、志村さんの俳優姿を見たいと口にしていたんです。 面と向かっては言いませんが、そのやりとりが、志村さんの中にずっと残っていた。 となると、遺産の行方も気になってしまう。 「けんが飼っていた2匹の愛犬は、有難いことに知り合いが引き取って世話をしてくれています。 決まったのはこれくらい。 三鷹にあるけんの家にはもう誰もいませんが、今後あの家をどうするか、遺品をどうするのか、遺産はどれくらいあったのか、まだまだ話し合いもできていない状況です」(知之さん) 志村さんの死後の手続きは、まだ始まったばかりのようだ。

次の