今年 の お盆 は いつ。 緊急事態宣言で夏休み(お盆)の帰省はどうなる?飛行機や新幹線の混雑は?|mori’s life blog

2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?|終活ねっとのお坊さん

今年 の お盆 は いつ

こんにちは。 仏壇店で働いている あだちよ です。 お盆セール期間中、お客様から、意外とよく聞かれるのが、 「 お盆の期間はいつからなの?」という質問です。 昔は、家におじいさんやおばあさんがいて、生活の中でふつうに「お盆の時期」を感じれたんですが、年長者と離れて暮らす人の多くなった現代では、「多分、8月中旬頃じゃないかなぁ~?」という曖昧な感覚になっているのではないでしょうか? ネットは便利なんですが、確証がないので、仏壇店の店員である私に聞かれるんでしょうね。 では、具体的に 今年のお盆の期間はいつなのか? また、 お盆の入りは、いつからなのか、 3分でわかるように、今年のカレンダーを使って、わかりやすくお伝えしたいと思います。 Contents• お盆には7月盆と8盆がある 地域によって 「 お盆を7月に行う地域 」と 「 お盆を8月に行う地域 」があります。 現在、「東京」の一部の地域と「熊本県」の一部の地域で7月にお盆が行われています。 もし、あなたのお住まいの地域(ご親戚の地域)が、7月盆なのか、8月盆なのかわからない場合は、ご近所の方や、近くのお寺などで「この地域のお盆は7月ですか?8月ですか?」とお聞きになれば、教えて頂けると思います。 7月盆の地域のお盆の期間 7月にお盆を行う地域が、東京にあります。 東京に本家があったり、親戚がいらっしゃる場合、お盆の期間を前もって先方に確認しておかれるといいと思います。 7月盆に初盆を迎えるお宅へ提灯を送る時期は? 初盆を迎えられる 新仏様がいらっしゃる場合、親戚の方が提灯を送る風習が日本にはあります。 Sponsored Links 7月盆を行われるご家庭に盆提灯を送る場合、 7月13日には、お盆が始まりますから、遅くても 6月中旬~7月上旬頃までには、お届けするようにしましょう。 但し、先方(お届け先)の都合もありますので、一方的に送るのではなく、確認してから送るようにしましょう。 7月盆のご家庭に、7月13日以降に盆提灯を送ることにないようにしましょうね。 もちろん「親戚が盆提灯を送る」ということは、法律で決まっているわけでもありませんし、義務でもありませんが、盆提灯には新仏さんがお盆に帰ってくる時に、 迷わないように「ここだよ~」と灯を灯してお迎えするという意味があります。 つまり、 親戚の方が盆提灯を送るのは「新仏さん」がいらっしゃる年 だけなのです。 新仏さんがない年は、ご自宅にある既存の提灯を灯してご先祖様をお迎えします。 昔は、お盆になると親戚や家族でお墓参りをして、提灯に火を灯し、新仏さんやご先祖さまをお連れして自宅に戻り、お盆を一緒に楽しく過ごしたとも言われています。 7月盆の期間はいつからいつまで? 今年の 7月盆の期間は、 7月13日(迎え火) ~ 7月16日(送り火)までです。 (下記カレンダー参照) 新仏様とは?(平成28年8月13日以降に四十九日を執り行われた仏様のこと) 8月盆を行われるご家庭に盆提灯を送る場合、 8月13日には、お盆が始まりますから、遅くても 7月中旬~8月上旬頃までには、お届けするようにしましょう。 但し、先方(お届け先)の都合もありますので、一方的に送るのではなく、確認してから送るようにしましょう。 8月盆のご家庭に、8月13日以降に、盆提灯を送ることにないようにしましょうね。 もちろん「親戚が盆提灯を送る」ということは、法律で決まっているわけでもありませんし、義務でもありませんが、盆提灯には新仏さんがお盆に帰ってくる時に、 迷わないように「ここだよ~」と灯を灯してお迎えするという意味があります。 つまり、 親戚の方が盆提灯を送るのは「新仏さん」がいらっしゃる年 だけなのです。 新仏さんがない年は、ご自宅にある既存の提灯を灯してご先祖様をお迎えします。 昔は、お盆になると親戚や家族でお墓参りをして、提灯に火を灯し、新仏さんやご先祖さまをお連れして自宅に戻り、お盆を一緒に楽しく過ごしたとも言われています。 8月盆の期間はいつからいつまで? 今年の 8月盆の期間は、 8月13日(迎え火) ~ 8月16日(送り火)までです。 (下記カレンダー参照) 但し、各家庭の事情で、お盆の入りや開けを早めたりする場合もあります。 おわりに お盆の期間が、いつからなのかおわかりいただけましたでしょうか? 古い考え方だと笑われるかもしれませんが、今私達が存在しているのは産んでくれた両親がいてくれたからこそなんですね。 もちろん、その両親にも親がいて、その前にも・・・という感じで命は受け継がれています。 今、私の記事を読んで下さっている方の中には、 両親が好きでない方もいらっしゃるかもしれません。 親戚つきあいが苦手な方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、お盆は「あちらの世界」にいらっしゃるご先祖様が、唯一、現世に帰ってこられる期間なんです。 ご先祖様の子供である、あなたが心の中で手を合わせ 「おかえりなさい。 いつもありがとう」と言うだけでも、とても喜ばれると思いますよ。 あなたの真心が一番大きな供養なのですから。

次の

お盆の正式な期間!いつ入りいつ終わるかが3分でわかる

今年 の お盆 は いつ

記事の内容• お盆とは? お盆の意味 お盆は、祖先や亡くなった人たちがこの世にさまよって苦しむことなく、 成仏してもらえることを願って、子孫が追善や報恩の供養をする期間のことを意味しています。 お盆の正式な呼び方は、盂蘭盆会 うらぼんえ と言って、諸々の説が存在していますが、サンスクリット語で逆さ吊りを示すウラバンナの音写であるとする説が有力とされ、先祖の霊を招き寄せ供養する恒例行事として全国的に広く行われています。 自分に関係のある身近な人が亡くなられて四十九日法要が終わってから一番最初に迎えるお盆を初盆 はつぼん あるいは、新盆 しんぼん、にいぼん、あらぼん と呼び、家の玄関やお墓に真っ白の提灯を立て、初盆以外のお墓には白と赤の色が入った提灯を用意して立てるなど、特に手厚く供養する慣習があります。 初盆には四十九日や一周忌、三回忌などの食事を交えた法事法要とは別に、法要として供養の儀式が行われますが、一般的に初盆を過ぎたお盆は身内だけで先祖の霊と共に供養をします。 お盆の由来 お盆の由来として、日本では 推古天皇14年 西暦606年 に、お盆の行事が初めて営まれたと言われています。 全国各地で行われているお盆の恒例行事は、各地域の慣習などが加わったり、宗派による違いなどによって多種多様ですが、一般的に祖先の霊がこの世に帰ってくると考えられています。 お盆の期間はいつ? 昔のお盆の期間 昔のお盆の期間は、当時では お盆に行われる行事が旧暦の7月15日を主として、7月13日~16日がお盆の期間とされていました。 そもそも、お盆の行事は7月に行われていたとのことですが、お盆の慣習の起源は非常に古く、平安時代には盂蘭盆会 うらぼんえ の行事が浸透していたと言われています。 そして、明治時代を過ぎてから、新暦 太陽暦 が適用されて一般化されたことにより、8月のお盆が誕生し、3つの時期に区別されていきました。 カレンダーに旧暦の表示が載らなくなったから• 旧暦は一年毎に変わるため把握しにくいから• 月遅れの8月15日に固定した方がスケジュールを立てやすいから しかしながら、旧暦でお盆の行事を行うことが減ってきたというだけで、完全にやらなくなったわけではないので、全国各地などによってお盆の時期が変わってきます。 7月13日~15日 新盆 東京都 一部地域を除く 、南関東 主に都市部 、静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地など• 8月20日前後 旧盆 沖縄県、奄美など南西諸島の一部• 8月13日~15日 月遅れのお盆 南関東 一部地域を除く 、西日本全般と北関東以北 日本の大半の地域• 8月1日など その他 岐阜県中津川市付知町、中津川市加子母、東京都 多摩地区の一部 お盆期間は何をするの? お盆に行うこと• お墓参り• お墓の掃除• 一般的に今の時代においてお盆とは、一年に一度ご先祖様の霊が家族のもとへ帰ってくる期間と言われ、 迎え火を焚いてご先祖様が迷わず我が家に戻って来られるようにしてお迎えし、帰って来られたご先祖様の霊の供養を行います。 ほどなくお盆の期間が過ぎると、 送り火を焚いてお送りするスタイルがお盆の慣習として定番になっていると言えます。 ちなみに、京都の夜を美しく彩る有名な大文字焼は、この送り火の名残とされています! お盆の期間はいつ! ?お盆とは何を行うもの?のまとめ お盆の期間やお盆に何を行うのかについて参考になりましたでしょうか? お盆休みで里帰りしてお墓参りに行ったり、お盆休みを利用して遠出や旅行をしてリフレッシュしに行くなど、様々なお盆期間の過ごし方があると思います。 お盆の行事は、その地域やそれぞれのお家によりしきたりがあったりするので、いくつもの供養のやり方があり、ご先祖様を忘れずに心から供養するという風習は素敵な伝統行事ですね。 近年では仏壇のないご家庭やお墓が遠くて中々お墓参りに行けない人も多く、ご先祖様を心から供養するという気持ちが薄れている感じがしますが、毎日が忙しく余裕がないのは別として、家系を途絶えすことなく命をつないでくださったご先祖様に、せめてお盆の期間だけでも感謝の気持ちを示す意味を込めて供養をしたいものです。

次の

お盆の正式な期間!いつ入りいつ終わるかが3分でわかる

今年 の お盆 は いつ

日本には様々な行事がありますが、「」はいつでしょうか。 2020年のお盆の日程とは? 2020年 令和2年 のお盆はいつですか?お盆期間は? 東京都では7月にお盆を迎えますが、地方では8月にお盆を迎えるなど地域によって時期が違います。 それは、お盆には「」と「」と二通りの時期があるからです。 2020年の盆の入り 盆入り 、盆の明け 盆明け はいつでしょうか。 2020年旧のお盆 月遅れのお盆 8月13日~16日• 盆入り 8月13日 木• 中日 8月14日 金• 盆明け 8月16日 日 2020年新のお盆 7月13日~16日• 迎え火 盆入り 7月13日 月• 中日 7月14日 火• 送り火 盆明け 7月16日 木 東京や一部地域では、新のお盆である7月13~16日にお盆を迎えることが多いです。 2020年 令和2年 8月のお盆休み期間は? お盆というと現代の日本では年末年始に次いで公に休むことができる「長期休み」。 2020年のお盆休み期間• 8月8日(土)• 8月9日(日)• 8月10日(月)山の日• 8月11日(火)• 8月12日(水)• 8月13日(木)迎え火(盆入り)• 8月14日(金)中日• 8月15日(土)• 8月16日(日)送り火(盆明け) 一般的に「お盆休み」と呼ばれる時期は「旧のお盆」や「月遅れのお盆」である8月13~16日をさしています。 2020年は8月10日 月 が「山の日」で祝日なので、お盆の期間にお休みが取れる場合は、8月8日 土 ~8月16日 日 の最大9連休になります。 8月15日・7月15日は、お盆の中日としてやで法事を行う場合もあれば送り火をすることもあります。 16日に送り火をするのであれば、8月15日・7月15日は お盆の中日となります。 もし15日に送り火をするのであれば、8月15日・7月15日が お盆の送り日ということになります。 15日の夕方か16日の夕方のどちらかで送り火を焚き、先祖の霊を見送るのが一般的です。 写真:の例 お盆期間の迎え火は8月13日、送り火は8月16日 盆入りの8月13日の夕方には、先祖の霊が迷わないように迎え火を焚きます。 そして盆明けの8月16日の夕方には、送り火を焚いて先祖の霊を見送るとされています。 迎え火と送り火の日程は、地域の風習や家庭によって早めに迎え火をしたり、調整をすることもあります。 詳しくは「」で解説しています。 お盆の準備やお盆期間の風習 初盆・新盆とは 四十九日を過ぎて、後に初めて迎えるお盆を「・」といいます。 初盆・新盆では、盛大にすることが多いです。 初盆の準備については「」で、初盆・新盆の意味はエンディング用語辞典「」で詳しく解説しています。 また、準備する側ではなく、お盆に親戚や知人から招かれることもあるでしょう。 お盆の香典や訪問するときのポイントは「」のページにまとめています。 仏教のお盆・初盆の準備は? の場合、供養のための卒塔婆やを早めにお寺にお願いをしておくとよいでしょう。 また、自分たちでを揃えたり、盆棚(精霊棚)や盆棚に飾るものを用意しましょう。 親戚の方などからが届いた場合は組立てて飾りましょう。 お花、、ろうそくやおなどの供養に必要なものを揃えておきましょう。 送り日に精霊流し・を行う場合は、 精霊舟 やの準備も必要ですね。 神道のお盆・初盆の準備は? もまた祖先崇拝の考え方を持ちますので、お盆は先祖供養・祖先崇拝の行事の一つです。 神道の場合、を清めて、先祖の御霊を祀ります。 として季節の果物やお神酒、お米などを用意してお供えします。 初盆のことを「新盆祭・新御霊祭(あらみたままつり)」と呼びます。 さんに奏上を依頼してを行うこともあります。 お盆の由来とお盆の行事 日本のお盆は、仏教の盂蘭盆会に神道の祖先崇拝や豊作に感謝するなどの農耕儀礼など古くからの様々な風習が合わさって形作られたと考えられています。 また「お盆休み」という慣習は、遠い昔、奉公人が主人から休暇をもらって田舎に里帰りする「」が起源であるという説や、仏教において地獄の看守も休みを取る「の賽日 えんまのさいじつ 」がお盆の時期だったことが影響しているという説があります。 お盆の風習は地域によって特徴がありますが、全国的な恒例イベントとなっています。 長崎の精霊流しや京都のが有名な例でしょう。 も、はるか昔にお盆期間に踊ってを唱えていた仏教の行事が由来だといわれています。 今年のお盆は自分の地域のお盆の風習について改めて考えてみてはいかがでしょうか。 写真:広島の一部地域ではカラフルな盆燈籠を飾ります 募集中!あなたの地域の「お盆の風習」 [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... あわせて読みたい 2019. 27 2020. 17 2019. 1 2020. 22 2013. 11 2020. 解体サポート 解体に関する記事の監修者• 株式会社HOWL ライター・ディレクター• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 敬食ライター ライター・レポーター• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者 あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の