人生は冒険や。 【世界の名言】人生は「恐れを知らぬ冒険」か「無」である

人生オワタの大冒険攻略

人生は冒険や

勇気が必要なのは、打撃を受けた瞬間ではなく、正気と信念、安全に立ち戻るための長い上り坂においてである。 チャールズ・リンドバーグ(アメリカの飛行家) 1927年に「スピリット・オブ・セントルイス」と名づけたプロペラ機でニューヨーク-パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に世界で初めて成功。 1931年には北太平洋横断飛行にも成功した。 有名な「翼よ、あれがパリの灯だ!」というセリフは実は後世の創作 みんな、それぞれが、何か新しいことをやる、それはすべて冒険だと、僕は思うんです。 植村直己(日本の登山家) 1970年に世界初五大陸最高峰登頂を達成、1978年には人類史上初となる北極点への単独行を達成。 同年にはグリーンランド縦断にも成功するが、1984年にマッキンリーで消息を断つ 冒険とは、生きて帰ることなのである。 植村直己(日本の登山家) 努力している人を笑うこと。 それは、何よりも最低な行為である 植村直己(日本の登山家) 人の生きる本当の価値は、お金や肩書きなどではなく、夢を追い求め一瞬一瞬を精一杯生きることにあります 植村直己(日本の登山家) 「 エベレストへ 次に行ったら本当に死ぬ」という恐怖に囚われながら、「じゃあ止めるのか? また何もなかった頃の自分に戻るのか?」と考えると、僕にはそっちのほうが怖かった。 野口健(日本の登山家) 1998年に25歳でチョモランマの登頂に成功し、当時の七大陸最高峰登頂最年少記録を樹立した どんなことでも、「これはダメだ」とあきらめるのではなく、「ではどうするか」と考えることに大きな意味がある。 野口健(日本の登山家) 立場によって意見が変わる。 極端な例で言うと富士山に不法投棄する人にだって理由がある。 それを考えないと落としどころは見つからない。 野口健(日本の登山家) 成功への近道なんていうものは「ない」と思いますね。 まず冒険は「行ける環境」を作ることから難しい。 野口健(日本の登山家) 一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる トッド・スキナー(アメリカのロッククライマー) 初登を遂げた山は26カ国300を超え、ビジネス界で引く手あまたの講演者としても活動。 2006年にアメリカのヨセミテで転落死 山を低くすることはできない。 だから、自分を高めなければならない。 トッド・スキナー(アメリカのロッククライマー) チャンスの女神は平等ではありません。 しかし、(チャンスを)つかむか逃すかの選択は平等に訪れる。 堀江謙一(日本の海洋冒険家) 1974年に世界で2人目の単独・無寄港世界一周航海を成功させ、2004年には東回りでの単独・無寄港世界一周航海を達成。 日本人初の東西両方向周りで世界一周航海経験者となる 夢を目標に変えて、チャレンジする。 堀江謙一(日本の海洋冒険家) 人生において、多くのチャンスに恵まれる人もいれば、少ないチャンスしかない人もいるでしょう。 でも大切なことは、多い少ないではない。 いかにチャンスを逃さないかです。 堀江謙一(日本の海洋冒険家) 道のありがたみを知っているものは、道のないところを歩いたものだけだ。 大島亮吉(日本の登山家) 1922年に北アルプス槍ヶ岳の冬期初登頂に成功。 1928年に前穂高岳北尾根で墜落死 年齢を重ねて諦めることが増えたとしても、「自分」を諦めてはいけない。 三浦雄一郎(日本のプロスキーヤー・登山家) 2013年に80歳でエベレスト登頂の歴史で最高齢登頂者となる3度目のエベレスト登頂に成功した 自分の弱さを乗り越えようとしてホラを吹く。 だが吹いた以上はやり遂げる。 三浦雄一郎(日本のプロスキーヤー・登山家) 一生の間に自分の秘めた力を使い果たす人など、ほとんどいない。 使われたことのない力がまだたくさん眠っている。 リチャード・イヴリン・バード(アメリカの探検家・海軍少将) 航空機による初の北極点到達、南極大陸のリトル・アメリカ基地から南極点までの往復と初の南極点上空飛行に成功した 終わりに到達するまで決してやめないと決心した。 そうしたら、自分の目的に到達した。 デイヴィッド・リヴィングストン(スコットランドの探検家) ヨーロッパ人で初めて、「暗黒大陸」と呼ばれていたアフリカ大陸を横断した 給料は安く、寒気厳しく、長い暗黒の日々、危険たゆまなく、生還おぼつかなし。 されど成功の暁には栄誉と報酬が得られるであろう アーネスト・シャクルトン(アイルランドの探検家) イギリスの南極探検隊を率いた探検家。 しかもさらに高くなって。 2020年に2016年以来となる単独無寄港無補給世界一周ヨットレースの第9回「ヴァンデ・グローヴ」への出場・初完走を目指している。 世界一周というのは確かに大胆なチャレンジだけど、結局は1マイル1マイルの積み重ね。 そう考えれば、地道さや慎重さは不可欠です。 夢や目標への挑戦を前に、自分の気持ちを鼓舞する名言を探しているなら、がとてもオススメです。 とにかく前向きで、熱い。

次の

バナナマン日村さんが主人公のゲーム!? 人生を体験する『ジンセイQUEST』配信

人生は冒険や

人それぞれです。 ただ、安定を目指すと目標を達成しても安定。 目標に若干の未達だと若干の不安定になります。 冒険をした場合、とんでもない失敗とかマイナスの方の底も大きくなりますが、目標に若干の未達でも普通よりも安定した生活になったりします。 また、安定に走ったほうが楽な生活になりやすいですが、楽しさがかけやすくなります。 冒険をする人生は楽な人生にはなりませんがわくわくした楽しい人生になります。 目標が低い方が達成し易く簡単に評価され易いですが、そんな評価はありがたい評価じゃ有りません。 また、若いうちにそれなりの成功をしてもヤッカミを受けたりして正当な評価を受けない場合が多いです。 なので、わかる人に評価されれば、後は評価されなくても問題ない。 って割り切る考えが必要ですね。 Q おととい会社の面接を受けました。 返事が明日位に来ると思います。 好感触で内定の可能性は高いように思われました。 その会社は自分の経験、興味のある業種で選んだのですが、夫婦が経営する子役専門の芸能教室兼プロダクションのデスクです。 生徒が200人位います。 有限会社で給与、賞与は妥当だと思われるのですが雇用保険、労災、社会保険に加入していません。 小さいですがNHKや有名な舞台へのオーディション合格率が高く経営者は25年位その業界で指導兼現役で仕事をしておられこれからもっと実績を上げ、社員に還元したいとやる気は満々です・・・。 が、 私は今40歳位で雇用保険をもらい就活中です。 これまで芸能、事務、販売など大手から派遣までいろいろと経験してきました。 会社都合で3月に退職しいろんな会社を受けて、内定もありましたが2社ほどインスピレーションがあわず辞退してしまいました。 堅実な福利厚生の社団などにも面接に行きましたが、やはり業種の違いからくる雰囲気のギャップでストレスを感じました。 業界によっては勤務時間も9時~17時中心から芸能職は12時くらい~22時とかまでで全く違い、私はどちらかというと不規則なほうが飽きない方ではあります。 でも早朝から夕方でも勤務はできます。 自分のビジョンが一番大切な事はわかっているのですがチャレンジ精神旺盛な私も年齢の壁を感じはじめやはりもっと現実的に生きなければならないのかと感じたりしています。 福利厚生を重視して選ぶか、保障はなくとも好きな業界で可能性に賭けて仕事をしていくか、つまり安定を選ぶか冒険するか、皆さんならどのような選択をされますか?参考までにお聞かせください。 おととい会社の面接を受けました。 返事が明日位に来ると思います。 好感触で内定の可能性は高いように思われました。 その会社は自分の経験、興味のある業種で選んだのですが、夫婦が経営する子役専門の芸能教室兼プロダクションのデスクです。 生徒が200人位います。 有限会社で給与、賞与は妥当だと思われるのですが雇用保険、労災、社会保険に加入していません。 小さいですがNHKや有名な舞台へのオーディション合格率が高く経営者は25年位その業界で指導兼現役で仕事をしておられこれからもっと実... どっちもアリだと思いますよ。 自分がしたい業界に向かうのもよし、人生が確実になるような業界に向かうもよし。 ただし前者を選ぶなら、現実的なロードマップを描いておかねばなりません。 つまり、すきな業界へ入るなら「小さなお店の小僧さん」から始めることになるからです。 小僧さんのまま年をとって、そのまま幸福に暮らせるほど世の中平和じゃありませんから、この業界で独立して食っていくプランをたて、そのための修行期間に入るつもりでこの仕事に取り組むほかありません。 オプション1:芸能の世界に進んで、独立開業をめざす オプション2:福利厚生確実な終身雇用の業界をめざす でしょうね。 あなたがどうしても芸能の世界で生きたいのならオプション1を、体質が芸能向きだと思う、という程度ならオプション2にしておいて、体質を業界に合わせこんでいくのがいいでしょうなあ。 どっちもアリだと思いますよ。 自分がしたい業界に向かうのもよし、人生が確実になるような業界に向かうもよし。 ただし前者を選ぶなら、現実的なロードマップを描いておかねばなりません。 Q 当方19歳です。 新卒で入社して3ヶ月目になります。 学生時代から「研修期間」として 数ヶ月程度放課後に働かせてもらっておりました。 薄々、「何かがおかしい」感じはしていたのですがそれが何かはわからないまま、 3月になり、正式に「正社員」になりました。 (といっても、給料はアルバイトと変わらない金額、ボーナス・残業代・退職金はなし) 変な話なのですが、他部署ですが研修期間から会わせてもう 8人くらい辞める社員さんを見てきています。 先月、3人の社員さんが一気に辞めてしまいました。 (話を聞いた所によると、内情を知ってしまったことと、人間関係で。 ) それが原因なのか、前兆はあったのですけど そのころからお給料が5日ほど遅れて支払われるようになり、 銀行やその他の会社からの催促の電話が増えました。 (電話を撮るのは私、社長は居留守を使うのでそうとう困っているのだなと。 ) 経理の人には「もしかしたらあと、2,3ヶ月で潰れる。 準備、しておいた方が良いよ。 」 と言われました。 上の責任者の方も会社を1日離れることも多々あります。 (多分、資金を工面しているのだと。 ) 元々、私は特別やりたい仕事があってこの会社に入社したのですが (内定いただいたときはその職種の就職口が少なかった。 今はけっこう増えてきている。 ) 入社してみて色々と感じたこともあり、「転職」も考えていました。 2年つとめたら、と考えていましたが 会社もこの状況ですし、 難しいだろうと思っています。 そこで質問なのですが、 私はここの会社にいてどうしたら良いのかわかりません。 「倒産する」まで会社にいよう (世知辛い話ですが、「会社都合」での退職であった方が、再就職しやすいのかなと。 ) と思っているのですが、 私はまだ「正社員」勤めてようやく4ヶ月目ですし 「失業保険」は頂くことは難しいでしょうか。 また、調べたのですが最後の一ヶ月分はお給料支払われないというのは ほんとうでしょうか。 (既に給料が3回遅れていて、それで辞めた人も3人くらいいます。 ) 経理の方は「もしほんとうに危なくなったら、私は一ヶ月前に辞める。 」と言っていました。 「倒産」経験者の方、また、知識がある方など 教えてくださると助かります。 正直、自分自身もよくわかっておらず、まわりにそういう経験者もまだおらず、 どうしたらいいのか悩んでおります。 アドバイス等頂けると幸いです。 当方19歳です。 新卒で入社して3ヶ月目になります。 学生時代から「研修期間」として 数ヶ月程度放課後に働かせてもらっておりました。 薄々、「何かがおかしい」感じはしていたのですがそれが何かはわからないまま、 3月になり、正式に「正社員」になりました。 (といっても、給料はアルバイトと変わらない金額、ボーナス・残業代・退職金はなし) 変な話なのですが、他部署ですが研修期間から会わせてもう 8人くらい辞める社員さんを見てきています。 先月、3人の社員さんが一気に辞めてしまいました。 A ベストアンサー お気の毒さまです。 まず失業保険(求職者給付金)については、非常に微妙ですね。 倒産の場合の失業は、比較的優遇されるのですが、それでも被保険者期間が6か月以上です。 質問者さんの場合、倒産まで待っても、6か月未満となる可能性がありますので。 今辞めた方が良いか、粘る方が良いかは、結果論になってしまいます。 ただ、いずれにせよ、ダメもとで、職安には給付対象にならないか、尋ねてみてください。 それと可能性は殆ど無いと思いますが、もしかしたら、アルバイト時代に雇用保険料を引かれていないか等、一応、調べてみてはどうでしょうか? 「もしほんとうに危なくなったら、私は一ヶ月前に辞める。 」と言うのは概ね正論です。 企業が倒産する場合、給与支払い日や、外部支払いの期日など、まとまった資金が必要な日の前日辺りに倒産する例は多いです。 そういう意味では、倒産前の給料日前と言うだけでは無く、給与〆日での退職が、労働対価的な損失はありません。 一方、依願退職(自己都合退職)と言うのは、いわゆる「履歴書を汚す」ことになってしまいますが、再就職に際し、事情を説明すれば、それほどネガティブでは無いと思います。 むしろ、危ない会社からも逃げ出さず、最後まで頑張った社員として、評価されるかも知れません。 面接などは、自分でそう言う風に言えば良いだけとも言えますしね。 履歴書を汚さない方法としては、「退職勧奨」と言う会社都合の労働契約解除があります。 会社がそういう状況ですと、従業員が減れば助かる部分はあるでしょうし、近い上司などは協力的かも知れませんので、「退職勧奨で労働契約解除をしてもらえませんか?」と、相談してみられたら良いと思いますよ。 こちらも次の会社面接などでは、「私は最後まで一緒に頑張るつもりでしたが、上司が『君は十分に頑張ってくれた!わが社の責任で、君の履歴書を汚すわけにはいかない。 』と言い、その様な配慮をしてくれました」みたいに、適当に作文しても構わないと思います。 余りウソを付き過ぎますと、「前職調査」などを行う場合がありますが、前職が倒産している場合は、調査は出来ませんし・・。 質問者さんはお若いし、何事も経験です。 失業保険にしても、給料の6~7割を半年くらい貰えるかどうかだし、労働契約解除の種類も、懲戒解雇じゃなきゃ、自己都合だろうが会社都合だろうが、メチャクチャ違いはありません。 悩んでも仕方がないことは、あまり悩まないで、「何があっても、命まで取られるワケじゃない!せっかくの機会だから、何でも見てやろうじゃないの!」くらいのおつもりで臨まれたらどうでしょう? いよいよ倒産しそうとなれば、「ちょっと家で仕事がしたい」とでも言って、毎日会社のノートPCなど金目のモノでも持って帰ちゃえば良いですよ。 倒産したら、未払い賃金だって立派な債権ですから、質問者さんはそのPCなどを差し押さえたって構いません。 いずれ債権者が社内を引っ掻き回しますので、PCの1台や2台、ドコへ行ったかなど判りませんしね。 逆に、高価な私物などは、会社に置いておかない様に気をつけて下さいね。 お気の毒さまです。 まず失業保険(求職者給付金)については、非常に微妙ですね。 倒産の場合の失業は、比較的優遇されるのですが、それでも被保険者期間が6か月以上です。 質問者さんの場合、倒産まで待っても、6か月未満となる可能性がありますので。 今辞めた方が良いか、粘る方が良いかは、結果論になってしまいます。 ただ、いずれにせよ、ダメもとで、職安には給付対象にならないか、尋ねてみてください。 それと可能性は殆ど無いと思いますが、もしかしたら、アルバイト時代に雇用保険料を引かれてい... Q 先々週、就職活動を終えたものです。 就職活動を終える際に、本命の業界の企業から内定を頂きました。 ですが、女性としてちゃんと働いていけるか…、本当にやりたい仕事なのか…という不安が突如と沸いてきて、結局辞退を致しました。 そして、まったく志望していなかった企業ですが、福利厚生や女性への待遇が良い企業を結果として選びました。 辞退した企業はとてもネームバリューもあり、周りから「もったいない」「なんで辞めたの」といわれる度に未だに心が痛み泣いてしまいます。 また、私自身、今の企業を選んだ理由を考えても、まるでただ「逃げ」のために選んでしまったのではないかと思えてしまい、自分自身すら信じられません。 自分の選択を信じてあげないといけないのは自分自身しかいないのに、私自信が疑っている、その状態が本当に悔しいです。 就職活動が終ったというのに、まったく気もちが晴れません。 それどころか、辞退したはずの企業からの内定を貰った場合の未来ばかり想像してしまいます。 既に志望していた業界の選考は全て終っており、秋採用に進むのも躊躇っています。 もし、内定辞退後にこのような後悔をしていた方などいましたら、それをどうやって乗り越えたのか、などアドバイスを頂ければと思います。 これはただの未練、なんでしょうか? 先々週、就職活動を終えたものです。 就職活動を終える際に、本命の業界の企業から内定を頂きました。 ですが、女性としてちゃんと働いていけるか…、本当にやりたい仕事なのか…という不安が突如と沸いてきて、結局辞退を致しました。 そして、まったく志望していなかった企業ですが、福利厚生や女性への待遇が良い企業を結果として選びました。 辞退した企業はとてもネームバリューもあり、周りから「もったいない」「なんで辞めたの」といわれる度に未だに心が痛み泣いてしまいます。 また、私自身、... A ベストアンサー サラリーマンです。 このたび転職活動を終え、春を迎えました。 複雑な心境です。 私も、転職活動中に希望就職先から内定を貰いましたが、 いざ貰うと、頭の中で色々考えてしまい、最終的には辞退しました。 悩みに悩みに悩み、現職に留まる決断を下しました。 現在、私は猛烈に後悔しています。 夜中に突然発狂するくらい・・・ なぜ転職をしなかった・・ 転職した後の未来しか考えられず、自分の人生はもう終わったな・・・ なんてネガティブな考えしか出てきません。 しかし、私の性格はおそらく「隣の芝は青くみえる」性格なのだと思います。 そして恐ろしく優柔不断。 きっと転職していれば、現職に留まっておけば良かったと後悔するでしょう。 学生時代に就職活動をしていた時も、最終的に2社の内定からどちらかを選ぶ際、やはり別の方を選んでおけば・・・と猛烈に後悔しました。 どの道を選んでも後悔する性格なのだ知った上で、現状の苦しみを我慢しています。 今ある現状で、一生懸命頑張れば、この選択でも良かったな・・・と思うときもあるでしょう。 それでもやはり違った!というときは、再度、転職を考えます。 ずいぶん前の質問ですが、remusloveさんは一体どのような現在をお過ごしでしょうか? 意外とこの質問を投稿していたときの選択は間違えていなかったと思っているかも知れませんね。 サラリーマンです。 このたび転職活動を終え、春を迎えました。 複雑な心境です。 私も、転職活動中に希望就職先から内定を貰いましたが、 いざ貰うと、頭の中で色々考えてしまい、最終的には辞退しました。 悩みに悩みに悩み、現職に留まる決断を下しました。 現在、私は猛烈に後悔しています。 夜中に突然発狂するくらい・・・ なぜ転職をしなかった・・ 転職した後の未来しか考えられず、自分の人生はもう終わったな・・・ なんてネガティブな考えしか出てきません。 しかし、私の性格はおそらく「隣の芝は青... Q 34歳男性です。 前職では毎日終電近くまで仕事(営業職)をし、休日出勤も多かった為、 婚約者である彼女に「このままでいいのか・・」などと色々相談した結果、 30歳半ばからの転職は難しいのと、現状では家族サービスなどを取る精神的余裕が無い事で転職をする事にしました。 これは自分の甘さでもありますが、毎日遅くまで仕事をしていると 就職活動がどうしてもいい加減になってしまう事から、無職の状態で就職活動をはじめました。 何社か採用通知はもらいましたが、「二度と転職しないだろう職場」を探し求めた結果、3ヶ月後に 「給料は前職より高い」「通勤が非常に便利」「完全週休二日」「残業あまりない」「退職金や福利厚生の条件が良い」 などと言った、夢のような会社と運良く出会う事が出来、3回の面接を通過して採用を頂く事が出来ました。 (別業界ですが営業職です) ・・そして入社して10日が過ぎました。 会社説明の時に、業務内容についてはしっかり研修を行うので、心配はいらない!と言われましたが・・ 入社した当日に簡単な会社説明はありましたが、2日目からはいきなり先輩社員と同行。 直し方を教えて下さい」と言ったら「じゃあ、いいわ。 」 と言われ勝手に直され・・ でも悔しいので、車の中で疑問に思う事多数を質問し覚えようと努力していました。 でも未だに全然理解出来ていません。 それ所か、何が何ていう商品で、どんな特徴があるのかさっぱり解っていません。 なのに今日支店長から、「来週から1人で直しに行ってもらう」と言われました。 それで「まだ仕事内容も理解出来ていないので、1人では行く自信ありません」と答えたら 「何言ってるの?? 中途社員でしょ?? 甘く考えたらダメだ」と怒られました。 ワガママかも知れませんが、しっかり仕事も教えてもらえない環境の為、年齢的にも1年後に辞めるよりは今辞めた方がいいと思い、辞めようと思っています。 でも10日経ってしまったので、雇用保険に入ってしまってるように思えます。 こんな私は、考え方が甘いですか?? 皆様ならどうしますか?? 宜しくご教授願いします。 34歳男性です。 前職では毎日終電近くまで仕事(営業職)をし、休日出勤も多かった為、 婚約者である彼女に「このままでいいのか・・」などと色々相談した結果、 30歳半ばからの転職は難しいのと、現状では家族サービスなどを取る精神的余裕が無い事で転職をする事にしました。 これは自分の甘さでもありますが、毎日遅くまで仕事をしていると 就職活動がどうしてもいい加減になってしまう事から、無職の状態で就職活動をはじめました。 何社か採用通知はもらいましたが、「二度と転職しないだろう職... A ベストアンサー 転職は非常に体力の要ることですから、大変でしたね。 その結果、条件に合う会社に入社出来たのはすばらしい事です。 質問者様の質問と回答を見せていただきましたが、自分もNO. 4さんと同じく、もっと行動してから判断すべきだと思いました。 営業はサービスマン的な仕事をする事も多いので、他に移っても同じ不満を抱える可能性も大きいです。 何も分からないまま一人で出る不安はありますが、今はその不安を乗り越えるべき時なのかもしれません。 「教えてもらっていない」なら、もう見て盗むor勉強しか無いですよね。 質問者様はしっかり毎日勉強しているのでしょうが、どうしても自分で触らないと分からない部分はありますよね。 それが不安材料なのでしょう。 しかしこれは、叱責されながら覚えるより他は無いかと思います。 6さんの言われる通り、機械修理はパターンです。 100種類あっても中身は100通りも無い場合が殆どで、覚えてしまえば難はありません。 今は我慢し、さらに勉強そして努力の時かとも思いますが、どうでしょうか。 親切に教えてくれる会社は、そんなに多くはありません。 質問者様は初めての転職かもしれませんが、一度辞めると「癖」になるのは本当です。 自分も転職の手間は体感しているので、最初は「いつ辞めても、あれをまた繰り返せばいいや」と思っていました。 (転職が癖になりそうだったようです) 人によっては、転職を繰り返す事により仕事に対して我侭になります。 前はこうだったのに…と、前職の良い所ばかり思い出します。 別れた彼女みたいなもんですね。 結局、元彼女に戻っても別れるケースが殆どですが。 会社は長くいなければ分からない事もありますので、人間関係が圧倒的に悪い所なら今すぐ辞めた方が良いと思われますが、そうでないなら、少し踏ん張ってみてはどうでしょうか。 条件が良い会社、という事は長期的に見るとメリットが大きいのでしょう。 残業もその程度でしたら、家庭サービスに支障は出ないと思われます。 (個人的には残業2~3時間で帰れる日があるのは羨ましいです) もちろん今は辛いでしょうが…今は楽だけど長期的にメリットが無い会社に転職した場合、自分が歳を取った時に後悔するかもしれません。 また転職をするなら、そこを覚悟しておく必要はあると思います。 >皆様ならどうしますか?? 自分だったらどうするか…そうですね。 人間関係さえ悪くなければ、頑張ります。 もちろん、それを無理強いする回答ではありませんよ。 転職は非常に体力の要ることですから、大変でしたね。 その結果、条件に合う会社に入社出来たのはすばらしい事です。 質問者様の質問と回答を見せていただきましたが、自分もNO. 4さんと同じく、もっと行動してから判断すべきだと思いました。 営業はサービスマン的な仕事をする事も多いので、他に移っても同じ不満を抱える可能性も大きいです。 何も分からないまま一人で出る不安はありますが、今はその不安を乗り越えるべき時なのかもしれません。 「教えてもらっていない」なら、もう見て盗むor勉強しか... A ベストアンサー 民事再生法。 簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので いくらかはチャラにしてください。 という法律です。 従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を 継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。 もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、 いくらが条件があります。 一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。 借金さえなければいい会社なのに。 そういう感じです。 今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、 活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。 そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで 会社、事業の存続と借金の減免が行われます。 当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、 従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など を求めてきます。 もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、 いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて しまうので、それらには自ずと限度はあります。 民事再生の成功の可否は、事業の健全性 合法で世情にあっていてきっちり儲けられること と 経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに かかってきます。 事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、 従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。 簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。 民事再生法。 簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので いくらかはチャラにしてください。 という法律です。 従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を 継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。 もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、 いくらが条件があります。 一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。 借金さえなければいい会社なのに。 そういう感じ... Q お世話になります。 題目の通りですが,書類選考が通過する場合は、やはり通過の連絡は早い(2~3日)のでしょうか?それとも通過する場合でも1週間程度は全然普通でしょうか? というのも連絡が早い場合に以下の2つのケースが考えられるのかなと思いまして。 実際どうなのでしょうか?マッチした,または可能性を感じる人材であっても,ある程度の規模の企業の場合など様々な部署での協議もあり最低1週間程度はかかるのが普通でしょうか? 皆様ご意見いただければと思います。 あくまで書類選考に関してです。 A ベストアンサー ハローワークの求人を中心に60社以上書類応募をした経験者です。 また、失業率が高止まりしていて応募者が多いため優秀な人材を優先して面接しているのかわからないけど2週間以上してから面接日の連絡がある場合もありました。 推測ですけど、人事担当者が書類選考する場合は連絡が早く、オーナーが書類選考する場合は結果連絡が遅くなるような気がします。 企業によって選考期間は様々なので一社の結果連絡を気にするより書類応募をひたすら継続された方が時間の無駄を省けますよ、結果連絡すらしない企業も多数でした。 また、経験上ハローワークの求人票に記載されているX日後は全く関係なかったですね。 以上、参考になれば幸いです。 Q 現在大学3年生、就活中の女子大生です。 これまで何社かES通過し、面接も受けてきましたが、まだ内定はいただけていません。 就職氷河期と言われてきたのに加え、今回の震災で採用活動停止する企業も出てきて、焦りが出始めました。 そして、これまで絶対に就職したくないと思っていた飲食店も視野に入れるようになりました。 そしてこの社員さんたちはまた6時くらいから働き始めます。 自宅にほとんど帰ってこれない子供を心配して店にご両親が来る社員もいました。 日本語が必要なホールはほぼアルバイトかパートで、給料体制などがいい加減な部分が多かったです。 というパターンが多いのです。 賞味期限切れのものを出したり、レジや雑巾を触った手で料理に直接触るなど当たり前で正直ドン引きしました。 このような体験をしてきたので、正社員として働いてもまず体力が続くのか、仕事に楽しみややりがいを見出せるのか、給料や福利厚生などはきちんと頂けるのか、色々不安があり、ちょっと敬遠してきました。 ですが、内定もらえないまま卒業ということになるのはもっと困るので、視野を広げようかと思っています。 飲食店と言ってもファストフード店から高級レストランまで様々だと思いますが、現在働いている方や、以前関係者だったという方から現実的なご意見頂きたいです。 ちなみに厨房は未経験で、調理師免許も持っていません。 経験してきたのはあくまで接客のみです。 現在大学3年生、就活中の女子大生です。 これまで何社かES通過し、面接も受けてきましたが、まだ内定はいただけていません。 就職氷河期と言われてきたのに加え、今回の震災で採用活動停止する企業も出てきて、焦りが出始めました。 そして、これまで絶対に就職したくないと思っていた飲食店も視野に入れるようになりました。 A ベストアンサー 僕も飲食でいくつかバイトしてた事があるんですけど、条件は相当酷いですよね。 ただ向き不向きだと思うんです。 あるバイト先であまりに酷いんで(給料のい抜きと、後輩への暴力。 それ以前も暴力はあった)、バイト仲間に「みんなで辞めようぜ」と言ったんですが、やめたのは僕1人。 殴られる危険があっても残る奴は残るんだな、と。 なんか妙に関心した(で、そもそもそういうのを嫌ってやらない奴は絶対に最初から入らないんだな、と分かった。 遅いか・・・)。 あんな条件でもやる奴はやるんですよ。 で、彼らから見れば僕こそが異常者で負け組なんですね。 文化みたいなもんだし、批判もできないと思う。 要するに好きか嫌いかでしかない。 好きならやる、そうじゃないならやらない。 まだ3年の4月だし、まだまだある。 秋採用もあるし。 そもそも飲食は新卒じゃなくとも、いつでも行けるからまだ辞めた方がいい。 僕は色んなタイプの飲食経験したけど、暴力や罵声、労基法を越えるような待遇、理不尽な応対、 業界でしか通用しない独自の「社会人としてのルール」は大なり小なり共通でしたよ。 お客様第一と言いつつも、お客さんの見ていないところでのあまりの倫理意識の低さ、遅刻した学生に社会人としてのルールを語る一方でやくざや飲酒運転や暴力を肯定するようなあり得ない発言など、まったく一貫性の欠ける言動や行動など、僕はその辺が受け入れ難かった。 2つほどはすごく良い店だったけど、社員さんは生活はかなりキツイ感じだった。 自身がまったくマジメとは思って無かったので自分を再評価できたって点では良かった。 彼らはストレートな人が多いので陰険さは無かったからそこは救いかな。 1-3軒目は君的にはほんとうにダメだったわけでしょ? それを反動にしてシュウカツ頑張ればいいでしょ。 まだまだやれるよ。 がんがん動け。 僕も飲食でいくつかバイトしてた事があるんですけど、条件は相当酷いですよね。 ただ向き不向きだと思うんです。 あるバイト先であまりに酷いんで(給料のい抜きと、後輩への暴力。 それ以前も暴力はあった)、バイト仲間に「みんなで辞めようぜ」と言ったんですが、やめたのは僕1人。 殴られる危険があっても残る奴は残るんだな、と。 なんか妙に関心した(で、そもそもそういうのを嫌ってやらない奴は絶対に最初から入らないんだな、と分かった。 遅いか・・・)。 あんな条件でもやる奴はやるんですよ。 で、彼...

次の

人生の名言・格言集。人生を変える、支えとなる言葉

人生は冒険や

それは やるかやらないかで迷ったら、やるを選択する。 これだけです。 TAKMAは、これでとんでもない目に会ってしまいました(笑)。 ドイツを旅行していたときに、クレイジーなことがしたいなと思い、 1週間で、ロマンティック街道200キロを自転車で走る という企画を思いついてしまったんです。 ちなみに、荷物の総重量は20kg以上、 ノートパソコン付き、しかもズボンはジーンズ! 自分でもアホだなと思いました。 思いついてしまったことを・・・(笑)。 でもやるのか、やらないのか・・・ そう考えたときにこれをやったら、特別な思い出のある旅になるし、 最高のネタになるしね(笑)と思って「やる」を選択したんです。 その結果・・・、自分がひとりでは生きていけないこと、 ドイツの自然と暮らしの調和の素晴らしさなど、 様々なことを与えていただきました。 またひとつの自信にもなりました。 これはやるかやらないかで迷ったときに、やるを選択した結果なのです。 人は、失敗を恐れて多くの場面でやらないを選択します。 (もちろんTAKMA自身もたくさんあります)。 その結果は・・・今の生活があるだけです・・・。 本当に充実した人生は「失敗したことがない人生」ではないのです。 「たくさんの失敗を知恵と力に変えて、 自分の夢に向かってチャレンジする人生」です。 日本において世の中の「失敗」へのイメージを変える必要があると思います。 アメリカでは、多く失敗して、 そこからはい上がってきた人を尊敬する文化があるそうです。 失敗はあきらめないかぎり、存在しません。 あきらめないかぎり「失敗」は「学ぶ経験」でしかないのです。 人は実現できない夢は持てないそうです。 今、あなたの中にこうなりたいという夢が出てきたならば、 それに向かって行動し始めてみてください。 ピンときたことは、迷ったらやってください! イベントに誘われたら、行ってみてください。 そういったひとつひとつの「やる」の選択が あなたに充実感と、冒険心を与えてくれるでしょう! あなたは、大航海時代最強の船だとしよう。 あなたは港に停泊しているためにあるのではない。 あなたは穏やかな浅瀬で、遊覧を楽しむためにあるのではない。 あなたは嵐の大海原を乗り越え、新大陸を探すためにあるのだ・・・。 ある偉大なリーダーの言葉です・・・。

次の