ご足労 目上。 「こちらこそ」は敬語?意味や目上の人、ビジネスメールでの使い方!

「ご足労」の意味とは?気をつけたい上の人へ使い方と例文

ご足労 目上

スポンサーリンク 「ご足労いただき」とは? まずは、 「ご足労いただき」の意味と使い方について詳しく見ていきましょう。 ひとつずつ分かりやすく説明していきますね。 「ご足労いただき」の意味は? では「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」の意味についてお話します。 「足労」の意味は「足労」を構成する漢字を見ればすぐ分かります。 「足労」とは、足を使うことです。 つまり「ご足労いただく」というフレーズの意味は 「足を使っていただく」すなわち「お越しいただく」ことです。 そして「ご足労をおかけする」というフレーズは 「足を使わせるという労力をかけさせる」ことを表します。 「ご足労いただき」の使い方は? では 「ご足労いただき」「ご足労おかけし」の使い方についてお話します。 まず「ご足労いただき」は「わざわざお越しいただいて感謝しております」といった意味合いで使います。 すなわち「ご足労いただき」の後に続く文は、基本的には謝罪を表す文ではなく、感謝を表す文をつなげます。 そして「ご足労をおかけし」とは 「労力をかけさせてしまって申し訳ありません」といったニュアンスです。 つまり「ご足労をおかけし」の後に続く文は、基本的には感謝を表す文ではなく、謝罪を表す文をつなげます。 また、お越しいただく前に使うことは、相手方に「こちらから出向くことを強制された」という印象を与える場合があります。 そのため基本的にはお越しいただいた後に使いますが、お越しいただく前に使うことも間違いではありません。 「ご足労」という言葉は、商談の打ち合わせの時に良く使われますので、正しく使いこなしたいところですね。 また、「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」というように「ご足労」は「いただく」「おかけする」とセットで使われます。 「いただく」とセットで使う時と「おかけする」とセットで使う時、ニュアンスの違いがありますのでこちらも使い分けましょう。 スポンサーリンク 「ご足労いただき」を使った例文は? 「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」というフレーズの意味や使い方はお分かりいただけたでしょうか。 さらに「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」の使い方をマスターしていただくため、例文を5つずつ挙げます。 本日はあいにくの天気ですが「ご足労いただき」誠にありがとうございます。 先日は弊社まで「ご足労いただき」たいへんありがとうございました。 ご多忙の中、皆様には「ご足労いただき」たいへん感謝致しております。 お客様には、お暑い中(お寒い中)「ご足労いただき」深くお礼を申し上げます。 本日はあいにくの天気の中「ご足労をおかけ致しまして」誠に申し訳なく思っております。 先日は弊社まで「ご足労をおかけ致しまして」たいへん申し訳ありませんでした。 ご多忙の中、皆様には「ご足労をおかけ致しまして」たいへん恐縮致しております。 お客様には、お暑い中(お寒い中)「ご足労をおかけ致しまして」申し訳ありません。 「ご足労をおかけ致します」が、何卒よろしくお願い致します。 「ご足労」は上司や目上の人には使えるの? さて「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」といったフレーズが使える相手についてお話します。 「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」は敬語にあたりますので目上の方に問題なく使えます。 ただし、どの敬語にもあてはまりますがお客様が同席中、ご自分の上司にも「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」を使うことは良くありません。 社内の人物にも敬語を使いますと、社内の人物が社外のお客様と同じ立ち位置になってしまい、お客様に対してたいへん失礼です。 社外のお客様は同席しておらず、上司ひとりがあなたのところまで出向いてくださった場合に使うことは、間違いではないと言えるでしょう。 ぜひ、ビジネスシーンで「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」というフレーズを活用しましょう!.

次の

「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】

ご足労 目上

パソコンやスマホが普及した現在、かしこまって手紙を書くことは、日常生活の中ではあまりなくなってきたのではないでしょうか。 しかし、仕事の場ではちょっとした報告から大事なお礼、お詫び、異動、挨拶などきちんとした文書を書かなければいけないシーンは多いのでは。 目上の人に手紙やメールを送る場面も多いと思います。 しかし、具体的にどういう場面で上司や目上の人への手紙やメールの挨拶文を送ればいいのか分からないものです。 そもそも仕事において挨拶文を書かなければならないときというのは、どういった場面なのでしょうか。 その際にはもちろん、状況の報告だけではなく、冒頭の挨拶や締めや結びの一文にまで気を配りましょう。 目上の人に宛てるものであれば、マナーをしっかりとわきまえ、丁寧な文章を心掛けてください。 また、目上の人へのメールや手紙を送る前には、誤字や脱字も確認しましょう。 メールや手紙のマナーは社会人としては基本的なスキル 挨拶文や手紙の文面というのは、人柄が出ますし、人間関係を円滑にするうえでも非常に大切なものです。 細かいマナーや普段使わない言葉などが出てきて、戸惑う事もあると思いますが、ここで綺麗な挨拶文・手紙を送る事ができるだけで、上司からの評価はグンと上がります。 また、挨拶文はビジネスにおいて何度も書く場面に出くわすと思いますし、目上の人への対応は早いうちに覚えてしまった方が今後の、挨拶文や手紙作成の際にも役立ちます。 挨拶文の重要性を知って、しかりと綺麗な挨拶文を書けるようにきっちり勉強しておきましょう。 手紙かメールかは目的に応じて使い分けよう 仕事では筆まめは得をすることが多いようです。 上司に対しても、取引先などに対しても、ちょっとしたことでも一筆書くということを心がけていると、コミュニケーションも円滑になるのではないでしょうか。 しかし、どんなことを伝えたいか、また挨拶文を書く目的によって、手紙かメールは使い分けれるようにすることです。 日頃使い慣れている言葉ではないので、いざ使おうと思っても何が正しいのか、何を書けばいいのか分からないという人も多いと思います。 ここでは、挨拶文の正しい頭語・結語を見ていきましょう。 目上の人への手紙にはかならず「頭語・結語」を入れる 「謹啓」「敬白」もしくは「拝啓」「敬具」を用いるのが、マナーとなっています。 特に目上の人への手紙には正しく使用して手紙を整えましょう。 手紙を記入する際、その多くは「拝啓・敬具」で記載されることが多いです。 また、略式の手紙の場合は、「前略」「草々」もポピュラーです。 より改まった手紙の場合は、「謹啓」「敬白」なども使われます。 なお「敬具」のかわりに「かしこ」を使う場合がありますが、記入できるのは女性のみです。 場合によっては時候の挨拶も使う ・1月「新春の候」「大寒の候」「厳冬の候」など ・2月「立春の候」「早春の候」「梅花の候」など ・3月「春暖の候」「春分の候」「啓蟄の候」など ・4月「花冷えの候」「桜花の候」「陽春の候」など ・5月「新緑の候」「立夏の候」「初夏の候」など ・6月「入梅の候」「紫陽花の候」「小夏の候」など ・7月「盛夏の候」「大暑の候」「酷暑の候」など ・8月「土用の候」「残暑の候」「立秋の候」など ・9月「新秋の候」「白露の候」「秋分の候」など ・10月「秋涼の候」「紅葉の候」「寒露の候」など ・11月「晩秋の候」「初霜の候」「菊花の候」など ・12月「師走の候」「寒冷の候」「歳末の候」など 目上の人へのメールの書き方とポイント• いただいたメール、拝読いたしました。 ご連絡いただきありがとうございます。 表題の件でございますが、……• 目上の人へのメールの書き出しは時候の挨拶は必要ありません。 また、拝啓や敬具といった始まりの言葉と締めの言葉も必要ありません。 上司や目上の人へのメールだとつい丁寧に書こうとしつこくなりがちですが、シンプルで読みやすいことが一番なのです。 メールは素早く返すことも重要なマナー 目上の人へのメールだと、文面にこだわってしまい、なかなか返信できないという人もいるでしょう。 しかし、メールの利点は素早く連絡をし合えることです。 メールで連絡をしてくる場合、上司などそのメールを送ってきた目上の人も早く返信がほしい可能性が高いです。 目上の人へのメールだからと時間を書けず、シンプルでわかりやすい内容のメールを素早く返信しましょう。 目上の人への手紙やメールでおすすめの「締め・結びの言葉」 目上の人への手紙やメールを送る際は、締め・結びの言葉にも気をつけましょう。 締め・結びの言葉でその手紙やメールの印象が大きく変わりますし、気の利いた言葉や季節を表す締めの言葉を送ることで、より印象の良い素敵な文面にできるのです。 それでは上司や目上の人への手紙、メールの締めくくりの文にはどういったものがあるのか見ていきましょう。 目上の人へのメールや手紙での挨拶文はマナーが重要!締め・結びの言葉にも注意! 目上の人へのメールや手紙での挨拶文の書き方やマナーをみてきましたが、いかがでしたか?これで上司などの目上の人へのメールや手紙での挨拶文を書く事が出来るはずです。 そのシチュエーションによって様々な挨拶文がありますので、注意しましょう。 ちょっとした手間や心遣いで、仕事はうまくいくものだといえます。 ここぞというときに、手紙やメールで好印象を与えたいですよね。 頭語・結語や手紙の締めくくり、メールの結びの言葉など、使い慣れない、聞きなれない言葉もありますが、場面や上司によって上手に使いこなしましょう!.

次の

「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】 2ページ目

ご足労 目上

Topics• 「こちらこそ」の意味 「こちらこそ」はひらがなで表示するのが一般的ですが、漢字では「此方こそ」と書きます。 「こちら」は一人称の人代名詞であり、話し手自身、もしくは話し手側をさす言葉です。 そして「こそ」は係助詞で、強調する意味があります。 この「こちら」と「こそ」が合わさった「こちらこそ」は、「わたし(わたしたち)の方が」という意味になります。 「こちらこそ」は相手からの感謝やお詫びに対して、自分からも相手に同じことを伝えようとする際に用いる言葉です。 また、相手からの感謝やお詫びは本来であれば自分から相手に言うべき内容である、というような意味合いも含まれます。 「こちらこそ」は敬語なのか 「こちらこそ」はビジネスメールや会話の中でよく使われる言葉ですが、「こちらこそ」自体は敬語ではありません。 しかし、その後に続く文章を敬語にすることで、目上の人や顧客先にも用いることができる表現です。 例えば「こちらこそ、弊社までご足労下さいましてありがとうございました」など、他の敬語と合わせて使います。 また、「こちらの方こそ」と「方」をつけて使う人がたまにいますが、この使い方は誤りです。 「~の方」という表現はあくまで方向を指し示しており、「こちらの方」という表現は正しい日本語ではありません。 「方」とつけるクセがついてしまっている人は、目上の人や顧客先に対して用いる場合には「こちらの方こそ」と言わないように注意しましょう。 【スポンサードリンク】 「こちらこそ」の目上の人やビジネスメールでの使い方 会話やビジネスメールなどで用いることができる「こちらこそ」という表現ですが、相手が目上の人や顧客先の場合は使い方に注意が必要です。 と言うのも、「こちらこそ」は先に相手が感謝や謝罪を伝え、自分は相手からのアクションにのっかる形になるからです。 自分よりも立場が上の人に対しては、本来であれば自分から先に気持ちを伝えるのがビジネスの通常です。 もし目上の人からお礼などを言われた場合は、「こちらこそ」と簡略的に述べることは避けましょう。 また、人によっては「こちらこそ」と言われることで「感謝や謝罪の気持ちを当然のことと受け止められた」と思う人もいます。 相手が目上の人の場合は相手を立てて、自分をへりくだるのがマナーです。 相手から感謝や謝罪を言われたらまずは一度「とんでもございません」と相手からの気持ちを断り、その上で改めて「こちらこそ」と自分の気持ちを伝えるようにしましょう。 「こちらこそ」の例文 「こちらこそ」は主に相手からの感謝や謝罪に対する返答として使います。 また、それ以外にも挨拶代わりに用いる場合もあります。 ここでは、これらのパターンに分けて例文をご紹介していきます。 相手からの感謝に対して使う「こちらこそありがとうございます」 相手の感謝に対して返答する場合、「〇〇していただき」など感謝の気持ちを具体的に示すと、相手により感謝の意を伝えることができます。 先ほど説明した通り、相手の感謝に対して謙遜の気持ちを込めて、「とんでもございません。 こちらこそ…」と「とんでもございません」を冒頭につけて使うのも相手を立てる言い方になります。 相手:「先日は弊社までお越しくださり、ありがとうございました。 」 自分:「こちらこそ、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 」 相手からの謝罪に対して使う「こちらこそ申し訳ございません」 謝罪をする時は、「こちらこそ」と簡略的に返答するのではなく、何に対して謝罪をしているのかを具体的に示すとより良いでしょう。 相手:「こちらのミスでご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。 」 自分:「とんでもございません。 当方の確認が不足していたことが原因かと存じます。 こちらこそ、誠に申し訳ございませんでした。 」 相手からの挨拶に対して使う「こちらこそよろしくお願いします」 何かを始める時などに「こちらこそよろしくお願いします」と挨拶すると自分の意欲や前向きな気持ちが相手に伝わります。 相手に好印象を持たせることができるので、ビジネスでは積極的に使うと効果的なフレーズです。 相手:「明日の会議の件、宜しくお願いしますね。 」 自分:「こちらこそ、精一杯頑張らせていただきます。 ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 」 相手からの挨拶に対して使う「こちらこそお世話になりました」 顧客先や同僚など、同じ業務を一緒に行った相手から「お世話になりました」と言われることはよくあります。 そんな時はお互いの労をねぎらう気持ちで「こちらこそ」と返答をするようにしましょう。 相手:「先日のプロジェクトでは大変お世話になりました。 」 自分:「こちらこそ、〇〇さんには長時間にわたってお世話になり、改めてお礼したいと思っていたところでした。 」 まとめ 「こちらこそ」は相手からの感謝や謝罪の気持ちを受けて返答する時に使う言葉です。 「こちらこそ」自体は敬語ではありませんが、敬語とともに使うことで目上の人や顧客先に対しても用いることができます。 ただし、使い方によっては相手に失礼になる可能性もあるため、その時々の状況に応じて表現方法を変える必要があります。

次の