海外fx 手数料 経費。 【XM】確定申告の際、Zero口座の手数料は経費計上できますか?

FX税金の確定申告でスプレッドや手数料は経費になる?税理士が解説

海外fx 手数料 経費

給与所得者は、 年間20万円以上の利益がある場合、確定申告が必要。 給与所得者以外(個人事業主、主婦、学生など)は、 年間38万円以上の利益がある場合、確定申告が必要。 損失が出たとしても、 上記の年間利益ラインを満たしている場合は、課税対象。 課税対象となるは出金した時ではなく、 利益が出た(利確した)時点。 海外FXでの利益は、雑所得・総合課税の対象になるため、 利益の分だけ課税される。 (累進課税)• 確定申告書の記入欄にて 「普通徴収」を選択すれば、勤め先にバレることはない。 FX関連の書籍購入、セミナー参加代などは 必要経費として認められる。 脱税はバレるので絶対にやめよう。 また、「国内FX会社から乗り換えた」という方も多いと思います。 海外FXと国内FXでは 課税の仕組みが異なるので、注意しましょう。 海外FXと国内FXでは税金の仕組みが違う• 海外FXで上げた利益は雑所得、総合課税の対象• (国内FXの税率は一律20. ですがもちろんその対策もあります!• その年のすべての所得を合計して、税金がかかる。 例えば、FX、株、不動産で利益を上げた場合、 全部の利益の合計金額に対して税金がかかる。 どちらが有利、不利、というのは状況によっても変わります。 ここでは簡単に説明していますが、税金の仕組みはもっと複雑ですので、そういう仕組みがあるんだな。 くらいでここはOKです。 海外FXは損益通算ができない!国内FXは3年間できる 国内FXは損益通算(前の年の損失を申告していると、次の年に利益が出ても課税されない仕組み)ができるのも強み。 海外FXは損益通算ができないので、その年その年で税金を納めなければなりません。 例えば、国内FXなら前の年に100万円損失額が出て、次の年に50万円の利益が出た場合、合計してマイナス50万円損失なので課税されません。 3年間通してこの繰越控除が受けられるのです。 自動で算出してくれるツールを国税庁が出しているので、確定申告するときはそれで納めます。 具体的に「自分がこれくらい稼いだら、税金はどんなもんなんだ?」という人は計算してみてください。 具体的に国税庁のツール(e-Tax)で確定申告する方法は、以下の記事で解説しています。 海外FXの方が「年間利益420万円以下」なら、税金は安い ざっと計算すると、 420万円以下 の利益なら海外FXの方が納める税金を安くできます。 420万円以上稼ぐなら国内FXのほうが安くなります。 しかしこれはあくまで 「必要経費」を無視している利益です。 ですので例えば、500万円の利益があっても、80万円以上の必要経費があれば、海外FXの方が税金は安くなります。 白色申告と青色申告について 確定申告には白色と青色の2種類がありますが、青色はフリーで活動している人や法人化させている人などが行えます。 青色申告のメリットは 65万円控除が受けられるなど、税制上に優遇があること。 白色申告は簡単に確定申告できるのが良い所です。 青色申告はやや難しく、白色より詳細な帳簿付けが必要です。 また事前に青色申告したい旨を申請すること、税の控除を受けるにも事前に申請が必要ですので、FXで青色申告を行うとなると現実的ではないと思います。 そこまで稼いで法人化したいとなったら、同時に税理士さんと相談しましょう。 白色申告の場合は下のような書類(e-Tax)に記載して確定申告します。 海外FXで「確定申告する必要のある人」は? 以下の方は確定申告する義務(税金を納める義務)があります。 給与所得者は、 年間20万円以上の利益があった方• 給与所得者以外は、 年間38万円以上の利益があった方 一般のサラリーマンの方は 給与所得者に該当しますので、 年間20万円の利益があると確定申告をする(税金を納める)必要があります。 出金のタイミングとよく間違って覚えている人もいるので、ここは要注意です! ポジション決済が課税のタイミング!です。 スワップポイントはどうなる? スワップポイントは業者によって違います。 ですが、 海外FX業者の多くがポジションを決済したタイミングで利益という判断です。 (XMも) なので例えば、保有中のスワップポイントが20万円以上ある場合、その年にポジションを閉じてしまうと『利益が20万円以上出たから課税対象』になります。 スワップポイントはちょっと考えて決済するのがおすすめですよ! 【節税対策にもなるスワップポイント】 例えば、「トレードの利益が15万円出ている」とします。 別に「スワップポイントが10万円ある」とします。 ですが、スワップポイントのポジションを翌年まで持ち越せば「15万円」が今年の利益、来年が「10万円」の利益、となるため課税対象から外れます。 このように上手にスワップポイントを使うことで節税対策にもなるのです。 サラリーマンや公務員の人が会社にバレずに確定申告する方法は? 会社にばれずに確定申告する方法はあります。 確定申告書の記入欄に特別徴収にするか、普通徴収にするかの選択肢があります。 そこで 「普通徴収」を選択してください。 そうすると、住民税納税用書類が自宅に届きます。 特別徴収にしてしまうとその書類が勤め先にも送られてしまうので、もしも会社などにばれたくない場合は「普通徴収」を選んでください。 税理士に相談する場合は、会社にはばれないようにしたいという旨を伝えればうまく手続きを行ってくれるので、多少お金がかかってもいいならば税理士にお願いすることが一番楽です。 関連記事: 【】 海外FXのキャッシュバックにも税金がかかるの注意 海外FXのキャッシュバックとは、キャッシュバックサイトを通じて海外FX業者を利用しトレードを行うと、スプレッドの一部がキャッシュバックされて戻ってくる、という仕組みのことです。 (XMなどのポイントキャッシュバック制度(XMP)は税金はかかりません)。 さて、そんなキャッシュバックにも税金がかかるのでしょうか? 海外FXのキャッシュバックにおいても確定申告は必要になります。 海外FXの場合、 雑所得として計上する必要があり、キャッシュバックを含めた利益を確定申告する必要があります。 必ず確定申告する義務があります。 国内FXではFXブローカーがトレーダーに「損益証明書」を送付するだけでなくFX業者は税務署にも提出しているので必ず未確定申告はバレてしまいます。 では、海外FXは海外口座なのに何故必ずバレるのでしょうか? 銀行などの金融機関は「国外送金等調書」を提出している 銀行やクレジット・信販会社などは「国外送金等調書」という資金移動の記録を税務署に提出しているからです。 入金目的で100万円以上の資金を海外に移動した場合• 出金目的で100万円以上の資金を海外に移動した場合 には、金融機関はその資金移動を行った人の「送金目的」「送金額」「送金先口座情報」などの情報を税務署に提出しているのでバレてしまうのです。 ( なぜばれるのか?をより詳しく知りたい人は下記の記事で解説してます!) 脱税などに無駄な労力は割かずに、素直に必要経費などを出して節税したほうが良いです。 では 節税対策になる必要経費について下記で解説します。 【節税】海外FXで必要経費にできるものなど 海外FXに対する税金は総合課税なので、利益が増えるほど税金が高くなる累進課税です。 しかし、税金を抑えるための節税はできます! できるだけ節税はしていきましょう。 そのために必要経費として扱われそうな費用をできるだけ計上すべきです。 必要経費は確定申告する際に、提出しなければならないので以下の内容は覚えておいてください。 ですが後々、税務署の人などに「この必要経費はどういうこと?」といった感じに聞かれたときに説明できる材料は必要です。 なので 必要経費の資料や領収書などの『証拠』はとっておかなければなりません。 その 必要経費の領収書や資料などは5年間保管する義務があります。 つまり5年間の確定申告書類はいつ確認されてもおかしくないということ。 FXに限らず、これから副業や投資をやろうと思っている人は『領収書を取っておく癖』を付けておくと良いですよ 何が必要経費になるの? 必要経費として認められる可能性が高い費目はけっこうあります。 どの必要経費にせよ、必ず「領収書」や最悪レシート、勉強会などの「資料・レジュメ」は取っておきましょう。 必ず落とせる必要経費 以下はほぼ100%全額必要経費になります。 プライベートの食事などは含まれません。 FX関連の書籍• FXのセミナー参加代、勉強会参加費• そのセミナー会場までの交通費 一部が認められる必要経費 一部、というのは例えばプライベートと併用している物は5割ほどのみ認められる、ということです。 パソコン・携帯端末の(使用)料金• インターネット代(プロバイダ契約など)• 椅子、デスク、棚、照明代などの周辺機材の料金• 海外FX取引を行うための部屋の賃料(自宅であれば使用スペースで按分計算) 細かい部分は念のため税務署の人に確認したほうが良いでしょう。 必要経費として認められるかどうか分からないもの• FX仲間との食事会の費用• 勉強のための旅行費など これらは必要経費として計上することは可能だとは思います。 しかし、証拠として残るものか難しかったり、のちのち税務署の人が疑問を持つかもしれないため、あまり積極的に計上するものではないです。 勉強会費などは確実に落ちるでしょうが、プライベートの旅行費は落ちないです。 意外と知られていない必要経費• ECN口座の手数料• 会食やセミナーで使うスーツなどの衣類 セミナーや会食などで必要な場合は「スーツ」なども一部は認められるそうですが、あまりに関係ないものは難しいでしょう。 しかし「できないよ」と言われたらその分は税金を払えばいいだけなので、ダメ元で計上してみてもいいでしょう。 また、 ECN口座の手数料はOKとされていますので、MT4の損益データはアウトプットして5年間は取っておきましょう。 つまり、例えば海外FXの利益が 100万円あるが、バイナリーオプションでの損失が マイナス50万円だった場合、課税対象となる所得額が 50万円分となるということです。 この場合損益通算をしなければ、海外FXでの利益分100万円が課税対象となるので、納税する金額に大きな違いがでてきます。 そのため、同じ総合課税の雑所得に分類される所得を複数ある場合は活用して節税しましょう。 また、節税ではなくその場をしのぐ方法として、「 ポジション保有し続ける」という対策もあります。 利益を確定しないでポジション保有し続けて、税金を支払う時期を後にすることができるということです。 いずれにせよ、納税は必ず行わなければならないので注意してください。 法人口座は税金対策になるの? 法人だと、FXの収入が年間800万円以上で一律課税所得額の25. 5%となり、2000万稼いだ場合の税金が510万円となります。 個人だと、最大所得課税が50%にもなるため、2000万円稼いだ場合、1000万円も税金として引かれてしまいます。 また法人化させることで、保険料を国民保険から社会保険にできたり(FXでの稼ぎが大きくなるほど社会保険のほうが得)、必要経費として計上できるものの幅が広がります(例えば、社員への報酬、自動車代、外食代、出張費・旅費など)。 このように法人口座は税金対策・節税になりますが、デメリットもあります。 法人化させることに面倒な手続きが必要だったり、自分個人だけの収入にしてしまうと結果的に収入が変わらなかったりと、手間がかかっても収入が変わらないことも考えられます。 法人化、法人口座にする場合は、利益が大きく出ている、定期的利益を確定させることができている人が行うべきでしょう。 法人口座はFX上級者にはおすすめですが、それ以外の人は個人の口座のままのほうが良いでしょう。 海外FXで確定申告してみよう!【まとめ】 基本的に海外FXも他の所得の申告と同様ですが、費用や手間が最も少ない確定申告方法は国税庁サイトの「確定申告書等作成コーナー」でデータ作成~印刷し「書面提出(郵送or持参)」するのが事前準備が少なく最も楽です。 確定申告の際に揃えなければならない書類やその書き方は下記の記事にて詳細に解説しています。 ポンタ様こんにちは、コメントありがとうございます。 まず当サイトを閲覧にしていただきありがとうございます。 確かに、100万円未満ならば銀行やカード会社は税務署に報告する義務はありません。 上記の話は、あくまで「100万円以上の送金なら銀行などの金融機関だけでなく税務署も把握してるよ」ということです。 つまり金融機関はかなりの少額であったとしても、税務署に報告の義務がないだけで送金の記録をしていますので、税務署が調べたらわかります。 仮に税金を納めなかった場合、脱税は税務署による税務調査、国税局査察部による査察調査により発覚します。 また、この入金出金の資金移動については100万円以上と書きましたが、「『合計金額』が100万円以上」ということなのかもしれないです。 なので99万円の送金を2回行ったら報告されているのかもしれません。 どちらにせよリスクが付きまとうので、利益が出た場合納税は必須です。 ここでは、「送金などの動きも税務署などに把握されることがあるんだな」と思ってもらえれば幸いです。 引き続き調査など進めて、確かな情報がわかったら記載していきます。 パパス様、こんにちは。 コメントありがとうございます。 当サイトの閲覧ありがとうございます。 その場合納税できないのではないのでしょうか。 税理士ではないのではっきりとは申し上げられませんが、おそらく出金できなくても納税の義務が発生すると思います(調査中)。 ですので出金拒否をされないFX会社選び、そして出金拒否されないクリーンな取引が大事です。 現在調査していますのでわかり次第追記します。 ちなみに出金拒否されたらわざと負けて損失を大きくして年間利益を20万以下(または38万以下)にすれば納税の義務はなくなります。 そしてそんな業者は二度と使わないとそっと心に誓いましょう。 ジェイ様、こんにちは。 当サイトの閲覧、またコメントありがとうございます。 確定申告した場合、不備があった場合には詳しい情報を提供してほしい旨の書類などが送られてきますが、税務署に行って相談しながらしっかりと確定申告書類をつくって確定申告すればまずあり得ません。 また、その場合は税務署のPCを使って書類を作ってプリントアウトして申告用紙を作って確定申告しましょう。 なぜかというと、確定申告は1度すると来年税務署から「今年は確定申告は大丈夫ですか?」というはがきが届いてしまうのですが、前述した方法で確定申告を行えば届くことはないからです。 他、当サイトでも紹介しているe-taxによる送信による確定申告の場合、市区町村の役所でした場合、確定申告用紙を次年度以降は不要とした場合も送られてきません。 YOU様、こんにちは。 当サイトの閲覧とコメントありがとうございます。 つまり出金しなくても確定申告はしなければならないので注意が必要です。 ただし2019年12月31日までの利益分は、2020年2月半ば~3月半ばごろまでに確定申告すればよいので、今から必要な経費などをまとめておくなど用意しておけば間に合うと思います。 こちらの記事 【】に確定申告する詳しい手順を載せていますので、良かったら参考にしてみてください。 あとは利益が結構大きそうなのであれば必要経費になりそうなものをかき集めておくと(領収書や、最悪レシートでも)良いです。 ピー太郎様、こんにちは。 当サイトの閲覧とコメントありがとうございます。 給料プラスFXの利益の合計に対して税金が変わるというイメージで合ってますか? 考え方は合っていますが、税金がかわるかというと、人によります。 すでに源泉徴収として会社引いている分などは控除額として申請するためです。 なので確定申告の際には年末に会社からもらう源泉徴収票も見ながら記入する必要があります。 この部分を記入しないと重複して余分に税金を納めてしまいますのでご注意を。 そして余分に税金を納めた場合、お金は返ってこないので確定申告の際には源泉徴収票は必須です。 オイスケ様、こんにちは。 当サイトの閲覧とコメントありがとうございます。 自分もそのいった経験がなく、詳しくは税理士さんや税務署で確認するのが一番良いと思います。 all-senmonka. 海外でFXをする場合、不安要素を無くしてから行った方が良いと思うので、やはり税務署や税理士さんに確認することがベストだと思います。 まるる様、こんにちは。 当サイトの閲覧とコメントありがとうございます。 納税はまた別日なので、確定申告は「これくらい利益が出て、これくらいが費用になります」という申告をしにいくだけとイメージしておきましょう。

次の

XMゼロ口座の手数料について。使うことのメリットも解説

海外fx 手数料 経費

Contents• 海外FXで取引手数料が掛かる場合とは? 海外FXの場合、トレードをする際に 取引手数料が掛かる場合があります。 それは スプレッドゼロ口座を使った場合です。 海外FXには基本的に、 ・スタンダード口座 ・スプレッドゼロ口座 といったように、 2つの口座タイプが存在します。 スタンダード口座の場合は、 スプレッドが少し広めで、 ・ドル円:1. スプレッドゼロ口座の場合、 特に欧米時間のような 流動性が高い時間帯は 頻繁にスプレッドがゼロになります。 ただし、この口座の場合、 取引手数料が必要になります。 そして取引手数料は FX業者によって違うのですが、 平均すると約1pip分の 取引手数料となっています。 その為、スプレッドゼロ口座の 実質スプレッドは、 ・ドル円:1. しかし、取引手数料を入れても、 スタンダード口座よりも スプレッドが狭いので、 短期トレードをする際には 使い勝手が良いでしょう。 スプレッドゼロ口座はボーナスが付かない 海外FXでは、 ・口座開設ボーナス ・入金ボーナス といったボーナスが 醍醐味なのですが、 スプレッドゼロ口座の場合は このボーナスが付きません。 その為、トレード資金に関しては、 スタンダード口座よりも 少し多めに用意する必要があります。 これがスタンダード口座なら、 各種ボーナスが適用されるので、 ・資金ゼロからリアルトレード可能 ・5万円の資金が10万円になる といったように、 とにかく少額の資金から リアルトレードができるんですけどね。 私個人としては、 海外FXを利用するなら ボーナスは使った方が良いと思うので、 スタンダード口座が良いんですけどね。 それにデイトレードぐらいなら、 スタンダード口座のスプレッドでも、 何の問題なくできますしね。 隠れた取引手数料も実はある これは海外FXに限らず、 国内FXでも同じなのですが、 隠れた手数料が存在します。 それが スリッページです。 FXの場合、エントリーをした際に レートが急に動いたり、 FX業者が故意に操作したりして、 不利なレートで約定することがあります。 このスリッページは意外に多く、 実は隠れた取引手数料となっています。 特に私の体感では、 国内のFX業者に多いです。 あとは、マイナーな海外のFX業者や、 新しい海外のFX業者の場合も、 サーバーが弱いことが多いので、 スリッページが起きやすいです。 逆に大手の海外FX業者だと、 サーバーがしっかりしているので、 スリッページがほとんど起きずに 約定力が高いです。 特にこのブログでもオススメしている、 XMとGemforexでは、 ほぼ毎日使っているのですが、 私の経験上、スリッページは 今のところ経験していないです。 XMとGemforexについての詳細は 以下の記事でお伝えしています。 これはある意味当然ですよね。 だって、トレードをするたびに 取引手数料が掛かっているので、 これはFXに関する費用になります。 だから、海外FXを使って利益が出て、 確定申告が必要になった場合、 これを経費として 算入していいわけです。 ただ、海外FXの場合、 プラットフォームはMT4を使いますが、 その時に取引履歴を表示させると、 取引手数料込みの損益が出るので、 特に考える必要はないんですけどね。 稀に取引手数料が入っていない 損益を出すFX業者もあるので、 一応確認はした方がいいですが。 ですが、基本的に海外FXでは、 口座維持手数料は無料です。 ただし、3ヶ月間、 全くトレードをしない場合は、 毎月数百円程度の手数料が 取られる場合があります。 口座残高がゼロの場合は、 取るお金がないので、 口座維持手数料は掛かりませんが。 因みに、口座残高がゼロの状態で、 トレードが3ヶ月間全くないと、 口座が凍結されます。 こうなってしまうと、 凍結された口座は復活できずに 新しく口座を作る必要があります。 だから、確定申告で トレード履歴が必要な場合は 絶対に取引履歴を 取っておく必要があります。 確かに昔の海外FX業者では、 入出金時にかなりの手数料が取られて、 資金がけっこう目減りしていました。 しかし、今の海外FX業者は良心的で、 入出金に関する手数料は 基本的に取られません。 たまに出金の金額が1万円以下の場合、 いくらか手数料が取られることがありますが、 1万円以下なんてそんなに出金しないですよね。 だから、海外のFX業者であっても、 入出金手数料は基本的に掛からないです。 ただ、入出金時に、 決済代行会社や、 中継銀行を使う必要がある場合は、 その利用手数料が 必要になることはあります。 この辺りの手数料に関しては、 以下の記事で詳しくまとめたので、 よければ参考にしてみてください。 海外FXの場合、 ・スタンダード口座 ・スプレッドゼロ口座 という2種類のタイプがあり、 スプレッドゼロ口座になると、 取引手数料が必要になります。 ただ、取引手数料込みでも、 スタンダード口座よりは スプレッドが狭くなるので、 短期トレードをしたい場合は、 この口座を使うといいかもしれません。 しかも、国内のFX業者の場合、 スリッページがひどいですが、 海外のFX業者はそんなこともないので、 ・ハイレバレッジ ・追証なし ・ボーナス(スタンダード口座のみ) といったことを考えると、 実は使い勝手が物凄くいいのです。 しかし、マイナーな海外のFX業者や、 新しい海外のFX業者だと、 システムが弱いことが多いです。 その為、取引手数料以外にも スリッページが発生しやすいので、 使うなら、大手のFX業者がオススメです。

次の

FX税金の確定申告でスプレッドや手数料は経費になる?税理士が解説

海外fx 手数料 経費

FXトレーダーであれば、誰もが少しでも税金を安く抑えたいと考えるもの。 それは国内FXでも、海外FXでも同じです。 ただし、国内のFX口座と海外のFX口座では申告する税が異なってきます。 国内FXは申告分離課税で税率は一律20%ですが、海外FXの税金は「雑所得(総合課税)」に分類され、利益額によって税率が変化する累進課税となります。 確定申告書に記載する際の利益分とは、FX取引で年間に得た利益から必要経費を差し引いた額。 これが最終的な課税対象額で、そこに税金が発生することになります。 ですので、税金を減らすには必要経費を上手に活用することがとても重要なのです。 そこで、海外FXの確定申告で必要経費として計上できるものには、何があるのかを具体的に紹介したいと思います。 もくじ• すでにスマホのFX取引は、PCを完全に上回っている可能性が高まっています。 それだけに確定申告時に、スマホ関連の経費が参入できるのかどうかは、かなり大きな問題で、海外FXも例外ではない状況ということができます。 PCの経費算入のことよりも、スマホのほうが断然重要であることが非常に理解できますのでスマホを利用して海外FX取引をした場合の費用の確定申告時経費算入の可否について、まずは詳しくご説明することにします。 まずはスマホでの話を詳しく解説していきます。 ・基本的にデバイス代、通信料ともに認められる これまでスマホの料金というのは、デバイス代(電話機本体購入費)と通信料が混然一体となって非常にわかりにくいものとなっていましたが、政府からのかなり厳しい要請で通信料金も安くなりましたし、本体価格も明確になってきていますので、ある意味で確定申告はしやすくなってきています。 ただし、税務署の職員ではなくても誰しもがイメージするのは、スマホというものが特定目的だけに利用されるものではないということで、PCがどちらかというと専門利用を想定しやすいのに対して、スマホは多角的利用の一部にすぎないと認識されやすい点には、かなり注意が必要にありそうです。 ・デバイス価格は10万円未満なら単年での経費処理 スマホのデバイス価格というのは、想像以上に高いものですが、10万円以内のものであれば単年度の経費処理が可能になります。 厳密には購入月で割って、1年のうち利用した月分のみ初年度に計上、残りは翌年というやり方が税務署でも文句を言われないやり方ですが、3万とか4万という金額のものであれば、一括計上でも文句を言われることはありません。 また最新のiPhoneのように、15万といったものの場合には、4年を限度として毎年分割して減価償却を行う形になります。 この場合、初年度が3. 75万円で、翌年以降も同額を減価償却として4年に分けて計上するやり方になります。 冷静な視点で見た場合、高機能端末を1台持つよりはFX専門のスマホを揃えるほうが、より安全で効率的に取引ができるということもあります。 さらに、後々税務署から査察のお伺いがきた場合でも、FXのために明確に分けて使っているものは計上しやすくなりますので、専用機を利用するのも一考です。 価格としても、アンドロイド端末ならば4~5万円以下で調達可能ですから、徹底的に使っては3年程度で新しいものに変更していけば、その都度経費として落とすことができます。 もし調査の時に、色々と聞かれて時間を取られるよりも賢明かと思います。 ・データ通信料のみ通信費として計上可能 スマホの通信料は、データ通信の部分のみ計上が可能ですが、日常的にいろいろ使っている場合には、使用時間から判断して按分した金額を経費計上していきます。 専用機で売買している場合には、こうした経費は非常に算定しやすくなりまうので、やはり定常的にFXで利益を出していくのなら、専用機でのデータ通信なりWiFi利用料なりを計上するのが非常に公明正大といえます。 最近では、MVNOのデータ通信なら使い放題でもかなり安く利用できますので、そうしたものを率先して選ぶという工夫も必要です。 一般的には、月額2000円から3000円程度がほとんどですから、年間で4万円前後を計上してもおかしいという話にはなりません。 ただ、10万も20万も計上するのは、さすがに使用実態からみても不自然ですから注意が必要です。 ・VPSを借りて携帯でチェックする場合もコスト参入可能 税務署への申告ではわかりづらいものではありますが、VPSを利用してサーバーを借り、それにアプリを入れてスマホからアクセスするのであれば、こうしたVPSの費用ももちろん経費として利用できます。 デバイスに依存せずに、安定的に売買ができるという点では、こうしたサービスの利用もありうるといえます。 VPSも月額では、ほぼ3000円弱ぐらいからの利用となりますので、こちらも年間で4万円程度の経費計上はそれほどおかしいものではありません。 ・公明正大な利用履歴の開示を準備することが必要 この手の通信料の場合には、常軌を逸した高額な計上以外は指摘を受けることはあまりありませんが、だれが見てもわかりやすいような利用料金の控え等、正直な申告を心掛けることが重要です。 一か八かで、少しでも経費に算入してやろうという雰囲気が感じられる申告は、できるだけ避ける必要があります。 そうでなくても海外FXの利益についての確定申告はとかく目の仇になりやすいものですから、妙に疑われる存在にならない謙虚な申告が重要です。 何等かの査察が後日入った場合にも、しっかりと対応できるようにデータだけは揃えておくことが肝要です。 明確な理由があれば、経費として認められるので準備が一番大切です。 PCメインのトレーダーの方も、同じような考え方で経費として認められることになります。 ・海外FXのトレードに必要なプロバイダー料金などの通信費 電話料金、携帯料金も海外FX業者との専用回線であれば、全額経費として認められ可能性は高いですが、仕事やプライベートなどの個人使用がある場合は、その利用の度合いに応じて、経費として判断される割合は異なってきます。 また、モニター、プリンター、マウス、メモリー、記録メディアといった付属系の商品も必要経費として認められるでしょう。 ・海外FXに関する書籍・新聞図書費 海外FX市場の情報を収集するための有料メルマガや、有料ニュースサイトなども、必要経費として計上できます。 ・海外FX関連のセミナー受講費 セミナー会場までの交通費も、経費として認められます。 ・FXトレーダーとの情報交換(市場の動向や取引方法など)の際に要した飲食費 トレーダーとの面会場所までの移動手段(交通費)も必要経費です。 また、少し状況は違いますが、海外FX会社の担当者と直接打ち合わせをする機会などがあれば、それは出張旅費と言えるでしょう。 ・EA(自動売買)、インジケーターの購入費 海外FXに利用する目的で購入した取引システムであれば、問題なく必要経費となります。 売買シグナル受信費も認められます。 ・海外FX取引するために海外送金した際の手数料 取引手数料やスプレッドも必要経費ですが、海外FX業者の方で自動的に差し引かれるため改めての計上は不要です。 ・文具・事務用品 文具・事務用品といっても幅広いですが、海外FXの取引環境に必要なものであれば経費として認められます。 ・家賃・光熱費 自宅で海外FX取引をする場合、その家賃の一部を必要経費として認められる可能性があります。 また、FX専用オフィスをレンタルしている場合は、その家賃全額が必要経費の対象となります。 光熱費の考え方も同じです。 少し特殊ではありますが、海外FXの口座開設や取引き、サポート面などで英会話のスキルが必要であれば、英会話教室の費用も必要経費として認められる可能性があります。 トレーダーとしてのスキルUPには、こういった経費をうまく使っていきましょう。 各税務署でも、こうしたネットを利用した売買益の申告には、エキスパートが増えてきていますので、説明してもわからないといったことはなくなりつつあります。 しかし、経費にあまり法外な金額を参入させることは、いろいろな意味で目を付けられやすくなりますので、ごく当たり前の申告を心掛けることが大切です。 FX確定申告が初めてで不安な方は、税務署の担当者に直接確認してもいいですし、税理士に相談するのもいいと思います。 海外FXの税金を少しでも減らすために、節税に繋がる努力は惜しまずにやっておきましょう。

次の