一戸建て 選び方。 【正しい区画の選び方】分譲地の各区画のメリット・デメリット

失敗しない一戸建て住宅設備の選び方|HOME ALSOK研究所|ホームセキュリティのALSOK

一戸建て 選び方

目次 (ページ内の記事へ移動します)• 悪徳業者に騙されてはいけない 消費者センターにリフォーム関連の苦情の電話が毎日20件近くあるそうです。 苦情の内容で多いものは• 工事完了後に業者と連絡が取れない• 見積もり以上の金額を請求された リフォーム関連の苦情はこの2つが特に多いとのことです。 悪徳業者が多い理由 「工事費用が500万円以下の場合、特に免許は要らない」 「建設業の許可申請も不要」 すぐに始めることができるビジネスだから。 極端な話しですが優良業者になりすまし、飛び込み営業もできるということです。 感じの良い営業マンかもしれません。 しかし知識も技術も経験もない「悪徳業者」の可能性は十分あるということです。 特にリフォームで苦情が寄せられている 「訪問販売」は注意が必要です。 ここでは 「失敗しないリフォーム業者の選び方」についてまとめています 「訪問販売」による苦情が寄せられている事例は以下の通りです。 屋根の塗装工事を契約したが、契約金額を修正液で書き直された• 訪問販売業者の言うままに契約し、代金を支払ったが業者と連絡がつかない• 11件で総額500万円のリフォーム工事を契約させられていた• 訪問してきた業者に急かされ、屋根工事の契約をしたが、解約したい• 訪問販売で屋根の塗装工事を依頼したが、業者が工事に来ない• 植木の剪定(せんてい)を依頼したのに、塗装工事も契約させられた 訪問販売に限らず、店舗でリフォームの工事依頼をした場合の苦情の一例は以下の通りです。 外壁リフォーム工事を契約したが、業者が一方的にキャンセルした• リフォーム工事を契約したが、請求額が最初の金額より1. 5倍も高い• 当日中に契約しないと、50万円高くなるといわれた• 施工内容がずさんな上、口頭での契約と請求金額が違う• kokusen. mlit. pdf リフォームを検討する段階で今後期待することは• 何か問題があったときに保証してくれる制度• 信頼できる事業者を選択できるサイトの整備 国土交通省が公表しているアンケート結果によると、この2つが圧倒的に多い結果となっております。 安心してリフォームを依頼することができる業者をどこで探すのか? 以下のデーターでも表している通り、 インターネットでリフォーム業者を探す人が増えています。 出典:国土交通省 平成26年度住宅市場動向調査 どうやって優良リフォーム業者を探すのか? 優良リフォーム会社は「訪問販売」や「飛び込み営業」はしません。 そこで、リフォーム業者を紹介してもらうサービスを利用することをおすすめします。 厳しい審査基準を満たした「優良施工店」のみを紹介してくれる リフォーム会社紹介サービス「リノコ」では『相談』『紹介』『見積り』なども すべて無料です。 マンションで60~90万円です。 この相場価格で人気のキッチンリフォームは以下のパターン(デザイン)が多いようです。 対面式キッチン• アイランドキッチン• IHでオール電化• テーブルを大きく確保し家電はすべて収納 キッチンリフォーム業者を選ぶポイント キッチンリフォームの相場価格からも、建設業の届け出をしていない業者が参入し工事を請け負う業者が少なくありません。 500万円以下の工事に関しては免許がなくても請け負い施工することができるので、違反しているわけではないので可能なのです。 キッチンリフォームの業者を選ぶ際は「悪徳業者に騙されない」ように注意が必要ということになります。 そこで、キッチンリフォームを選ぶ際にチェックすべきポイントについてまとめました。 建設業の許可を受けている 許可を受けていない業者でも工事は可能ですが、安心してお願いできる会社は「建設業の許可を受けている」業者です。 指定給水装置工事事業者である キッチンリフォームには「水まわり」の工事が必ずと言っていいほど絡んできます。 指定給水装置工事事業者とは、給水装置を適正に施工できる業者のことです。 キッチンリフォームに関しては「指定給水装置工事事業者」ではないところが請け負って工事しているケースも少なくありませんので注意が必要です。 リフォーム業者が保険に加入しているか キッチンリフォームの工事中に万が一の事態が発生した際に備えて、優良工事業者は保険に加入しています。 しかしこの保険に加入していない業者もおりまして、キッチンリフォーム工事完了後に欠陥や施工ミスが発覚した場合に、連絡が取れなかったりするといった「よくある苦情」の当事者にあなたがなってしまう可能性があるので確認しましょう。 キッチンリフォームをお願いする業者を探すとき、選ぶときはこれらを確認しておくとよいでしょう。 まとめ• 届け出を出していない業者でもキッチンリフォームはできる• 保険に加入していない業者はアフターフォローが心配 キッチンリフォームの業者選びを間違うと、残念な結果に終わることがあります。 逆に「優良業者」にお願いすることで満足のいくキッチンリフォームができます。 業者選びはとても重要です 厳しい審査基準を満たした「優良施工店」のみを紹介してくれる リフォーム会社紹介サービス「リノコ」では『相談』『紹介』『見積り』などもすべて無料です。 業界に精通したアドバイザーに相談することも可能です。 マンションで20~30万円です。 この相場価格で人気のトイレリフォームは以下の目的や仕様が多いようです。 親の高齢化に伴い「手すり付き」のトイレにリフォーム• 節水型で水道代の節約• 清潔感があり、掃除がしやすいトイレ• 水漏れしている• 温水便座(ウォシュレット)の動作不良• 当初の話しと違う• イメージと違った• 工事日数の延期• クロスの貼り方が汚い。 すぐに浮いてきた• 工事業者と連絡が取れない トイレリフォームは、リフォームの中でも比較的費用が安いこともあり、多くの業者が参入していることが多いので、特に工事完了後の対応が悪いことに対しての不満が多く寄せられるようです。 なかでも一番困るのは「トイレリフォーム業者と連絡が取れない」こと。 典型的な悪徳業者の場合、一切のクレームを言いくるめたり追加工事の請求をする業者もあります。 トイレリフォームの業者選びを間違うと、残念な結果に終わることがあります。 トイレリフォームの際には 業者選び がとても重要です 厳しい審査基準を満たした「優良施工店」のみを紹介してくれるリフォーム会社紹介サービス「リノコ」では トイレリフォームに関する『相談』『優良業者紹介』『見積り』などもすべて無料です。 業界に精通したアドバイザーに相談することも可能です。 この相場価格で人気の洗面台リフォームは以下の条件や(デザイン)が多いようです。 収納スペースを多くとりながら鏡を大きくする• 洗濯機スペースとのバランスを考えたリフォーム• 収納を壁埋め込み型にしてスタイリッシュに• 木目調で落ち着いた雰囲気の洗面台に 洗面台リフォーム業者を選ぶポイント 洗面台リフォームもトイレリフォーム同様、リフォームの中でも比較的安い料金で業者にお願いできることもあり「建設業の届け出をしていない業者」や「保険に加入していない」業者が多く参入し工事を請け負うこともあり、リフォーム完了後の苦情が絶えないようです。 以下の条件をクリアしている施工業者であれば、洗面台リフォームを安心してお願いできると思います。 建設業の届け出をしている• 万が一のために保険に加入している• しっかり打ち合わせを行い、わかりやすい説明• 洗面台の取り扱いメーカーに偏りがない• 今までの洗面台リフォーム施工例を写真などで紹介してくれる 上記条件を満たす洗面台リフォーム業者を、あなたが探して比較することは時間もかかり非効率的だと思います。 そこでおススメの方法は、洗面台リフォームの業者を紹介してもらうことです。 厳しい審査基準を満たした「優良施工店」のみを紹介してくれるリフォーム会社紹介サービス「リノコ」では 洗面台リフォームに関する『相談』『優良業者紹介』『見積り』などもすべて無料です。 業界に精通したアドバイザーに相談することも可能です。 この相場価格で人気のお風呂(浴室)リフォームは以下の要望や条件が多いようです。 人工大理石仕様のオシャレで素敵なお風呂(浴室)• 足を伸ばしてゆっくり入れるお風呂• 出窓があり明るく換気の良いお風呂(浴室)• 汚れが付きにくい掃除がしやすいお風呂• 親の高齢化や将来を見据えた安全なお風呂(浴室) お風呂(浴室)リフォーム後に多く寄せられる苦情• リフォーム中に水漏れを起こし、下の階の住人に迷惑をかけた(業者の対応がずさん)• 見積金額より請求金額が高い(途中報告・説明なし)• 当初話していたイメージと異なる• 予定していたリフォーム工事日数より大幅に延長した お風呂(浴室)リフォームに限らず、リフォームのトラブルで多い事例は、金額や完成イメージの違い、工事の延期などが圧倒的に多いです。 見積金額が出た際に、追加料金が出る可能性についてや、イメージしやすいように写真や画像を使った説明をしてくれるか?工事が延期になる可能性などについて事前に確認する必要もあります。 特にリフォーム中のトラブルや、リフォーム完了後のアフターフォローをしっかりやってくれる業者を探すことが、失敗しないお風呂(浴室)リフォームと言えるでしょう。 お風呂(浴室)リフォーム業者を、あなたが探して比較することは時間もかかり非効率的だと思います。 そこでおススメの方法は、 お風呂(浴室)リフォームの業者を紹介してもらうことです。 厳しい審査基準を満たした「優良施工店」のみを紹介してくれるリフォーム会社紹介サービス「リノコ」では お風呂リフォームに関する『相談』『優良業者紹介』『見積り』などもすべて無料です。 業界に精通したアドバイザーに相談することも可能です。 この相場価格で人気のフローリング(床の張り替え)リフォームは以下の条件や要望が多いようです。 フローリングの傷が目立ってきたのでリペア(修復)してほしい• 冬は暖かく、夏は涼しい• 畳からフローリングに変更したい• 将来に備えて安全なリビングに• バリアフリー化したい• 押し入れから大容量収納が可能なクローゼットにしたい フローリング(床の張り替え)リフォーム業者を選ぶポイント• ワンルーム全体の提案をしてくれるような経験と実績がある業者• 完成写真などでイメージしやすい説明をしてくれる• 工事中に発生したトラブルにもしっかり対応(保険に加入している業者) 厳しい審査基準を満たした「優良施工店」のみを紹介してくれるリフォーム会社紹介サービス「リノコ」では フローリングリフォームに関する『相談』『優良業者紹介』『見積り』などもすべて無料です。 業界に精通したアドバイザーに相談することも可能です。 外壁のメンテナンスを怠ると起こるトラブルの事例• 塗装のひび割れや剥がれにより雨水侵入。 それにより下地が腐ったり劣化する原因になります• 定期的に(数年に1度)点検することが必要。 怠ると大掛かりな外壁リフォームが必要となる• DIYで外壁補修を行うことで、より寿命を縮める可能性がある(知識と技術不足)• 市販の外壁リフォーム製品を使うことで被害が拡大することがある 外壁塗装の手抜き工事の事例• 現状の塗装を落とさないまま上から塗装する• 3回塗る工程を1回塗りで終わらせる• サイディング貼り付け時に古くなったシーリングを剥がさない• 見積書に記載されている塗料とは異なる安い塗料で塗装する• 定められた希釈より多めに薄めて塗る 失敗しない外壁塗装業者を選ぶポイント• 過去の施工事例を見せてくれる実績が多い業者• 国家資格の「塗装技能士」を取得しているスタッフが在籍• 地元の塗装組合に加入している(対応に不満がある場合、組合に対応してもらえる)• 塗料の種類や耐久年数、施工方法についてわかりやすく説明してくれる• 保険に加入している業者(万が一のときに賠償してくれる)• 保証期間や内容が明確である業者 失敗しない外壁塗装業者の探し方 あなたが1件1件、外壁塗装業者を探すことは大変だと思います。 外壁塗装、外壁リフォームに特化した 「優良業者のみ」を紹介してくれる「ヌリカエ」というサービスがあります。 営業レベルが高いスタッフが窓口となり、あなたの相談や質問疑問に答えてくれる専用のオペレーターが対応してくれます。 厳しい審査基準を満たした「優良施工店」のみを紹介してくれる外壁塗装業者紹介サービス「ヌリカエ」詳細は公式サイトでご確認ください。 屋根素材別の葺き替え時期(目安) 屋根素材 時期(寿命) ストレート屋根 20年 瓦屋根 50年 金属屋根 20~30年 トタン屋根 10年 屋根の履き替え(下地も表面も全部やり替える工事)となると、250万円から450万円ほどの高額屋根リフォームとなりますが、メンテナンス(屋根塗装)を実施することで、安全な状態を保つことができます。 屋根塗装の手抜き工事の事例• 縁切りしない(本来屋根材の隙間を作るために必要な工程)• 雨漏りしている状態で屋根塗装する• 見積もりに記載されている塗料とは違うものを使用する• 下地処理が適当• 高圧洗浄で屋根を傷めた状態で塗装 失敗しない屋根塗装業者を選ぶポイント• 過去の施工事例を見せてくれる実績が多い業者• 国家資格の「塗装技能士」を取得しているスタッフが在籍• 地元の塗装組合に加入している(対応に不満がある場合、組合に対応してもらえる)• 塗料の種類や耐久年数、施工方法についてわかりやすく説明してくれる• 保険に加入している業者(万が一のときに賠償してくれる)• 保証期間や内容が明確である業者 失敗しない屋根塗装業者の探し方 あなたが1件1件、屋根塗装業者を探すことは大変だと思います。 屋根塗装、屋根リフォームに特化した 「優良業者のみ」を紹介してくれる「ヌリカエ」というサービスがあります。 (「雨漏り」や「防水工事」業者の紹介や相談も可能です) 営業レベルが高いスタッフが窓口となり、あなたの相談や質問疑問に答えてくれる専用のオペレーターが対応してくれます。 厳しい審査基準を満たした「優良施工店」のみを紹介してくれる屋根塗装業者紹介サービス「ヌリカエ」詳細は公式サイトでご確認ください。

次の

新築一戸建てのお風呂のおすすめは?後悔しないための選び方

一戸建て 選び方

まず一つ目は方角です。 敷地がどちらの方角を向いているのかによって、日当たりなどが大きく変わってきます。 東側道路の特徴 東側道路の特徴は、朝の陽ざしが入ってくるという事です。 その代わり、南側に建物などがあると、午後の陽ざしが入りづらくなります。 西側道路の特徴 西側道路の特徴は、午後の陽ざしが入りやすく日照時間が長いことです。 その代わり、 夕方のまぶしい西日も入りますので、間取りに工夫が必要です。 南側道路の特徴 南側道路の特徴は一年中安定して陽ざしが入ってくるという事です。 その代わり洗濯物を干す場所が玄関側に来ますので、少し気になるかもしれません。 北側道路の特徴 北側道路の特徴は、ほかの方角と比べ 日照条件が悪くなるという事です。 しかし敷地の南側にスペースを確保して家を建てれば、洗濯物なども道路から見えない位置に干すことが出来て、日差しも確保できます。 接道状況 これは、敷地がどういった道路に、どのように接しているかというのが重要になってきます。 同じ区画内で同じ方角の場合、 前面道路への接道幅(物件の間口)が広いほうが、一般的には価値が高くなります。 このように手前と奥に2区画ある場合、奥の区画は 旗竿地・敷地延長・専用通路(大阪では主に専用通路、略して センツウ)などと呼ばれ、手前の区画より価格が安くなります。 逆に 角地は、二方向以上道路に接している土地の事で、接している隣地が少ないので、建物によって陽ざしがさえぎられる面が減りますし、隣地の音や目線などを気にする面も減ります。 専用通路のメリット• 購入価格が安い 一番はこれです。 手前の区画と 数百万円は差がつきます。 駐車スペースが2台確保しやすい 通路部分が長いので、駐車スペースが広くとれます。 道路から離れているので、通行人の視線など気にならない 手前の区画の建物で視線がさえぎられるので、プライバシーが確保できます。 専用通路のデメリット• 日当たりが悪い 一番はこれです、方角にもよりますが四方を隣地の建物に囲まれる場合が多いので、必然的に日当たりが悪くなります。 売却時の価格が安くなる。 購入金額が安くなる代わりに、売却価格が非常に安くなる事が多いです。 角地のメリット• 日当たりが良い 方角や道幅にもよりますが、二方向以上道路に接しているので日当たりが非常に良い場合が多いです。 資産価値が高い 大きな分譲地でも 角地は数件しかありません。 購入価格は高くなりますが、希少性が高いので資産価値が高く、売却時も比較的高額で売却することができます。 隣地への配慮面での負担が軽減 これも大きなメリットです。 隣地と窓が重なり合ったりすることが少なくなりますし、隣地との騒音トラブルのリスクも少なくなります。 角地のデメリット• 購入時の価格が高くなる 売却時に高く売れる代わりに、購入時の価格も高くなります。 陽ざしが強すぎる場合は対策が必要 日当たりが良いので季節によっては対策が必要になり場合があります。 通行人の視線などが気になる 道路に接している面が多いので、どうしても通行人も多くなり、プライバシーが守れなくなる可能性もあります。 周囲の環境 同じ区画内で隣りあわせでも、ゴミ置き場が家の前にあったり、上空を高圧線が通っていたりする場合は、価格が安くなります。 購入時は、価格を含め何を優先するのかを考えて区画を選ぶようにしましょう。 理由としましては、やはり角地は希少価値があります、何十区画という現場でも数軒しかありませんので、角地にこだわる方は一定数いらっしゃるからです。 奥の区画に関してはやはり、価格で決める方が多いです。 他の区画と比べて数百万円安く購入することができますので、交通や買い物の利便性は他の区画と変わりませんので、日当たりなどにこだわらなければお得な買い物です。 区画の選び方の4つのポイント 区画を選ぶときは次の4つのポイントに注目して選びましょう• 土地の形や間口(資産価値)• 家の間取り• 周辺の状況 価格 やはり、一番大事な要素になります。 支払い可能金額などを考慮して慎重に決めましょう。 土地の形や間口(資産価値) 将来的に売却を検討している方や、お子様に資産価値の高い財産を残したい方はこれを重要視しましょう。 購入する時は高いですが、売却時の価格やスピードに大きくかかわってきます。 家の間取り 建売住宅の場合は、各区画の間取りが決まっています。 土地の形や間口も大事ですが、家族構成や使い方にあった間取を選ぶことも重要です。 周辺の状況 家の前にゴミ置き場がある、隣の古い家の植木が越境してきそうといったトラブルを回避する意味合いで周囲の状況を確認することはもちろん大事ですし、 車が通り抜けできない分譲地の奥にある区画は、車をバックで侵入する必要があったりするので敬遠されますが、 お子様が小さいご家庭では、安心して家の前でお子様を遊ばせられるなど、その家庭によってデメリットがメリットになる事もあります。 ですので、実際にその家で生活している様子を想像して考えてみましょう。 まとめ 今回は区画の選び方、価格の根拠についてお話ししました。 不動産は全く同じものが二つとありませんので、状況によってメリット・デメリットも変わってきます。 ご自身の住み方・考え方によっても変わってきますので、購入前によく検討しましょう。 「ゼロ住まいる」は大阪府を中心とした近畿一円の「新築一戸建て」「中古一戸建て」「中古マンション」を 仲介手数無料で紹介するサービスです。 「気になる物件がある」「わからないことがある」という方は、いつでも時間を気にせずに、 LINEで気軽に問い合わせて下さい。 電話番号 メールアドレス LINE から友達登録をして下さい 株式会社ゼロ住まいる 〒547-0032 大阪府大阪市平野区流町1-1-3 山川ビル1階 電話番号: 定休日:水曜日 営業時間:10:00~19:00 宅建免許番号:大阪府知事(1)第61397号 公益社団法人全日本不動産協会会員 公益社団法人不動産保証協会会員 公益社団法人近畿地区不動産公正取引協議会会員 カテゴリー• 268• 197•

次の

注文住宅火災保険選び方注意点まとめ

一戸建て 選び方

いざ注文住宅を建るという時、自分でログハウスを建ててしまおうと思う人は少ないでしょう。 新築一戸建てを建てる場合のほとんどが、ハウスメーカーや工務店、築設計事務所に依頼をして、家を建ててもらいます。 つまり、 良い家ができるかどうかは、そのハウスメーカーにかかっているといっても過言ではありません。 それだけ、家づくりを依頼するハウスメーカー選びは超が5つ付くくらい重要だということです。 「じゃあ、家を建てるならどこに頼むのがいいの?」となるわけですが、この依頼するハウスメーカー選びがまた大変です。 今回は、 実際に注文住宅で新築の家を建てた先輩たちが、ハウスメーカーを決めるに重要視したポイントや「依頼すべきハウスメーカーの選び方」について解説をいたしましょう! テキストは、雑誌「群馬の注文住宅2016夏秋号」です。 アンケートは2016年4月に実施され、回答した先輩は104組。 1〜2年以内に注文住宅を建てたという家族が対象です。 ハウスメーカーの選び方 4つのポイント• いくら良いプランでも、自分たちの予算を大幅にオーバーしていたら、実現する可能性は低いと言わざるを得ません。 注文住宅の家づくりは、予算と自分たちの要望のバランスをとって、あるべき地点に着地させることが非常に重要。 そのプランニングや采配をしてくれる専門家が、ハウスメーカーや工務店などの担当者=家づくりのプロということになります。 せっかくの注文住宅、夢の一戸建てマイホームですから、できるだけ自分たち家族の夢やこだわりはかなえたい。 その要望に対して、どれだけ真摯に、前向きに対応してくれるかどうかという点は、ハウスメーカー選びでは重要になります。 「予算」に関するハウスメーカーの選び方:諸経費も含めた総額の金額かどうかをチェック! こちらがアンケートに基づく家づくりの先輩による「予算」というテーマで選んだハウスメーカーの見極め方ランキングです。 ハウスメーカーを選んだポイント【予算編】• 諸経費等含む金額提示だった 43. 標準プランが充実していた 31. 工夫したプランでコストダウンしてくれた 28. 最初に提示された金額から追加がなかった 27. ローンの返済計画から一緒に考えてくれた 20. 2 新築一戸建ての広告を見た時、まず目が行くのが、 間取り図と値段でしょう。 その値段が自分たちの予算に対してどのくらいの位置にあるのかを計算します。 予算内であれば詳しく内容を見て、大きくオーバーしていたら対象外。 このように、当然ながら「予算」はどんな注文住宅を建てるハウスメーカーを選ぶ際に、最も重要視されるポイントの一つです。 本体価格以外に必要な諸経費についても説明をしてくれているかチェックしよう 新築一戸建ての場合、チラシなどでうたわれている「本体価格」の他にも、さまざまな諸経費が必要になります。 エクステリアはもちろん、地盤の改良や、水道の引き込みなども考えておかなければなりません。 もちろん、住宅ローンや税金の支払いも必要です。 家づくりの相談のためハウスメーカーを訪れた時やプラン作成時に、しっかりと 家づくりにかかる費用の総額や種類について、説明やプランニングをしてくれるハウスメーカーならば安心です。 標準プランの充実度は?オプションのつけ過ぎは禁物です 標準プランが充実していることによるメリットは非常に大きいです。 本体価格が1000万円以下など、特にローコストハウスメーカーでは、そのように刺激的な料金プランで集客を行う会社もあります。 しかし、当然ながらそれで新築一戸建てが買える訳ではありません。 こういった安価なプランの場合、標準仕様が非常に貧弱であるため、自分たちの希望をかなえるためには、結局、様々なオプションをつけなければならなくなり、どんどん料金がつり上がっていきます。 基本プランや標準プランが豊富で、充実しているようなハウスメーカーであれば、最初に予算に応じて提案された料金が、最後まで上がることなくほぼ変わらないという場合も少なくありません。 料金体系がわかりやすいことももちろんですが、 プラン内で部材や仕様などを選択していく方式だと、手間がかからず、スムーズに家づくりが進むという利点もあります。 コストダウンのプランを提案してくれる有能営業マンに出会えるかどうかは運次第 新築注文住宅の場合、 担当となった営業マンの能力によって、家づくり中の快適度や家の完成度が異なってくるというおそろしい特徴があります。 クオリティの高い仕事が出来て、自分たちと意気投合できるような担当者に出会えた人は、本当にラッキーだと言えるでしょう。 やる気のある、能力のある担当者であれば、予算なオーバーしたから「これは予算オーバーなのであきらめましょう」とは簡単に言いません。 施主の希望をなんとか叶えようと、様々な代替案やコストダウンの方法を考え、プランを修正してくれるはずです。 それができるのが、やはり「家づくりのプロ」であり、本当に依頼して良かったなと思えるハウスメーカーです。 こういった担当営業マンの能力については、2〜3回の打ち合わせでだいたい察しがつきます。 もし、「この担当者はダメだ」と思ったら、変更してもらうか、営業所を変えるか、ハウスメーカーを再検討するか、考えたほうが無難でしょう。 私も、気に入ったハウスメーカーで担当についたのが1年目の新人さんだったため、なかなか家づくりが進まず、そのハウスメーカーを諦めた経験があります。 コストダウンばかりではなく、こだわるところにはお金をかける 家づくりをしていると、どうしても 「コストを下げないと!」と値段を安くすることばかり考えてしまいがちです。 しかし、無駄な部分はコストダウンが必須だとしても、こだわっている箇所やしっかりとした良いものを使った方が良い箇所に関しては、お金を使うということも重要です 注文住宅の場合、部材を安くするというのは、コストダウンの常套手段ですが、「安かろう悪かろう」では意味がありません。 将来メンテナンスが必要な壁や屋根材、住み心地に直結するフローリングの部材や収納など、こだわりポイントはそれぞれですが、 重要なのは「お金をかけるべきところにはドーンとかける」。 そのメリハリが大切です。 そのハウスメーカーがどんな家を実際に建てているのかは、非常に気になるところです。 施工事例の中に自分たちが目指している理想の家やスタイルの住宅があれば、「このハウスメーカーに依頼してみようか」と期待が膨らむというもの。 また、豊富な実績は、ハウスメーカーへの安心感や信頼にもつながります。 「施工事例・実績」に関するハウスメーカーの選び方:完成見学会などで実際に建てた家を見てみるべし! こちらがアンケートに基づく家づくりの先輩による「施工事例や実績」に関するハウスメーカーの見極め方ランキングです。 ハウスメーカーを選んだポイント【施工事例・実績編】• 完成見学会に行って確認した 41. 建築途中の家を見学した 39. 雑誌やカタログなどで施工事例を確認した 31. 建築会社に行って実例の写真を確認した 28. すでに住んでいる人の実邸を見学した 25. 0% カタログやホームページでは分からないことが、実際に家を見るとよくわかります。 そのハウスメーカーが建てた家を見る手段としては、モデルハウスが一般的ですが、おすすめは 「実際に依頼されて建てている注文住宅の見学」です。 構造見学会や完成見学会など、家づくりの順を追って公開される場合がありますので、気になっているハウスメーカーの見学会には積極的に参加しましょう。 また、ハウスメーカーの中には、過去に自社で建築した一戸建て住宅に、現在住んでいるオーナーの許可をとって見学をさせてくれる会社もあります。 自然素材などを使った家だと経年変化によって味わいが変わっていくことをウリにしたハウスメーカーもありますので、そういった機会は貴重です。 オーナーとハウスメーカーが密に連絡を取り合っているということは、 アフターフォローがしっかりとしていて、関係も良好であるという証明ですので、その点もプラスポイントです。 注文住宅の完成見学会は、細かい部分こそしっかり確認しよう 見学会などに参加するということは、広告やホームページなどでそのハウスメーカーが作る家については、ある程度気に入っているということになると思います。 全体の雰囲気を感じるのも重要ですが、大切なのは、本当に細かい細部をチェックすることが大切です。 窓やドアの位置や建て付け、仕上げはどうなっているか。 コンセントの位置や数は適切か。 実際に歩いてみて、生活動線はしっかりと考えられているか。 といったカタログやホームページでは体験できない部分をしっかりと確認しましょう。 私も何度も見学会などに足を運びましたが、屋根の高さや廊下の幅などは、間取り図では分からない部分であり、何度も「あれ、想像と違ったなあ」という経験をしたことがあります。 建築途中の現場は、職人たちの仕事ぶりにも注目。 きれいな現場なら期待大! 家を建てることを依頼するのはハウスメーカーですが、実際にトンカチを持って家を作るのは大工さんなどの職人さんです。 彼らの仕事のクオリティが、そのまま新築一戸建てのクオリティに直結することは当然のことです。 しかし残念ながら、下請けの職人たちの腕が悪く、結果的に欠陥住宅が出来上がってしまうなどのトラブルが起きていることも事実です。 もし、そのハウスメーカーが仕事を発注している職人さんたちの仕事ぶりを見られる機会があれば、しっかり見学しておくことをおすすめします。 仕事をしていなくても、「仕事をして帰った後の現場」を見るだけでも、仕事のクオリティは見て取れます。 良い仕事をする職人さんは、一日の仕事を終えた後、しっかりと現場を清掃します。 木くずや部材、道具がバラバラと転がっているようなことは絶対にありません。 夕暮れの住宅建築現場が、すっきりと片付いていれば、それは良い家が出来るサインということになるでしょう。 実際に住んでいる人の声や感想は、ハウスメーカー選びの材料として重要 どんな道具や商品でも一度使ってみないと本当のところは分かりません。 しかし、新築一戸建ての場合、試しに建ててみるということは出来ませんのでやっかいです。 そこで、気になるハウスメーカーの建てた家に住んでいる人がいれば話を聞いてみたいと思いますよね。 ハウスメーカーや工務店の中には、過去に自社で建てた家のオーナーに許可を取り、見学をさせてくれる場合もあります。 そういった機会に恵まれたら、積極的に参加するようにしましょう。 また、知り合いなどで気になるハウスメーカーの家を建てた人がいれば、ぜひともじっくりと家の中を見せてもらい、話を聞きたいところです。 ハウスメーカーの他にも、工務店や設計事務所など、それぞれ特徴のある家づくりをしていますので、比較してみるのも面白いでしょう。 その三者の比較は「」に詳しくまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。 ハウスメーカーや工務店などは、それぞれまったく同じ家を作る訳ではなく、もちろん 得意な工法やデザインなど「得意分野」を持っています。 シンプルモダンが得意な会社もあれば、本格的和風建築を専門にしている工務店もあるでしょう。 何もかもが平均的で過不足ない会社より、やはり自分たちの希望にあった家をピンポイントで作ってくれそうな「特徴のある会社」を選びたくなるのが、人間というものです。 「得意分野」に関するハウスメーカーの選び方:丁寧な対応こそが信頼感を生む! こちらがアンケートに基づく家づくりの先輩による「得意分野」をテーマにしたハウスメーカーの見極め方ランキングです。 ハウスメーカーを選んだポイント【得意分野編】• 性能がわかる技術見本があった 38. 保証期間や点検の頻度が決まっていた 33. 素材の豊富な知識を活かした提案があった26. 設計やデザインを見本で確認できた 17. 施主からアフターサービスについて聞けた 13. 5% みなさんそれぞれ「家づくりはここを重視している」というポイントがあるでしょう。 それは、外観デザインであったり、間取りの機能性であったり、耐震性や免震製であったりします。 ハウスメーカーには、それぞれ特徴があります。 それに応じた得意分野もあります。 木のぬくもりを重視した木造住宅を作りたいなら、軽量鉄骨のプレハブ住宅を得意とするハウスメーカーに依頼するべきでは、ありません。 重要なのは、 その特徴や得意分野について、しっかりと施主に対して説明ができる、根拠があるという部分です。 いくら「これ、得意なんですよ〜」と言われても、納得できなければ安心して注文住宅を依頼できません。 難しい技術についてわかりやすく解説してくれる資料が合ったり、保証面での説明がちゃんとされているなど、「安心して家づくりを任せられる」と感じさせる特徴、得意分野を持っているハウスメーカーが選ばれています。 注文住宅の完成形がしっかりと想像できる模型や3DCGを使った設計・デザイン 新築一戸建ての場合、完成するまでその全体像を見ることはなかなかできません。 しかし、ハウスメーカーによっては精密な模型を使って、生活動線の説明や想定される暮らし方の説明、機能性などを説明してくれるところがあります。 平面図ではわからない部分も、立体の模型を使うと理解しやすいと評判だそうです。 また、最新の3DCGを使い、パソコン上で、実際に建てられた家の中を歩いているような感覚で、新築住宅を体感できるサービスもあります。 様々な技術を用いることで、こういった住宅シミュレーション分野は今後もさらに進化していくことでしょう。 長期保証やアフターフォローの質も長い目で見るととっても重要 家づくりをしていると、「新しい家を建てる」ことに夢中になってしまいますが、その家はこれから何十年と暮らしていく場所。 建てる時より、建った後の方が長いのです。 その意味では、アフターフォローの充実というのは、非常に重要です。 ちなみに 私の住んでいるセキスイハイムの注文住宅は、60年保証という非常に長い保証期間を設けています。 専任の担当者がつき、電話一本でつながる状況はもちろんですが、毎年1回は必ず「家のバースデー訪問」として、家を訪れ、様々な相談にのってくれる点も安心感につながっています。 小さな工務店や設計事務所などは、特徴のある家を作り、コストも安くできることが多いとメリットは大きいですが、アフターフォローという面に関してはやはり不安があります。 工務店が廃業してしまったら、デザイナーが辞めてしまったら、誰が自分たちの家のアフターフォローをしてくれるのか?図面は残っているのか? そう考えると、 20年、30年後もおそらく存続しているであろう信頼できるハウスメーカーで作ることにも大きな意味があると言えます。 こちらの記事「」に、誰もが知っている人気ハウスメーカーの特徴と間取りをまとめてありますので、参考までに御覧ください。 どれも新築一戸建てを依頼する候補であることは変わりありませんが、同じ会社の支店でも「出来る支店と出来ない支店」は確実に存在します。 よく、「営業所ごとの営業成績を表彰する」といったシーンがドラマでも放送されますが、 支店長やスタッフの能力や立地条件によっても「頼むべき支店と頼んではいけない支店」があるのです。 大手ハウスメーカーの「フランチャイズ支店」には注意 特に 大手ハウスメーカーの看板は背負っているけど、直営ではなく「フランチャイズ」という場合は注意が必要です。 フランチャイズということは地元の建築会社や工務店が、大手ハウスメーカーの看板を立て、そのメーカーの工法や部材を使用して家を作っているということです。 施工をするのはその建築会社や工務店ですが、それらの会社のクオリティがそのまま家のクオリティに繁栄されます。 施工技術はもちろん、接客や家づくりに関する知識をスタッフが持っているかどうかというのも重要ポイントです。 その点で、支店によって家の完成度や満足度にばらつきがあるということになりかねないのです。 「地域密着」に関するハウスメーカーの選び方:地域の特性を活かした家づくり ハウスメーカーを選んだポイント【地域密着編】• 地元の評判が良かった 26. 良質な材木などを仕入れるルートがあった 24. 不動産に強く土地を紹介してくれた 20. 地元に関する補助金の情報を教えてくれた 8. 近隣の生活や教育等の情報を教えてくれた 5. 8% 日本は南北に長いですので、土地それぞれ気候の特徴などが違います。 北海道と沖縄では、必要な家の仕様や装備は当然違うことでしょう。 地元に根づいているハウスメーカーの強みは、「その土地で住んでいる人の好みや必要なもの」を熟知しており、「その要望を満たすための方法」を知っているということです。 例えば、私は北関東のとある街に住んでいますが、この土地は冬場に吹く猛烈な北風「からっ風」が有名な地域です。 自転車が前に進めないほどの風力ですので、家ももちろん風の影響を受けます。 そのため、風の影響を受けないような位置に家を立てたり、風よけの防風林や壁をつくったりといった工夫は住み心地を良くするためには重要なポイントです。 そういった対策を知っているのは、やはり地元で営業をしているハウスメーカーの利点でしょう。 良質な木材や部材などを手に入れるルートを持っていると、品質や価格面でメリットあり 自然素材を使った風合いのある家というのは、今も人気です。 地元密着の工務店などでは、良質な木材や自然素材をリーズナブルに手に入れるルートを確率しているハウスメーカーもあります。 特に木造の家、木の風合いを強調するような家の場合は、どんな木材、資材を手に入れるかという部分が非常に大きなウェイトを占めることもあるでしょう。 その点で、独自のネットワークを持っていることは強みになります。 また、県によっては地元産の建材を利用することで、住宅補助金が手に入ったりする場合もあるので、そういったお得なポイントもチェックしましょう。 土地探しの強い味方!地元不動産に強く、独自のネットワークを持っている 近年の傾向として、土地を持っていない状態で家づくりを始め、ハウスメーカーで新築一戸建てのプラン作成と土地探しを同時に行うという場合が多いようです。 経験者は語るですが、この土地探しというのが非常に大変です。 長く済み続ける場所ですから、土地に妥協はできません。 勤務先や生活環境、子どもの学校など土地探しで考えなければならないポイントは多いです。 そういった様々な要望に合致する土地というのはなかなか見つかりません。 場所は良くても、狭かったり。 広さは十分でも地盤改良の必要性があったり。 土地の値段も当然、家づくりの予算には含まれている訳ですから、家本体にお金をかけたければ、「なるべく安くて良い条件の土地」を見つけるのも重要です。 気になっているハウスメーカーのショールームに行って相談してみたり、ネットでハウスメーカーのプラン比較と土地探しができるサービスなどを活用して、どんどん自分から動いてみることが必要でしょう。

次の