アルファ ロメオ ステルヴィオ。 アルファ ロメオ西宮|Alfa Romeo Official Dealer Site

アルファ ロメオ ステルヴィオ 価格・車種カタログ情報

アルファ ロメオ ステルヴィオ

ステルヴィオは、アルファロメオ初の量産SUVだ。 かねてより海外モーターショーを騒がせていたが、この度日本にもめでたく導入と相成り、我々報道陣にもお披露目されたというわけ。 確かに、欧州でも特にドイツ勢は完全に出尽くした感アリで、それらのSUVたちは視覚的にも見慣れてしまっているし、また超ハイエンド系(ロールスのアレとか、ベントレーのアレとか同じイタリアでもマセラティのソレとか)は真新しいけれどサイズ的にも価格的にもなんだか現実的じゃないし。 そんなところにラテン満開!なDセグSUV、ステルヴィオがやって来たんだから、ナニコレ?!と脊髄反射しちゃうのは当然かもしれない。 いや、もうスポーツカーと断言してもいい。 なんとスパルタンな!と驚いた。 初夏の爽やかな風吹く軽井沢での試乗会だったというのに、ステアリング握りつつ、小汗かくかと思ったほどにガチの味付けなのだ。 プレゼンテーションで語られた、「これほんまにSUVの話?」と聴き直してしまうような「極限までロール値を引き下げ、ドライバーに対してのロール軸に注力しました」の言葉は本当だった。 そんなアホな、と思って試乗したのだが(繰り返すけどSUVだし!)、乗るとまんまとその通り。 荷重を生かして曲げる、なんてことはなく、グリップで曲げる!みたいな、ハンドリングがそのまんま舵に反映されていく感覚。 もちろんアシもガッチリしていて、とにかくハードなのだ。 今もっともエキサイティングなSUV 全車四輪駆動だが、この四駆システム「アルファロメオQ4」自体がそもそもFRレイアウトベースで開発されているもの。 オンデマンド式で、走行状況によって前後輪にトルク配分を行なうが、前輪に最大60%、後輪には100%とやはりオフローダーというよりはオンロードのハンドリング重視の方向性。

次の

アルファ ロメオ、ザウバーと共同開発したエアロパーツ装着の「ジュリア」「ステルヴィオ」限定車「F1 Tributo」発表会

アルファ ロメオ ステルヴィオ

「ジュリア」「ステルヴィオ」の限定車「F1 Tributo」発表会で展示された3台の車両 アルファ ロメオ(FCAジャパン)は10月11日、フラグシップセダン「ジュリア」、SUV「ステルヴィオ」の限定車「F1 Tributo」の発表会を都内で開催した。 11月から販売が行なわれるこの限定車は、それぞれのハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」をベースモデルに使用。 6台が用意される「ジュリア クアドリフォリオ F1 Tributo」が1459万円、4台が用意される「ステルヴィオ クアドリフォリオ F1 Tributo」が1495万円。 アルファ ロメオは1920年にレーシングカーメーカーとして誕生。 F1が初めて開催された1950年と翌年の1951年にドライバーズタイトルのワールドチャンピオンを輩出するなど、F1創世記に輝かしい記録を残している。 その後はF1参戦から遠のいていたが、2018年に「ザウバーF1チーム」のパートナーとしてF1に再参戦。 2019年シーズンからはチーム命名権を獲得して「アルファ ロメオ・レーシング」にチーム名を変更。 今シーズン(第16戦 ロシアグランプリ終了時)のコンストラクターズランキングで8位となっている。 発表会の冒頭で、FCAジャパン株式会社 マーケティング本部 本部長 ティツィアナ・アランプレセ氏から、アルファ ロメオが歩んできたF1での歴史などが紹介された このF1参戦を記念する限定車となるF1 Tributoでは、F1参戦のパートナーであるザウバーエンジニアリングが手がけたエアロパーツをボディに装着。 搭載するV型6気筒DOHC 2. 9リッター直噴ツインターボ「670052589」型エンジンに専用チューニングを施し、エキゾーストシステムをアクラポヴィッチ製チタンマフラーに変更。 これによりエンジンの最高出力を510PSから520PSに向上させている。 このほかにもアルファ ロメオ・レーシングのF1マシン「C38」のカラーリングをモチーフに、パールホワイトのボディにレッドやブラックなどのカッティングシートを施してC38のイメージを再現。 各部に装着されたカーボン製のエアロパーツに加え、「カーボンV字型グリル」「グロスブラックフロントグリル」「カーボンエクステリアミラーハウジング」などの専用アイテムを使ってスポーティさを高めている。 さらにインテリアでも、カーボンインサート付のレザー&アルカンターラステアリング、スパルコ製のカーボンバケットシート、カーボン製のセンターコンソール、カーボンドアトリムなどを採用。 シートベルトもレッドカラーに変更して、情熱的なレーシングスピリットを表現している。 元F1ドライバーであるゲストの井出有治選手(左)とFCAジャパン株式会社 アルファ ロメオ プロダクトマネージャーの平野智氏(右)の2人によるトークショー 発表会では元F1ドライバーであり、プライベートでスポーツハッチバック「ジュリエッタ」のオーナーとなっているレーシングドライバーの井出有治選手がゲストとして参加。 FCAジャパン アルファ ロメオ プロダクトマネージャーの平野智氏と2人でトークショーを行なった。 2人はステージ上に展示された2台の限定車、さらにアルファ ロメオ・レーシングのF1マシンであるC38を見比べたりしつつ、ベースモデルからの変更点、限定車のF1 TributoとF1マシンの類似点などを紹介。 井出選手は限定車に装着された各エアロパーツが、単純なドレスアップに止まらず、実際に空力性能を高める機能性を持った装備に思えるとの感想を述べたほか、赤いシートベルトに彩られた車内を「イタリアっぽくていいですね」と評価した。 また、F1マシンについてC38を例に挙げ、フロントやリアの大型ウイングといった表面的に目立つ空力パーツでも大きなダウンフォースが発生しているが、マシンの下側にあたるフロアの工夫が非常に大切になっていると解説。 レース中の接触でフロア部分にダメージを受けてしまうと、ちょっとした損傷でもマシン全体の大幅に低下してしまうと語り、フロアは見えない部分だが、実は一番大切な部分であると紹介した。

次の

アルファ ロメオ ステルヴィオ 価格・車種カタログ情報

アルファ ロメオ ステルヴィオ

ステルヴィオは、アルファロメオ初の量産SUVだ。 かねてより海外モーターショーを騒がせていたが、この度日本にもめでたく導入と相成り、我々報道陣にもお披露目されたというわけ。 確かに、欧州でも特にドイツ勢は完全に出尽くした感アリで、それらのSUVたちは視覚的にも見慣れてしまっているし、また超ハイエンド系(ロールスのアレとか、ベントレーのアレとか同じイタリアでもマセラティのソレとか)は真新しいけれどサイズ的にも価格的にもなんだか現実的じゃないし。 そんなところにラテン満開!なDセグSUV、ステルヴィオがやって来たんだから、ナニコレ?!と脊髄反射しちゃうのは当然かもしれない。 いや、もうスポーツカーと断言してもいい。 なんとスパルタンな!と驚いた。 初夏の爽やかな風吹く軽井沢での試乗会だったというのに、ステアリング握りつつ、小汗かくかと思ったほどにガチの味付けなのだ。 プレゼンテーションで語られた、「これほんまにSUVの話?」と聴き直してしまうような「極限までロール値を引き下げ、ドライバーに対してのロール軸に注力しました」の言葉は本当だった。 そんなアホな、と思って試乗したのだが(繰り返すけどSUVだし!)、乗るとまんまとその通り。 荷重を生かして曲げる、なんてことはなく、グリップで曲げる!みたいな、ハンドリングがそのまんま舵に反映されていく感覚。 もちろんアシもガッチリしていて、とにかくハードなのだ。 今もっともエキサイティングなSUV 全車四輪駆動だが、この四駆システム「アルファロメオQ4」自体がそもそもFRレイアウトベースで開発されているもの。 オンデマンド式で、走行状況によって前後輪にトルク配分を行なうが、前輪に最大60%、後輪には100%とやはりオフローダーというよりはオンロードのハンドリング重視の方向性。

次の