ゆうちょ 銀行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込。 ゆうちょ銀行ATMから他の銀行宛に送金する操作方法[銀行振込]

ゆうちょ銀行ATMから他の銀行宛に送金する操作方法[銀行振込]

ゆうちょ 銀行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込

ATM• ゆうちょダイレクト• 窓口 の3種類の方法があります。 必要なものはゆうちょ銀行の総合口座(送金機能つきの通常貯金・通常貯蓄貯金)もしくは一般振替口座です。 総合口座から振込む場合「通帳とお届印」または「キャッシュカード」が必要です。 通帳でのキャッシュサービスつまりATM利用の場合は、お届印の代わりに暗証番号入力でもOKです。 一般振替口座からの振込には「お届印」が必要です。 ゆうちょから他の銀行へ現金で振込できるか ゆうちょ銀行から他の銀行への現金のみの振込は現在できません。 窓口もATMも両方ともです。 ただし、あなたがゆうちょ銀行の口座を持っていれば現金を一旦そこへ入金して、その口座から振り込みすることができます。 この口座というのは総合口座もしくは一般振替口座になります。 もし持っていなければ当日に窓口で口座の開設をして、その通帳でATMなどから振り込みすることができます。 ゆうちょ銀行のATMでの振込のやり方 ゆうちょ銀行からの振込で一番多いのはATMを使う方法だと思います。 ゆうちょのATMは他の銀行と違って、画面に振込という文字がありません。 慣れてないと、どうすればいいかわかりにくいですよね。 画面左の真ん中の「送金」というボタンをまず押します。 そうすると画面が変わって、左下に「他行口座へのご送金」が出てくるのでそこを押します。 あとは画面の案内に沿って振込みをすればOKです。 払込という単語も出てきて混乱しますが、他銀行への振込をする場合は「他行口座へのご送金」です。 ゆうちょ銀行の窓口からの振込方法 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で振り込むことができますが、簡易郵便局の窓口での取扱いはありません。 通帳とお届け印を忘れずに持っていってくださいね。 照合など、セキュリティを高くしている場合はお届け印(暗証番号も)がないと何もできませんよ。 あとは窓口の人が教えてくれるので従えばOKです。 ただATMに比べて手数料が高いので、振り込みを窓口からする人はあまりいないかと思います。 ゆうちょダイレクトの振込のやり方 ゆうちょダイレクトで振り込みなど、利用するためにはあらかじめ申し込みが必要です。 パソコンやスマホで取引ができるのは便利ですよね。 ゆうちょダイレクトは振込以外にもいろいろな操作方法を紹介してくれているので参考にしてくださいね。 ゆうちょ銀行の振込と払込と振替の違い 基本的に送金とはお金を送ること全体に使う言葉です。 ではその中の振込・払込・振替など似たような言葉はどうのように違うのでしょうか。 簡単に説明すると次のようになります。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行から振込みできる時間 自分が振り込む時間と、相手が受け取る時間は同じとは限りません。 タイムラグが発生することがあります。 自分側と相手側の営業時間はそれぞれ違う(かもしれない)からです。 ゆうちょ銀行で振り込みができる受付時間 ATM・ゆうちょダイレクトであれば取扱時間内ならいつでも受付できます。 ただ1月1日から1月3日までは振込できません。 窓口やATMの稼働時間は場所によって違うので近くにある郵便局やATMを調べてくださいね。 都心の方が長い時間やってることが多いです。 首都圏や関西ならファミリーマートにあるゆうちょATMを使うのが便利です。 いわゆるコンビニATMではなく緑色のゆうちょATMのことですのでお間違いなく。 他銀行への振込は全銀システムで振込データのやり取りが行われます。 このシステムは平日9時前~15時までです。 というわけであなたが平日15:00以降、土曜日、日曜日、休日(12月31日を含む)に振込をした場合は翌営業日扱いになります。 さらに窓口で平日14:30以降に振り込んだ場合、または振込事務の繁忙日などでやむを得ない事情がある場合は翌営業日扱いになることがあります。 基本的には相手の銀行の営業時間を考えるとわかりやすいですね。 その点、ゆうちょ同士なら24時間オンラインで送金できるのは便利ですね。 ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料 ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料(消費税込み)については以下の通りになります。 お振込金額 5万円未満 5万円以上 窓口 648円 864円 ATM 216円 432円 ゆうちょダイレクト 216円 432円 手数料は差がありますねー。 窓口ではなく、ATMやゆうちょダイレクトを利用した方がお得だということがわかりますね。 ゆうちょ銀行の時間外手数料について ゆうちょ銀行には時間外手数料というものはありません。 とにかく窓口であろうがATMであろうが営業時間であれば普通に使うことができます。 土日も深夜も気にせず使えるのはありがたいですね。 郊外だとやっている場所を探すのは難しいかもしれませんが。

次の

ゆうちょ銀行から届いた『お取引目的等の確認のお願い』は詐欺?

ゆうちょ 銀行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込

(消費税(地方消費税を含む)が含まれています。 ただし、次の場合は除きます。 お振込が可能な口座は、ゆうちょ銀行の総合口座(送金機能つきの通常貯金・通常貯蓄貯金)および一般振替口座です。 (公金・公庫・公益用の振替口座からの振込も取扱います。 ) 一般振替口座をお持ちの方は、加入者払出店でのお手続となります。 総合口座からの振込の際には、「通帳とお届印」または「キャッシュカード」が必要です。 通帳でのキャッシュサービスをご利用の方は、お届印の代わりに、暗証番号入力によるお取扱いも可能です。 一般振替口座からの振込の際には、「お届印」が必要です。 現金によるお振込はお取扱いできません。 お振込にあたり、振込先のカナ氏名に誤りがあると入金されません。 取引時確認がお済みでない口座からの10万円を超えるお振込はお取扱いいたしません。 また、取引時確認がお済みの口座であっても、本人確認書類の提示をお願いすることがあります。 お客さまの申し出により振込内容の訂正または組戻しをする場合は、料金がかかります。 (いずれの場合も振込料金はお返しいたしません。 )また、組戻し後に、再度お振込いただく場合も、振込料金がかかります。 お振込の結果、振込先の口座に入金できなかったなどの場合に、ゆうちょ銀行から連絡させていただくことがあります。 その際、ゆうちょ銀行からお客さまへご連絡した事実、内容を正確に把握するために、通話内容を録音させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 なお、録音した内容は、漏えい等のないように適切に保管の上、正確にご依頼内容を把握でき次第、消去させていただきます。 通常払込みの払込票は、ゆうちょ銀行ATM(払込機能つきATM)またはゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口(簡易郵便局を含む)において、これまでどおりご利用いただけます。 (口座番号の表示等をご変更いただく必要はありません。 ) なお、ゆうちょ銀行・郵便局専用の通常払込みの払込票は、他の金融機関のATMや窓口ではご利用いただけませんのでご注意ください。 (ATM利用上の主な留意事項).

次の

ゆうちょ銀行の口座へお振り込みされるお客さまへ

ゆうちょ 銀行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込

口座開設がしやすいため、外国籍顧客からも人気のゆうちょ銀行。 日本全国どこでもATMすぐ見つかるという点も便利です。 ゆうちょ口座を持っている人はご存知だと思いますが、ゆうちょ銀行とその他の一般銀行とは口座番号の仕組みが違います。 ゆうちょ口座間だけで資金のやりとりをするだけなら問題ないのですが、一般銀行からゆうちょ口座へ資金移動するには、ちょっとした手間がかかるのです。 ゆうちょ口座と一般銀行口座の違い 一般的な銀行口座は4桁の「金融機関コード」、3桁の「店番号」、口座種別と7桁の「口座番号」で表します。 一方、ゆうちょ口座は5桁の「記号」と8桁の「番号」が使用されており、その他の銀行の口座とは全く異なります。 これは、ゆうちょ銀行がその前身である郵便貯金の口座情報をそのまま引き継いて管理しているからです。 そのため、一般の銀行口座からゆうちょ口座へ送金する時は、この「記号・番号」の組み合わせを「金融機関コード・店番号・口座種別・口座番号」の組み合わせに変換する必要があるのです。 記号・番号の変換方法その1:ゆうちょ銀行のウェブサイトで調べる ゆうちょ口座の金融機関コード、店番号、口座種別、7桁の口座番号は、通帳の中に記載されています。 振込先が自分名義だったり、振込相手に直接確認できる状況の時は、通帳を確認するのがもっとも簡単な方法です。 通帳が手元にないなどの理由で確認ができない場合でも、記号と番号がわかればゆうちょ銀行のウェブサイト上で公開されているツールを使って変換することができます。 ゆうちょ銀行ウェブサイトのトップページ「個人のお客様」のタブから、「送金・支払・海外関連」のクリック 2. 「ゆうちょ口座と他の金融機関口座間の送金」をクリック 3. 次画面の下方にある緑のボタン「記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号を調べる」をクリック 4. 3つある白いボックスのうち左端のボックスに記号、右端のボックスに番号を入力して「入力内容の確認」をクリック 5. 記号・番号が正しく入力されているのを確認したら「OK」をクリック 6. 記号・番号が他銀行からの振込用に変換されます。 下記のフリーダイヤルへ電話をすると、記号・番号を他銀行からの振込用に変換したものを教えてくれます。 ゆうちょ銀行振込お問合せセンター:0120-253811 記号・番号の変換方法その3:自分で変換する 電話もインターネットも使えない!という時には、最後の手段として「自分で考える」という手もあります。 ゆうちょ口座の記号・番号の変換は次のような決まりに従って行われているので、自分で変換することも可能です。 まず銀行名は「ゆうちょ銀行」、金融機関コードは「9900」になります。 記号が12345の場合、店番号は「238」、店名は「二三八支店(ニサンハチしてん)」となります。 記号が01234の場合、店番号は「129」、店名は「一二九支店(イチニキュウしてん)」となります。 ゆうちょへ送金しようとしたらできなかった!という人も多いのではないでしょうか。 実は他銀行からゆうちょ銀行へ送金するには、記号・番号を振込用に変換しなくてはいけなかったんですね。 ただし、変換自体はウェブサイトや電話で簡単にできるので心配ありません。 ゆうちょ銀行の口座番号は、一般の金融機関のそれとは異なっているということだけ覚えておきましょう。 関連記事.

次の