石清水八幡宮 アクセス。 石清水八幡宮への行き方は?ケーブルカーor歩いて参道?駐車場は?

石清水八幡宮のアクセスや駐車場やランチなど観光情報のまとめ

石清水八幡宮 アクセス

ご利益・歴史 豊応神天皇(おうじんてんのう)、比咩大神(ヒメオオカミ)、神功皇后(じんごうこうごう)を主祭神とするのが「石清水八幡宮」です。 読み方は「いわしみずはちまんぐう」。 歴史 石清水八幡宮がある男山は、都(京都)から見て裏鬼門(南西)に位置することから、鬼門(北東)の比叡山延暦寺と共に、 都の守護、国家鎮護の神社でした。 平安時代、清和天皇の859年(貞観元年)に、八幡大神が宇佐八幡宮に滞在中の行教(大安寺)の夢に現れ、「都に近い男山の峰に遷り国家を鎮護する」と進言したことが石清水八幡宮の起源となっています。 その後、860年(貞観2年)に、八幡造の社殿を造営し、鎮座しました。 現在の社殿は1631年(寛永8年)〜1634年(寛永11年)江戸幕府三代将軍徳川家光の造営。 明治時代には男山八幡宮と改称されますが、大正時代に元の石清水八幡宮に戻っています。 本殿などの建造物10棟が国宝に指定されています。 二十二社(上七社)の一つ。 トーマス・エジソンは八幡の竹を使って白熱電球のフィラメントを作り、長時間の点灯に成功したことから、「エジソン記念碑」が建てられています。 ご利益 八幡大神は男山に鎮祭しており、 都の守護神・国家安泰・必勝・弓矢の神様であることから、日本史に登場するあらゆる武将が祈願を行っています。 例えば織田信長やなど。 特に源義経は石清水八幡宮で元服し、八幡太郎義経と名乗ったことは有名です。 特に 厄除のご利益がありますが、先が明るくなり道が開けるという 開運など、 総合運・全体運・諸願成就のご利益があります。 本殿横からぐるっと一周、摂社・末社が並んでいます。 あわせてお参りしましょう(写真は摂社「若宮社」)。 主祭神:豊応神天皇(おうじんてんのう)、比咩大神(ヒメオオカミ)、神功皇后(じんごうこうごう)• ご利益:必勝、開運、厄除、方除け、災難除け、国家鎮護など 総合運・全体運・諸願成就• 創建:859年(貞観元年) スポンサーリンク お守り 総合運・全体運・諸願成就のご利益があるお守りを中心に集めてみました。 かぐや姫守 家内安全・心身健康・心願成就・開運招福のご利益がある「かぐや姫守」。 初穂料1,000円。 旅行安全守 旅行に行くときのお守り「旅行安全守」。 初穂料1,000円。 金矢守 金の矢に厄除開運と刻印されている「金矢守」。 初穂料1,000円。 開運金の福わらじ 「開運金の福わらじ」には以下のように書かれています。 縁起の良い菌わらじは財布の中に金を呼ぶ!• 金わらじ履いて嫁さがし!• 初穂料1,000円。 スポンサーリンク アクセス 石清水八幡宮までのアクセス(行き方)を電車の場合と車の場合に分けて紹介します。 電車+ケーブルカーの場合 最寄駅は京阪本線「八幡市駅」。 駅を下車するとすぐ男山ケーブルがあります。 ケーブルカーに乗車すると数分で「男山山上駅」に到着です。 そこから徒歩5分で本殿に着きます。 「男山山上駅」横に展望台もあります。 電車+徒歩の場合 八幡市駅からケーブルカーに乗るとあっという間に山上に到着します。 その時に感じるのは「近いから歩いて山上まで行けるのでは?」ということです。 実際に登ってみましたが、行きは上り坂なので軽いハイキングでした。 20〜30分ほどで着きます。 スタートは一の鳥居から。 一直線に進み、高良社を右手に見ながら進みます。 二の鳥居を直進すると七曲り、表参道に続きます。 二の鳥居手前右には裏参道があります。 こちらから少し近道になります。 上り階段が続きます。 三の鳥居を越えると一直線。 遠くに南総門が見えたらあと一息です。 徒歩だと色々な史跡などが色々なところにあるので、ゆっくり参拝するのもいいものです。 車の場合:駐車場• 八幡市駅近くに「山麓駐車場」あり(大型バスの駐車OK)• 橋本側に「第一駐車場」「第二駐車場」あり 京阪「八幡市駅」一の鳥居近くに「 山麓駐車場」があります。 こちらは大型バスの駐車が可能です。 「山麓駐車場」駐車後はケーブルカーまたは徒歩で山上まで行きましょう。 そしてもう一つ、地元の方が利用する「 第一駐車場」と「 第二駐車場」があります(エジソン記念碑近く)。 こちらは山上にあります。 橋本駅から車で行きます。 途中とても細い道で、少しコツがいるので地元の人しか使いません。 もし行かれる方は「八幡市立公園・ 男山レクリエーションセンター」を目標に行くと着きます。 最後はクネクネとした一直線になります。 住所:京都府八幡市八幡高坊30()()• 電話番号:075-981-3001• 駐車場:あり(2箇所)• 開門:4月〜9月(5:30〜18:30)、10月(6:00〜18:00)、冬季(6:30〜18:00) 関連:「」に戻る 関連:「」に戻る 関連:「」に戻る.

次の

石清水八幡宮参道ケーブル クチコミ・アクセス・営業時間|八幡・城陽【フォートラベル】

石清水八幡宮 アクセス

ご利益・歴史 豊応神天皇(おうじんてんのう)、比咩大神(ヒメオオカミ)、神功皇后(じんごうこうごう)を主祭神とするのが「石清水八幡宮」です。 読み方は「いわしみずはちまんぐう」。 歴史 石清水八幡宮がある男山は、都(京都)から見て裏鬼門(南西)に位置することから、鬼門(北東)の比叡山延暦寺と共に、 都の守護、国家鎮護の神社でした。 平安時代、清和天皇の859年(貞観元年)に、八幡大神が宇佐八幡宮に滞在中の行教(大安寺)の夢に現れ、「都に近い男山の峰に遷り国家を鎮護する」と進言したことが石清水八幡宮の起源となっています。 その後、860年(貞観2年)に、八幡造の社殿を造営し、鎮座しました。 現在の社殿は1631年(寛永8年)〜1634年(寛永11年)江戸幕府三代将軍徳川家光の造営。 明治時代には男山八幡宮と改称されますが、大正時代に元の石清水八幡宮に戻っています。 本殿などの建造物10棟が国宝に指定されています。 二十二社(上七社)の一つ。 トーマス・エジソンは八幡の竹を使って白熱電球のフィラメントを作り、長時間の点灯に成功したことから、「エジソン記念碑」が建てられています。 ご利益 八幡大神は男山に鎮祭しており、 都の守護神・国家安泰・必勝・弓矢の神様であることから、日本史に登場するあらゆる武将が祈願を行っています。 例えば織田信長やなど。 特に源義経は石清水八幡宮で元服し、八幡太郎義経と名乗ったことは有名です。 特に 厄除のご利益がありますが、先が明るくなり道が開けるという 開運など、 総合運・全体運・諸願成就のご利益があります。 本殿横からぐるっと一周、摂社・末社が並んでいます。 あわせてお参りしましょう(写真は摂社「若宮社」)。 主祭神:豊応神天皇(おうじんてんのう)、比咩大神(ヒメオオカミ)、神功皇后(じんごうこうごう)• ご利益:必勝、開運、厄除、方除け、災難除け、国家鎮護など 総合運・全体運・諸願成就• 創建:859年(貞観元年) スポンサーリンク お守り 総合運・全体運・諸願成就のご利益があるお守りを中心に集めてみました。 かぐや姫守 家内安全・心身健康・心願成就・開運招福のご利益がある「かぐや姫守」。 初穂料1,000円。 旅行安全守 旅行に行くときのお守り「旅行安全守」。 初穂料1,000円。 金矢守 金の矢に厄除開運と刻印されている「金矢守」。 初穂料1,000円。 開運金の福わらじ 「開運金の福わらじ」には以下のように書かれています。 縁起の良い菌わらじは財布の中に金を呼ぶ!• 金わらじ履いて嫁さがし!• 初穂料1,000円。 スポンサーリンク アクセス 石清水八幡宮までのアクセス(行き方)を電車の場合と車の場合に分けて紹介します。 電車+ケーブルカーの場合 最寄駅は京阪本線「八幡市駅」。 駅を下車するとすぐ男山ケーブルがあります。 ケーブルカーに乗車すると数分で「男山山上駅」に到着です。 そこから徒歩5分で本殿に着きます。 「男山山上駅」横に展望台もあります。 電車+徒歩の場合 八幡市駅からケーブルカーに乗るとあっという間に山上に到着します。 その時に感じるのは「近いから歩いて山上まで行けるのでは?」ということです。 実際に登ってみましたが、行きは上り坂なので軽いハイキングでした。 20〜30分ほどで着きます。 スタートは一の鳥居から。 一直線に進み、高良社を右手に見ながら進みます。 二の鳥居を直進すると七曲り、表参道に続きます。 二の鳥居手前右には裏参道があります。 こちらから少し近道になります。 上り階段が続きます。 三の鳥居を越えると一直線。 遠くに南総門が見えたらあと一息です。 徒歩だと色々な史跡などが色々なところにあるので、ゆっくり参拝するのもいいものです。 車の場合:駐車場• 八幡市駅近くに「山麓駐車場」あり(大型バスの駐車OK)• 橋本側に「第一駐車場」「第二駐車場」あり 京阪「八幡市駅」一の鳥居近くに「 山麓駐車場」があります。 こちらは大型バスの駐車が可能です。 「山麓駐車場」駐車後はケーブルカーまたは徒歩で山上まで行きましょう。 そしてもう一つ、地元の方が利用する「 第一駐車場」と「 第二駐車場」があります(エジソン記念碑近く)。 こちらは山上にあります。 橋本駅から車で行きます。 途中とても細い道で、少しコツがいるので地元の人しか使いません。 もし行かれる方は「八幡市立公園・ 男山レクリエーションセンター」を目標に行くと着きます。 最後はクネクネとした一直線になります。 住所:京都府八幡市八幡高坊30()()• 電話番号:075-981-3001• 駐車場:あり(2箇所)• 開門:4月〜9月(5:30〜18:30)、10月(6:00〜18:00)、冬季(6:30〜18:00) 関連:「」に戻る 関連:「」に戻る 関連:「」に戻る.

次の

石清水八幡宮参道ケーブル クチコミ・アクセス・営業時間|八幡・城陽【フォートラベル】

石清水八幡宮 アクセス

京阪電車は準急だと乗り換える必要もなく八幡市駅までいけるんですけど、ちょっと時間がかかるから特急にのって樟葉駅で普通か準急に乗り換える方が早く着きます。 梅田駅から地下鉄御堂筋線に乗る場合、進行方向の後ろの車両がおすすめです。 京阪電車への乗り換えは淀屋橋駅の北改札からが最短距離なので、北改札への最短は御堂筋線の車両の後ろよりが近いですね。 淀屋橋は始発だから早めに並んでいるとほぼ確実に座っていくことができます。 京橋駅からだと座れない確立が高いんですよね。 京阪電車と地下鉄にはお得な「宇治・伏見1dayチケット」もあります。 私は地下鉄版もあるのを知らなくて京阪版を買ったのですが、地下鉄で行かれる場合は宇治・伏見1dayチケットの地下鉄版もおすすめです。 駅から歩いて1分でケーブルカー乗り場へ到着。 ケーブルカーは混雑時にもよりますが大体15分~30分間隔で運行しています。 階段があまりないのはケーブルカーを降りて右側の行き方になります。 しばらくゆるやかなな上り坂が続きます。 石清水八幡宮の山頂で食事が出来る石翠亭を左に行くと本殿があります。 本殿への最後の階段。 ケーブルカーを降りて本殿前までゆっくり歩いて10分ほどでした。 石清水八幡宮のアクセス 徒歩での行き方 石清水八幡宮へはケーブルカーを使わずに階段を上って徒歩で行くこともできます。 徒歩で行く場合は八幡市駅の改札を左へ出ます。 表参道と裏参道の2通りの行き方があって大体20分~25分で上ることができます。 階段の数は表参道がだいたい380段くらいで裏参道が560段くらいです。 数えてて途中何段か飛んでるので多少前後はすると思います。 八幡市駅から歩いて3分、石清水八幡宮の一の鳥居へ到着。 頓宮 高良神社 裏参道の階段。 裏参道から石清水八幡宮へ行かれる場合はこの階段を上っていきます。 表参道から行かれる場合はここを進まず、参道を真っ直ぐ進みます。 表参道の二の鳥居。 二の鳥居から分岐点まではゆるやかな階段ですが、ここから本格的な階段が始まります。 といってもゆるやかな階段で上りやすい方ですよ。 表参道と石清水社(裏参道)方面への分岐点。 二の鳥居からここまで約190段。 石清水八幡宮までだいたい半分くらいの距離というか階段数ですね。 ゆるやかな上り階段はまだまだ続きます。 やっと山頂の三の鳥居へ到着。 分岐点から三の鳥居まで185段。 あとは灯篭が続く参道を真っ直ぐ進むと石清水八幡宮へ到着! まとめ 石清水八幡宮へは最寄り駅までは電車で行って、最寄り駅の八幡市駅からはケーブルカーと徒歩の両方でアクセスすることができます。

次の