自縛 少年 花子 くん 声優。 【Hulu】『地縛少年花子くん』アニメ出演声優

キャラ属性王国

自縛 少年 花子 くん 声優

シリーズ(2013年) 奥村光舟• シリーズ(2014年) コウサカ・ユウマ• シリーズ(2013年)鳳瑛二• シリーズ(2015年) 音速猿〈ソニック〉• (2016年)フェリクス• (2016年) 千種霞• (2016年)黒川柾輝• シリーズ(2017年) 桜庭薫• (2018年) 暁• (2018年)シャドウナイフ• (2018年) 北原伊織• (2018年)ゲベール• (2018年) 不知吟士• シリーズ(2018年) ダイスウ• (2018年) 九頭竜八一• (2019年) 花園百春• (2019年) 漣ジュン• (2019年) サンちゃん〈大賀太陽〉• シリーズ(2019年) 涼野ユウ• (2019年) 池田恒興〈勝三郎〉• (2019年)大谷羽鳥• (2019年) 観音菩薩• (2019年) 草摩夾• (2019年) 立花走一郎• 2020年) 源輝• (2020年) 中田正義 太字はメインキャラクター。 七峰桜(CV. 安済知佳)• (1998年)李苺鈴• シリーズ(2000年)神無• シリーズ(2004年)日野弓子• シリーズ(2006年) C. (2006年)タチバナ・ミズキ、シン• (2007年)リファ• シリーズ(2008年)サキュバス• (2009年) 獅子堂高嶺• (2011年)野々坂まお• (2012年)入須冬実• (2014年)エマ・ブロンソン、リィザ・ランドッグ 太字はメインキャラクター。 アニメ『地縛少年花子くん』の動画を無料で視聴するなら 動画配信サービス では「 2週間の無料トライアル」を提供しているため、新規ユーザーならテレビアニメ『 地縛少年花子くん』を無料で視聴することができる。 普段はリアルタイムで視聴している方でも見逃したときに心のゆとりができるため、動画配信サービスは非常におすすめだ。

次の

緒方恵美|アニメキャラ・プロフィール・出演情報・最新情報まとめ

自縛 少年 花子 くん 声優

アニメ「地縛少年花子くん」が最終回を迎え、視聴者から反響が寄せられている。 キャスト陣もTwitterを更新し、作品への思いをコメントした。 アニメ「地縛少年花子くん」は「月刊Gファンタジー」で連載中のあいだいろ氏による同名漫画が原作。 おまじないが大好きな少女・八尋寧々(CV:鬼頭明里)が、ドSな幽霊・花子くんとさまざまな怪談に巻き込まれていくストーリーだ。 3月26日より順次放送中の最終話「人魚姫」では、寧々の「いっそ私も怪異だったら良かったのかも……」というつぶやきから始まる騒動が描かれた。 普段通りのにぎやかなやり取りはもちろん、花子くんのバックハグやお姫様抱っこなど、視聴者が胸キュンするシーンもあり、Twitter上では「いろいろと尊すぎて泣いてました」「本当にメインメンバー全員集合だぁ………!」「1番最後の…あのシーン…神です…」といった声が上がった。 その他「アニメ2期待ってます!!」「ぜひとも2期を…続編を観たいです!!」と期待の声も上がっている。 源光役の千葉翔也も自身のTwitterで「いやああああ 良い最終回だった!!!出てくる皆大好きだなあ」としみじみツイート。 ミツバ役の小林大紀は「みんなの今後が気になりすぎる…三葉からミツバになった彼もどうなるのかな…?」と、物語の今後が気になる様子だ。 花子くん役とつかさ役を務めた緒方恵美も自身のTwitterで「最終回アフレコ時、誰からともなく『最終回って感じがしないよね』。 実際に続編なんて何も決まってないのに(笑)。 そのくらい楽しくて自然な現場でした」とアフレコ現場の雰囲気を告白。 「その関係性が紡ぐ空気が伝わりますように。 皆様に楽しんでもらえますように」と思いをつづった。 第12の怪「人魚姫」 【あらすじ】 新たな七不思議となったミツバと再会する光。 しかし、ミツバは光を知らないという。 複雑な感情に整理をつけられない光。 寧々は光の心配をするが、そんな寧々に花子くんはヤキモチを妬いてついつい寧々をからかってしまう。 コロコロと意外な顔を見せる花子くんに、その心情を図りかねている寧々。 「いっそ私も怪異だったら良かったのかも……」 そう呟く寧々の前に現れたのは、人魚の家臣たちだった。 tbs.

次の

キャラ属性王国

自縛 少年 花子 くん 声優

ねえ、知ってる? この学園にある七不思議の話……かもめ学園に伝わる一番有名な七不思議の噂。 旧校舎3階女子トイレ3番目には花子さんがいて、呼び出した人の願いをなんでも叶えてくれるんだって。 呼び出し方は簡単、ノックを3回。 おばけなのにドSでちょっとエッチな花子くんに振りまわされて様々な怪談に巻き込まれていく寧々。 果たして寧々は無事に学園生活をおくれるのか誰も見たことのないハートフル便所コメディが今、始まる。 『あ、男の娘系じゃないんだ…』と…。 …いや、そんな勘違いはどうでもよいですね、はい。 基本的には、恋に恋してるようなガキンチョとクッッッソイケボ&イケショタの花子くん(画像左の黒い学生服の子) がガキンチョの願いをかなえるためになんやかんやする話です。 子供向け黒執事と言いましょうか? 基本は思春期の女子かショタ好きの女性向けであり、男が見るものではなさそう 特質すべきは色の鮮やかさと絵の綺麗さ。 一枚一枚どこをとっても絵になるような美麗さが目を惹きました キャラの可愛さもかなりのもの。 キャラデザは男の自分でもかなり萌えれる(女の子の足が大根なのが萌えポイント高し) ただ主人公の性格はちょいウザみを感じる。 誰でもいいから両想いになりたいってのがほんとに思春期入りたてのガキンチョ感凄いので。 見た目が可愛いのでチャラか。 花子くんの声優はまさかのエヴェンゲリオンの碇シンジ君!イケボすぎてビビります。 正直これだけでも 見るよって人が一定層いそうです お話は正直まだ面白いとは言えませんが、声の良さやビジュアルの良さだけでも見れそうな作品です 久々にアニキが主役の花子くんの声優をやっているアニメと聞いて非常に期待していたが、 1話で激しくテンションが下がって、2話で絶望してしまった。 イケメンのリア充と次々に付き合いたいとするヒロインには嫌悪感しか覚えない。 少女漫画の主人公としてはよくあるキャラで中高生なら共感を得るのだろうか? 怪異や物の怪の設定や描写もこれまでの作品からの寄せ集めにしか見えず何の驚きも新鮮さも感じない。 初めてアニメや漫画を見る人なら驚くのだろうか? まあ、現実でもこんな主人公みたいな男と付き合いたいだけの子や 性格の悪いイケメンというのは多いのだからリアルタイムの学生には刺さるのかもしれない・・・。 しかし、自分にはこれらを見ていて嫌悪感しか覚えないのでアニキには悪いけどここでまでとします。 怪異の癖に超次元的な力を使え"ない"、ただの幽霊?な花子くんだけれど、1話の最後でヒロインを救い&代わりに下僕(助手)にしてしまう流れはスムーズで、上手だと感じた。 「わかった、君はエラ呼吸が恋しいんだね」 この脅し文句は斬新すぎて、そりゃ大人しく言うこと聞かざるをえない。 THE 少女漫画、というレビューを多く見かけるものの、絵柄と人物設定が独特なおかげか少女漫画が嫌いな私でも楽しめる。 しかもこのショタイケメン…常に死んでいるような冷めた目をしていて、その目のまま口を開けて笑う顔がなかなか良い。 2話で早くも危険な過去をチラつかせてくるし。 こんな感じで花子くんの人物像が好みに合う人は、視聴を続けるのではないだろうか。 あと絵柄は独特かつ、上手な印象で、色味はとてもこだわりを感じる。 フレームと静止画を多用した演出も他のアニメではあまり見ない。 まるで紙芝居を見ているような気分になってしまうけれど、これはこれで好き。 ただ、せめて戦闘シーンなど盛り上がる場面は静止画を使わないなど、メリハリがあれば良かった。 声については、独特な話し方がキャラにあっていて良いと思うがいかんせん聞き取り辛い。 それにしてもモッケが可愛い! しばらくぶりにこういうアニメに出会いました。 1話目ではなく、放送されてる5話くらいに深夜ぱっとみてその世界観と絵の可愛さとキャラの個性に惹かれました。 こういうタイプの個性的かつ謎にアニメクオリティが高いアニメは大好物でコアなマニア受けしそうなタイプのアニメです。 とっても大好き。 とにかく全員キャラが可愛い。 もとは少女漫画らしいのですが僕は断然アニメ派です。 1話から見直してみましたが鬼ハマリしました。 グッズが買いたくなってしまうレベルのキャラと雰囲気デザイン萌えは久しぶりです。 そして問題なのが、このアニメ耳の悪いオバサンには向いていないというのが本当に残念でなりません。 緒方恵美さんがいつもよりも中低音プラスそれとりやや低い低音ボイスで花子くんを演じているのがとってもいいのですがオバサンたちにはそれが聞こえないらしくそのような叩き文句ばっかで残念でなりません。 オバサンたちは放送終了後にDVD等がでたら購入し、字幕ONにして見ることをおすすめします。 花子くんの声が聞き取りづらかったことはまったくないのですが、耳の悪いオバサンたちからすると ねねちゃんの声が高すぎてそこに耳のピントが合ってしまうので花子くんの緒方恵美低音イケボが聞き取りづらくなるのではないかな?とはおばさんたちを擁護させていただきます。 個人的には 雪兎さんや、蔵馬、球磨川、シンジくんたちの枠に入るくらいの、はまり役だと思っています。 とにかくキャラがかわいいのと制作会社が割と力入れててハイクオリティなのと世界観がとってもすきな コアなファンが生まれそうなマニア受けしそうないいアニメを見つけてしまいました。

次の