フォント 英語 手書き。 【商用利用可】手書き風の英語フリーフォント50選

商用可手書き風英語筆記体フリーフォント25選|おすすめの使い方

フォント 英語 手書き

現在、合計100個となります。 現在、合計116個となります。 オシャレなカフェの黒板にチョークで書かれたような、 ナチュラルな手書きフォントを検討中のひとにおすすめしたいコンテンツ。 ラフで少し崩したような絶妙なバランスは、利用する素材で仕上がりが大きく変わってきます。 特にフォント素材は、探しているだけで時間だけが過ぎていたなんてことも。 今回は 無料ダウンロードできて、商用利用も可能な手書き風フリーフォント素材をまとめてご紹介します。 和文、英文フォントごとに項目を分けています。 印刷物およびデジタル・コンテンツ対応で、放送、通信、各種記録メディアなどの媒体の形式も問わず、使用をすることができますが、ご利用の前に一度ライセンスを確認するようにしましょう。 2019-07-19 16:09 コンテンツ目次• NEW• NEW 和文、日本語フリーフォント編 冬の空気のような、からっと乾いたニュアンスを持つ走り書きフリーフォントです。 華奢で有機的なシルエットのフォントで、繊細で優しい雰囲気を表現したい際に活用できます。 無料ミニ版には、ひらがなとカタカナ、漢字1006字が収録されています。 マジックペンで手書きしたような風合いを表現できる日本語フリーフォントで、常用漢字500文字ほどに対応しています。 渋さと温かさを感じる、どこか懐かしいノスタルジックな日本語フリーフォント。 漢字は第一水準、第二水準のよく使うものまで収録されています。 収録文字数は約6,600と豊富で、印刷物や映像関連にも自由にりようできる、商用可能な万能フリーフォント。 紙に書いた文字から作った、手書き風かなフォントです。 角丸(かどまる)な感じで、ほんわかするイメージの文字を作られています。 しろくまの肉球をイメージしてつくられた、手書き風のフォント。 軽やかで弾むような、楽しい雰囲気のキュートなPOP体フォント。 マジックペンで勢いよく書いたような雰囲気と、跳ねるような三角形がアクセントになっているのがポイント。 バナナスリップは強い骨格と微かな可愛らしさを合わせた日本語フォントです。 インパクトが欲しい、でも堅苦しくしたくない、そんなときにオススメ。 細字を中心にウェイト4種類が揃い、漢字にも対応しているので、文章などにも気軽に利用できる万能スタイル。 丸ゴシックながらどことなくレトロ感の漂う、使い勝手の良いフォント。 太さの異なる3ウェイトを収録しています。 絵本に合いそうな懐かしい感じのひらがなフォントで、ひらがな・カタカナが収録されています。 かな文字を漢字と比べ小さくデザインして文字詰めを行うことにより、なるべく本物っぽい手書きメモのイメージが出るようにされているそうです。 同時に公開された「」は、 マジメな印象を与えるさっぱりでこぢんまりとしたデザイン。 全体的に丸みを帯びていてほんわかした等幅フォントで、第一水準の漢字が収録されおり、今後もアップデートの予定。 かわいいデザインを筆ペンで目指した日本語フリーフォント。 女性らしい小ぶりな手書きの日本語フリーフォント。 手書きテイストのフォントで、太さを不規則にすることで、判子のような独特な質感を表現した文字でかわいい雰囲気が特長。 女子高生のようなかわいさと女性らしさを兼ね備えた手書きフォント。 素朴でやさしい風合いの手書きフォントで、細いペンで描いたようなノスタルジックな雰囲気が素敵です。 丸文字なのにスピード感のある、個性的な濁点やカーブが特徴。 ひらがな・カタカナ・数字・アルファベット・小学1年生で習う漢字などを収録されています。 こどものような丸っこいフォルム、少しにじんだ感じがやさしい文字です。 現在は小学1~3年生で習う漢字が入ってます。 実際にクレヨンで描いた日本語フォントで、字幅を調整することで「リアルな手描き感」を表現できます。 小学一年生の児童が実際に書いた手書き文字をベースに作成したフォントで、無料版では1,000字ほどの漢字が収録されています。 見出しやタイトルに、ちょっと手作りの優しさを加えたいときなどに役に立ちます。 やわらかくて、やさしい日本語フォントです。 ハネを少し柔らかく、全体的に丸みを帯びた字形にリニューアル。 親しみやすい優しい印象の角ゴシックです。 第一水準(3045字)、第二水準漢字(3390字)までを収録。 完全フリーフォントとして利用できます。 線を省略したり断絶させたり、円形部分を独立させるなどの操作によって美しいまろみを実現したデザインフォントとなっています。 漫画で使われている擬音語や擬態語を表現する日本語フォントで、ひらがなとカタカナに対応しています。 絵から楷書へのつながりを表現した古代文字がアップデートされ、小学校学習漢字(教育漢字)1026字のうち、古代文字の判明している991字が追加アップデートされました。 すらすら流れるような筆致の字を目指した日本語フォントで、JIS第一水準の漢字まで対応しています。 筆ペンをつかって実際に手書きした字をもとに作成されたフォントで、凛々しい楷書を目指しているそう。 今後は収録文字を増やしていき、完成版は有料で販売する予定とのこと。 居酒屋のメニュー表などに使われていそうな、毛筆ブラシのにじみを演出した書体。 やる気がありそうでなさそうな程良いゆるさと、どことなくレトロ感も。 ひらがな・カタカナのみのフォントです。 デモ行進のプラカードなどで使われていそうな、ごわごわした力強いスタイルが特徴。 やわらかい筆で書いたような筆文字フォント。 ふわふわな可愛いデザインにどうぞ。 愛犬家の作者がブログで画像に文字入力するために作成した、筆ペン書体で、居酒屋チックな仕上がりに。 読むフォントではなく、平成という時代を切り取った、みんなの記念のフォントです。 300人の参加者が、1つの目標に向かってコミュニティ内で一生懸命作成されたそう。 打つ度に、鍵盤を弾いているみたいにハッピーで明るい気持ちになる個性的なフォントです。 英字フリーフォント編 収録されている5つの書体を一緒に利用するだけで、海外のカフェのようなオシャレデザインを完成できるフォントコレクション。 手書きの良さをそのまま残したナチュラルな書体で、一文字ずつていねいに最適化した可読性バッチリなスタイル。 シンプルな手書きフォントで、さまざまなスタイルに合わせて利用することができそう。 サンセリフとセリフ書体の2つを組み合わせて利用できる手書きフォントパック。 手書きの雰囲気を残した細字フォントで、ナチュラルで親しみやすいデザインに仕上げます。 手書きらしさをそのまま残した一風変わった、遊び心のあるフリーフォント。 フォントの角を丸くした、やさしい親しみやすい書体は、Mediumスタイルを無料ダウンロードできます。 フラットスタイルとも相性の良い、細字手書きスタイルのフリーフォント。 落書きしたような人間味のある手書きデザインを演出できます。 パッケージやブランドロゴ、アパレル系デザインを想定したハンドメイド感たっぷりな書体。 親近感の湧く、ラフな手書きスタイルは、イラストとの相性もばっちり。 可愛らしさと読みやすさを両立した、手描きスタイルの細字フォント。 めずらしい太字スタイルの手書きフォントで、かわいい個性を演出できる書体のひとつ。 トレンドにもなっている手描きスタイルを代表するフリーフォントで、幅広く利用できるアイテム。 手描きですが、読みやすさにもこだわっているので、見出しやボディ・コピーにも使える書体。 走り書きしたようなスタイルが合わせやすい手書きフリーフォント。 インクのかすれ具合もうまく表現された手書きフォント。 マジックペンで手書きしたような質感が素敵なフリーフォント。 手書きの不揃いさを表現した、ハンドメイド感がナチュラルな個性を演出します。 太い筆ブラシで描いたナチュラルな質感が楽しめるフォント。 手書きでブラシ毛筆を再現したフリーフォント。 太い筆ブラシが印象的な、大文字アルファベットのフリーフォント。 手書きの不揃いでラフな雰囲気をそのままデザインしたかわいいフリーフォント。 2017年末ごろより話題になったSVGフォント、カラーフォントですが、ここにきて高品質な無料フォントも数多く出揃いはじめています。 3つのスタイルを手書きペイントしたような風合いそのままに表現できます。 水彩絵の具で実際にペイントされた書体で、SVGファイル形式なのでより自由で柔軟なデザイン性が特長。 マジックマーカーで描いたような筆跡をそのまま再現できます。 2018年デザイントレンドのひとつで、書体の新しい可能性を提案するSVGフォント。 どこか優しい印象を与えてくれる、手描きの質感を残した、デザインフォントのひとつ。 ペンキでペイントした様なラフさを表現した、遊び心のあるデザインが素敵。 シンプルな手書き文字テキストが特長で、読みやすさも工夫された書体。 カフェやレストランなどの黒板風メニューで使われていそうな手書きフォント。 グラフィティ・アーティスト Banksy をモチーフに作成された書体。 手書きの良さを残しつつ、メッセージをうまく強調できる太字フォント。 不揃いで手書きしたようなラフな雰囲気を演出できるフリーフォントで、アルファベット大文字と数字、記号に対応しています。 書体デザイナーの実際の父親の筆跡を、そのままフォントにしたよりナチュラルな仕上がりを実現しています。 上記アイテムに比べ、より細字の手描きスタイルを再現できる書体。 手書きの質感を残した、細字スタイルのフリーフォント素材。 かわいらしいコミックフォントに、レトロなグランジ感を加えたヒップスター系デザインフォント。 たのしい雰囲気を演出したいときに便利な、手描きの太字スタイル。 とダウンロードリンクが表示される仕組みとなっています。 レトロな漫画タッチな風合いを表現する、手書きスケッチフォント素材。 すべて大文字のサンセリフ書体で、不揃いのラインがハンドメイド感を演出します。 特に筆記体、スクリプト書体との相性が検討された手描きスタイル。 細字の手書きフォントで、スクリーン画面でも美しく表示されるように工夫されています。 からややスリムになって帰ってきた書体は、Regular と Bold の2ウエイトが収録されています。 どんなデザインにも合わせやすい手描きスタイルで、リガチャ合字や第可絵文字など豊富なオプションも。 鉛筆で書いた文字をスキャンして作成しているので、手書きの質感を表現したいときに。 2017年にがんで亡くなった自分の母親の筆跡を、そのままフォントにしたという心温まるストーリー。 かわいらしい手描き筆記体スタイルで、今週いっぱいまで無料ダウンロード可能となっています。 手書きの質感を残した美しい筆記体フォントで、結婚式の招待状や看板、ロゴ、Tシャツデザインなど幅広く活用できます。 筆ブラシで描いたナチュラルな仕上がりを実現できるフリーフォント。 筆ブラシのかすれ具合やストロークも見事な筆記体フリーフォント。 水気をたっぷり含んだ筆ブラシで手書きした様子を、そのままSVGフォントで表現した書体。 ナチュラルでソフトな印象の筆記体フォントで、サンセリフ書体との組み合わせも抜群です。 手書きの良さを残し、インクのかすれ具合も見事に表現された署名サインのような筆記体フォント。 スタイリッシュでアート色が強い、エレガントな手書きブラシフォント。 細いモノラインで描かれた、ビンテージスタイルの筆記体。 大文字アルファベットにはそれぞれ2スタイルが用意され、カスタマイズも自在。 エレガントでカワイイ書体を探しているひとにぴったりな筆記体フォント。 走り書きした署名サインのような手書きフォント。 Comic Sans フォントを細字で表現した、ありそうでなかった手書きスタイル。

次の

【商用利用可】手書き風の日本語フリーフォント55選

フォント 英語 手書き

きれいなフォントを選ぶ• 太字や斜体に対応したフォントを選ぶ• 具体的なオススメフォントは、後ほど「」で紹介します。 フォントは手書きほどの差が出ないものの、きれいなフォントからそうでないフォントまであります。 まずは文字の形のきれいさからみてみましょう。 何と言っても、きれいではないフォントの代表格はMSゴシックやその仲間のHGゴシック(HGSゴシックやHGPゴシックなどを含む)です。 PCの解像度が低かった時代には、じつはこのフォントの字形が都合がよかったということがありますが、現在のように画面も印刷も解像度が高まった状況ではおすすめできません。 MSゴシックやHGゴシックがあまり美しくない理由はいくつもありますが、少しだけ覗いてみましょう。 まずは、形の雑さです。 いくつかのひらがなで文字の形に柔らかさがなく、直線的な要素でできています。 游ゴシックやメイリオなどのフォントのほうが一文字一文字がきれいな形をしています。 文字によって太さもバラバラです。 見た目の太さが揃っていないと、文字の目立ち方が凸凹になり、目線がスムーズに動きづらくなります。 補足:MSゴシックは長らくOfficeソフトのデフォルトフォントとして使われてきましたが、最新のOfficeソフトでは、デフォルトフォントではなくなっています。 互換性の高さがゆえに今後しばらく使用されることがあると思われますが、数年すれば新しいフォント(游ゴシック)に置き換わるはずです。 きれいに見える「クリアタイプフォント」を選ぶ 読みやすさは文字の形だけでなく、画面上やスクリーン上での表示のされかたによっても変わってきます。 このとき気をつけなければならないのは、クリアタイプフォントかどうかという問題です。 日本語のフォントの中には、クリアタイプフォントとそうでないフォントがあります。 クリアタイプフォントとは、黒い文字の線の輪郭をグレーの濃淡で描画するものです。 一方、非クリアタイプフォントは、黒いピクセルか白いピクセルの2値で文字の輪郭を描画します。 そのため、非クリアタイプフォントでは文字のサイズによっては輪郭がガタガタしてしまいます。 輪郭がガタガタすると、文字が読みづらくなります。 また長時間読んだときに目が疲れるという悪影響があります。 画面上(ディスプレイやスクリーン)で表示する資料(プレゼン資料など)の場合は、クリアタイプフォントを使うようにしましょう。 MSゴシックやHGゴシック、MS明朝などが非クリアタイプフォントですが、それ以外の新しいフォントはクリアタイプフォントになっています(メイリオや游ゴシック、ヒラギノ角ゴシック、游明朝、ヒラギノ明朝など)。 下の例では、MS ゴシックとメイリオ、ヒラギノ角ゴを比較しています。 一見それほど変わらないと思うかもしれませんが、輪郭の描画の方法によって可読性・判読性が大きく異なります。 何の対策もしなければ、書体が勝手に変更され、せっかく綺麗に作ったスライドが崩れてしまいます。 標準的なパソコンに搭載でないような書体を使用したい場合は、自分のパソコンを使って発表できるかを必ず確認してください。 ただし、他人のパソコンを使う場合でも、Windows版のPowerPointであれば、「 フォントの埋め込み」機能を使うことで、この問題を解決できます。 詳細は、「オススメ書体」のページをご覧ください。 自分のパソコンを使える研究室でのゼミ発表や、ポスターや配布資料の作成には、より見やすい(誤認の少ない)書体を積極的に選びましょう。 したがって、Word や PowerPoint などのを使って資料を作成する場合、ちゃんと「太字になってくれる」フォントを使う必要があります。 しかしながら、普段よく使うフォントの中には、「 太字に対応していない」フォントがたくさんあります(たとえば、MSゴシックやMS明朝)。 このようなフォントをたとえばPowerPoint上で太字に設定すると、文字の輪郭にフチを付けて太くするという処理(擬似ボールド)が行なわれます。 擬似ボールドは、デザイン的に非常に不格好な上に、実際にそれほど太くならないので、太字を使っても充分な効果が得られません。 また、擬似ボールドは、字がつぶれてしまい、可読性、視認性、判読性のいずれもが低下してしまいます。 太い文字を使いたいときは、「 太字に対応した書体」を選んでおくことが重要です。 MSゴシックやMS明朝を使ってはいけません。 もし、MSゴシックなどを使わなければならない場合には、太くしたい部分だけ「 もともと太い書体」を使う必要があります。 もともと太いフォントは、太くても可読性が高くなるようにデザインされています。 MSゴシックに合わせるなら、たとえば「HGS創英角ゴシックUB」などがよいでしょう。 ただし、別のフォントを使うと、文字の雰囲気が変わってしまい、全体の統一感が失われることがあります。 基本的には、太字に対応したフォントを選ぶようにします。 上の例のように、 メイリオ、ヒラギノ角ゴなどを使うとよいでしょう。 游ゴシックなども複数の太さがある使い勝手のよいフォントです。 なお、複数の太さ(ウエイト)のフォントをもつひとまとまりのグループを「 フォントファミリー」といます。 上の例であれば、メイリオファミリー、游ゴシックファミリー、ヒラギノ角ゴファミリーと呼ばれます。 ファミリー内には2つの太さだけしかないものもありますが、ヒラギノ角ゴシックなどは、10種類の太さ(細字から太字まで)がありますし、游ゴシックも細字とふつう、太字の3種類があります。 ウェイトの種類が豊富なほど、使い勝手がよいといえます。 フォントファミリー内の太さの異なるフォントを使いこなせば、統一感があり、かつ可読性/視認性/判読性の高いスライドやポスターが作れます。 たくさんの太さから好みの太さを選ぶ場合には、「B」ボタンを押して太さを変えるのではなく、フォント一覧から好みの太さを選ぶようにします。 なお、欧文フォントに関しては、多くのフォントが太字に対応しているので、あまり心配する必要がありません。 欧文フォントは、以下に書くように、「斜体」に対応しているかどうかの方が重要です。 斜体に対応した欧文フォントを選ぶ 生物の学名や遺伝子の名前を書くときには、アルファベットの斜体(イタリック体)を使わなければいけません。 WordやPowerPoint上では、太字と同様、斜体にしようと思えば、どんな書体も斜体に設定できます。 しかし、斜体に対応していないフォントも存在しています。 これらのフォントは、無理やり斜めに傾けているため、斜体になっていることがわかりにくいばかりか、あまり美しくありません(擬似イタリック)。 したがって、斜体に対応していない書体を斜体にして使用するのは避けるべきといえます。 斜体を利用したいときは、「 斜体に対応している(斜体が搭載されている)フォント」を用いたほうがよいでしょう。 上の例のように、Times New RomanやGaramondなどでは、イタリック体の字体が用意されています。 このような真の斜体は、斜体であることがわかりやすいと同時に、美しく、読みやすいです。 斜体を含むような文章を書くときには、斜体に対応していない(あるいは斜体が搭載されいない)フォントを避けましょう。 欧文書体であれば、セリフ体でもサンセリフ体でも、そのほとんどが斜体に対応していますが、CenturyやTahomaなどの一部のフォントは多くのパソコンで斜体が標準搭載されていないので、注意が必要です(これらのフォントでは疑似イタリックになります)。 なお、日本語の書体はほとんどが斜体には対応していないので、日本語は斜体にしないほうがよいでしょう。 まずはアルファベットについて見てみましょう。 サンセリフ体は、ポスターやスライド向きの書体ですが、種類によって読みやすさは異なります。 上の例のCentury Gothicで書かれた単語や文章は、とてもかわいいのですが、たとえば「a」と「o」が区別しにくいことがわかります。 特に小さな文字になると、ほとんど区別できません。 それに比べて、Segoe UIというフォントは、小さな文字でも、比較的文字を区別しやすく、読み間違いを避けられます。 ユニバーサルデザインのためには、このような点にも配慮しながら書体を選択する必要があります。 数字も同様です。 Arialなどの比較的フォントは、3や6の開いている部分がやや狭いため、3と6, 8が区別しづらくなります。 上の例と同様、モダンなサンセリフ体であるSegoe UIのほうがこれらの数字が区別しやすくなります。 小さい文字ほど字形の影響が大きくなるはずです。 また、文字がクリアーに見えるかどうかは、見る人の距離や視力、さらにはプロジェクターやプリンターの性能によっても変わります。 したがって、下の例のように文字がぼやけたり、にじんだりすることも想定して書体を選択する必要があります。 ぼやけたときに判読しにくい文字が含まれないかを意識して書体を選びましょう。 日本語の場合も同じようなことがいえます。 濁点や半濁点が読みやすいフォントのほうが好ましいです。 ヒラギノ角ゴシックや創英角ゴシックは、濁点と半濁点が小さめで、これらの区別が難しい場合があります。 メイリオのような現代的なフォントやユニバーサルデザインフォント(後述)のほうが誤読が少なくなります。 少しでも読み間違えを減らしたいならば、このようなフォント選びが大切です。 フォントが資料のクオリティーを決める 手書きの手紙やノートを想像すればわかるように、丁寧に書かれたものと、雑に書かれたものでは、その印象は大きく異なります。 同様にフォントの影響力を軽視してはいけません。 どのフォントを使用するかによって、スライドやポスター、書類の「読みやすさ」や「見やすさ」ばかりでなく、「 印象」が大きく変わります。 人に見せるための資料は、第一印象がとても重要で、発表内容の評価にも少なからず関わってくるものです。 できるかぎり MSゴシックやHGゴシック、MS明朝を使わず、モダンな文字を使うようにしましょう。 そうするだけで、資料のクオリティーははるかに高くなります。 標準搭載されている(最近のOS)フォントでは、メイリオ、游ゴシックがプレゼン向きのフォントです。 Macならヒラギノ角ゴシックが見た目も使い勝手もよいでしょう。 フリーフォントを使いのであれば、Noto Sans CJK JPやBIZ UDゴシックなどがよいでしょう。 比較的文量が多い場合(Word書類)ならば、游明朝やヒラギノ明朝(Mac)がオススメ。 フリーフォントなら、Noto Serif CJK JPやBIZ UD 明朝がオススメです。 詳しくは、のページを参考にして下さい。 フォントの組み合わせ 和欧混植の文章ではアルファベットの書体に注意 ちょっと忘れがちなのが、日本語の文中の英単語です。 メイリオやヒラギノ角ゴ、小塚ゴシックなどならば、アルファベット(従属欧文)も美しく作られていて、かつ、日本語との相性もよいようにデザインされているので問題ないのですが、上で述べたように日本語フォントで英単語を書くと可読性が下がる場合があります(特に、下の例のようにMSゴシックやMS明朝などのフォントで英単語を書いたとき)。 このような場合は、設定がほんの少し面倒ですが、英単語の部分だけ個別に英語の書体に設定すべきです。 デザイン的にも、英語は英文書体にした方がカッコいいです。 もちろん、メイリオやヒラギノ角ゴなどでも、アルファベット部分を適切な欧文フォントにすることで、さらに美しく読みやすくなります。 下の例は、小見出しを一般的な太めのゴシック体(あるいは明朝体)、本文をMSゴシック(あるいはMS明朝)で書いた文章です。 どちらの例であっても英数字を欧文フォントにした場合のほうが見栄えがよく、読みやすいのが一目瞭然です。 ここで用いている英文フォントは、Segoe UIとAdobe garamondです。 Segoe UIは最近のWindowsのPCに標準搭載されている美しいサンセリフ体です。 相性のよい和文フォントと欧文フォントを組みわせる 日本語がゴシック体なら、英単語はサンセリフ体、日本語が明朝体なら英単語はセリフ体と述べましたが、どんなフォントでも相性がよいわけではありません。 英単語だけが目立ったり、英単語だけが目立たなかったりしたら可読性は低下します。 英語と日本語が馴染めば馴染むほど読むときのストレスが軽減されます。 英語と日本語フォントを組み合わせるときに考慮すべきなのは、次の3点です。 スタイルが似ている(当然ですが、ゴシックならサンセリフ、明朝ならセリフということ)• サイズが似ている(アルファベットだけが極端に小さく見えるような字は組み合わせない)• 太さが似ている(例えば、MS 明朝とCenturyは太さが違い過ぎます) スタイルを合わせる まずは、基本中の基本。 日本語が雰囲気(文字のスタイル)を合わせることです。 日本語がゴシック体なら、その中の英数字にはサンセリフ体のフォント(Segoe UI, Arial, Helvetica, Corbel etc. )、日本語が明朝体なら英数字はセリフ体のフォント(Times New Roman, Adobe Garamond etc. )を合わせるとよいでしょう。 サイズを合わせる 次は、見た目のサイズが揃っていることに気をつけましょう。 下の例のように、メイリオなどの比較的大きく見える文字(字面が大きい文字)とCalibriを組み合わせてしまうと、アルファベットが小さく見えるうえに、文字のベースラインがずれていて(アルファベットが浮いて見える)、相性のよい組み合わせとは言えません。 このような場合は、たとえば、欧文フォントをSegoe UIやTahomaにするとバランスよく見えます。 これらのフォントは、Calibriなどよりは少し大きめにデザインされた欧文フォントですので、日本語との組み合わせはよいかもしれません。 太さを合わせる 見た目の太さを揃えることも大切です。 下の例のように「MS明朝」と「Century」の組み合わせはあまりよくありません。 Centuryでは、アルファベットがとても太く見え、不格好です。 英単語だけが目立ってしまいます。 MS明朝は非常に細いフォントなので、欧文フォントと組み合わせるのが難しいです(標準的なフォントだけでは)。 一方で、最近の標準搭載されれている游明朝などは、やや太めの明朝体ですので、さまざまな欧文書体と合わせることができます。 たとえば、Times New Romanなどともよく馴染みます。 似た太さの書体を組み合わせた方がよいというルールは、ゴシック体の場合も同じです。

次の

商用可手書き風英語筆記体フリーフォント25選|おすすめの使い方

フォント 英語 手書き

手書き風フリーフォント50選 1. Julies 小さな子供が書いたような雰囲気の手書き風 フォントです。 ハート、星、虫といった可愛らしいモチーフも収録しています。 文字によってはハートをデザインに取り入れていて、可愛らしさが増しています。 Southpaw ササッと走り書きしたようなスピード感とラフ感のある手書き風 フォントです。 Moon Flower 細い線で書いた、縦長スタイルの手書き風 フォントです。 数字、記号も全て縦長で書いています。 Novito Nova 細字のペンで書いたような手書き風 フォントです。 こちらも縦長のデザインですが、やや丸みを帯びておりやさしい印象があります。 Coalhand Luke Font チョークで書いたようなかすれ具合がお洒落な手書き風 フォントです。 記号は収録しておらず英字、数字のみ使うことができます。 MTF Cupcake font 極細の線とくるっとした丸みが特徴的な、ガーリーな雰囲気の手書き風 フォントです。 フォント名のとおりカップケーキのイラストも収録しています。 Mami Candy キャンディをイメージしたポップで可愛らしいデザインの手書き風 フォントです。 Love Ya Like A Sister ボールペンで何度もなぞり書きしたような見た目の手書き風 フォントです。 記号も収録してあり使い勝手抜群です。 FFAD Matro 太めのブラシでラフに書いたような手書き風 フォントです。 Pastel Crayon クレヨンをイメージした温かみのある手書き風 フォントです。 丸みのある字で、子供、女性向けデザインにぴったりです。 Ampersand 太さの強弱がリアルな、太字スタイルの手書き風 フォントです。 シンプルで使いやすいデザインですので、持っておくと便利です。 Made With B font デザイン性の高い、お洒落な手書き風 フォントです。 視認性は低めで長文には向きませんが、個性的な文字をワンポイントで使いたい時にはオススメです。 右斜めの傾きが特徴的な手書き風 フォントです。 カジュアルな印象があります。 Key Tab Metal font 中抜きでデザインした手書き風 フォントです。 メンズ、ストリート向けのデザインにぴったりなドクロ、ロゴマークを収録しています。 AMATIC ふにゃふにゃしたラフさがリアルな手書き風 フォントです。 視認性にも優れているのであらゆるデザインに使いやすく重宝します。 Tire Shop Demo Version ブロック体でしっかりと書いた、中抜きの手書き風 フォントです。 そのまま使ってもちょっとしたロゴのようになります。 Close Hand Made Font 筆で書いたような太字で力強い手書き風 フォントです。 背景、写真に合わせるとお洒落な印象になります。 Uchiyama わざと歪ませた個性的でお洒落な手書き風 フォントです。 こちらは大文字のみ収録しています。 Reis Free Font かすれ具合が絶妙な太字スタイルの手書き風 フォントです。 Paulson Regular font ペンでサラサラと書いたような、脱力感たっぷりなラフ感のある手書き風 フォントです。 Grutch Shaded 明朝体を中抜きで手書き風にデザインした、ユニークでオシャレな フォントです。 Journal font キレイな印象の手書き風 フォントです。 あまり見ないスタイルですので持っておくとなにかと便利です。 Monika Italic 女性向けデザインにオススメな、美しい筆記体スタイルの手書き風 フォントです。 くるりとしたハネが印象的です。 Skinny Bastard 角張った印象がある縦長スタイルの手書き風 フォントです。 Lackey 強弱のつけかたが個性的なあまり見ないデザインの手書き風 フォントです。 数字の書き方にも特徴があります。 Doodle Pen Limited 細いペンで何度も書いたようなデザインの手書き風 フォントです。 丸いフォルムが可愛らしく、子供向けのデザインにぴったりです。 太さの異なる3種を収録しており、用途に応じて使い分けることができます。 Jellyka - Estrya's Handwriting font ハネ、角の部分にクセがあるユニークなデザインの手書き風 フォントです。 個性的な フォントを探している時にオススメです。 DK Nanuk font 太めの中抜きに、ユニークな影をデザインした手書き風 フォントです。 しっかり目の文字スタイルながら、角が丸いので柔らかい印象があります。 christelLine black ボールペンを使って何度も線を書いたようなデザインの手書き風 フォントです。 個性的な フォントですので、シンプルなデザインに取り入れるとインパクトを持たせることができます。 Pijamas font わざとラフ感を強調したような手書き風 フォントです。 立体感の出し方、文字の斜め具合がユニークです。 lovingyou font デザインに所々ハートを取り入れた、ガーリーでキュートな手書き風 フォントです。 女性向けデザインにオススメです。 ScrapItUp font ギザギザ、ドット、点線を文字に取り入れた、ユニークでデザイン性の高い手書き風 フォントです。 組み合わせ次第でこれだけでもお洒落なデザインができ上がります。 Daisy Mae font 若い女性が書いたような女の子らしい細字の手書き風 フォントです。 デイジーのイラストがワンポイントで入っていてオシャレです。 Camden font まるでアートのような、文字一つ一つをしっかりデザインした手書き風 フォントです。 特に小文字はユニークで癖のあるデザインです。 Seriously 細字のペンで女性が書いたようなデザインの手書き風 フォントです。 BistroSketch font ポップな印象の手書き風 フォントです。 中抜き、塗りつぶしどちらも揃っていますので用途に応じて使うことができ便利です。 Do Doodle 文字全体がギザギザとしていて可愛らしい印象の手書き風 フォントです。 記号も収録してあり、文字同様にギザギザ感たっぷりのデザインになっています。 Sketchica font ササッとスケッチをするように極細の線を何度も重ねた、シンプルかつお洒落な手書き風 フォントです。 Mayonaise font マヨネーズをイメージしてデザインした手書き風 フォントです。 丸みと柔らかさが印象的です。 CoolDots font ドットを所々にアクセントとして取り入れた可愛らしい印象の手書き風 フォントです。 assign まるでサインのようなデザインの手書き風 フォントです。 ハネが強めで手書き感があります。 Jenna Sue 女性が書くようなキレイ目なデザインの手書き風 フォントです。 ファッション、ビューティー関連のデザインにぴったりです。 Alpha Mack ペンで書いたようなぽってりとした丸みをもつ手書き風 フォントです。 小鳥、ヘビといったポップなモチーフも同時に収録しています。 KBCuriousSoul font 塗りつぶしがラフな印象の手書き風 フォントです。 丸みがある可愛い見た目で子供向けのデザインに最適です。 Daniel リアルな手書き感のある フォントです。 うまく強弱をデザインしており、数字の形状も手書きらしさがあります。 Hand of Sean ベーシックなデザインで使い勝手のいい手書き風 フォントです。 多くの手書きスタイルの中でも使いやすいので、持っておくと便利です。 Luna Bar 滑らかさのあるラフなデザインの手書き風 フォントです。 どの文字もゆるく書かれており、個性的な形状をしています。 Christopher Hand とめ、ハネに少し荒っぽさを感じるクールな手書き風 フォントです。 ヴィンテージ、レトロデザインに最適です。 フォント フォントとは、同一の特徴を持った文字の形状を一揃いでデザインしたものです。

次の