ゆうちょ atm。 ゆうちょ銀行(郵便局)の1日の引き出し限度額はいくら?ATMと窓口で上限は違う?

料金一覧:貯金・為替-ゆうちょ銀行

ゆうちょ atm

管理人、実は、ゆうちょ銀行でのATMでの振替や振込ってぶっちゃけ苦手です。 ほとんどゆうちょダイレクトプラスでやってるものですから。 でも、時々、 残高不足になっていて、ATMで入金ついでに、振替や振込も~なんてことをやっております。 が、慣れていないせいでいつもモタモタ。 気が付くと後ろには、長蛇の列が 田舎なのに…。 毎回冷や汗ものです。 なので、管理人の他にもそんな人がいるんじゃないかと思って、この記事を書きました。 どうぞご覧ください。 ちなみに、じっくり覚えるために、人気のない山の中の郵便局のATMでやってきたんですが、終わってみると、3人も並んでいました 滝汗。 そして、管理人含め、普通の人がゆうちょ銀行に持っている口座は、ほとんど記号番号が 「1」で始まる総合口座です。 結論を言いますと、 振込をする人が、ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、記号番号が「1」で始まる総合口座にも振込はできます。 ゆうちょ銀行総合口座間の振込はできますので。 この記事は、ゆうちょ銀行でのATMでの振込方法を伝える記事なので、この事に関して詳しいことは、後で書きます。 それでは本題、「ゆうちょ銀行での振込のやり方!ATMでの操作方法」を解説していきます。 ゆうちょ銀行での振込のやり方!ATMでの操作方法・手順・手数料・反映時間を解説 それでは、• 金融機関名• 支店名• 口座の種類 ゆうちょ銀行なら総合口座 他の金融機関なら普通口座が一般的• ゆうちょ銀行なら記号・番号• 他の金融機関なら口座番号 は必ず聞いて、他、必要に応じて振込する人 あなたです! の名義人を• 名前はそのままでいいのか?• 名前の前後に文字や番号の様なものをつけるのか? を初めに聞いておいてください。 ゆうちょ銀行から、ゆうちょ銀行へのATMを使った振込方法 まず、ATM振込に関する情報からお伝えしましょう 振込手数料 2018年9月30日 日 までの料金です。 2018年10月1日からの料金は未定です。 月3回まで 月4回目以上から 無料 1回につき123円 参考までに、私がメインバンクに使っている某地方銀行の 同じ銀行宛振込手数料を載せておきます。 ゆうちょ銀行安い! 3万円未満 1回につき 3万円以上 1回につき 216円 税込 432円 税込 反映日• 画面上のボタンの中から「ご送金」を押します• 次の画面で「ゆうちょ銀行への送金」を押します• お知らせ画面になるので、読んだら画面右下「次へ」を押します• 画面の案内に従い、通帳またはキャッシュカードを入れます• 暗証番号を入力します• 「振替先選択」という画面になるので、「記号番号」を押します• 「記号の入力」画面になったら、振込相手の口座の「記号」を入力します• 「番号の入力」画面になったら、振込相手の口座の「番号」を入力します 記号・番号とも間違えたら、番号が表示されている横にある「訂正」を押します• 金額が表示されるので、合っていれば画面右下「確認」を、合っていなければ「訂正」を押します• 通帳またはキャッシュカードの口座名義が表示されます ・そのままで問題ないなら画面右側の 「はい」を押します ・名義を変えたいときや、振込相手から「名前の前後に文字・番号をつけるよう」依頼されていたら 「いいえ」を押します• 「いいえ」を押すと、ご依頼人名の入力画面に変わります ・この画面で、名義変更、名前の後に文字・番号をつけるなどの事ができます ・最初の画面はカタカナが出てきますが、一番下の段に「英数字」というボタンがあるので、それを何度か押せば、英字、数字に切り替わります 間違えたら画面左下の「訂正」を押します• 入力を終えたら画面右下の「確認」を押します• 確認画面に変わるので、合っていれば画面右下「確認」を、間違えていたら「訂正」を押します• 「ご確認ください」という画面に変わるので、読んだら画面右下「確認」を押します• メッセージの入力画面になります。 特にメッセージがなければ「通知 郵送のみ 」を押します• 「手数料 料金 」と「ゆうちょ銀行口座間であと何回無料で振込できるか」の画面が出てくるので、見たら画面右下「確認」を押します そして、最終確認画面です。 振込先名• ご依頼人名 あなたの名前です• 手数料• メッセージ を充分確認し、合っていれば画面右下 「確認」、間違っていれば、 「訂正」を押します。 「確認」を押すと、「振替先を登録しますか?」と聞かれるので、必要に応じて 「はい」か 「いいえ」を押してください。 基本「いいえ」でいいと思います。 管理人も登録したことは一度もないです キャッシュカード・通帳を受け取って終了です。 ゆうちょ銀行から他の金融機関宛の振込ATM操作方法 こちらも、ATM振込に関する情報からお伝えしましょう。 振込手数料 5万円未満 1回につき 5万円以上 1回につき 216円 税込 324円 税込 こちらも、参考までに私がメインバンクに使っている某地方銀行の他金融機関宛振込手数料を載せておきます。 やはりゆうちょ銀行安いですね。 3万円未満 1回につき 3万円以上 1回につき 540円 税込 756円 税込 反映日 平日ATMが営業開始した時刻 店舗により異なる ~15:00迄に振り込んだ場合 15:00以降、また、土日祝日に振り込んだ場合 当日扱い 翌平日または次回の平日扱い 尚、1月1日~1月3日はATMでの取り扱い不可 振込限度額• ATMでは、限度額を自由に設定できますが、特に設定していない場合は50万円になっています。 それでは、ここから手順を説明します。 画面に表示されますので、それに従ってください。 最初の画面で「ご送金」を押します• 画面が変わります。 「他行口座へのご送金」を押します• お知らせ画面が出てきます。 読んだら画面右下 「次へ」ボタンを押します• 「金融機関の選択」画面が出てきます、左の列に、ズバリそのものの金融機関名が出ていればそれを、出ていなければ、右側の列から、カテゴリーを選んでください。 どちらにもなかったら、画面右下「次を表示」を押し2ページ目を探します• 金融機関を見つけたらそのボタンを押します• 「金融機関名の選択」画面が出てきます。 振り込む金融機関名の頭文字を押します• 振り込みたい金融機関名が出てきたらそのボタンを押します• 「支店名の選択」画面が出てきます。 金融機関名の支店の頭文字を押します• 振り込みたい支店名が出てきたらそのボタンを押します• 「預金種別の選択」画面が出てきます。 預金種別を選択します。 ほとんどは「普通預金」でしょう• 「口座番号の入力」画面が出てきます。 口座番号を入力します ・間違えていたら口座番号表示窓の横にある 「訂正」ボタンを押し訂正します ・確認し、間違いなければ画面下緑色の 「確認」ボタンを押します• 「金額の入力」画面になります。 ・間違いがなければ画面右下の緑色の 「円」ボタンを押します• 「金額確認」の画面が出てきます ・間違えていれば、確認ボタンのすぐ上にある黄色い 「訂正」ボタンを押して訂正します。 ・間違いがなければ画面右下の緑色の 「確認」ボタンを押します• 「手数料と振込予定日」が画面に表示されます ・そのまま進めていい場合は、緑色の 「確認」ボタンを押します。 ・取り消す場合は画面右上の 「取消」ボタンを押します。 「依頼人名確認」画面が出てきます。 依頼人名 あなたの事です を確かめて、 ・そのままで良い場合は緑色の 「はい」ボタンを押します。 ・変更する場合は 「いいえ」ボタンを押して変更します。 電話番号の入力画面が出てきます 電話番号とは 「振り込むあなたの電話番号」です。 間違えないようにしましょう。 携帯電話・スマホの番号でもOKです。 ・間違えたら電話番号表示窓の右側にある 「訂正」ボタンで訂正してください ・間違いなければ画面右下緑色の 「確認」ボタンを押します。 「ご注意ください」という画面が出てきます。 この画面では 「確認」ボタンを押すだけです。 そして、 最後の画面で、• 金融機関名• 支店名• 預金種別• 口座番号• 相手の口座名義• あなたの名義• 振込金額 が間違えてないかを確認し、• 正しければ 「確認」ボタンを押し• 間違えていれば上にあげた各項目の 「修正」ボタンを押し修正します 訂正が終了したら、 「確認」ボタンを押します。 次に、もし「振込先を登録しますか」という画面が出てきたら、必要に応じて、 「はい」か 「いいえ」を選んでください。 管理人は今まで「はい」を押したことは一度もありません。 ずっと登録していて、もし何かの拍子に 「登録した情報が消えてしまった時」、情報を探すのが大変だからです。 最後に、通帳またはキャッシュカード、明細を受け取り終了です。 これが払込取扱票が必要な例です。 ご覧ください。 払込取扱票の書き方はこちらをご覧ください。 ゆうちょ銀行のATMでのお金の振込方などについて書いてきました。 昔、ゆうちょ銀行ではないですが、こんな出来事がありました。 私がお金をおろそうと某地方銀行のATMに並んでいたときの事、知らないおばあさんが声をかけてきました。 「お兄ちゃ~ん、機械 ATM わかんなくて、振込できないの~。 助けて~。 」って。 振込詐欺とかではなかったんですが、 「いや…、おばあちゃん、見ず知らずの人にそういうこと頼むの、危ないですから、やめた方いいですよ~。 」 と言ったんですが、そしたらおばあちゃん泣きそうな声で、 「そんなこと言わないで、助けて~!!」 と言ってきたので、仕方がないので助けることに、しようと思ったんですが…、通帳の預金残高を見てびっくり! 1,500万円ありました。 慌てて銀行員さんを呼んだのは言うまでもありません…。 「ウチの地元ってどんだけ平和なんだよ…。 」 神奈川から戻ってきたばかりの管理人にとっては、ひたすら驚きでしたね。 でも、高齢者の方たちでなくとも、意外とATMでの振込に不慣れな人って多いんですよね。 そんな人たちを見て、この記事書こうと思いました。 参考になれば幸いです。 その他にもゆうちょ銀行関連の記事を書いています。 どうぞご覧ください。

次の

コンビニATM|サービス|ファミリーマート

ゆうちょ atm

管理人、実は、ゆうちょ銀行でのATMでの振替や振込ってぶっちゃけ苦手です。 ほとんどゆうちょダイレクトプラスでやってるものですから。 でも、時々、 残高不足になっていて、ATMで入金ついでに、振替や振込も~なんてことをやっております。 が、慣れていないせいでいつもモタモタ。 気が付くと後ろには、長蛇の列が 田舎なのに…。 毎回冷や汗ものです。 なので、管理人の他にもそんな人がいるんじゃないかと思って、この記事を書きました。 どうぞご覧ください。 ちなみに、じっくり覚えるために、人気のない山の中の郵便局のATMでやってきたんですが、終わってみると、3人も並んでいました 滝汗。 そして、管理人含め、普通の人がゆうちょ銀行に持っている口座は、ほとんど記号番号が 「1」で始まる総合口座です。 結論を言いますと、 振込をする人が、ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、記号番号が「1」で始まる総合口座にも振込はできます。 ゆうちょ銀行総合口座間の振込はできますので。 この記事は、ゆうちょ銀行でのATMでの振込方法を伝える記事なので、この事に関して詳しいことは、後で書きます。 それでは本題、「ゆうちょ銀行での振込のやり方!ATMでの操作方法」を解説していきます。 ゆうちょ銀行での振込のやり方!ATMでの操作方法・手順・手数料・反映時間を解説 それでは、• 金融機関名• 支店名• 口座の種類 ゆうちょ銀行なら総合口座 他の金融機関なら普通口座が一般的• ゆうちょ銀行なら記号・番号• 他の金融機関なら口座番号 は必ず聞いて、他、必要に応じて振込する人 あなたです! の名義人を• 名前はそのままでいいのか?• 名前の前後に文字や番号の様なものをつけるのか? を初めに聞いておいてください。 ゆうちょ銀行から、ゆうちょ銀行へのATMを使った振込方法 まず、ATM振込に関する情報からお伝えしましょう 振込手数料 2018年9月30日 日 までの料金です。 2018年10月1日からの料金は未定です。 月3回まで 月4回目以上から 無料 1回につき123円 参考までに、私がメインバンクに使っている某地方銀行の 同じ銀行宛振込手数料を載せておきます。 ゆうちょ銀行安い! 3万円未満 1回につき 3万円以上 1回につき 216円 税込 432円 税込 反映日• 画面上のボタンの中から「ご送金」を押します• 次の画面で「ゆうちょ銀行への送金」を押します• お知らせ画面になるので、読んだら画面右下「次へ」を押します• 画面の案内に従い、通帳またはキャッシュカードを入れます• 暗証番号を入力します• 「振替先選択」という画面になるので、「記号番号」を押します• 「記号の入力」画面になったら、振込相手の口座の「記号」を入力します• 「番号の入力」画面になったら、振込相手の口座の「番号」を入力します 記号・番号とも間違えたら、番号が表示されている横にある「訂正」を押します• 金額が表示されるので、合っていれば画面右下「確認」を、合っていなければ「訂正」を押します• 通帳またはキャッシュカードの口座名義が表示されます ・そのままで問題ないなら画面右側の 「はい」を押します ・名義を変えたいときや、振込相手から「名前の前後に文字・番号をつけるよう」依頼されていたら 「いいえ」を押します• 「いいえ」を押すと、ご依頼人名の入力画面に変わります ・この画面で、名義変更、名前の後に文字・番号をつけるなどの事ができます ・最初の画面はカタカナが出てきますが、一番下の段に「英数字」というボタンがあるので、それを何度か押せば、英字、数字に切り替わります 間違えたら画面左下の「訂正」を押します• 入力を終えたら画面右下の「確認」を押します• 確認画面に変わるので、合っていれば画面右下「確認」を、間違えていたら「訂正」を押します• 「ご確認ください」という画面に変わるので、読んだら画面右下「確認」を押します• メッセージの入力画面になります。 特にメッセージがなければ「通知 郵送のみ 」を押します• 「手数料 料金 」と「ゆうちょ銀行口座間であと何回無料で振込できるか」の画面が出てくるので、見たら画面右下「確認」を押します そして、最終確認画面です。 振込先名• ご依頼人名 あなたの名前です• 手数料• メッセージ を充分確認し、合っていれば画面右下 「確認」、間違っていれば、 「訂正」を押します。 「確認」を押すと、「振替先を登録しますか?」と聞かれるので、必要に応じて 「はい」か 「いいえ」を押してください。 基本「いいえ」でいいと思います。 管理人も登録したことは一度もないです キャッシュカード・通帳を受け取って終了です。 ゆうちょ銀行から他の金融機関宛の振込ATM操作方法 こちらも、ATM振込に関する情報からお伝えしましょう。 振込手数料 5万円未満 1回につき 5万円以上 1回につき 216円 税込 324円 税込 こちらも、参考までに私がメインバンクに使っている某地方銀行の他金融機関宛振込手数料を載せておきます。 やはりゆうちょ銀行安いですね。 3万円未満 1回につき 3万円以上 1回につき 540円 税込 756円 税込 反映日 平日ATMが営業開始した時刻 店舗により異なる ~15:00迄に振り込んだ場合 15:00以降、また、土日祝日に振り込んだ場合 当日扱い 翌平日または次回の平日扱い 尚、1月1日~1月3日はATMでの取り扱い不可 振込限度額• ATMでは、限度額を自由に設定できますが、特に設定していない場合は50万円になっています。 それでは、ここから手順を説明します。 画面に表示されますので、それに従ってください。 最初の画面で「ご送金」を押します• 画面が変わります。 「他行口座へのご送金」を押します• お知らせ画面が出てきます。 読んだら画面右下 「次へ」ボタンを押します• 「金融機関の選択」画面が出てきます、左の列に、ズバリそのものの金融機関名が出ていればそれを、出ていなければ、右側の列から、カテゴリーを選んでください。 どちらにもなかったら、画面右下「次を表示」を押し2ページ目を探します• 金融機関を見つけたらそのボタンを押します• 「金融機関名の選択」画面が出てきます。 振り込む金融機関名の頭文字を押します• 振り込みたい金融機関名が出てきたらそのボタンを押します• 「支店名の選択」画面が出てきます。 金融機関名の支店の頭文字を押します• 振り込みたい支店名が出てきたらそのボタンを押します• 「預金種別の選択」画面が出てきます。 預金種別を選択します。 ほとんどは「普通預金」でしょう• 「口座番号の入力」画面が出てきます。 口座番号を入力します ・間違えていたら口座番号表示窓の横にある 「訂正」ボタンを押し訂正します ・確認し、間違いなければ画面下緑色の 「確認」ボタンを押します• 「金額の入力」画面になります。 ・間違いがなければ画面右下の緑色の 「円」ボタンを押します• 「金額確認」の画面が出てきます ・間違えていれば、確認ボタンのすぐ上にある黄色い 「訂正」ボタンを押して訂正します。 ・間違いがなければ画面右下の緑色の 「確認」ボタンを押します• 「手数料と振込予定日」が画面に表示されます ・そのまま進めていい場合は、緑色の 「確認」ボタンを押します。 ・取り消す場合は画面右上の 「取消」ボタンを押します。 「依頼人名確認」画面が出てきます。 依頼人名 あなたの事です を確かめて、 ・そのままで良い場合は緑色の 「はい」ボタンを押します。 ・変更する場合は 「いいえ」ボタンを押して変更します。 電話番号の入力画面が出てきます 電話番号とは 「振り込むあなたの電話番号」です。 間違えないようにしましょう。 携帯電話・スマホの番号でもOKです。 ・間違えたら電話番号表示窓の右側にある 「訂正」ボタンで訂正してください ・間違いなければ画面右下緑色の 「確認」ボタンを押します。 「ご注意ください」という画面が出てきます。 この画面では 「確認」ボタンを押すだけです。 そして、 最後の画面で、• 金融機関名• 支店名• 預金種別• 口座番号• 相手の口座名義• あなたの名義• 振込金額 が間違えてないかを確認し、• 正しければ 「確認」ボタンを押し• 間違えていれば上にあげた各項目の 「修正」ボタンを押し修正します 訂正が終了したら、 「確認」ボタンを押します。 次に、もし「振込先を登録しますか」という画面が出てきたら、必要に応じて、 「はい」か 「いいえ」を選んでください。 管理人は今まで「はい」を押したことは一度もありません。 ずっと登録していて、もし何かの拍子に 「登録した情報が消えてしまった時」、情報を探すのが大変だからです。 最後に、通帳またはキャッシュカード、明細を受け取り終了です。 これが払込取扱票が必要な例です。 ご覧ください。 払込取扱票の書き方はこちらをご覧ください。 ゆうちょ銀行のATMでのお金の振込方などについて書いてきました。 昔、ゆうちょ銀行ではないですが、こんな出来事がありました。 私がお金をおろそうと某地方銀行のATMに並んでいたときの事、知らないおばあさんが声をかけてきました。 「お兄ちゃ~ん、機械 ATM わかんなくて、振込できないの~。 助けて~。 」って。 振込詐欺とかではなかったんですが、 「いや…、おばあちゃん、見ず知らずの人にそういうこと頼むの、危ないですから、やめた方いいですよ~。 」 と言ったんですが、そしたらおばあちゃん泣きそうな声で、 「そんなこと言わないで、助けて~!!」 と言ってきたので、仕方がないので助けることに、しようと思ったんですが…、通帳の預金残高を見てびっくり! 1,500万円ありました。 慌てて銀行員さんを呼んだのは言うまでもありません…。 「ウチの地元ってどんだけ平和なんだよ…。 」 神奈川から戻ってきたばかりの管理人にとっては、ひたすら驚きでしたね。 でも、高齢者の方たちでなくとも、意外とATMでの振込に不慣れな人って多いんですよね。 そんな人たちを見て、この記事書こうと思いました。 参考になれば幸いです。 その他にもゆうちょ銀行関連の記事を書いています。 どうぞご覧ください。

次の

料金一覧:貯金・為替-ゆうちょ銀行

ゆうちょ atm

スポンサーリンク まずはお近くの郵便局に行き、ATMを見つけます。 ATMを見つけたら並んで順番が来るまで待ちます。 ATMの前に立ったら最初の画面が表示されます。 このうちの左横の「預入」という項目を選んでボタンを押してください。 そして押すと、カードを入れるように案内されますから、ゆうちょ銀行の キャッシュカードを入れてください。 入れ終りますと今度は入金ができるようになります。 紙幣の投入口と小銭を入れる引き出しが「ガーッ」と開きます。 自分が投入したい金額を入れてください。 ちなみに細かく預入れ金額を指定したい場合はお釣りが出るようになってますから 安心してください。 今回は千円札を4枚入れました。 入れた後に今回はうまくお札が入らなかったみたいで、「お札をきちんとそろえて入れなおして下さい」とアナウンスされてしまいました。 そろえて入れ直します。 お金を入れ終りましたら、計算中と「ブーッ」とお札を数える音と、機械で処理している音が鳴りますから 終わるまで待ちます。 計算が終わると、投入金額が表示されます。 特に入れたい金額に指定がなければ、そのまま『確認』のボタンを押します。 終わりますと口座に振込まれたお金と、自分のゆうちょの口座の残高が表示されます。 明細表が欲しければ「はい」いらなければ「いいえ」を押してください。 特に今回はいらないので「いいえ」を押しました。 これで終了です。 キャッシュカードが出てきますから忘れないで 財布にしまってくださいね。 スポンサーリンク 下に金額指定をしたい場合のやり方を解説しています。 ゆうちょ銀行 金額指定をしたい場合の預け入れ 例えば、 ・口座には4千円の入金にしたいけど ・1万円札しか持っていない場合は 1万円をそのまま入れても大丈夫です。 後から「~金額を指定しますか?」と案内されますよ。 僕は5千円札1枚しかなく、5千円を入金で入れて、3千円だけ預入れをしたかったです。 その場合はまずは5千円札を入れます。 入れ終わって完了ボタンを押すと『金額を指定しますか?』と出ますから 押してください。 押すと指定の金額を入力できるようになります。 3千円と押します。 これで3千円の入金ができました。 お釣りの2千円が出てきます。 これで終わりです。 よくある質問 預入れの限度額は? 預入れには限度額はありません。 しかし1回に入れられる限度はあり。 ポイントは下の通りです。 引き出しには限度額がありますが、預入れには限度額はありません。 理論的にはやる人はいないでしょうが、ウン千万円でも1日で入れられます。 またお札や小銭も区別なく入金できます。 しかし1回の預入では枚数にも限度が設けられています。 (ただし小銭は一部のATMだけ対応) 紙幣 200枚まで 小銭 100枚まで あくまで1回の預け入れにおいてです。 2回,3回とやれば わけて入れれば上限は特にありあせん。 ATMの営業時間によって預入の時間もことなる ゆうちょのATMが動いてる時間なら引き出しの他に「預け入れ」もできます。 通常の郵便局と、大きい郵便局でATMの営業時間がことなります。 小さめな郵便局の方が短く、都市部や大きな郵便局だと営業時間も深夜までやっています。 ですから微妙に預入れが可能な時間も異なります。 ATMの営業時間は行きたい郵便局によってまちまちです。 それぞれの店舗の時間を調べる必要があります。 郵便局ATMの預け入れの営業時間はルールがあります。 預入れの営業時間 ・平日 始まりの最短 朝 7:00から 終わりの最長 夜21:00まで 土日祝日 始まりの最短 朝 9:00から 終わりの最長 夜17:00まで *この公式を各ATMに当てはめる 上はATM全体での最短と最長です。 ATMの営業時間は郵便局ごとでちがいます。 ほぼ24時間営業の郵便局ATMから、18時で閉まってしまう郵便局ATMもあります。 この最長と最短をそれぞれの郵便局のATMに当てはめて 預入れの営業時間を割り出します。 例えば平日の東京の渋谷郵便局のATMは、0:05 ~ 23:55 までと ほぼ24時間稼働しています。 上のルールに当てはめてみます。 どんなに営業時間は長くとも 預入れは夜は21:00までなので、渋谷は23:55まで営業といえど、渋谷の預け入れの営業時間は21:00まで、となります。 かわりに引き出しは23:55まで出来ます。 朝は7:00から預入れが可能です。 渋谷の始まりは0:05分となりますが、上のルールから 預入れの始まりはどんなに早くとも7:00からがスタートだからです。 次に小さめな郵便局、三重県の嬉野郵便局のATMの預け入れ時間を割り出します。 こちらは平日のATMは8:45~18:00までです。 公式だと夜の最長で21:00まで、朝の最短で7:00ですから 終わりの時間が18:45 始まりが8:45 でどちらも 21:00 と 7:00におさまりますね。 おさまれば営業開始と営業終了の時間どおりに預入れも対応します。 そうすると嬉野郵便局の平日の預け入れ時間は ・8:45 ~ 18:00 となります。 公式に当てはめて 渋谷の預け入れは9:00~17:00、嬉野は土曜は9:00~17:00、日曜祝日は9:00~14:00となりますね。 このように違いがあるんですね。 もしお近くのATMの営業時間を知りたいなら ゆうちょの公式サイトに検索サービスがあります。 引き出し可能な時間と、預入れ可能な時間にはちがいもある郵便局も上の通り ありますから、営業時間ギリギリの場合は 確認してから行った方がいいかもしれませんね。

次の