エジプト 復活 の 象徴 虫。 意外な虫も縁起物の可能性あり!縁起物として扱われている虫をご紹介!

ナイル川と古代エジプト

エジプト 復活 の 象徴 虫

概要 [ ] 生きている神的存在が一度死に、死者の存在する地下世界に行った後、再生するという説話は世界中に広く分布している。 「死」「再生」は文字どおりのものとは限らず、食(、)などで象徴される場合もある。 このようなとしては、、、、などがあり、女神では、も死の国に行って戻ってきた。 死と再生はの中核をなすものでもある。 のの訪問、のも類縁である。 また、怪奇文学ののモチーフの一つである。 神話学的研究 [ ] 近年の創作物であるクトゥルフ神話はおくとして、このように、死と再生の神は広く世界各地で語られた。 歴史的には、このカテゴリーは宗教における二つの異なった研究法と強く関連してきた。 第一は「自然派」とでもいうべき方法で、自然現象を元にそれらが並行して生まれたと説明するものである。 第二は「内面派」とでもいうべき方法で、これらの神話を人間個人の精神的要素からの変型として説明する方法である。 自然派のアプローチ [ ] 季節を起源とする説 [ ] 上記のようなの二つの方法論の内、的なアプローチには太古からの典拠がある。 これらの信仰はが巡る事と深く結びついており、例えばの女性が鉢の中に「」を作ったとする。 若い緑は育ち、夏の暑さに喘ぎ、やがて女性は若い神の死を悼むであろう(の人々は草花の盛衰をアドーニスの去就と関連づけて表現する、の意。 外部リンク参照。 に関しては後述)。 このような合理的解釈は古代においても既に行われていた。 は堅固な自然派の解釈をもって、神話の起源を季節という現象に帰している。 こういった的解釈はやがて(。 の終わり頃)によって集約され、「エウヘメロス的」と呼ばれるようになった。 宗教の中で公的・社会的な面を至上としたや、のような的なのは、、アドーニス、ペルセポネーの神話と祭礼を自然現象を引き合いに出して説明しようとした。 キケロがいうには、ペルセポネーの誘拐と帰還は農作物の播種と成長を象徴している。 太陽活動を起源とする説 [ ] 末になると、自然派の解釈には新しい活気がもたらされた。 あらゆる宗教的な現象を活動で説明しようとする のような自由な思想家が現れたのである。 かくして、イエスやの苦難はいずれも昼間、夜間、夜明けという一連の変化を表していることになった Godwin, 1994。 この解釈自体は古くからあり、例えばの壁画には太陽が没した後、地下の「道」(女神の体内として表される)を通って再び夜明けとなって復活する様が描かれ、信仰の元となっていた。 脱皮現象を起源とする説 [ ] や昆虫などの動物は成長する過程でという現象が見られ、古い身体を脱ぎ捨てて新しい身体を獲得する。 古代人はその観察から復活・再生の象徴として捉え、特に蛇はエジプトのや、旧約聖書に出るなどが有名である。 さらに、期には自らの尾を咬む蛇、として各地で永遠のシンボルとされた。 蛇を邪悪なものとしたイメージは『』のに出てくる蛇をと結びつけた後世のの影響であるが、やイエスの言葉でもある「蛇のとおり賢く、鳩の通り純粋になりなさい」の言葉からもわかる通り、キリスト教でも二面性をもっている。 なお、聖書を所持していたの一部にも蛇を善の側とする見方が存在する。 日本では奈良県に伝わるが代表的なもの。 儀式を起源とする説 [ ] 自然派の仮説は、と 、及び彼らを継いだの宗教研究家らの研究によって更なる高みに達した。 彼らの『』及び『ギリシア宗教研究に対するプロレゴメナ』は後世に大きな影響力を残した。 フレイザーとハリソンはいう。 神話から儀式が生まれるのではなく、儀式を説明するものとして神話が生まれた。 即ち、全ての神話は信仰を反映したものに過ぎない。 全ての信仰にはそれぞれ、 によって自然現象を操作するという原初の目的がある。 (彼等のいう)蛮族は、人間は大なり小なり自然界に超自然的な方法で影響を与えることができると信じていた。 そのための方法の一つが、自らが望む自然現象を模倣することである。 ペルセポネの強姦と帰還、オシリスの損傷と修復、の辛苦と勝利という神話は全て、衰えた大地と作物が再び肥沃な状態へと生まれ変わることを願う原始的な儀式から生まれたものであろう。 しかし現在では、神話と儀式の関係には普遍的な判断をつけずそれぞれの民族ごとに判断すべきという意見で一致している。 儀式が先行し後に神話が作られたというフレイザーらの説を立証する証拠はほとんど見つからず、逆にのの例のように神話が先行して存在し、儀式は神話の補強として発達する例が多い。 内面的アプローチ [ ] 近代心霊主義の時代 [ ] ペイン・ナイトの太陽-説はのような学者によってより無難な説にまとめられたが、説が一般人にも知られるようになると、奇妙な変化をきたす。 これは時代までには起っていた。 のようなグループは、キリスト、オシリス他の太陽の死と再生に関係すると推測された神々の間にある学術的に想定された並行性を用いて、極めて精緻なシステムをとの裡に構成したのである。 輪廻転生 [ ] さらに広い視野で見てみると、「死と再生」の思考に似たものが東洋の宗教にもあることに気付く。 やなどに見られるという概念で、生命は生死を繰り返し輪のように循環していると説くものである。 何度も繰り返す点で季節や太陽の循環説と一致し、動物などに生まれ変わる事もあるとする点では異なるが、ユングは発想の類似に着目し集合的無意識に含まれるものとした。 ユングは者のの影響を受け、東洋思想の研究も進めていった。 ユングの説 [ ] に入る頃には、化された説がアカデミックな場でも論議されるようになった。 の者はやなど神秘主義、アジア・アフリカなど諸民族の心理も視野に入れて研究を大成し、死と再生というはにより個人・民族間に共有されるの一部であって、心理学的統合過程に役立ちうると論じた。 つまり、人間には無意識の力動があり、それは元型として象徴的に捉えられる。 元型の中には個人個人の枠を超えて共有されるものがあるので、地域の神話として確立し、また似た種類の神話が各地に生まれた。 例えば元型としての太母(、)のイメージはの中に頻繁に現われる。 ユングの説はや ら学者の手で変更をうけつつ引き継がれた。 カテゴリに対する批判 [ ] 死と再生の神を一般的なカテゴリとすることについては、還元主義的であるという批判がある。 曰く全く異なる複数の神話を一つの箱に押し込み、その上で論争を闘わせても、本当の問題であるそれらの間の差違を隠蔽するだけである。 そればかりでなく、死と再生は多くの他の信仰よりもキリスト教的信仰にとって中心的なものであるから、この種の論法はキリスト教をもってあらゆる宗教を判断する基準としかねない。 この点に関して詳細は例えば(Burkert, 1987)および(Detienne, 1994)を参照されたい。 ドゥティエンヌを例にとると、彼は1972年の著書でのアドニア祭において「アドーニスの園」と呼ばれるガーデンの成長と枯死の儀式を研究した。 これは麦などの作物を鉢植えにし、八日めに枯れた鉢植えをアドーニスの像とともに水中に廃棄する儀式であり、もっぱら女性が行ったが(後に転じて長期的な展望を伴わないずさんな育成を指すようになった)、ドゥティエンヌは一見大地の豊穣を表現しているかに見えるアドーニスの園が、実際には豊穣とは逆の不毛を表現していることを指摘している。 彼によると、これらハーブ(及び、その神アドーニス)は作物一般の代理人というより、香辛料をとりまくギリシア人の心と関連して形作られる複合体の一部をなしている。 性的な誘惑、策略、健啖、出産への不安などといったものがその複合体には関連している。 この観点では、アドーニスにまつわる神話や祭は古代ギリシア人の文化を分析するための多くのデータの中の一つに過ぎない半面、ドゥティエンヌの研究はオリエント起源の東方的な神話的人物であるアドーニスが、デーメーテールとコレー(ペルセポネー)の神話と対立する形でギリシア人の文化の中に体系的かつ多層的な形で取り込まれていることを解明している。 この研究が明らかにしているのは、アドーニスが単なる植物神とするだけでは解釈できないほどに、古代ギリシア固有の社会的文化的文脈に沿った複雑な性格を持っていることであり、ましてやフレイザーの解釈のごとく 穀物の精霊ではないということである。 このドゥティエンヌの研究の背景には神話や儀礼をそれぞれの文化の違いを度外視し、類似性のみによって比較するフレイザー流の手法に対する批判があり、とりわけとの研究がそれを決定づけたといえる。 キリスト教信仰 [ ] 世界中に共通の死と再生の神というモチーフがあると考えられていること、殊に沿岸地域にその種の信仰を持つ が存在していること(例えば、、)から、イエスは歴史的に実在した人物というよりも、このカテゴリを「原型」とした統合的発展ではないかと推測する人々がいる()。 また、イエス自身は実在の人物で、復活に関わる部分が後にその種の秘教の影響下に加わったと考える人々もいる。 は後者に改宗した後、次のように語った。 「もし神が『神話生成の神』であることを選ばれ、そして空(そら)がそれ自体は神話でないなら、私達は『神話病の患者』であることをやめてはどうだろう。 」 この論点については「イエスの実在性」 参照(日本語版ではを参照されたい)。 死と再生の神と考えられている神々 [ ]• 脚注 [ ] [] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年2月)• 1987. Ancient mystery cults. Cambridge, Mass. 『アドニスの園 ギリシアの香料神話』、鵜沢武保訳、、1983年4月。 Detienne, Marcel 1994. The gardens of Adonis: Spices in Greek mythology. Princeton, N. 1996 [1890]. New York: Touchstone. 1994. The theosophical enlightenment. Albany:. 『世界神話事典』大林太良、、、編、〈角川選書 375〉、2005年3月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• PDF.

次の

死と再生の神

エジプト 復活 の 象徴 虫

幸運をもたらす虫と言えば?(てんとう虫以外) 幸運をもたらす虫と言えば、てんとう虫以外にも次の5つがあげられます。 コガネムシ• トンボ• カマキリ• クモ 順に紹介していきますね。 玉虫 玉虫は体長3~4センチほどの細長い楕円形で、金属のような光沢をもつ緑色の虫。 また背中に虹のような赤と緑の縦じまが入り、見る角度によって色が変わるんですね。 美しい色合いは天敵である鳥を寄せ付けないためで、生き残るための進化の結果でした。 玉虫は古くから 「吉兆虫」と呼ばれ、 金運をもたらすと言われています。 玉虫の翅(はね)は、• お財布に忍ばせると金運アップになる• タンスに入れると着物を呼び込む• 女性が持つと「悪い虫」のような、ひどい男を遠ざける と言った、様々な嬉しい効果があることで昔から知られてるんですね。 虫の一部(翅)を持つのはちょっと…と思うかも知れませんが、 玉虫の翅は古くから飾り物として重宝されていました。 例えば、奈良の法隆寺の国宝「 玉虫厨子(たまむしのずし)」には、玉虫の翅を使った装飾が使われています。 古いものなので玉虫の翅はほとんどのこっていませんが、遠い昔から愛用されたと聞くと驚きますね! コガネムシ コガネムシは体長2~3cmほどの卵型の虫で、光沢のある緑色・赤紫・黒紫色などの体を持ちます。 また「コガネムシ科」に属する虫全般をコガネムシと呼ぶことがあり、その場合はカナブンもコガネムシと呼ばれます。 コガネムシは漢字で 「黄金虫」と書き、 金運をもたらす虫として重宝されてきました。 また利益をもたらすチャンスを呼び込む虫とも言われ、商売を行う人にとっては嬉しい虫ですね。 また古代エジプトでは、コガネムシの仲間「フンコロガシ」が 「スカラベ」と呼ばれていました。 スカラベは動物のフンを丸めて運ぶ習性があることから、古代エジプトでは太陽神ケプリの化身とされていました。 太陽を再生や復活の象徴とする古代エジプトでは、スカラベは聖なる甲虫として崇拝の対象だったんですね。 そのため死者の棺にスカラベの形の装飾品を入れて埋葬し、復活することを願ったんですよ。 トンボ 夏から秋にかけて見かける トンボは、 「勝負運をもたらす虫」として武士に愛されてきました。 トンボはまっすぐ前方向に飛ぶため、決して退却しない「 不退転(ふたいてん)」を表すとしたからです。 そのため「勝ち虫」として、トンボのモチーフを兜や鎧に使用して縁起担ぎとしたんですね。 トンボと武士の話で有名なのが、徳川家康の配下として活躍した「本多忠勝(ほんだただかつ)」です。 本多忠勝は「 蜻蛉切(とんぼきり)」と名付けた長い槍を愛用し、戦場を戦い抜きました。 蜻蛉切という名前は、「槍の穂先に止まったトンボが真っ二つになった」という逸話からその名が付きました。 カマキリ ある有名な俳優さんが好きな昆虫と告白したことでも注目を集めている カマキリ。 細長い体に鎌のついた手や、逆三角の顔が怖い印象となって、苦手という方も多いかもしれません。 そんなカマキリは一度に200個近い卵を産むため、 「子宝のシンボル」とされています。 またカマキリはギリシア語で「予言者、僧侶」という意味もあります。 そのことから、目の前に飛び込んできたときには、 良い未来をもたらしてくれるとされてるんですよ。 クモ カマキリ以上に好き嫌いの激しい虫に、 クモがいます。 足が多い・毒を持つものがいる・巣を張られると迷惑…など、嫌う理由はどれも納得できるものばかりです。 しかし害虫であるゴキブリを食べる「アシダカグモ」など、生活の役に立つクモも多いんですよ! クモは見かけた時間帯によって、様々な幸運をもたらす虫です。 朝にみかけるクモは金運や幸運をもたらし、病気の人なら回復が早まると言われています。 一方で夜に見かけるクモは悪運の象徴で、盗難や強盗などの被害にあいやすくなるとされている地域もあります。 朝にクモを見た時は追い払わず、夜に見た時は外に追い出すようにするのが良いかもしれませんね。 虫と上手に付き合おう! カブトムシやクワガタなど、昆虫の中には「かっこいい!」と人気のものがいます。 一方で見た目などから「怖い」「嫌い」と、悪いことをしていないのに敬遠されてる虫もいます。 そんな苦手とされる虫の中には、幸運をもたらす虫もいます。 良いことがあるかも知れないと思うことで、苦手な気持ちも和らぐかも知れません。 気持ち悪いからと毛嫌いするのではなく、外に追い払うぐらいの余裕をもった気持ちで虫と付き合いませんか?.

次の

ナイル川と古代エジプト

エジプト 復活 の 象徴 虫

第22回 縁起の良い虫で新年のご挨拶をひとつ。 あらためまして、みなさま、 明けましておめでとうございます。 今年は日曜日始まりでスタートしましたね〜。 日曜日のような、気持ちにゆとりのある1年を 過ごせるといいなと思います。 そして、今年もおおらかにお届けしたい「虫博士たち。 のんびりと楽しんでいただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。 さて、本日は、元旦ということで、 縁起の良いとされている虫を、 ご紹介したいと思います。 トンボ 勝虫(かちむし)とも呼ばれ、 昔から縁起の良い虫とされているトンボ。 その言われは、雄略天皇(在位456年〜479年頃)が、 吉野に狩に出かけた時、腕を刺したアブを トンボがくわえて飛び去った故事から、 強い虫、縁起の良い虫ということで勝虫と呼ばれ、 兜の前立てや武具に用いられたということです。 また、前へ前へと飛び、後ろに下がらないことからも、 勇猛果敢で勝負強い虫として、勝利を呼ぶ虫と 言われていたりもするようです。 今年、前向きに頑張ろうと思っている人に、 トンボアイテム、どうでしょうか?? タマムシ 古くから日本で縁起の良いものと 言われている虫に、タマムシがいます。 法隆寺の国宝、玉虫厨子に羽がつかわれているほど、 その美しさに昔の人々は魅了されていたんですね。 「吉丁虫」とも書くそうです。 タマムシの翅をタンスの中に入れておくと、 着物が増えるとかお金が増えるとか、 言われているみたいですよ。 フンコロガシ フンコロガシの正式な学名は、スカラベ・サクレ。 スカラベ・サクレとは、 フランス語で「聖なる甲虫」という意味だそうです。 なぜ、「聖なる甲虫」と呼ばれるのか調べたところ、 太陽神信仰があった古代エジプト人が、 糞を転がすスカラベを見て太陽が回転する様を連想し、 日の出と日没を司るケペラ神の化身として、 あがめたところからきているようです。 創造、復活、不死のシンボルとして、 いろいろな装飾品に刻まれ、 お守りとされていた様子。 このスカラベの装飾品などは、 エジプト各地で数多く出土され、 現在の博物館でも見ることができます。 エジプトにあるカルナック神殿には、 スカラベの石像があって、 その周りを7回まわると願いごとが叶うと、 言われているようです。 テントウムシ 世界各地で幸せのシンボルとされているテントウムシ。 テントウムシが体にとまると幸せになる、とか、 「マリア様のお使い」などと言われ、 幸せを運ぶと考えられているためか、 アクセサリーなどで目にすることも多いですよね。 英語では「lady bird」と呼ばれていますが、 この「Lady」とは聖母マリアのことなんだそうです。 なぜ、その名前がついたのかは、 いろいろな説があり、はっきり分からないのですが、 テントウムシは見た目がかわいいので、 たくさんの人たちに愛されたんでしょうね〜。 ゴキブリ ゴ、ゴキブリ?! と思われるかもしれませんが、 かつてのヨーロッパでは、 ゴキブリは縁起の良いものとして 考えられていたこともあるんだとか! 引っ越しをするときに連れて行ったり、 結婚のお祝いや新築祝いとして、 プレゼントされていたんだそうです。 ムカデ 毘沙門天の使いで、足が多いことから、 「おあし(銭)が集まる」と言われ、 財の神として縁起を担ぎ、 大切にしているところもあるようです。 縁起の良い虫、いかがでしたでしょうか。 きっとまだまだ縁起の良いとされている虫は いると思いますので、ご存知の方、ぜひ教えてくださいね。 ちなみに私の携帯ストラップは、コガネムシです。 では、みなさまの1年が穏やかに楽しく過ぎることを 心から願いつつ、本日の虫博士はここまでです。 また、来週は、みなさまからのメールを ご紹介させていただきますね〜。 今年もよろしくお願いいたします! 今回登場した虫たちをご覧になりたい場合は、 こちらをクリックしてどうぞ。 (検索エンジンgoogleの イメージ検索を利用しています。 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2006-01-01-SUN (c)2005 Hobo Nikkan Itoi Shinbun.

次の