河川 水位 情報。 リアルタイムの河川情報の提供

リアルタイム雨量・河川水位観測情報

河川 水位 情報

2013年10月22日 ゲリラ豪雨に備える水防災装置 ゲリラ豪雨による河川の急激な増水を10分以内に検知し、警報出力 河川水位警報ユニットはセンサーで常に水位を監視し、急激な増水を検知して注意喚起する警報装置です。 現地で警報が出たことを遠隔地の管理者にメールで知らせます。 管理者はインターネットを介して装置の警報状態を確認したり、メールの宛先や装置の設定の一部を変更できます。 上流に設置した装置の警報を下流側装置で鳴らすことができます。 気象警報と連携した外部指令コマンドによって警報を鳴らすことができます。 製品実績• 国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS)登録製品• 平成22年度 横浜市中小企業開発促進事業(SBIR)認定製品• コストも安い。 親水施設工事• 河川工事• ダム工事• 遊水池・調整池工事• 浸水対策工事• その他増水の危険が考えられる工事 オプション機能• 超音波センサー 橋桁等に取り付けて水位を非接触で検出します• 通信ユニット ID,パスワードによるセキュアなKDDI携帯網へ接続。 Webページによる管理機能が使用可能となります• 大型回転灯 LED光源の採用により、長寿命・高視認性・省電力を実現しています オプションの詳細、他のオプションに関しましてはお問い合わせください。 お問い合わせ・資料請求に関して 製品に関する詳細を知りたい。 導入までの流れを知りたいなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。 本記事はPDFでダウンロードできます。

次の

水位グラフ

河川 水位 情報

指定河川洪水予報とは 河川の増水や氾濫などに対する水防活動の判断や住民の避難行動の参考となるように、気象庁は国土交通省または都道府県の機関と共同して、あらかじめ指定した河川について、区間を決めて水位または流量を示した洪水の予報を行っています。 これを「指定河川洪水予報」と呼んでいます。 指定河川洪水予報は関係行政機関、都道府県や市町村へ伝達され水防活動等に利用されるほか、市町村や報道機関を通じて地域住民の方々へ伝えられます。 気象庁ホームページや各関係機関・自治体のホームページからも閲覧することができます。 なお、これとは別に、指定河川洪水予報の発表対象ではない河川(水位周知河川、その他河川)も対象として気象庁が発表している洪水警報・注意報及び洪水警報の危険度分布があります。 及びのページもご参照ください。 指定河川洪水予報の標題 指定河川洪水予報は、河川名と以下の表の危険度のレベルに応じた情報名とを組み合わせて発表します。 指定河川洪水予報の発表基準と発表された場合にとるべき対応は、以下の表のとおりです。 平成31年3月現在では、利根川及び阿武隈川の一部の区間において、氾濫水の予報を実施しています。 指定河川洪水予報と警戒レベルとの関係 指定河川洪水予報について、それぞれの情報を用いてとるべき行動は以下のとおりです。 災害がすでに発生している状況となっています。 命を守るための最善の行動をとってください。 警戒レベル5相当 氾濫危険情報 地元の自治体が避難勧告を発令する目安となる情報です。 避難が必要とされる警戒レベル4に相当します。 災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難勧告の発令に留意するとともに、 避難勧告が発令されていなくても自ら避難の判断をしてください。 警戒レベル4相当 氾濫警戒情報 地元の自治体が避難準備・高齢者等避難開始を発令する目安となる情報です。 高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当します。 災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難準備・高齢者等避難開始の発令に留意するとともに、 高齢者等の方は自ら避難の判断をしてください。 警戒レベル3相当 氾濫注意情報 避難行動の確認が必要とされる警戒レベル2に相当します。 ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。 指定河川洪水予報が発表されたら 指定河川洪水予報が発表された場合には、市町村からの避難勧告(警戒レベル4)等に留意し、上記の表のような行動を取ってください。 また、事前に、地元自治体等が公表している「浸水想定区域図・洪水ハザードマップ」などをあらかじめ確認し、お住まいの地域において災害が想定されている区域や避難先、避難経路を把握しておくことも重要です。 参考:国土交通省ハザードマップポータルサイト URL: なお、大雨になってからや、浸水してからの避難は大変危険です。 早めに避難することを心がけましょう。 万が一浸水してしまった場合には、頑丈な建物の2階以上や高いところへ避難した方が安全な場合もあります。 あらかじめハザードマップを確認し、避難の方法を確認しておきましょう。 参考:災害時の避難に関する専門調査会 URL: 0 あらかじめハザードマップで確認 (葛飾区中川・綾瀬川洪水ハザードマップより) 1 まずは避難 2 土嚢積みなどの対策も有効です 3 頑丈な建物の2階以上へ避難することが有効な場合もあります (参考)河川の水位について 洪水等が発生した際、地域住民のより的確で安全な避難実施のためには、河川の危険の状況等の防災情報が、迅速に伝達されるだけでなく、住民や市町村の防災担当者、報道機関に正確に理解され、的確な判断や安全な行動につながる情報の内容や表現であることが極めて重要です。 このため、国土交通省及び気象庁では、「洪水等に関する防災用語改善検討会」の提言に基づき、水位の危険度レベルを設定するとともに、区切りとなる水位の名称は、危険度レベルを認識できるよう改善しました。 水位危険度レベル 水位の名称等 (参考)旧名称 レベル5 氾濫の発生 氾濫の発生 レベル4 氾濫危険水位 危険水位 レベル3 避難判断水位 特別警戒水位 レベル2 氾濫注意水位 警戒水位 レベル1 水防団待機水位 通報水位・指定水位 なお、この改善にあわせて、も、指定河川洪水予報と同じ名称を用いて発表することとし、受け手が河川の種類にかかわらず統一的な対応をとることができるようにしました。 参考:水位の情報は、以下のホームページから入手することができます。 川の防災情報 URL:.

次の

愛知県 川の防災情報

河川 水位 情報

2013年10月22日 ゲリラ豪雨に備える水防災装置 ゲリラ豪雨による河川の急激な増水を10分以内に検知し、警報出力 河川水位警報ユニットはセンサーで常に水位を監視し、急激な増水を検知して注意喚起する警報装置です。 現地で警報が出たことを遠隔地の管理者にメールで知らせます。 管理者はインターネットを介して装置の警報状態を確認したり、メールの宛先や装置の設定の一部を変更できます。 上流に設置した装置の警報を下流側装置で鳴らすことができます。 気象警報と連携した外部指令コマンドによって警報を鳴らすことができます。 製品実績• 国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS)登録製品• 平成22年度 横浜市中小企業開発促進事業(SBIR)認定製品• コストも安い。 親水施設工事• 河川工事• ダム工事• 遊水池・調整池工事• 浸水対策工事• その他増水の危険が考えられる工事 オプション機能• 超音波センサー 橋桁等に取り付けて水位を非接触で検出します• 通信ユニット ID,パスワードによるセキュアなKDDI携帯網へ接続。 Webページによる管理機能が使用可能となります• 大型回転灯 LED光源の採用により、長寿命・高視認性・省電力を実現しています オプションの詳細、他のオプションに関しましてはお問い合わせください。 お問い合わせ・資料請求に関して 製品に関する詳細を知りたい。 導入までの流れを知りたいなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。 本記事はPDFでダウンロードできます。

次の