マスク トイレット ペーパー 原料。 “マスク材料”の噂で…トイレットペーパー品切れ相次ぐ 「全くのデマ」|【西日本新聞ニュース】

マスクからトイレットペーパーまでの群集心理|akimine|note

マスク トイレット ペーパー 原料

新型コロナウィルスの影響で、トイレットペーパーやキッチンペーパーなどがお店から消えました・・・。 マスクが品薄で手に入らないという状況はご承知の通りですが、このマスクとトイレットペーパーの原材料や生産国が共通しているので、トイレットペーパーがなくなるという情報がSNSで拡散されたことが原因のようですね。 結論からいうと、 マスクとトイレットペーパーの原材料は異なりますし、 トイレットペーパーの多くは国内で製造されています。 具体的には、 マスクは不織布(ふしょくふ)という繊維を接着剤などでシート状にしたもの、 トイレットペーパーは紙(パルプ)でできています。 また、マスクは中国が世界中の生産量の50%を占めているので、潤沢に店頭に並ぶ状況ではなくなりましたが、 トイレットペーパーの多くは国内で製造されています。 一気に買う方が増えると、当然店舗在庫がなくなるので、売り場から消えますが、工場は生産しているので、トイレットペーパーが供給不足で入荷未定になることは、ほぼありえません。 店頭から消えたのは一時的な状況ですので、焦らず、冷静に行動してください。 では、詳細に見ていきましょう。 Contents• トイレットペーパーの原材料は? トイレットペーパーは、 その名の通り「紙」でできています。 紙は、 植物の繊維をシート状にしたもので、主に木材から作られます。 木材を細かくして、高温・高圧下で煮ることで、樹脂を溶かして繊維を取り出していきます。 取り出された繊維のことをパルプと呼びます。 古紙再生のトイレットペーパーがエコ商品として売られていますが、これも同じような工程で作られていきます。 古紙としては、オフィスや学校で使うコピー用紙や牛乳パックなどが利用されます。 一旦紙になっているので、繊維を取り出す(樹脂を取り除く)過程は不要ですが、紙についているインクやホッチキスの針などの異物を取り除く必要があります。 紙を煮溶かして、インクや異物を取り除いてやれば、同様にパルプができます。 パルプ(繊維)を取り出すことができれば、パルプを均一の厚みにして、水分を絞り、ドライヤーで乾かせば、紙ができます。 この時、トイレットペーパーの厚さ・柔らかさになるように作っていけば、トイレットペーパーの元ができます。 これを、あのサイズに切り、ミシン目を入れたり、必要に応じて香りをつけたり二枚重ねにしたりすれば、いつも見ているトイレットペーパーができます。 なお、 トイレットペーパーの多くは国内で製造されています。 原材料であるパルプは一部輸入していますが、経済産業省の統計によれば 2018年の輸入依存率は16. パルプの輸入先もアメリカが約3割、そのほかはカナダやブラジルといった国で、中国は含まれていません。 しかも、輸入しているのはあくまでパルプです。 製紙原料(トイペのみではありません)に占めるパルプの割合は35. 6%(2018年)であり、その他は古紙などで作られています。 つまり、 製紙原料の中で輸入に頼っている割合は約6%です。 逆に言えば90%以上が国内で生産されていることになります。 これは、製紙原料全般の話なので、トイレットペーパー自体の話ではありませんが、トイレットペーパーだけが輸入原料に頼る可能性があるでしょうか? ほぼ同じ比率で輸入に依存するはずですよね。 9割が国内で生産されていて、しかも原料の半分以上が古紙(みなさんの周囲に溢れている)なので、 トイレットペーパーがなくなる可能性はほぼないです。 では、マスクはどうでしょうか? マスクの原材料は紙ではない! マスクの原材料は 不織布という布です。 植物の繊維をシート状にしている紙とは異なるものですので、マスク不足がトイレットペーパー不足に関連することはありません。 では、不織布とは何でしょうか? 不織布とは、 繊維を接着剤などでシート状にしたものです。 一般的に「布」は、繊維を撚って糸にしたものを織って作りますよね。 不織布とはその字の通り、「織ってない布」です。 どうやって織らずに布を作るかというと、原料になる繊維を絡み合わせて接着剤などでくっつけて作ります。 フェルトとかは古くからある不織布の代表です。 織られた布に比べると強度が劣りますが、安価で作ることができますし、厚みや隙間(目の荒さ・細かさ)を簡単に変更できます。 マスクを作るための不織布には、 ポリエステル繊維などが使われています。 植物繊維を原料とするトイレットペーパーとは違いますよね。 このマスクは、全世界の半分を中国で生産しているようです。 加えて、感染している可能性のある方が来る医療機関に優先的にマスクを納入する必要があるので、市中の薬局やドラックストアに回ってくるのは少し遅くなるし、量も少なめということになります。 国内でもマスクを生産していて、24時間体制で3倍の生産量で対応しているほか、輸入再開もされているとの情報があります。 好きなだけ購入できるほどの状況にはならないでしょうけど、節度を守って必要分を購入するようにすれば、ある程度マスクが手に入る状況にはなると予想できます。 スポンサーリンク まとめ トイレットペーパーやティッシュペーパーとマスクは原料が違いますし、輸入に頼っている度合いも全く違います。 マスクとトイレットペーパーが同じ状況になることはあり得ません。 今店頭にないからといって、安易に買い占めに走ったり、高騰したトイペをネットで買う必要はありません。 ちなみに、マスクが少ないのは事実です。 でも、マスクをする方がいいのは当然ですが、マスクよりも手洗いやうがいを励行したり、咳エチケットを徹底する方が感染予防に対する寄与は大きいです。 また、マスクも正しくつけないと意味がありません。 例えば苦しいからといって鼻までマスクを覆っていないと、結局マスクしていないのと同じです。 こういう状況だからこそ、情報や周囲の行動に圧倒されてしまうと思います。 しかし、節度ある行動をしていれば必ず状況は好転します。 感染者数が今後増える可能性がありますが、単純に感染拡大したのか、検査できる数が増えたり、検査のハードルが下がったりということでも、感染者数(感染確認者数)が増える可能性もあります。 情報が溢れているし、根拠の薄い情報が簡単に拡散してしまうので、正確な情報を見極めるのは難しいですが、 受け身にならず自分でも一回調べてみるといった行動ひとつで、意識が変わります。 鵜呑みにせず、まずは考えてみるのが大事ではないでしょうか。 最後までご覧いただきありがとうございました。 2020-02-29 新型コロナウィルス関連情報も書いています。 詳しくは以下の記事をどうぞ。

次の

落ち着いて、マスクは「紙」じゃない

マスク トイレット ペーパー 原料

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。 今回は、マスクの原料は何?ポリエステル 繊維の不織布で紙ではない、というお話。 管理人、普段はマスクしませんが。 花粉症の季節にはマスクですよね~ 色々問題があるとパニックになって マスクがなくなっていますけど。 そこで驚いたのがマスクがないから トイレットペーパーもなくなるというデマ。 どうしてそうなるのか? ネットで見ていると、マスクの原料と 紙の原料が同じじゃないかということ。 そんなバカな! 誰がそんなデマを流すのか? マスクは8割が中国製なのでなくなるし 花粉症があるので必需品というのは 分かるんですがナゼそれが トイレットペーパーもとなるのか? 人間の心理というか社会不安は コワイものだと思います。 それはそうとして。 じゃあ、マスクの原料は何なのか? ということで。 この記事では、マスクの 原料は何?ということについて 管理人の調べたことを お伝えしたいと思います。 マスクの原料はポリプロピレン繊維やポリエステル繊維の不織布が多い 結論から言うとマスクの原料は ポリプロピレン(PP 繊維や ポリエステル繊維の 不織布が多いようです。 特に使い捨てマスクはそうです。 昔ながらの布製のマスクもありますが 最近は大抵使い捨てマスクですよね。 たとえばこういうやつ。 これはウイルスは防げませんが 花粉などは防げるタイプですね。 フィルターになるところの原料が 不織布になっているということです。 不織布というのは原料は色々あって 例えばポリエステル繊維とか ポリプロピレン繊維とかパルプ繊維とか 繊維であれば樹脂でもなんでもOK。 紙の原料がパルプであるのに対して 不織布は結構なんでもいけるんですね。 他の材料といえば布とかガーゼとか。 冷静に見れば紙なんてまったく使ってない。 確かに見た目はクッキングペーパーとか そういうのと似てるんでしょうけど。 こんなやつですよね? これも不織布なんですけどね。 いずれにしてもトイレットペーパーとか ティッシュペーパーとは違います。 なので。 マスクがないから紙もないなんてのはデマ。 実際、トイレットペーパーなんて 2020年3月9日現在ですけど スーパーに行けば普通に売ってましたし、 特に困ることはないと思いますね~ マスクの方はそろそろ生産が戻ってきて 在庫も増えてくるようなお話ですね。 シャープもマスク作るそうですから そのうち困らなくなるでしょうね~ マスクに使われる不織布の原料とは? ではマスクに使われる不織布の 原料はなんでしょうか? すでに記載していますがPPや ポリエステル繊維が多いみたい。 ポリエチレン(PP)というのは たとえばポリ袋ですかね。 これは安価なものですから 実は相当身近で使われてます。 それからポリエステルも結構一般的。 洋服の生地にもよく使われますね。 その他だとPETボトルですかね。 あれはポリエチレンテレフタレートの 略でPETなんですがポリエステル。 細かく言うとポリエステルという樹脂の 中の一つがPETということになります。 ポリエステル樹脂と言っても細かく言うと その中で色々あるんですがPETが多い。 一番ポピュラーな樹脂ですからね。 それに、衣服にも使われるわけで 人体への影響も少ないんでしょう。 いくら性能が良くてもマスクに使うんですから 人体への影響、大丈夫ってことでないとね~ PPもPETも石油製品ですから 気にする人もいるんでしょうけど 現実的には使用実績は十分 ということでいいと思いますね。 不織布というのは繊維になるものなら なんでも布に出来る技術になります。 もちろんパルプ繊維も不織布に出来るし ガラス繊維だって不織布に出来ます。 ガラスだと不燃性、絶縁性なんかが 活きるものに使われるようですね。 そうそう。 不織布、のイメージが分かりにくいなら フェルトが原型だと考えればいいです。 こんな感じですかね。 繊維を圧縮してシートにする 感じ分かりますかね? 紙だったら脱水していく過程でパルプ 繊維同士が水素結合でくっつく。 乾式の不織布だったら 各繊維が接着剤でくっつく。 技法としては違いますが 出来たものはよく似ています。 なのでマスクが紙っぽいと言うのは 分からなくもないんですけどね。 マスクの性能について ここからは余談です。 マスクの性能ってものすごく 気になりますよね? 今の時期ならなおさらです。 それで、ネットで調べてみたんですが。 マスクの性能比較している レポートがあったんですよね~ これです。 独立行政法人 国民生活センター URL: ちょっとデータは古いですけど 中身はなかなか興味深い。 一番性能がいいのは3Mのやつ ということでこれが参考品。 平成21年の調査なので今はもう 売ってないマスクも多いですが。 マスクはしたほうがいいのは確かですが 過度な期待もしてはいけないという感じ。 製品によっては能書きどおりでないとか、 値段と効果は比例しないとか。 結局、自分の顔にフィットする やつが一番良さそうですね。

次の

マスクからトイレットペーパーまでの群集心理|akimine|note

マスク トイレット ペーパー 原料

【「トイレ紙が不足」は誤り】 SNS上で「トイレットペーパー 品薄」といった言葉が目立つようになったが「新型コロナウイルスの影響で、トイレットペーパーが不足する」という情報は誤り。 トイレットペーパー生産の中国依存度は約2. — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 街のドラッグストアやスーパーなどでトイレットペーパーなどの紙製品が売り切れるケースが相次いでいますね。 マスクに次いでトイレットペーパーが品薄になってしまった背景には、また 間違った情報が拡散されてしまったことによるものです。 そのデマ情報というのが、 トイレットペーパーやティッシュが品薄になりそう。 製造元が中国です。 事前に購入しておいた方がいいかも。 というものです。 「原材料がマスクと同じだから品薄になる」 「中国から原材料が輸入できなくなる」 といった情報が飛び交っていますが、根拠の無い デマ情報です。 この状況に日本家庭紙工業会も回答をしているので、その回答やマスクとの原材料の違いなどを次にまとめてみました。 本当に不足して困っているのはマスクやアルコール消毒液ですよね。 マスクの洗濯方法などに関してはで紹介していますのでご覧くださいね。 スポンサーリンク 【トイレットペーパーの品薄はデマ】根拠や理由原因はなぜ? 一部でトイレットペーパーなどを買いだめする動きが出ていることについて、メーカーが加盟する日本家庭紙工業会では「国内のメーカーは通常通りの生産を行っていて供給量は十分にあるため、トイレットペーパーの在庫がなくなることはない」としている。 3%とのことで、今の所、 新型コロナウイルスによる影響は無い、というものでした。 とは言え、現に街中のお店からトイレットペーパーが売り切れる現象は起きています。 トイレットペーパー売り切れ。 トイレットペーパー買えなくなったらなにでおちりふくのよ? — つばさ A dream is a wish your heart makes. tsubasa077 なぜ売り切れてるか、その理由や原因は明白で、 デマによって拡散された情報で多くの人が買いに行ったからですよね。 確かに全国休校や在宅勤務など家で過ごす時間がかなり多くなってきているので、自宅で消費するトイレットペーパーの量も通常より増えることもあるかもしれません。 でも、 原材料がなく生産が追いつかない、という自体にトイレットペーパーが陥る訳ではありません。 色々とニュースを見ていると、 デマだと知りながらもマスクの二の舞いになりたく無い、と言う理由から買いに来ている人が多かったです。 【トイレットペーパーないのはデマ】 日本家庭紙工業会は、トイレットペーパーが全国的に無くなるという情報が出回っていることについて、「トイレットペーパーが無くなることはない」としました。 出所不明の情報を信じるよりも業界の専門家の方が間違いなく信用できるはずですので落ち着きましょう。 — DIIC 災害情報統合会議 DIIC11 「トイレットペーパーとマスクは原材料が同じだから、そのうちトイレットペーパーも入手困難になる!」という情報を目にしました。 でも、マスクとトイレットペーパーの 原材料は全く違います! マスクも色々種類がありますが、一般的に多く見かける「不織布(ふしょくふ)マスク」との原材料を比較してみましょう。 マスク(不織布)の原材料は不織布です。 まんまやん!って感じですね。 不織布は羊毛やコットンなどの天然繊維やレーヨンのような化学繊維、他にもガラス繊維や無機繊維など、繊維という名のつくものはだいたい原材料として使用出来ます。 つまり、 一般的にはポリエステルなどの合繊繊維が使われることが多いです。 一時的な買い占めにより、 各メーカーや卸元に在庫はあるが、各店舗への配送などが間に合っていないだけ、という状況です。 焦らずに冷静な対応が求められますね。 スポンサーリンク トイレットペーパーの品薄・品切れ・売り切れの反応は? どー考えてもトイレットペーパーが品薄とかデマやとわかるやん。 情報の判断能力が、オイルショックからまるで進歩していない。 — 弁護士 赤堀順一郎 jrhoneybeee ごもっともな感じですね。 ただ転売ヤーに買い占めされたら結果一緒、なんて意見もありました。 どうにかならないのですかね。 スポンサーリンク まとめ 今回はトイレットペーパーの品薄現象について紹介しました。 現段階でトイレットペーパーの品薄・入荷見込みなしは デマ情報です。 原材料が同じとか、生産がほとんど中国という情報が散見しているため、一時的な買い込みが始まり、売り切れてるお店が出ています。 しかしマスクとは原材料は違うし、トイレットペーパーはほぼ日本国内生産をしています。 なぜ品薄なのか、本当に購入する必要があるのか、必要以上に購入していないかなど、一人一人の行動が大事になってきますね。 手洗い・うがいなどはしっかりしましょうね!.

次の