井上亜樹子。 井上敏樹 (いのうえとしき)とは【ピクシブ百科事典】

井上敏樹とは (イノウエトシキとは) [単語記事]

井上亜樹子

日常の中のあわい恋心、会社員としての仕事のあるある、転じて、宇宙の成り立ちや、星への誘い、ひかりのへの悩み、そして戦いのシーンと次々にテーマが変わり、それが最後に見事に集約する展開。 「お花には、が住んでるポポ? 」ポルンはまあるい頭を回して、ひかりを見上げた。 何度もの首筋を狙ったホワイトは、あっさりと逆に首を打たれた。 」思わずホワイトは倒れ込む。 すぐに立ち上がるが、頭がぐわんぐわん揺れるような気持ち悪さが襲ってきた。 さらに、 「デュアル・オーロラ・ウェーヴ! 」 七色の光が二人を包む。 その中でなぎさの体を、黒を基調としたコスチュームが覆っていく。 ここまできた「読む」第6弾はじまる! 祖父のは昭和時代の「」を、父親のさんは「平成」(特に一期)の脚本を担当された偉大な方々です。 そんな一族に生まれたからなのか本人の努力なのかはわかりませんが、非常に読みやすいですね。 上のあらすじにもあるように、情景が思い浮かぶような素晴らしい描写力です。 ただ肝心のストーリーはちょっと弱いかな?という感じです。 わざわざ小説にするほどのもんじゃないというか、いわゆる普通の「テレビでやる」という感じでした。 でも会社組織の理不尽さが描かれているのは良かったですね!! 下請けのことなんてしるか!という理不尽、哀しいけどあるあるですよね・・・。 rimokongetao.

次の

小説 ふたりはプリキュア マックスハート 講談社キャラクター文庫 : 井上亜樹子

井上亜樹子

井上敏樹とは、の、を中心に活躍するである。 代表作は『』『』、など。 参加作品が多い割に担当が少なく見えるのは、準役級のを立たせたい時や、に遅れが立った際の調整役としてスポット参加する場合も多いためである。 人呼んで「 の」。 概要、人物像など 生まれ、出身。。 初期の脚本で活躍したをに持ち、在学中に所属していた研究会で執筆した短編がの七敬三のに留まり、在学中のに『』第24話「大!! 」にて。 のだったに師事する。 『どきんちょ! 以降、やなど、を代表する作品を多数手掛けていく事になる。 が、 単純なや、でといった展開には懐疑的で、自身がを務める作品ではその傾向が顕著である。 関係を描くにしても、大抵はになったり、敵同士になってどちらかが絶命したりと、必ずといっていいほど報われない人物がいる。 出世作となったが1番分かり易いかもしれない。 『』の様な例外もあるが、この時は武部直美の意向も絡んでいたとかいないとか。 等でも丁寧は使わない。 良く言えば快、悪く言えばふてぶてしい。 そのからか、において武幸がを脚本に推した際、の上層部からは決して未熟だからではなく、「態度がデ」ため反対された。 に関しては「そういうのがいい」と言ってのける良くも悪くも大ざっぱな人物像は、「」の、「」のなど、の登場人物の性格形成にを与えたこともある。 士の「」という口癖はの口癖に由来し、若手の頃はに「 てめーに何がわかんだ」と酷く怒られたという。 に関しては途中から準に等しいとして参加しているが、実はから急に頼まれたらしく訳の分からないまま様子を見に来たら側がかなり危なかったという。 しかしが進んでいた等もありの方向性を支持し、のを守る事に大きく貢献した。 一見に見えない体格と強面が原因でに本物の・・・いや、と勘違いされた事がある。 また、かなりので、のの室で気でを吸ったり、にに行った際もで「皿をよこせ」と言ったという・・・ゴホン、快な一面もある。 このように快な人柄を示すや、本人や関係者の口から飛び出す奇想外な話から「 自分が描いている脚本よりみたいな」とから言われることも多い。 だが本人は「快な人柄とかいうのは周りが話を広げているだけ」としている。 やは級と言っても差し支えないの腕前を持つ。 にはしばしばを振舞っており、にて紹介されることも多い。 この好きというが後述するように食事の多さにつながっていると見られている。 構成としては前述した・の他に(名前やは不明)がいることや、ことが明かされている。 以前より然の秘密という状態だったが、最近等で本人によって明かされた。 作風、執筆スタイルなど 一言で言うと「 大ざっぱ」。 「脚本はを作るときの設計図にすぎない」が持論であり、化の過程での脚色・オミットされた場合にも寛容な態度を取っている。 特に作品の場合は、や動作、使用する技などが大まかに示されているだけで、細かい表情などは、現場でと出演者らがを重ねて決めている。 作業の際にはやハコ書きの段階での度を重視して時間を掛けるものの、それから脱稿までは極めて速い。 Pは『』で初めてとをした時には初稿の度の高さに驚いたとで答えている。 また速筆は付きであり、 一晩で分作品2話分の脚本を書き上げてしまうという。 『』では全話中話、「」では全話中46話、『』に至っては全話の脚本を描き切っており、に至っては1時間半で書き上げたとか。 『』『』に参加したのもが切迫していたためであり、他ので参加する際も開のの撮時期が重なる事情もある。 作品の中心となる人物には、、自己中心的、協調性が強くないなど、癖のある人を置き、いわゆるのは薄くなりがち。 またで参加する際も「要とはに浅からぬ因縁がある」をとして投入する傾向がある。 その分、大きな挫折から(紆余曲折を経て)の、味方同士が衝突を重ねてしていく様子を、に絡めてカ化させていく展開には。 側も、統率、が取れておらず、利が一致する部分でのみ(それが側のであっも)一時的に手を組む場合がほとんど。 敵対する勢に属する人物同士に、関係を持たせることも多い。 その他、役がになると池に落ちる、話を面くするなら多少の設定変、食事が多い事でも知られる。 「向け番組ではが書けないから代わりに食事を入れてる」とのことである。 ただし、これらについてはかなり誤解・誇されている部分も多く、実際には会社やの示によるところも多い。 その誤解の筆頭として挙げられるのがに役が駆けつけるときなどの時間を視した移動をす「」であるが、の脚本に限らずでは古くから唐突な場面転換や場所移動は多く見られ、近年でも以外のの担当作品含め多用されている(これに関しては「さんのホンはハコがしっかりしているから移動のも問題ない」と側も判断している)。 また脚本の段階では設定通りであっても、前述通り「撮上の都合やで変更ということもままあることである。 『』の回でのの言動についてに「さんはのホンなんて気にしませんから」とされたり、『』(版)では前後のな流れに反したのやり取りがコンテで修正された事もあるが、設定の視も常にあるわけではなく、『』ではもももを拾ってくれない状況を危惧して自ら進んで回収しようとしたり、『』ではの尺におる為設定を整理して組み立てたという逸話がある。 食事の他、も関わってくることが多いが、これについては「そんなに好きではないのに、なんでだろうな」「ムードがよくなるからじゃないの?」と答えており、どうやら意識に書いている模様。 向けの作品ではに走る事もしばしば。 (例:、 THE ) その一方で『』『』のような強なや展開が大量に飛び出す作品も多く手がけており(そもそも作もの)、『』などの落ち着いた作の作品まで、むしろ作の幅はかなり広いでもある。 「きっちりした観がある作品を理に壊すのはじゃない」ともっており、『』の路線変更に反対した他『』もそれまでに合わせた脚本にする予定だったことを明かしている(それを見た倉に「さんのうに書いていいよ」と言われてしまったが)。 とはいえ、本人が一番なく書けるのはやはり前述した強な要素を含む作品であるのはな模様(『』、『の底の』など)。 には口を出さず、要な出演者が決まってもすぐには会わず、実際に出来上がったを見て、方向性を決めていくという。 そのため、長期の途中でも人物像を変えることがある。 作品にを設けていたとしても前面に押し出すことはせず、全体を見て浮かんでくるくらいのが好み。 性を過剰にめる潮を嫌い、について問われたときは、皮を込めて常に「」だと答えている(ただし、は、実際にをにして書いていた)。 は、は縦書きで書いている。 の執筆にはを用いている。 文章を書くだけならよりも便利とのこと。 書いた文章はに移してからでを用いて送信するらしい。 『あるのしか使えず「このが壊れたら業だな」と笑いながら言ったところ、倉が同じを探し出してきてした』という噂もある。 父・伊上勝との関係 の記事も参照。 かつてはについて触れることは非常に少なかったが、近年ではで度々のについて触れている他、について記した「評伝」という本を出版している。 幼少期、が『』で脚本を手掛けていることについては特別に意識をしていたことはなく、『』『』などは通常のと同程度のだったらしい。 の「だけ取っては捨てる」という現がになった際も「も同じことやってにえらい叱られた」と話している。 時が流れとから離れていくようになった敏だが、でが・脚本を担当している『闘え!』のを勝手に執筆したところ、一部分を褒めてもらえた。 敏はこれが初めて書いたとしている。 文章を書くことやを作ることが好きだった敏だが、の書き方についてからをもらったことやをめたことはなく、の持つキネマ旬報などから勝手に覚えていったとのこと。 敏がとしてした当時は新人が少なく、も的だったのでやっていけるかという不安もあり、その場その場で生きていく感じだったとしている。 だが、それより以前からはに陥ってに溺れるようになり、をほぼした状態であった。 当時はされてもに印税は入らず、借も大量にある状態で「生活はどうするのか」とがしたところ、は敏に「が書け」と命じた。 これにより敏は「半分ぐらいは理くり」にとして活動するようになった。 こういった経緯があるためか、借についても「 なかったし、死にゃあいいって思ってたからさ」と答えているなど、に対して良い印の言葉を投げかけることはほとんどく、本人による随筆『本を盗む』の中では「 大飲みで借塗れの、清々しいまでのろくでなし」と評している。 を離れたとしての姿も「関心と子煩悩の中間」とのことで、遊びには付き合うが勉強しろと命じることはなく、の書き方を始め自分から物を教えようとすることもなく、「教えてくれたのはの煙で輪を作る方法との鳴らし方ぐらい」「がを書いていた関係でのとかをたくさんもらったことがあった。 あれが、からもらったもので一番うれしかった。 そのほかはロクならわなかった」とのこと。 以上のようにに対する感情は非常に複雑なことがうかがえ、あまり触れられることっただが、の劇場の特番「隠密士との」に出演しについてって以降はなどで触れる機会が増加している(が上した歳をえても未だ現役で・者として活動していることもしているのかもしれない)。 表現は厳しいが、文章にがついたりでに答えるなど、あまり嫌みを見せない答え方をしていることが多い。 またのことはと見ていたが、現状を踏まえて「あまりにはならなかった」とも話している。 主な執筆作品 特撮• どきんちょ! (作品では初の)• (として参加)• (では初の。 話中話、P、を担当)• (と共同。 ダ、、ペフィーチャー回、P、を担当)• (として参加。 の脚本も担当)• (話以降の及びを担当)• (として参加。 に、サソード役回を担当)• THE• 話中46話、及びを担当)• (として参加。 の、のを担当)• (回を担当)• アニメ• (初代、作)• (以外の全に関与)• (版)• (版)• TVゲーム• の底の• 漫画原作• 拳(:)• なんてっ(原案協、:拓)• (:正、:)• (:)• エクスタス(:まり田)• 教壇の(:かのえゆうし)• (:、:一、:)• マン(:誡しゃくあ、:裕子、・担当編集:) 作詞• (の登場人物であるの)• 炎の(そのべかずのりとの共。 の・凱の)• 歌う女取り(の劇中歌。 はとしても使用) 関連動画 関連商品.

次の

井上敏樹とは (イノウエトシキとは) [単語記事]

井上亜樹子

講談社キャラクター文庫だ。 特撮やアニメの小説はあまり読む気がしないのだが、 シリーズ構成の大野木寛が「映像化できない物語を書いた」と言ってるので、がぜん読みたくなった。 納得である。 映像化したら各方面から殴られて打ち切りになるわ。 特に「妖怪おとろし」は。 少女を夜毎に襲う妖怪の正体は・・・。 しかしよく書いたな。 子供ファンが読まないか心配だ。 「3・11の獏」も問題作だ。 いっせいに多くの人が悪夢を見た。 ずぶ濡れの両親とか、家の柱がぽつんと町中に立っているとか、単なる変な夢だ。 でも、なぜこんなに怖いのだろう。 「みかん」は笑えるこたつバトルだ。 他の人はともかく、ねこ娘がこんなに意地汚いとは。 「名無しの詩」は気色悪い前衛詩である。 ほかの三作は、 「骨女」山田瑞希 骨女が理想の骨格を持つ人間に恋する。 異種族ラブはうまくいくのか。 甘々だ。 「貝稚児」井上亜樹子 まなは家庭に悩みを持つ転校生の家を鬼太郎と共に訪れる。 おぞましくて好きだ。 上記二作と「おとろし」には共通点がある。 ネタバレするから書かないけど、六期を貫くコンセプトを感じた。 「ぬりかべ」永富大地 最もスタンダードな悪者退治だ。 脇役のキャラを掘り下げているのが読みどころだ。 六期シリーズを愛する人には、こたえられないスピンオフ作品だ。 読んで良かった。 この本では小説だからこそ表現できるダークな鬼太郎の世界が描かれています。 軽いネタバレですが、近親相姦や妖怪をも手玉にとる狡猾な人間の犯罪などとてもテレビアニメでは表現できない内容があります。 しかも心やさしい人間キャラクターのまなちゃんでも救うことができない展開が用意され、その厳しい現実に彼女が直面して、まなちゃんの人格にも悪影響を及ぼしかねないかと少し心配するほど考えさせる話があります。 最も悪事を犯した人間達には相応の報いから決して逃れられないのは幽霊電車で証明されていますので、そういった解釈も必要かと思います。 鬼太郎も2年目に突入し、人間の醜い面を表現するだけでなく、さらにもう一歩奥行きのある話がででくることを期待します。 それに伴い小説もどんどん続くと面白くなると思います。

次の