スタップ 細胞 2019。 STAP細胞はありません!Muse細胞はあります!

「STAP細胞はありましたか」小保方女史へ笹井未亡人からの代表質問

スタップ 細胞 2019

「Thinkstock」より 米ハーバード大学附属ブリガムアンドウィメンズホスピタルが、 STAP細胞の作成方法に関する特許出願を、日本、米国、EPO(欧州特許庁)、カナダ、オーストラリアなど世界各地で行っており、更新料、維持料が支払われている。 これについて5月9日、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏は、同大学が日本国内でも特許出願に関して実体審査請求をしていることを明らかにした。 出願審査請求は4月22日に提出されている。 これまで理化学研究所の公式発表では、「STAP細胞論文はほぼ事実ではなかった」「STAP細胞の実験結果はES細胞の混入したものによる」として、その存在は完全に否定された。 しかしハーバード大は日本の「STAP細胞は存在しない」という大合唱を他所に、粛々と特許の申請を進めていた。 小保方晴子氏の代理人である三木秀夫弁護士は語る。 「ハーバード大は世界各国での特許申請にかかる費用や維持に、推測で1000万円程度の費用がかかっているようです」 ハーバード大が特許を申請する研究内容の範囲は広く、細胞にストレスを与えて多能性が生じる方法のメカニズムに対する特許請求である。 STAP細胞論文での小保方氏の実験担当部分「」のプロトコルは「オレンジジュース程の酸性の液に細胞を浸すと細胞が初期化する」が有名だが、それ以外に細胞にストレスを与えるさまざまな方法が試されており、「アーティクル」でその成果を報告している。 これは理研がSTAP細胞論文を発表した当初の「」にも明示してある。 再生医療での実用化 ハーバード大がSTAP現象の特許を出願し、その審査要求をするのは当然、再生医療での実用化を睨んでのことだとみられる。 そして「人工的な外的刺激で体細胞が初期化するのではないか」というアイデアを思いついた小保方氏は再生医療の新たな扉を開いたことになる。 特許は認定されると、出願後20年間の工業的独占権を認められる。 実体審査では申請された特許の内容が特許の要件を満たしているか、その内容の記述的専門家である審査官が行う。 この実験が特許の取得が前提であれば、共同で行った発明や実験の知的財産権を侵害する恐れがあるため、小保方氏によるハーバード大での共同実験部分のノートやデータを、理研や早稲田大学の博士論文不正調査に提出できなかったのは当然だろう。

次の

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明

スタップ 細胞 2019

グッドイヤー女史は日本中を巻き込んだ「STAP」騒動をどう分析しているのか。 まず小保方さんの登場について記事ではこう書かれている。 「この仕事 STAP の背後にいた『革命児』が小保方晴子であった。 彼女は男性中心の日本の科学界に女性として一石を投じた。 彼女は他の女性に比べて、男たちとの駆け引きの中で生きることに長けていた。 そして独創的な考えの持ち主であると賞賛されていた」 『ニューヨーカー』より・以下カッコ内は同 その小保方さんを引き上げた人物こそ、バカンティ教授だった。 ただしバカンティは当面、細胞にストレスを与えると幹細胞を作り出す可能性があるという仮説を伏せておいた。 彼がもっとも避けたかったのは、留学生が自国に戻って、他の誰かの研究室で彼女のアイディアを展開することにあった。 バカンティは私にこう言った。 『私の主な懸念は、我々はハルコを信用できるのかだ』と」 「彼女には才能がある」 だが、バカンティ氏の懸念は杞憂に終わる。 小保方さんは彼の研究室で信頼を高めていった。 「小保方の下でリサーチ・アシスタントとして働いたジェイソン・ロスはこう言った。 『彼女がいかに才能があるかは、誰もが分かった。 ハルコのような才能のある人はそう多くはいない』。 それに対して小保方はこう返した。 『日本では女性研究者は二流です。 たとえ年下の大学生でも、男性が必要としたら、女性は顕微鏡を使うのを諦めないといけません』」 やがてバカンティ教授の元での短期留学を終えた小保方さんは、日本に帰国し、'11年に理化学研究所 CDB の研究員に。 そこで「STAP騒動」のキーパーソンである若山照彦教授のチームに所属する。 そして本格的にSTAP細胞の研究に取り組んでいく。

次の

いまだ根強い「STAP細胞が本当はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由

スタップ 細胞 2019

スタップ細胞(STAP細胞)とは何なのでしょうか? スタップ細胞(STAP細胞)の正式な名前は、 「刺激惹起性多能性獲得細胞」(しげきじゃっきせいたのうせいかくとくさいぼう)と言います。 つまり 「万能細胞」の一つです。 刺激を与えることにより、多種多様な細胞に変われる 「分化多能性」を持った細胞と言われています。 「STAP」と言うのは、「刺激惹起性多能性獲得」の英語表記(Stimulus Triggered Acquisition of Pluripotency)の頭文字ということです。 「刺激惹起性多能性獲得(STAP 」といった刺激を加えて初期化を実施し、多能性を取得させる方法をする事で作り上げた細胞を 「スタップ細胞(STAP細胞)」と言います。 その「万能細胞」と呼ばれるのには、いくつかあります。 皆が知っている iPS細胞は、細胞の根源に人工的な細工を行なうことで多種多様な細胞に変異可能にしたもので、人間においても適応が望まれますが、胎盤等一部の細胞になれなかったり、癌への変異傾向が高いというようなデメリットが存在します。 ES細胞は卵子を壊して作成します。 多種多様な細胞に変異可能ですが、これもまた一部の細胞になれなかったり、作成の速度が遅かったり、卵子を破壊することもあって倫理的な問題点があったりするのです。 スタップ細胞(STAP細胞)の作成に費やす時間は2~7日で労力もあまりなく、3~4週間必要なiPS細胞とは異なり、2週間以上短縮されました。 初期化率も、iPS細胞の数十倍。 論文にあるままと言うのなら、 スタップ細胞(STAP細胞)は iPS細胞より数倍使い勝手が良くなることは間違ないのです。 更に、 スタップ細胞(STAP細胞)は体のどこの細胞でも変異することが可能です。 スタップ細胞(STAP細胞)は作成も簡単で、効率も良く、 デメリットはほとんど皆無と言えるのです。 この細胞のおかげで、脊髄の怪我等といった、非常に治しにくい部位の治療が、他の万能細胞と比較しても簡単に可能だと言えるわけです。 スタップ細胞(STAP細胞)論文の撤回について! 2014年1月に世界的規模の学術雑誌ネイチャーで発表をされた STAP細胞。 発表後には、生物学の常識をくつがえす大発見と考えられ、筆頭執筆者の小保方晴子 (おぼかたはるこ、1983年生 )氏が若い女性研究員ということもあり、大衆より非常に注目を集めました。 しかしながら、論文発表直ぐ後数々の疑義や不正が指摘されており、筆者、小保方晴子氏らはネイチャーの2本の論文を撤回行ないました。 それ以降も検証実験を続けていた理化学研究所は、同年12月19日に「STAP現象の確認に至らなかった」と発表し、実験中止を発表しました。 それから「研究論文に関する調査委員会」により提出をした調査報告書は、サンプルはどれもES細胞の混入する事で説明が可能とし、 「STAP論文」については大部分否定されたのだと結論付けられたのです。 スタップ細胞(STAP細胞)は潰された! ですが、現実的に スタップ細胞(STAP細胞)論文は捏造なのでしょうか? 論文が全否定され、研究が潰された背景にあるのは「ある組織」があったらしいと言う、「うわさ」が絶えません。 果して、どのような組織が妨害したと考えられるのでしょうか? 医学業界においては公益性もあるのですが、ひとつとなる業界だったりします。 世界全体として医学業界が巻き起こす利権は1年で数百兆円に及ぶというようにも言われています。 例えば、この業界にとんでもない発見や発明が行われた時、いったいどんな事がおこるのだろうか? それは医学業界全体を引き入れる再編であって、既得権益を消失する者も数多く発生することがおきます。 スタップ細胞(STAP細胞)は再生医療だけに限らず最先端医療においても斬新な発展が起こる万能細胞をかなりカンタンに生み出す事が可能になる発見となっていました。 例えば、 スタップ細胞(STAP細胞)の存在が明確になり、この技術が実現化されると医学業界は再編される可能性もあったのではないでしょうか。 また、 スタップ細胞(STAP細胞)論文が発表されたその時、全世界の医学業界は 「iPS細胞の実用化」の方向に大きく動き始めていたのです。 それについては既にiPS細胞の利権に関する構造が完成しつつあったと考えられています。 iPS細胞の利権を手中に収めようとしていた者は、 スタップ細胞(STAP細胞)の台頭にによって当人の利権が不意に陥ることを恐れたため、 「スタップ細胞(STAP細胞)論文」に圧力を使った、と言われているようです。 非常に大きい金融の力を持って、あらゆる国の医学業界にとっても利権を握る「ロスチャイルド家」自身での既得権益を保持するために スタップ細胞(STAP細胞)の台頭を許さす事が出来なかったと考えられて言われています。 スタップ細胞(STAP細胞)論文は捏造と改ざんがあったからという理由で取り下げられましたが、これが スタップ細胞(STAP細胞)の存在そのものを否定するものとはなりません。 間違いなく、 「存在しない」ということが証明された訳ではありませんので、もしかしたら将来的に スタップ細胞(STAP細胞)の存在が立証され、又全世界の注目を集める可能性がないとはいい切れないのではないでしょうか。 スタップ細胞(STAP細胞)の真実:まとめ 再生医療と言えば「ips細胞」をイメージされるのではないでしょうか? ですが スタップ細胞(STAP細胞)は存在すると筆者は考えています! 2014年1月に小保方晴子(理化学研究所)と笹井芳樹(理化学研究所)らがチャールズ・バカンティ(ハーバード・メディカルスクール)や若山照彦(山梨大学)と共同で発見したのが スタップ細胞(STAP細胞)論文2本を世界的な学術雑誌ネイチャー(1月30日付)に発表しました。 学術雑誌ネイチャーに発表をした後、生物学の常識をくつがえす大発見されて、研究員:小保方晴子(理化学研究所)は若い女性の研究者であるという事から大きく報道をされました。 スタップ細胞(STAP細胞)を学術雑誌に発表直後、様々な疑義や不正が指摘され2014年7月2日学術雑誌ネイチャーの2本の論文を撤回しました。 2014年12月19日に「STAP現象の確認に至らなかった」と発表して、今後の実験も出来ない事とし実験打ち切りを発表されました。 「研究論文に関する調査委員会」は STAP細胞・STAP幹細胞・FI幹細胞とされるサンプルは「ES細胞」の混入によって全て、説明ができるし、 スタップ細胞(STAP細胞)STAP論文はほぼ全て否定されました。 論文通りだとスタップ細胞(STAP細胞)はiPS細胞より数倍使い勝手が良くなることになります。 スタップ細胞(STAP細胞)は体のどこの細胞でも変異する事が出来て、作成も簡単でデメリットは皆無と言っても良いそうです。 スタップ細胞(STAP細胞)の発表のタイミングが悪かったのではないでしょうか? 「iPS細胞」による「利権」の台頭により、「iPS細胞」の利権を握っている人による、抹殺の可能性が高いと言われています。 結論的に言うと スタップ細胞(STAP細胞)おそらく存在すると思います。 発見のタイミングが悪ければ、既得権益者が人類にとって画期的な発見だとしても抹殺されていまうんだなと私は思いました。

次の