般若心経歌詞。 般若心経の意味とは?全文訳。唱えるとどのような効果があるの?

般若心経ポップ 歌詞「れれれP,鏡音レン」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

般若心経歌詞

『般若心経ロック』とは、による「 」、ひいてはの曲である。 概要 ? に対し、のを生かした、で疾走感のあるに仕上がっている。 は同様氏が担当。 に再され、氏の英訳・で『』として転生し、である「カナ」に収録された。 歌詞(というか経文) 説 摩訶波羅密多心経 ぶっせつ まかはらみたしんぎょう 観自在 行深波羅蜜多時 ざいぼさつ ぎょうじんはらみたじ 照見五蘊皆 度一切苦厄 舎利子 しょうけんごうおんかいくう どいっさいくやく しゃりし 色不異 不異色 即是色 しきふいく くうふいしき しきそくぜくう くうそくぜしき 受想行識復如是 舎利子 是諸法相 じゅうそうぎょうしきやくぶにょうぜ しゃりし ぜしょうほうくうそう 不生不滅 不不浄 不増不減 是故中 ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう 色 受想行識 眼鼻舌身意 むしき むじゅそうぎょうしき むげんびにぜつしんい 色香味触法 眼界 至意識界 むしきうみそくほう むげんかい ないしむいしきかい 明 明尽 至老死 むむみょうやく むむみょうじん ないしむろうし 老死尽 苦集滅 智得 やくむろうしじん むくめつどう むちやくむとく 以所得故 菩提埵 依波羅蜜多故 しょとくこ ぼだいさつた えはらみたこ 心 故 有恐怖 しんむけげ むけ むうくふ 遠離一切倒夢想 究竟 おんりいっさいてんどうむそう くぎょうねはん 三世諸 依波羅蜜多故 得耨多羅三藐三菩提 さんぜしょぶつ えはらみたこ とくあのくたらさんくさんぼだい 故知波羅蜜多 是呪 是大明呪 是上呪 是等等呪 除一切苦 こちはらみた ぜいだい ぜだいみょう ぜむじょう ぜむとうどう のうじょういっさいく 不虚 故説波羅蜜多呪 即説呪 つふこ こせつはらみた そくせつわつ 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提婆訶 ぎゃてい ぎゃてい はゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか しんぎょう 黄色先輩 後数日してされた。 をわかりやすくかみ砕き、のな書体で書き込まれたこのは、 後一年以上たつでも、絶えることなくによってされ続けている。 以下がその。 (0:02) でもに方法のだ。 (0:07) もっとを抜いて楽になるんだ。 (0:07) 苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。 (0:12) この世はしいモンだ、 (0:) 痛みも悲しみも最初からっぽなのさ。 (0:) この世は変わり行くモンだ。 (0:) 苦を楽に変える事だって出来る。 (0:) 汚れることもありゃ背負い込む事だってある。 (0:) だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。 (0:24) この世がどれだけいい加減か分ったか? (0:) 苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。 (0:) 見えてるものにこだわるな。 (0:) 聞こえるものにしがみつくな。 (0:) 味や香りなんてだろ? (0:38) 何のアテにもなりゃしない。 (0:38) 揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。 (0:42) それが『』ってやつさ。 (0:42) 生きてりゃ色々あるさ。 (0:42) モノを見ないようにするのは難しい。 (0:42) でも、そんなもんその場に置いていけよ。 (0:42) 先の事はにも見えねぇ。 (0:) 理して照らそうとしなくていいのさ。 (0:) 見えない事を愉しめばいいだろ。 (0:46) それが生きてる実感ってヤツなんだよ。 (0:46) 正しくのは確かに難しいかもな。 (0:) でも、明るくのはにだって出来るんだよ。 (0:) としてコツがあるんだ、苦しんで必要なんてねえよ。 (0:) 愉しんでになれよ。 (0:) 全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな (0:) 適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。 (1:00) 勘違いするなよ。 (1:05) 非情になれって言ってるんじゃねえ。 (1:05) 夢や想や慈悲の心を忘れるな、 (1:08) それができりゃはどこにだってある。 (1:08) 生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。 (1:10) 心の余裕を持てばでもになれるんだぜ。 (1:13) このを覚えとけ。 短い言葉だ。 (1:16) 意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。 (1:18) 苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。 (1:18) もも全て認めちまえば苦しみはくなる、そういうモンなのさ。 (1:) 今までの前置きは全部忘れても良いぜ。 (1:24) でも、これだけは覚えとけ。 (1:26) 気が向いたらいてみろ。 (1:26) 心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。 (1:26) いいか、かっぽじってよく聞けよ? (1:29) 『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては処にあり、全てを越えたものなり。 』 (1:) 『はその時うだろう。 全てはこの言に成就する。 』 (1:) 心配すんな。 (1:) クワガタPのマイリスト 関連項目•

次の

般若心経

般若心経歌詞

読経にはどのような意味が込められているのですか? お経をあげることには、二つの意味があります。 ひとつは、亡くなった方へのご供養です。 では、供養とは何でしょうか。 仏教では輪廻転生の思想の元、亡くなられた方が再び生まれ変わると考えます。 亡くなって輪廻されたばかりの人は幼い子供と同じです。 そのため、その魂にたくさんの栄養を送る必要があります。 これを、栄養を供えると書いて「供養」と呼ぶのです。 お経をあげることで、魂に栄養をお供えする、これが読経の一つ目の意味になります。 もう一つの意味は、生きている人を励まし、教え導くためです。 お釈迦様からの教えを僧侶が代弁し、列席者の人たちに伝えるため、ということになります。 般若心経の教えとは 般若心経とは仏教のうち、大乗仏教の 「空」、 「般若」の思想を説いた経典です。 「空」とは、すべての存在は因縁によって生じたものであり、実体のないものであるとする思想のこと、また般若とはいわゆる「悟り」のことを指します。 その昔、玄奘三蔵、つまり三蔵法師がインドから持ち帰った経典が般若波羅蜜多経です。 サンスクリット語を漢語に訳し、600巻ほどにまとめられています。 この般若波羅蜜多経の中から、さらに大乗仏教の神髄というべき部分を抜粋し、わずか300字ほどにまとめあげたものが般若心経です。 般若心経はものごとや思想にとらわれて苦しむことのないよう説くもので、仏教の宗派の多くはもちろん、仏教を離れた場でも読まれることがあります。 江戸時代には文字の読めない人のために「絵般若心経」という、内容を絵で表現したものが作られたほど、人々に親しまれてきたお経です。 現代でもさまざまな解説本が出版されるなど、その教えは絶えることなく受け継がれ、人々の心に感動と癒しを与え続けています。 般若心経の意味を流れに基づいて解説 般若心経は300字ほどと、短くシンプルにまとめられているため、一般の人でも覚えやすいお経となっています。 しかし、ただ唱えるのではせっかくの教えが身に入りません。 それはなんとももったいないことです。 般若心経の意味を知っていただけるよう、その流れに沿って解説していきます。 以下が般若心経の全文です。 観自在菩薩行深般若波羅蜜多 時照見五蘊皆空度一切苦厄 舎利子色不異空空不異色 色即是空空即是色受想行識亦復如是 舎利子是諸法空想 不生不滅不垢不浄不増不減 是故空中無色無受想行識 無限耳鼻舌身意無色声香味触法 無限界乃至無意識界無無明亦 無無明尽乃至無老死亦無老死尽 無苦集滅道無知亦無得 以無所得故菩提薩垂依般若波羅蜜多 故心無圭礙無圭礙故 無有恐怖遠離一切転倒夢想究境涅槃 三世諸仏依般若波羅蜜多 故得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪是無上呪是無等等呪 能除一切苦真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰羯帝羯帝波羅羯帝 波羅僧羯帝菩提僧莎訶 般若心経 まず、1行目は観自在菩薩、つまり観音菩薩が悟りを求めて修行される中で、五蘊(この世を構成するあらゆること)は空であると悟られた、と書かれています。 2行目、3行目の頭にある「舎利子」とは古い弟子のシャーリプトラのことで、彼に向って呼び掛けているわけです。 その内容は、2行目が「シャーリプトラよ、この世のあらゆるものには実体がない(空)。 それは人の肉体や感覚でも同じことである。 」 3行目が「シャーリプトラよ、実体がないのだから、生まれもしないし、消えることもない。 汚れることもないし、清らかでもない。 増えることも、減ることもない」というものになります。 4行目から8行目は、空の思想についての解説です。 3行目から引き続いて、シャーリプトラへ呼びかけています。 「ほんとうには、人の体や心が感じることや、考えることはすべて存在しないのだ。 それらを知らないことから起こる、悩み苦しみも存在しない。 しかし、老いも死も避けることはできず、悩み苦しみは尽きることがない。 それらをすべて解決などできないし、その方法を知ることもできない。 そこで、すべてのことにこだわりを持たず、欲望から離れることでこそ、悟りを得て涅槃へと至ることができるのだ。 」 9行目から11行目は、その悟りを得るための真言についての解説です。 「偉大な真言が、悟りへと導いてくれる。 その真言は次のようなものである。 」 そして、12行目、いよいよここが「 ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてー」のところです。 「羯帝羯帝波羅羯帝波羅僧羯諦菩提薩婆訶( 往き往き、彼岸に往けるもの、その者こそ悟りである。 幸あれかし。 )」 以上が、般若心経の意味になります。 内容は現代語によって変わる場合も 現在、般若心経は書籍やウェブサイトなど、さまざまな形で触れることができます。 しかし、そのどれもが同じ言葉ではありません。 元はサンスクリット語であったものを漢語に訳し、さらにそれを現代語に訳しているためです。 また、解釈も人によって多少異なります。 そのため、それぞれで意味が異なるように感じられる場合もありますが、言わんとしていることは同じです。 まずは親しみやすい現代語訳で、般若心経に触れてみてください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

般若心経

般若心経歌詞

2011年ごろネット上で話題になった「般若心経の現代語訳(別名=般若心経ロック)」というものをご存知でしょうか。 あまりにも軽くロックな言葉で般若心経を紹介する現代語訳。 読みやすさからか、また話題になっているようです。 般若心経ってなに? 般若心経とは、中国のお坊さん玄奘(げんじょう)が『大般若波羅蜜多経』という全600巻、文字総数600万という、あまりにも膨大な文章を276文字にまとめたお経のことです。 日本人なら一度は耳にしたことがあるお経ですが、その意味を理解している人はあまりいませんよね。 悟りを開くための教えがこの276文字に凝縮されているそうなのですが…。 漢字だらけで何を言っているのか全くわかりません。 佛説摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子 色不異空空不異色 色即是空空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 不生不滅不垢不浄 不増不減 是故空中 無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩垂 依般若波羅蜜多故 心無罫礙 無罫礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知 般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 故説 般若波羅蜜多呪 即説呪曰 羯諦羯諦波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 読めない漢字もちらほら。 ありがたい教えのはずなのに、なんだか勿体ないですね。 このお経をロックな感じで現代語訳するとどうなると思いますか?.

次の