バンジョー カズーイ。 スマブラSPのバンジョー&カズーイの対策を究める。

バンジョーとカズーイの大冒険

バンジョー カズーイ

の 技 の技 備考 、くちばし、くちばし、、お、くちばし、ー 威が低く、隙が多い。 加えて停止・状態でしか使えないため、使い勝手が非常に悪い。 次回作では止。 玉をに変えられる。 ロー 一の実用的な技だが、攻撃はに劣る。 悲しいことにこれとの2つしか攻撃技がない。 木登り 飛行 重な。 使用箇所は意外と多い。 歩行 はの欠点(鈍足、坂に登れない、氷で滑る)を全て補う万技。 ただし細い通路はの方が安全に進める。 がえり、はばたき、 のほうがより高く遠くまで跳べるほか、はばたいて落下の衝撃を抑えることも可。 マンボで - 時は常にを操作。 - 、飛行 は台が使えない。 、お はが使えない。 飛行、くちばし、ー はハネが使えない。 あしながぐつ、ターボシューズ は靴が履けない。 めて見るとやはり、は ほとんど何もしていないのではないか?という疑問が生まれてくる。 特に序盤で習う『 』があまりにも万なため、はまずで歩行しなくなる。 これ以降の彼は ピースを手に入れる度にを踊るだけの存在といっても過言ではない。 もはやのにくっついたである。 ただでさえが少ないのに消費を一切使うことが出来ないという待遇にはのすら感じる。 しかし彼もしたたかなようで、を習う際、何を思ったのか 「がやってくれるとたすかるんだけどなぁ。 は、もうクタクタなんだ。 」と発言した もちろんは技。 のもが色々とを入れたくなったに違いないである。 次回作でのバンジョーの扱い 『 』では、2人 2匹? が別々に行動する『 セパレート』というによって固有技が格段に増えた。 ただしの固有技も増えているほか、相変わらずは台や靴、消費を使えないため、状況はほとんど変わっていない。 それどころか ピースを手に入れる際のが変更されたため、を踊ることすらできなくなった。 特筆すべきは単独での固有技『 ぐるりん』をはじめとしたを使用しただが、これはむしろ『 との大冒険』でいいのではないかと思わせてしまうから不思議である。 しかしそれでも頑るのはの心に強く残ったことだろう。 ナハ! 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

バンジョーとカズーイの大冒険

バンジョー カズーイ

ファイター性能 クマのバンジョーとメス鳥のカズーイが協力しあって戦うデコボココンビ。 原作同様、操作のメインとなるのはバンジョーだが、ダッシュや空中ジャンプ時、一部通常攻撃・必殺ワザではカズーイが手助けをする。 二人組ではあるものの基本的にカズーイにはがない。 のナナのようなオプション扱いではないので被弾を気にせず動くことができる。 基本性能として2回空中ジャンプが可能である。 また、前述の通りカズーイには喰らい判定が存在しないため、カズーイによる攻撃は剣士系ファイターの剣攻撃のようにを持つことが特徴。 それらは攻撃範囲やリーチにも優れる傾向があり、素手のファイターではあるものの通常攻撃の判定はいずれも優秀。 それでいて前空中攻撃やスマッシュ攻撃などには十分な決定力があり、正統派のパワー系ファイターとしての側面も持ち合わせる。 必殺ワザも多彩なかつ強力なワザが揃う。 長く判定の残る「」や「」を使って弾幕を張ることができるため、中遠距離の牽制はお手の物。 また「おケツタマゴ」は投擲アイテムとしても利用できるため、使いこなせば動きの幅も広がる。 これらのは重力の影響を受けるため崖の上から放つことで安全にを狙うこともでき、崖際のセットプレイにおいても大いに役立つ。 突進ワザの「」は突進を出してしまえば終わり際まで長いと強力な攻撃判定が付与される。 1ストックごとに使用回数の制限があるものの、それを補ってあまりある屈指の強力な突進攻撃と化しており、無敵を利用して飛び道具をかき消しつつ差し込んだり、威力の強大さを生かして荒らしたりすることができる。 「」はの「」のように上昇後に様々な行動でキャンセルすることができる。 このため多段ジャンプと合わせて縦のはなかなか。 相応のテクニックは要するものの、「おケツタマゴ」による自爆と組み合わせて行動をキャンセルすればさらに移動距離を伸ばすこともできる。 このように様々な用途に使えるワザがバランス良く揃っており、立ち回りの対応力が高く器用なファイターである一方、弱点も非常にわかりやすい。 まず立ち回りの要である飛び道具は弾速が遅い。 また威力が低かったりキャッチが可能なので、上手く攻撃を合わせることで判定を相殺されたり、逆に投擲アイテムとして利用される恐れがある。 より威力の高い飛び道具をあわせられると一方的にかき消されるため、遠距離戦ではそのリスクにも注意が必要である。 攻撃判定も優秀とは言えあくまで素手のファイターとして見た場合の話。 剣士系など正統派の中近距離の牽制能力に長けたファイターと戦うとなるとさすがにリーチ差が如実に響いてくる。 ワザの隙が全般的にやや大振りで連携向きではなく、コンボによるダメージ蓄積性能も乏しい点もダメージレースでは不利な要素である。 多段ジャンプを持つもののが早い上にがワーストクラスに遅い点もネック。 空中ジャンプの上昇量も低いので空中挙動の自由度に反して空中戦はさほど得意とは言えない。 なにより復帰時の移動ルートが予測されやすく、復帰ワザはバンジョー自身には攻撃判定が存在しないため、復帰阻止耐性が乏しいことは防御面の最大の弱点と言える。 撃墜面に関しても復帰阻止が通りづらい相手にはスマッシュ攻撃や使用回数に制限のあるワンダーウイングなどの大技に頼る必要がある。 相手を埋める効果のある下投げも存在するが埋め時間が短く、下投げからのコンボを確定させるまでには他の埋めワザに比べかなり多めのダメージ蓄積を要する。 これらの特徴ゆえ警戒されると粘られやすく、撃墜性能はあまり優秀とは言い難い。 総評としては立ち回りは優秀でやれることは非常に多いものの、防御面・撃墜面に難があり、ともすると器用貧乏にもなりかねない性能と評せる。 堅実な立ち回りを見せつつ、要所で大技を通していく豪胆さが求められるファイターだが、上手く使いこなせば独自の動きで相手を翻弄できるだろう。 長所と短所• 2回まで使用可能な空中ジャンプと、使用後もにならない「ショックジャンプ」を持つ。 現状で多段ジャンプと使用後の行動制限のない上必殺ワザを兼ね合わせるファイターは他におらず、独自の動きができる。 カズーイによる攻撃にはが存在しない。 それらを使った攻撃はリーチや攻撃範囲に優れる傾向があり、判定のかち合いにも強い。 攻撃判定の持続に優れたワザを多く持つため、ワザによる牽制が強い。 スマッシュ攻撃の性能がいずれも高水準。 威力が高く隙の少ないや、出が早めで強固な攻撃判定を持つなどが揃い使いやすい。 攻撃判定が長く残るので弾幕を張ることができる。 また「おケツタマゴ」は投擲アイテムにもなるので運用の幅が広い。 や崖際のセットプレイにも利用できる。 上手く使えればの低いファイター相手にアドバンテージが取れる。 強力な突進ワザ(「ワンダーウイング」)を持つ。 攻撃判定の発生と同時に長いが付与されるため攻撃判定のかち合いには絶対に負けない。 突進の終わり際まで攻撃判定が残る上に威力も非常に高い撃墜ワザ。 回数制限付きとは言え破格の性能。 横移動を補う貴重なにもなるため、用途は広い。 投げの性能が優秀。 純粋に威力の高い後投げや、相手を追撃ないし読み合いの狙える下投げなどが揃う。 空中機動力が劣悪。 空中移動速度が遅いうえにが早く、空中ジャンプの上昇量も低い。 滞空時間が短いため、多段ジャンプを持つ割には空中戦の自由度が高くない。 空中横移動性能が乏しいため、復帰ルートがやや読まれやすい。 上必殺ワザには本体に攻撃判定がないため、復帰阻止耐性が乏しい。 空中でのに向いたワザを持たない。 空中機動力の乏しさも相まってコンボ耐性が低い。 全般的にワザがやや大振り。 空振り・ガード時は隙を突かれやすく、連携向きの隙の少ないワザが少ないのでコンボによるダメージ蓄積性能も乏しい。 横必殺ワザは強力だが1ストック5回まで の使用制限がある。 使い切ると復帰力・撃墜力とも大きく弱体化するため、使い所を考える必要がある。 撃墜手段が不安定。 スマッシュ攻撃や横必殺ワザなどの大技に頼るか、投げからの撃墜も接近してつかみを通す必要があるため、撃墜には相応のリスクを要する。 飛び道具の弾速が遅く威力が乏しい。 攻撃判定でかき消されたり、下必殺ワザを投擲アイテムとして逆利用されるリスクがあり、対策されやすい。 他にもから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。 更新履歴• 前投げ• 非公開アニメーションが何らかのかたちで変更された。 崖あがり行動• 非公開ジャンプ崖あがりのアニメーションが何らかのかたちで変更された。 その他• 非公開モデルが何らかのかたちで修正された。 弱攻撃3• 非公開モーションが何らかのかたちで変更された。 ワザ 「」を参照• 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。 アイテム無し1on1: 1. 空中攻撃:0. 85倍• 通常攻撃のワザ名は「」で判明している物と公式ので判明した物、及びそのワザの元とされる技名を引用した便宜上独自の名称を記載している。 ゲーム内と紹介動画で表記が異なる物についてはゲーム内の表記を優先して記載している。 上アピール バンジョーが両腕を上に伸ばす。 カズーイはリュックから出てあくび。 横アピール リュックから出てきたカズーイを見て一緒にアピール。 下アピール バンジョーが「ナハ! 」と2回おじぎ。 上アピール 横アピール 下アピール• カズーイが出てきてバンジョーの頭に手を置きながら辺りを見渡す。 カズーイが出てきてバンジョーを突っつく。 ふたり一緒に拍手を送る。 カズーイはと同じ配色。 カズーイはに色合いは異なるが青色の色変えがある。 カズーイはに紫色の色変えがある。 黄色 バンジョーはに黄色の色変えがある。 バンジョーはに青色の色変えがある。 紫 バンジョー、カズーイ共にを意識した配色。 バンジョーのズボンがストライプ柄なのは、グランチルダのマフラーと同じ。 オススメスキル この節の加筆が望まれています。 その理由か、ボスもマスター、クレイジー両方が低ホンキ度でも登場し、難易度が高め。 ROUND6を除き、各ラウンドは『バンジョーとカズーイの大冒険』の舞台をイメージした対戦ステージが選出されている。 『ブレスオブザワイルド』のリンクは『神々のトライフォース』のゼルダと特に面識が無いことから、ROUND4のリンクは過去作のイメージに近い2Pカラー(息吹の勇者服)で登場する。 ROUND6の対戦相手はレア社繋がりでの選出。 "ジャングルガーデン"の出典である『ドンキーコング64』もレア社開発のソフトである。 BGMは唯一『バンジョーとカズーイの大冒険』シリーズではない楽曲が選出されているが、こちらもレア社開発のソフト『スーパードンキーコング』のタイトルBGMのアレンジ。 組み手 スピリッツバトル出現データ一覧 お供として No. 名前 ランク 1,338 HOPE 公式スクリーンショット•

次の

バンジョー&カズーイ (SP)

バンジョー カズーイ

ファイター性能 クマのバンジョーとメス鳥のカズーイが協力しあって戦うデコボココンビ。 原作同様、操作のメインとなるのはバンジョーだが、ダッシュや空中ジャンプ時、一部通常攻撃・必殺ワザではカズーイが手助けをする。 二人組ではあるものの基本的にカズーイにはがない。 のナナのようなオプション扱いではないので被弾を気にせず動くことができる。 基本性能として2回空中ジャンプが可能である。 また、前述の通りカズーイには喰らい判定が存在しないため、カズーイによる攻撃は剣士系ファイターの剣攻撃のようにを持つことが特徴。 それらは攻撃範囲やリーチにも優れる傾向があり、素手のファイターではあるものの通常攻撃の判定はいずれも優秀。 それでいて前空中攻撃やスマッシュ攻撃などには十分な決定力があり、正統派のパワー系ファイターとしての側面も持ち合わせる。 必殺ワザも多彩なかつ強力なワザが揃う。 長く判定の残る「」や「」を使って弾幕を張ることができるため、中遠距離の牽制はお手の物。 また「おケツタマゴ」は投擲アイテムとしても利用できるため、使いこなせば動きの幅も広がる。 これらのは重力の影響を受けるため崖の上から放つことで安全にを狙うこともでき、崖際のセットプレイにおいても大いに役立つ。 突進ワザの「」は突進を出してしまえば終わり際まで長いと強力な攻撃判定が付与される。 1ストックごとに使用回数の制限があるものの、それを補ってあまりある屈指の強力な突進攻撃と化しており、無敵を利用して飛び道具をかき消しつつ差し込んだり、威力の強大さを生かして荒らしたりすることができる。 「」はの「」のように上昇後に様々な行動でキャンセルすることができる。 このため多段ジャンプと合わせて縦のはなかなか。 相応のテクニックは要するものの、「おケツタマゴ」による自爆と組み合わせて行動をキャンセルすればさらに移動距離を伸ばすこともできる。 このように様々な用途に使えるワザがバランス良く揃っており、立ち回りの対応力が高く器用なファイターである一方、弱点も非常にわかりやすい。 まず立ち回りの要である飛び道具は弾速が遅い。 また威力が低かったりキャッチが可能なので、上手く攻撃を合わせることで判定を相殺されたり、逆に投擲アイテムとして利用される恐れがある。 より威力の高い飛び道具をあわせられると一方的にかき消されるため、遠距離戦ではそのリスクにも注意が必要である。 攻撃判定も優秀とは言えあくまで素手のファイターとして見た場合の話。 剣士系など正統派の中近距離の牽制能力に長けたファイターと戦うとなるとさすがにリーチ差が如実に響いてくる。 ワザの隙が全般的にやや大振りで連携向きではなく、コンボによるダメージ蓄積性能も乏しい点もダメージレースでは不利な要素である。 多段ジャンプを持つもののが早い上にがワーストクラスに遅い点もネック。 空中ジャンプの上昇量も低いので空中挙動の自由度に反して空中戦はさほど得意とは言えない。 なにより復帰時の移動ルートが予測されやすく、復帰ワザはバンジョー自身には攻撃判定が存在しないため、復帰阻止耐性が乏しいことは防御面の最大の弱点と言える。 撃墜面に関しても復帰阻止が通りづらい相手にはスマッシュ攻撃や使用回数に制限のあるワンダーウイングなどの大技に頼る必要がある。 相手を埋める効果のある下投げも存在するが埋め時間が短く、下投げからのコンボを確定させるまでには他の埋めワザに比べかなり多めのダメージ蓄積を要する。 これらの特徴ゆえ警戒されると粘られやすく、撃墜性能はあまり優秀とは言い難い。 総評としては立ち回りは優秀でやれることは非常に多いものの、防御面・撃墜面に難があり、ともすると器用貧乏にもなりかねない性能と評せる。 堅実な立ち回りを見せつつ、要所で大技を通していく豪胆さが求められるファイターだが、上手く使いこなせば独自の動きで相手を翻弄できるだろう。 長所と短所• 2回まで使用可能な空中ジャンプと、使用後もにならない「ショックジャンプ」を持つ。 現状で多段ジャンプと使用後の行動制限のない上必殺ワザを兼ね合わせるファイターは他におらず、独自の動きができる。 カズーイによる攻撃にはが存在しない。 それらを使った攻撃はリーチや攻撃範囲に優れる傾向があり、判定のかち合いにも強い。 攻撃判定の持続に優れたワザを多く持つため、ワザによる牽制が強い。 スマッシュ攻撃の性能がいずれも高水準。 威力が高く隙の少ないや、出が早めで強固な攻撃判定を持つなどが揃い使いやすい。 攻撃判定が長く残るので弾幕を張ることができる。 また「おケツタマゴ」は投擲アイテムにもなるので運用の幅が広い。 や崖際のセットプレイにも利用できる。 上手く使えればの低いファイター相手にアドバンテージが取れる。 強力な突進ワザ(「ワンダーウイング」)を持つ。 攻撃判定の発生と同時に長いが付与されるため攻撃判定のかち合いには絶対に負けない。 突進の終わり際まで攻撃判定が残る上に威力も非常に高い撃墜ワザ。 回数制限付きとは言え破格の性能。 横移動を補う貴重なにもなるため、用途は広い。 投げの性能が優秀。 純粋に威力の高い後投げや、相手を追撃ないし読み合いの狙える下投げなどが揃う。 空中機動力が劣悪。 空中移動速度が遅いうえにが早く、空中ジャンプの上昇量も低い。 滞空時間が短いため、多段ジャンプを持つ割には空中戦の自由度が高くない。 空中横移動性能が乏しいため、復帰ルートがやや読まれやすい。 上必殺ワザには本体に攻撃判定がないため、復帰阻止耐性が乏しい。 空中でのに向いたワザを持たない。 空中機動力の乏しさも相まってコンボ耐性が低い。 全般的にワザがやや大振り。 空振り・ガード時は隙を突かれやすく、連携向きの隙の少ないワザが少ないのでコンボによるダメージ蓄積性能も乏しい。 横必殺ワザは強力だが1ストック5回まで の使用制限がある。 使い切ると復帰力・撃墜力とも大きく弱体化するため、使い所を考える必要がある。 撃墜手段が不安定。 スマッシュ攻撃や横必殺ワザなどの大技に頼るか、投げからの撃墜も接近してつかみを通す必要があるため、撃墜には相応のリスクを要する。 飛び道具の弾速が遅く威力が乏しい。 攻撃判定でかき消されたり、下必殺ワザを投擲アイテムとして逆利用されるリスクがあり、対策されやすい。 他にもから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。 更新履歴• 前投げ• 非公開アニメーションが何らかのかたちで変更された。 崖あがり行動• 非公開ジャンプ崖あがりのアニメーションが何らかのかたちで変更された。 その他• 非公開モデルが何らかのかたちで修正された。 弱攻撃3• 非公開モーションが何らかのかたちで変更された。 ワザ 「」を参照• 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。 アイテム無し1on1: 1. 空中攻撃:0. 85倍• 通常攻撃のワザ名は「」で判明している物と公式ので判明した物、及びそのワザの元とされる技名を引用した便宜上独自の名称を記載している。 ゲーム内と紹介動画で表記が異なる物についてはゲーム内の表記を優先して記載している。 上アピール バンジョーが両腕を上に伸ばす。 カズーイはリュックから出てあくび。 横アピール リュックから出てきたカズーイを見て一緒にアピール。 下アピール バンジョーが「ナハ! 」と2回おじぎ。 上アピール 横アピール 下アピール• カズーイが出てきてバンジョーの頭に手を置きながら辺りを見渡す。 カズーイが出てきてバンジョーを突っつく。 ふたり一緒に拍手を送る。 カズーイはと同じ配色。 カズーイはに色合いは異なるが青色の色変えがある。 カズーイはに紫色の色変えがある。 黄色 バンジョーはに黄色の色変えがある。 バンジョーはに青色の色変えがある。 紫 バンジョー、カズーイ共にを意識した配色。 バンジョーのズボンがストライプ柄なのは、グランチルダのマフラーと同じ。 オススメスキル この節の加筆が望まれています。 その理由か、ボスもマスター、クレイジー両方が低ホンキ度でも登場し、難易度が高め。 ROUND6を除き、各ラウンドは『バンジョーとカズーイの大冒険』の舞台をイメージした対戦ステージが選出されている。 『ブレスオブザワイルド』のリンクは『神々のトライフォース』のゼルダと特に面識が無いことから、ROUND4のリンクは過去作のイメージに近い2Pカラー(息吹の勇者服)で登場する。 ROUND6の対戦相手はレア社繋がりでの選出。 "ジャングルガーデン"の出典である『ドンキーコング64』もレア社開発のソフトである。 BGMは唯一『バンジョーとカズーイの大冒険』シリーズではない楽曲が選出されているが、こちらもレア社開発のソフト『スーパードンキーコング』のタイトルBGMのアレンジ。 組み手 スピリッツバトル出現データ一覧 お供として No. 名前 ランク 1,338 HOPE 公式スクリーンショット•

次の