コロナ 離婚 したい。 【離婚したい】コロナ離婚・在宅勤務の旦那を我慢する主婦たち

コロナ離婚 構造は熟年離婚と酷似…「もう息が詰まる!」は法的に認められるのか 平松まゆき弁護士に聞く(まいどなニュース)

コロナ 離婚 したい

感染は免れたとしても、生活の変化が全くなかったという人はいないだろう。 マスクの息苦しさや慣れないテレワークに加え、2か月近く続いた「家ごもり生活」によって夫婦関係に大きくヒビが入った家庭も多い。 「自粛要請に伴う自宅勤務や子供たちの休校による育児の負担の増加など、どの家庭も多かれ少なかれコロナの影響を受け、生活スタイルが変化しました。 それによって、平常時には見過ごしていた配偶者の一面に気がつき、離婚に踏み切ろうとするケースが後を絶ちません。 露木さんが相談を受けた「3つの実例」を紹介しよう。 【ケース1】休校中の子供への態度で分かった夫のモラハラ気質 夫:地方銀行に勤める会社員・康宏さん(仮名・42才)、妻:専業主婦・優子さん(仮名・36才) 「結婚10年目の夫婦の事例です。 8才になる息子さんの小学校は3月中旬から休校中。 塾や習い事も休みになってしまい、暇を持て余していたそうです。 ちょうど康宏さんの会社も3月下旬から在宅勤務に切り替わることになったので、優子さんは康宏さんに『勉強を教えてあげて欲しい』と頼んだのです。 ところが康宏さんは『小学校のテストなんて誰でも満点を取れるだろ? 俺の手を煩わせるな!』と一蹴。 俺は忙しいんだ、とばかりにパソコンに向かって子供の面倒なんて見ようともしなかったそうです」 これだけならまだしも、夫の暴力的な言動はさらに続く。 「在宅勤務が始まって1か月近く経った4月中旬、息子さんが所属するボーイスカウトが、広い運動公園で、間隔をとりながらジョギングする企画を立てたんです。 しかし、話を聞いた康宏さんは大激怒。 『だいたい感染しても症状が出ない奴だっているんだぞ? 特に子どもがそうだ! うちにウイルスを持って帰ってくるつもりか!?』と言い放ったといいます。 息子さんは、普段、見ることのなかった父親の言動に大きなショックを受け、家のなかでなるべく夫と顔を合わせないよう、逃げ回るようになりました。 優子さんはそんな夫の姿を見て、離婚の意思を固めたといいいます」 露木さんは「夫婦間で意見が食い違ったときに話し合いができるかは重大なチェックポイントです」と主張する。 「この事例では、夫は妻や子供の話を聞こうとせず、自分の気持ちや行動を優先させようとしている。 コロナ発生から現在まで物資の不足、外出の自粛など、様々な問題が起こりました。 その際、夫婦で意見を言い合い、結論を出すことができたのなら良いですが、話が通じず、相手が何を考えているか分からなければコロナが終息したあとも夫婦の関係は悪化の一途を辿るのは明白です」 【ケース2】介護職の夫が感染リスク無視で別居先を訪れ… 夫:介護施設職員・茂樹さん(仮名・40才)、妻:専業主婦・友恵さん(仮名・42才) もともと別居していた夫婦が、コロナによって離婚決断に至ったケースだ。 「激務の介護職だった茂樹さんを友恵は支えるべく、どんなに帰りが遅くなっても、暖かいご飯を用意して待っていたところ、『そうやってお前がずっと待っているかと思うと(気分が)重い。 負担になって仕事に集中できない』と言い渡され、夫婦仲に亀裂が。 友恵さんは子供をつれて実家へ戻り、目下別居中でした」 その最中、発生したのがコロナ騒ぎだった。 ひとりになって急に家族のありがたみが分かったのか2月下旬、友恵さんの実家を茂樹さんが訪ねてきたという。 「カップラーメン24個が入った段ボールとトイレットペーパー3袋、そしてマスク30枚を手にした茂樹さんが『いろいろ大変だろ? 買えるだけ買ってきたから!』とインターフォン越しに訴えてきたそうです。 自宅にこんなに大量の品があるはずなく、ドラッグストアをまわって買い占めたのは明らかでした。 友恵さんはドン引きしながらも『ありがとう、だけど他にも困っている人がいるのに、私たちだけ受け取れないわ』と品物は辞退したのですが、茂樹さんは『なんだよ。 「妻子の心配より『あわよくば物資で気を引いて、連れ戻して一緒に暮らしたい!』という自分の希望を優先した結果の行動だったことが、友恵さんの気持ちを冷めさせたようです。 彼女は『旦那といると息子まで自己中心的な人間になりそうで怖い』と3月下旬に家庭裁判所から離婚調停の書類を取り寄せたと聞いています」 このケースから分かるのは、危機的状況に陥ったときに配偶者の本性が出る、ということ。 「危機的な状況に陥ると、化けの皮がはがれ、本性が丸出しになるものです。 例えば、物資の買い占め、自粛の無視、偽情報の入手など配偶者の醜い部分を目の当りにした場合、それでも信用できるでしょうか」 【ケース3】夫はコロナで禁煙を約束してくれたはずだったが… 夫:住宅メーカーの営業・雄介さん(仮名・52才)、妻:専業主婦・貴子さん(仮名・44才) コロナウイルスの感染者のうち、致死率が高いのは喫煙者という報道も出ている。 貴子さんがそんなニュースをネットで見たのは4月上旬。 「奇しくも志村けんさん逝去の報が駆け巡ったのと同時期なのでショックを受けた人も多いでしょうが、貴子さんもそのひとり。 雄介さんは1日、2~3箱も消費するヘビースモーカー。 雄介さんも『ああ、わかったよ。 こんなご時世だからな』と二つ返事で承諾してくれたのですが……」 それから3日後。 貴子さんが帰宅すると部屋中に煙草の煙が充満していたそう。 「『禁煙するって約束だったでしょ!』と貴子さんが詰め寄ると、雄介さんは『お前の前で吸わなきゃいいんだろ? 俺はうつらないから関係ない!』と反論。 感染による危険より喫煙による快楽を取るような相手に何を話しても無駄……。 貴子さんは説得するのをあきらめ、3台の空気清浄機を購入し、各部屋に設置したのですが、コロナウイルスへの対応をめぐって夫婦間の溝が明るみに出た格好です。 貴子さんは、『もうこれ以上、この人と一緒にいても邪魔なだけ。 定額給付金の10万円も趣味のパチンコに使われてしまいそうだし、コロナが落ち着いたら家を出ようって思っています!』と語っています」 露木さんはこの事例のように、いまの状況で「配偶者を足手まといだ」と感じるならば離婚という選択をしても良いのではないか、と指摘する。 「コロナ危機の長期化に伴って、休校の有無による子どもの学力格差、自粛対象の有無による業種間の経済格差、マスク調達の有無で生じる感染リスク格差など、これまでは想像だにしなかった問題が次々と発生しています。 「新型コロナウイルスにはワクチンや特効薬もまだ開発されておらず、思わぬ形で命を落とす可能性は誰にだってあります。 そこが大きな判断ポイントになると思います」.

次の

コロナ離婚・破局するカップルに足りないものがこちら

コロナ 離婚 したい

コロナ離婚についてネットの反応は? コロナが夫婦をアカンようにするのではなくその夫婦が元々アカンということをコロナが暴いただけではないか。 — 山城裕司 yuji yamashiro yuz1n なにが じゃ。 お互いに余裕なくして思いやりの心を失っただけだろ。 責任転嫁すんな。 なんでも夫がずっと家にいることで、夫婦のストレスがたまって衝突するらしい。 情けない…… こんな時こそ、家族が助け合わないといけないのに。 むしろ今が夫婦の絆、家族の絆を確かめ合うときだろうに。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 旦那が家に居るからイライラして離婚、ではないと思うの コロナに対する危機感の違いに苛立つんだと思う まあ少なくとも私は今そこにイラついてる — んぱる 早バレ対策で低浮上 nparunokakera コロナ騒動で家にいるからDVが増えてるとか言われてるけど、 その程度のストレスで家族に手をあげたり暴言を吐くようなやつは、定年後に隠居生活になったらどうせ手に負えないだろうから、 今のうちに本性が分かって良かったじゃん。 とっとと離婚しよう。 より相手に対する感謝が強くなり愛情深くなりました。 今週から夫婦共に となった我が家では、2人で昼ご飯の支度をして話す時間が増えました。 そんなプラスの発信もしていきたいと思います。

次の

今すぐ始めたい!「コロナ離婚」を回避するためにできること

コロナ 離婚 したい

#コロナ離婚「私の敵はコロナであり旦那でした」 4月7日に発令された緊急事態宣言から一週間ほどが経った。 STAY HOMEを合言葉に外出自粛や在宅勤務によって、夫婦ともに過ごす時間が増えている。 そして今、1日中家にいて、家事も手伝わない夫に妻たちのストレスが限界を迎えていた。 SNS上ではストレスを抱えた妻たちの不満が爆発。 #コロナ離婚という投稿が日に日に増えている。 Twitterより: 夫に「掃除して」と頼んだら「掃除せなあかんなら家出るわ」と言われた。 出ていくがいい Twitterより: 私の敵はコロナであり旦那でした… 妻のストレスの原因は「家事をしない夫」 夫婦問題に詳しい専門家は… 夫婦問題研究科・岡野あつこ氏: 同じ屋根の下に、朝から晩まで夫婦がいることで、お互いのストレスがぶつかり合って、ケンカになったり、モラハラ、暴力となって離婚に続くことが徐々に起きている。 外出自粛でたまる妻のストレスの理由の1つに、 「家事に協力しない夫」がある。 実際に、夫がテレワーク中だというかおりさん(仮名)。 かおりさん(仮名): 部屋にいる時とかずっと座ったままで、テレビ見ているだけで何も動かない。 近くのリモコンでも何でもすぐに取ってとか、お茶入れてとか、全て用事を頼まれる。 一緒にいる時間が増えたので、 一緒にいること自体が苦痛になっている。 家事に追われる妻を横目に、何もしない夫に対し不満を抱えていた。 妻だけではない!夫にも言い訳がある 一方、夫側にも妻に対する不満があった。 結婚3年目の男性はこう話す。 博之さん(仮名): 家にいるので(家事を)手伝おうとするんですけど、 妻には妻のやり方があるので、そのやり方に沿わないということで怒られたりっていうのはよくあります。 食事以外で基本的にはほとんど顔を合わせていないです。 コロナがなければ、ここまで急速に(夫婦関係が)悪化することはなかった。 良かれと家事を手伝うつもりが、かえって妻の機嫌を損ねる結果となる。 外出自粛で生じる夫婦間の溝を埋めるために大切なことは、お互いに対する理解やサポートだと専門家は言う。 夫婦問題研究科・岡野あつこ氏: 何をサポートして欲しい?という形で聞いてみる。 そして、向こうが答えたことをやってみる。 そのようなところから始めると、すごく夫婦関係が上手く行く。 「 1番に家族のことを考えて行動して欲しい」 外出自粛で溜まる妻のストレス、2つ目の理由が 「ヘルスリテラシーの違い」だ。 ヘルスリテラシーとは、健康や医療に関する情報を入手して活用するための能力のことである。 この違いによって起こることがある。 かおりさん(仮名): 家に帰ってから1番気になることが、手洗い・うがいをしない。 「俺はコロナにならない」とか「絶対にうつらない自信がある」とか。 やっぱり1番に家族のことを考えて行動して欲しい。 感染に対する危機意識が高い妻と、楽観的な夫。 このヘルスリテラシーの差が、価値観の違いとなり、精神的ストレスを生む原因になっている。 こうした夫への対処法に専門家は… 夫婦問題研究科・岡野あつこ氏: 「今コロナで大変なことになってるから、あなたになってもらったら困るのよ」という説明を加えて、家族の一員として夫も大事にしてあげるっていう気持ちであたれば、夫も受け入れてくれやすい。 「Live News it! 」4月15日放送分より.

次の