メガバンク 採用 人数。 3メガバンクが新卒採用を15%削減、余波はIT業界に意外な形で

【就活】何故メガバンクは大量採用なのか!?

メガバンク 採用 人数

全世界で約300社のグループ会社、約15万人の社員が働く日本最大の総合金融グループになります(2019年時点)。 全世界にグループ会社があることから、国内だけに留まらず、グローバル視点でベトナム、タイ、インドネシア、フィリピン、米国などと連携しビジネスを展開しています。 そこで、本記事では、三菱UFJ銀行の内定者実績を採用人数からまとめます。 本記事の構成• 三菱UFJ銀行の採用人数 ここでは、三菱UFJ銀行の過去3年間の採用人数を紹介します。 なお、2017年以降の情報が無かったため、 2015年から3年間のデータです。 採用人数 若手のうちから日本経済を活性化させる仕事、グローバルに働けるビジネスパーソンになるという軸で企業選びを行いました。 その中で、若手から現場に入り込める環境と、グローバル人材の輩出に力を入れているところを企業として選んだ。 その後、なぜ金融に携わりたいのか、どれほど興味があるのか見られている気がした。 面接においても「他の業界ではなくあえて金融なの?」などと日頃から金融についての関心をもつことが重要かと思われる。 それぞれの面接およびGDについて、社員の人数および役職、面接を受ける学生の人数、面接会場、面接時間、質問内容、面接の雰囲気、面接の感想についてご記入ください。 面接がない場合は「なし」とお答えください。 1次面接:30歳前後の若手の行員の方で、とても和やか ・エントリーシートに書いてある学生時代に力を入れたことについての深堀り( ・エントリーシートに書いてある学生時代に力を入れたこと以外のエピソードについて ・なぜ金融、なぜ銀行、なぜメガバンクなのか ・サービスやコンサルは考えなかったのか ・説明会などでメガバンク3行を回ってみて、三菱UFJとみずほ・SMBCはどんなところが違うか ・どのような行員になりたいか、キャリアビジョンを教えて 2次面接:一次面接よりも少し年次が上がったが穏やか ・エントリーシートに書いてある学生時代に力を入れたことについての深堀り( ・リーダーシップを発揮した経験について ・みずほやSMBCではなくUFJを選んだ理由は 3次面接:一次・二次面接に比べるとかなり年次が上がる ・エントリーシートに書いてある学生時代に力を入れたこと以外のエピソードについて ・中学・高校時代はどんな学生だったか ・中学・高校の部活について ・自分の長所・短所 ・短所をこれからどのように克服していきたいか ・みずほやSMBCではなくUFJを選んだ理由は何か ・君が考えるUFJの一番の魅力とは何か ・どのような行員になりたいか、キャリアビジョンを教えて ・法人はとても辛いが頑張れるか。 またその根拠 最終面接:第一印象は怖いが、話し始めると優しい ・長所・短所を含めた自己紹介 ・ここだけは負けないという自分のセールスポイントを教えて ・みずほやSMBCと比べてUFJの何が良いと思うか ・UFJに入って何を成し遂げたいか ・全国転勤は大丈夫か ・内定を出したら就活を終えるか 本選考において評価されたと感じたポイントや選考において重視されていたと思う点についてお答えください。 (100文字以上) ・結論ファーストで端的に答えること。 ・頭の中で整理してから話すようにする。 ・聞かれそうな質問に対しては事前にどのように回答するか考えていく。 ・他の面接で詰められたと感じた質問は納得がいくまで準備していった 三菱UFJ銀行の合格者ES ここでは、三菱UFJ銀行の合格者ESを3つ紹介します。 三菱UFJ銀行の合格者ES一覧はから。 2020卒 オープン この合格者ESはから。 2020卒 総合職 この合格者ESはから。 2020卒 総合職 この合格者ESはから。 さいごに 本記事では、三菱UFJ銀行の内定者採用実績を紹介しました。 unistyleでは何度もお伝えしていますが、採用実績はあくまでも参考程度に留めておきましょう。 でも述べていますが、学歴は複数ある評価基準のうちの1つの基準でしかありません。 自らが志望する企業であれば、採用実績の有無に関わらず選考にぜひ挑戦してみてください。 三菱UFJ銀行の選考対策記事は以下の関連記事からお読み頂けます。 十分の対策をして選考に望みましょう。

次の

三菱東京UFJ銀行の新卒採用・採用人数・選考フローまとめ

メガバンク 採用 人数

本記事のコンテンツ ・ ・ ・ ・ 早慶の多くはメガバンクへの就職は楽勝だと思ってる 筆者は早慶出身なので、に書かれているような「メガバンクは採用人数も多いし滑り止め感覚」というのは少なからず共感できました。 私の周りでも「一応早慶だし三色のうちどっかしら引っかかるだろう」と考えている学生は非常に多いように感じました。 私も周囲の友人に「メガバンクに行きたいんだ」と相談した際は、「 早慶なのに メガバンク行くの?もったいないからとりあえず総合商社受けとけよ」と言われたことを今でも覚えています。 赤と緑は説明会への参加が重要?説明会も学歴で括られる! 16卒では3月1日の就職活動解禁日から説明会の予約が解禁され、上記の理由から多くの学生が「とりあえず」メガバンクの説明会やセミナーに参加したことと思います。 上記のゆうちょ銀行の例ほど露骨ではないですが、私は早慶の学生として何気なく説明会やセミナーに参加するものの、赴いた会場で前後ろ左右の学生と互いに自己紹介すると皆早慶だった、というような学歴フィルターはザラにありました。 このような括りで採用が進んでいったので、内定式まで「学歴が自分より低い学生」に出会ったことがほとんどなかったです。 にも記載の通り、「高学歴による安心感」や「学歴差別を助長する学生側の意識」が根底にあるのでしょう。 参考までに、私自身がメガバンク三色の選考で感じた学歴偏重傾向を以下に示します。 青の場合: 説明会やセミナーの名前の一部に「先輩行員」といった触れ込みがあるものが多く、「早慶」「MARCH」「東大・一橋・東工」「日東駒専」というようなフィルターが存在していたことが考えられます。 このような触れ込みのない少人数座談会への参加経験もありますが、同じ席に座った他の学生の学歴は早慶・東大でした。 私の東大の友人が説明会に参加した際も、周囲は自分と同じような学歴の学生が集まっていたと言っていました。 特筆すべきは学歴よりも説明会への参加回数が重視されているということです。 参加回数によってリクルーター面接のフローに乗ったり、8月1日の面接解禁日以降の面接回数が大幅に減るようでした。 コース別採用を行ってはいるものの、人事担当者いわく昇進スピードに違いはないとのことですが真偽は不明です。 緑の場合: SMBCラウンジ セミナー名 では参加学生が全員私と同じ大学、少人数座談会では周囲の学生は自分と同じ学部、リクルーター面接では面接官の大学学部が自分と同じという徹底ぶりでした。 「ラウンジに2回参加しないとリクルーターがつかない」という信憑性のあるようなないような噂が囁かれます。 確かに私はこのラウンジに2回参加した後にリクルーター面接の電話がかかってきました。 露骨にリクルーター面接が5回前後実施され、私の友人の内定者も8月1日前に採用活動がほとんど終わっていたと言っていました。 東大や一橋の学生はSMBCラウンジがそれ以下の学歴の学生より早い日程で行われていたようです。 赤の場合: メガバンク三色の中で唯一説明会の参加回数を数えていないと考えられ、面接解禁日からの面接回数が人によっては10回程に及ぶ場合もあることで就活生の間では有名でした。 リクルーター面接がメガバンク三色の中で唯一ないことも面接回数が10回に及ぶ理由でしょう。 「赤の説明会行くなら他の色の説明会行って参加回数稼いどけよ」と揶揄されますが、メガバンク三色の中で最も人気が高いという矛盾が存在します。 このことから、友人の内定者も説明会には他の銀行と比べると足を運んでいないと言っていました。 説明会や選考の際も学歴が重視されたことはなかったと感じましたが、OB訪問をした東大の行員いわく学歴がモノを言うのは入行後であり、昇進スピードに差があるとのことでした。 このような偏った採用活動から、私自身はメガバンクでは学歴が大事なんだ、入行後も学閥に左右されるのではないかという先入観に囚われていました。 学歴や説明会参加回数によって面接回数が異なるようなメガバンクの採用活動の不透明さ故に、この先入観は拭えずにいます。 幸い早慶出身なので、私も内定者も「ある程度のとこまでは出世できるだろう」という根拠の無い自信を少なからず持っていると思います。 本記事では「企業が何故学歴差別をするのか?」そして「学生はどう対応すればいいのか?」解説しています。 懇親会も学歴に応じて役員が参加したりしなかったり? ご縁があって三色のうち二色から内々定を頂き、そのうちの一色の内定者懇親会に参加しました。 選考活動も落ち着いた頃に内定者懇親会に参加しました。 懇親会は本社で行われ、参加者は30名ほどでした。 採用人数の多さから考えると氷山の一角であることは明らかです。 参加内定者は男性:女性=7:3ほどで、役員や人事担当者も参加していました。 ここで驚いたことは、全員が早慶という括りで集められ、会社が早期に内定が出した学生ということです。 内定式の隣に座っていたMARCHの内定者と交流した際には役員の方はいらっしゃらなかったと言っていたので、後になって手厚く歓迎していただいたことがわかりました。 東大レベルの学生の内定者懇親会にはもしかしたらより多くの役員の方が顔を見せていたのかもしれません。 このような学歴偏重傾向は学生の間にも浸透しているようで、内定式の際の自己紹介では学歴が早慶以上の学生は最初に大学名を名乗るという傾向があるように感じました。 三井住友銀行内定者の回答 三菱東京UFJ銀行内定者の回答 みずほ銀行内定者の回答 最後に 如何でしょうか。 「とりあえず内定がほしいからとにかく説明会に行こう」、「高学歴だし、たぶん内定は取れるから受けよう」というような意識を持った学生は少なからずいると感じます。 そのような意識を持って入行する学生も存在し、入行後にそのような学生と差をつけてキャリアを歩んでいきたいという思いを私自身が持っているからこそこの記事を書きました。 銀行での働き方を研究し、明確な目標を持って選考活動に臨んでほしいと思います。 働き方については以下の記事を参照してください。

次の

【21卒向け】三菱UFJ銀行の採用人数|合格者ES付き

メガバンク 採用 人数

新卒採用において、金融業界、特に銀行の採用数は抜きんでています。 特に、銀行はメガバンクは多いです。 2016年4月入社数では、 「みずほフィナンシャルグループ」 「三井住友銀行」 「東京三菱UFJ銀行」 が、軒並み1000人以上の採用数となりました。 参考:就職四季報より(東洋経済社) なぜメガバンクは大量採用なのか? ここで、採用数が多い企業の一般的特徴をあげます。 たとえば、トヨタ自動車ですが、トヨタでは販売エリアや車種によって、販売会社が異なります。 「ネッツ」「トヨペット」「カローラ」といった会社が、各エリアやカテゴリー(販売車種)に分かれてそれぞれに採用しているのです。 例えば、大阪エリアでは、大阪トヨペットという会社が、プリウスを販売しています。 (実際は、1社の独占販売ではなく、様々な販売会社が存在します) 一方、メガバンクですが、全国に支店があり職種も多岐に渡りますが、歴史的に一括採用を行っています。 規模の大小はあれ、全国の支店で同じサービスを提供していることや、過去、何度も統合や再編を繰り返してきたこともあり、一括採用を続けているのです。 よって、大手自動車メーカーでいうところの「販売機能」を別会社化しておらず、全て同じグループで一括採用することになり、このような大量の採用人数となっているのです。 ただし、採用人数が多いからといって、入社しやすいとは限りません。 1,500人採用でも3万人の応募があれば、倍率は20倍(内定率5%台)となります。 10人採用でも応募者が100人であれば、倍率は10倍(内定率10%台)なのです。 「採用数が多いから入社しやすいのではないか?」と考えずに、自分とマッチする企業選びをすることが重要です。 金融業界(特に銀行)に好まれる資質、身に付けられる能力については、またの機会にご紹介したいと思います。

次の