仮想通貨 わかりやすく。 仮想通貨のマイニング(採掘)とは何?仕組みをわかりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)とは何か?仕組みや特徴をわかりやすく解説

仮想通貨 わかりやすく

キャッシュレスとは 現金(キャッシュ)を利用しないこと。 つまり、クレジットカードやデビットカード、キャリア決済などなど現金を介さずに決済を可能にする状態のこと。 また、この記事の中では現在の 法定通貨が常に基軸通貨であり、法定通貨に依存していることを定義とします。 と私は定義することで、理解の促進をしております。 当たり前ですが、現金を持ち歩くのは、面倒ですし小銭をいちいち数えたりお釣りをもらうのはかなりの手間です。 ただ、前提条件として、現金が最も信頼性の高いものであることが条件となります。 あくまで、 現金 日本円 が最も信頼性が高いが、便利なので、キャッシュレス決済を活用する、といった構図です。 またデジタル法定通貨の場合、貨幣の発行、現金輸送、ATM製造などにかかる物理的コストを削減できるというメリットもあります。 キャッシュレスが前提となるデジタル法定通貨の特徴とは? そもそも、 キャッシュレスとデジタル法定通貨の概念や定義がほとんど同じであることは皆さんもご理解できたかと思います。 インフラを整備する主体が、民間か中央政府か、の違いくらいと捉えてもらえればと思います。 そして、デジタル法定通貨を実用的にするためには、キャッシュレスなどに活用される決済インフラが必要です。 表側では、レジなどで見るようなハードの端末。 裏側では、トランザクションやデータベースなどなど、、、 これらの技術は、民間なしで進めるのは、不可能に近いのではないかと考えます。 ただ、根本的に、このキャッシュレスと仮想通貨は定義や、意図・目的が全く違うことを前提に議論をしなければなりません。 キャッシュレスと仮想通貨の違いを表にまとめる では、キャッシュレスと仮想通貨で実現可能な技術や価値観、そうでないものをざっくりと表でまとめてみました。 キャッシュレスと仮想通貨では、根本的に概念が違う これまで、CoinInfoでは、仮想通貨がどのような概念の上で誕生し、形成されていったかを記事として皆さんに紹介してきました。 その中で、 キャッシュレスと仮想通貨の中に、どのような価値観の違いがあり、どちらの方が良いのか?を考えていきたいと思います。 これは、中央集権・非中央集権の本質的な違いを私が紹介した記事です。 かなり尖った視点から紹介していますが、 キャッシュレスと仮想通貨の優劣を議論するには必要不可欠だと思うので、目を通しておいてください。 結論、キャッシュレスと仮想通貨はどちらが良いの? 私の主観としては、圧倒的に仮想通貨の方が優位だと考えております。 ただ、まだまだ仮想通貨が実用的になるまでには、課題がたくさんあります。 技術的な課題はもちろん、我々、利用する側の精神性もまだまだ足りていないなぁと実感します。 精神性?は?と思うかもしれませんが、 仮想通貨自体は、中央政府にルールや規制を委ねるのではなく、自分たちでエコノミーのあり方を決めて作っていこうという考え方です。 ですので、今のようなハッキングや不正送金が存在する時点で、開発者のサトシ・ナカモトも言っている誰かが独占的に得をするような本質的に無意味な行動がある時点でまだまだ仮想通貨自体の本質的発展は見込めません。 その上で、読者の皆さんにも仮想通貨ってなんなの?といった知識や課題、理想などを詳しく知ってもらうことで、仮想通貨の発展に寄与していただくきっかけを、このCoinInfoが担うことができればと考えております。 関連記事.

次の

仮想通貨とは|わかりやすく解説

仮想通貨 わかりやすく

スポンサードリンク 仮想通貨とは何か? 昨今話題に上っている 「仮想通貨」は、日頃、私たちが使用している硬貨や紙幣といった「実体のある」通貨ではなく、 「実体のない」バーチャルな通貨です。 別名を 暗号通貨といい、すべて電子データ(プログラミング)でできています。 そのため、アイディア次第で円やドルのような実体のある法定通貨には不可能な使い方ができ、その テクノロジーの革新性や今後の可能性に注目が集まっています。 電子データのお金といえば、SuicaやPASMOなどのICカードや、クレジットカード、ポイントカードなどが思い浮かぶかと思います。 が、それらと仮想通貨は決定的に違います。 では、その違いを説明するために、少し違う角度から仮想通貨を見てみましょう。 仮想通貨は、 「ある特定のコミュニティ内で価値が認められた貨幣」だと言うこともできます。 例えば、 あるゲームに、そのゲーム内でしか使えない通貨があるとします。 これはそのゲーム内では立派に仮想通貨として成立していますが 、当然ながら、そのゲームから 一歩外に出れば貨幣として使用できなくなります。 そういったゲーム内通貨を、ゲームの外の実世界でも使用できるようにするにはどうしたらいいかということを考えてみると、仮想通貨がわりとよく理解できます。 電子データでできた仮想の通貨を実世界でも使用可能とするためには、まず、実世界の人々の多くがその バーチャルな通貨の価値を認めて、その価値を共有する必要があります。 それには何らかのかたちで 信憑性のある公正なマーケットが開かれ、価値を決定するシステムが必要になるでしょう。 それから、それらの電子データをスマホやパソコン等の端末から実世界へ、 簡単に出し入れするだけの技術も必要です。 これまでは、そのようなことが可能な技術もなければ、環境も整っていませんでした。 が、2010年代になり、ネット回線の大容量高速化や、スマホやパソコンなどの端末を経由したIT技術のさらなる進化に伴い、それらがとうとう実用化するまでに至ったのです。 それによって、円やドルといった実体のある法定通貨にはできない 貨幣の使い方が技術的に可能となり、いろいろな仮想通貨がそれぞれなんらかの利便性を売りにして登場することとなったわけです。 以上のように、仮想通貨は、法定通貨での決済を補完するためのICカードや、クレジットカード、ポイントカードなどとは根本的に違うものです。 一番の違いは、やはりなんといっても 特定の国や中央銀行を背景に存在する法定通貨からは全く独立した存在で、独自のマーケットを持って価値が変動しているところでしょう。 そして近年、世界中でそれらのマーケットが開かれ、取引が過熱するようになったことで、仮想通貨はさらに注目を浴びることになったのです。 スポンサードリンク 仮想通貨のニュースの見方 以上のように、仮想通貨の大きな特徴は主に2つで、1つは 技術革新ということ、もう1つは マーケットの存在です。 この2つを意識すれば、ニュースの内容もよく飲み込めることでしょう。 昨今、とくに目立っているのが、その マーケットを巡る報道です。 何が起こっているのかというと、ネット上で開かれている仮想通貨のマーケットでは、一攫千金を目論んだ人々が投機目的で次々に資金をつぎ込み、 株式市場などの成熟した市場ではありえないほど価格が乱高下しているのです。 そのため、とくに大きく報道がなされているわけです。 これは、投資や投機の素人である個人がパソコンやスマホで簡単に取引できてしまうこともその原因の一つです。 それから、2015年に起きた マウントゴックス事件に代表される、仮想通貨マーケットを巡る巨額の詐欺事件なども大きく報道されましたし、そのよう激しいマーケット動向を受け、各国政府がそれらを規制する動きを見せていることについても報道されています。 また、もう1つの、 革新的なテクノロジーとしての仮想通貨という側面についてもニュースになっています。 例えば、日本円は日本国政府や日本銀行という巨大なバックボーンがついていて、国際的にも信用の厚い通貨ですが、世界にはそれらのバックが非常に頼りなく、金融危機に見舞われている国や、情勢不安でいつ政府が倒れるかわからない地域なども存在します。 そのような国や地域では、自国の通貨をあらかじめ仮想通貨に替えておくことでリスクを回避するなどの使い方がされています。 また、出稼ぎ労働者が、稼いだ賃金を銀行などの金融機関を通さず瞬時に故郷に送り、時間と手数料を大幅に減らすことができているなどの現状もあり、そのような新たなアイディアが次々考案されているという報道もあるようです。 それから、そういった利便性の「良い側面」ばかりでなく、それらの機能を悪用して行われるマネーロンダリング等の犯罪や法の抜け道の悪用なども発生しており、これらを各国政府が規制するというニュースも見受けられています。 このように仮想通貨のニュースは、 技術革新による実用性や今後の可能性についての話題と、 派手なマーケットの値動きを巡る話題との2つに別けることができます。 が、技術革新や将来性の話題はマーケットでの価格に直結しますので、それら2つはまったく別個の話題ともいえません。 また、とくにネット上の記事では、利害関係者がことさらその革新性や将来性を強調してマーケットでの価格をつり上げようとするものもあります。 それが仮想通貨のトピックを巡る現状といえるでしょう。 スポンサードリンク そもそも「通貨(貨幣)」とは何なのか? 仮想通貨が話題に上るようになったことで、ある根本的な疑問が世界中の人々に投げかけられるようになりました。 それは、 「そもそも『通貨(貨幣)』とはなんなのか?」という疑問です。 上に仮想通貨の定義として、 「ある特定のコミュニティ内で価値が認められた貨幣」と書きましたが、実は、これはそのまま「通貨」の定義としても当てはまります。 すなわち、「円とは日本というコミュニティ内の人々によって価値が認められた貨幣」であり、「米ドルとは、アメリカ合衆国というコミュニティ内の人々によって価値が認められた貨幣」だということです。 身も蓋もない言い方をすれば、通貨とは そのコミュニティ内の人々が「この貨幣には価値がある」と思い込んでいるだけのものだということなのです。 その硬貨や紙幣が、そのコミュニティー内では必ず何らかのものやサービスと交換できるという確信を持っていて、誰もが疑うことがないため、それがその地域での通貨として成立している、ということなのです。 ですから、その国の通貨は、政府や中央銀行が主導でその貨幣の価値を定めたのではなく、それらの機関は人々のその思い込み・共通認識を追認して信用を強化しているだけだということなのです。 皆が貨幣だと思うことで、貨幣は成り立っている (中略) お金はそれ自体で何かの役に立つことはありません。 人がそれをお金として受け取るのは、他の誰もが自分と同じようにそれを受け取ってくれると想定しているからです。 紙幣とは、その紙幣と等価値のものを「お返し」に渡す引換券であり、紙幣を発行した人・組織(現代では国家や中央銀行)に寄せる信頼の上にその約束が履行されます。 人々の予想の自己実現により貨幣は人から人へと渡っていきます。 貨幣は、皆がそれを貨幣と思うがゆえに、貨幣として振る舞うのです。 ーー『仮想通貨とブロックチェーン』木ノ内敏久著(日経文庫)より ですから、仮想通貨についても、日本国内、および世界で通貨として認められるためには、ただとにかく その価値を認めて疑わない人の数が増えるかどうかにかかっているわけなのです。 決済手段として受け入れる店舗や企業などが増えれば増えるほど、自然に通貨として流通する存在になっていきます。 世界中でそのような認識を多くの人が持てるかどうかに仮想通貨の未来がかかっているということもできるでしょう。 ちなみに、海外では仮想通貨が決済手段として使用できる店舗等が増えており、日本国内でも、2017年12月からビックカメラが全店舗でのビットコイン決済を開始するなど、決済手段として認める企業が多数出てきています。 スポンサードリンク 仮想通貨の種類を知ろう では次に、最低限知っておきたい具体的な 仮想通貨の種類をご紹介しましょう。 仮想通貨で一番有名なのは ビットコインです。 2009年に サトシ・ナカモトという謎の人物により作られたビットコインは、仮想通貨の草分け的な存在で、とにかくビットコインを知らなければ仮想通貨を語ることはできないといったような大きな存在です。 仮想通貨の大きな分類としては、まずこのビットコインと、それ以外の仮想通貨・ アルトコインの2つに分類されます。 アルトコインは1種類の仮想通貨の名称ではなく、「その他のコイン」という意味で、世界中に数百種類あります。 また、仮想通貨は ブロックチェーンというプログラミング技術がその存在の要であることから、仮想通貨自体のことを「ブロックチェーン」と呼ぶこともあります。 では、特徴的な仮想通貨の概要をいくつか見てみましょう。 仮想通貨の話は、ほとんどビットコインの話であるといってもいいほどその存在は大きく、上で見た仮想通貨の使用例などもほとんどビットコインのものです。 上にも書いたとおり、ビットコインは主に国際的な送金手段として利便性を発揮し、多くの人々に使われています。 また、決済手段としても世界中で利用されるようになってきています。 仮想通貨自体の浮沈は、ビットコインの成否にかかっているといっても言い過ぎではないでしょう。 なお、ビットコインは非中央集権的な仮想通貨と呼ばれ、運営する機関や組織が存在せず、すべてがブロックチェーン技術を駆使したプログラミングをもとに機能しており、参加者の監視によって管理が行われています。 2ちゃんねるの絵文字キャラクター、モナーから命名されました。 主に2ちゃんねる利用者から多大な支持を受けており、儲け云々よりも保有することに意味がある、というような受け止められ方をしています。 日本国内の取引所でも扱っていないところが多く、世界的にもまだ広く認知されていませんが、今後の進出が期待されています。 仮想通貨の取引を行う方法と注意点 以上のような仮想通貨ですが、購入するにはまず、 取引所と呼ばれるサイトに登録して口座を開設する必要があります。 そしてマーケットに参加し、自己の判断で買い注文をすることになります。 国内に取引所はいくつかありますが、取引所それぞれで扱っている銘柄が異なります。 ビットコインはどの取引所も扱っていますが、アルトコインの銘柄が取引所ごとに異なりますので注意が必要です。 その他の注意点ですが、まず、 投機と投資の違いについて理解し、意識する必要があるでしょう。 どちらも利益を得るという目的は同じなので違いは微妙ではありますが、おおむね、投機というのは単純に価格の変動を利用して儲けることだけを目的として行うもので、投資とは仮想通貨ごとの特徴を理解し、その将来性を見込んで売買することをいいます。 また、短期的な売買を行うのか、長期的な視点に立って取引を行うのかという違いもあります。 その辺りの計画もしっかり練って行うべきでしょう。 それから一番重要な点は、 余剰資金で行うということです。 余剰資金でなく、生活資金で取引を行うことはまずやめた方がいいでしょう。 まとめ 以上のように、仮想通貨を理解するために最低限知っておきたい点は以下の2点だと言えるでしょう。 ・技術革新と将来の可能性について ・マーケットの存在とその値動きの動向について また今後、仮想通貨が日本国内や世界中でどのように発展していくのかということについては、あなた自身が仮想通貨についてどう思うか、仮想通貨とどう関わるかということも多いに関係してくる問題です。 その判断材料として、このページの内容がお役に立てば幸いです。 そもそも仮想通貨は通貨ではありません。 金融庁も国民に誤解を与えるとして暗号資産と呼称を変えました。 >通貨とはそのコミュニティ内の人々が「この貨幣には価値がある」と思い込んでいるだけのものだ これもよくある間違いです。 通貨は誰かが借金することで発行されます。 例えば銀行でローンを組んだときに、銀行が日本円で発行しますが、返済すると消滅します。 これを信用創造と言いますが、お金とは借りた人の借用証書としてその返済能力に対する信用が価値となっています。 日本で発行される日本円の大部分が市中の銀行で発行されており、日本銀行で発行されているのはそのうちの一部だけです。 例外として政府が発行する硬貨は借金ではなく返済されることはありません。 しかし、鋳造コストが額面とほとんど変わらないので、通貨の価値が増えることはほとんどありません。 つまりお金の総額は借金の総額と同じです。 国の借金が1000兆円ありますが、それはそのまま国民の資産になっているのです。 国が借金を増やせばその分、国民の資産が増えて経済的に豊かになるのです。

次の

仮想通貨は税率が高い?仕組み&計算方法をFPがわかりやすく解説!

仮想通貨 わかりやすく

記事内目次• ビットコイン ブロックチェーン 仕組み わかりやすく まず、ブロックチェーンとはなにかというと、 「ビットコインで採用されている取引を記録するための技術」 です。 ブロックチェーン技術によって、 「取引記録を削除したり、改変したりすることが実質的に誰もできない」ようになっており、 「信頼できる取引記録」が構築されることで、ビットコインが通貨としての価値を帯びています。 ブロックチェーンという名前は、この仕組みが 「ブロック」と呼ばれるデータの束を、時系列で鎖のように接続したものに例えられるため、そのように名付けられました。 ブロックは一定時間内に発生した 「取引の記録」を記載したデータです。 システムは、ブロックを生成し、取引記録を書き込んでいくのですが、一定時間が過ぎると、新しいブロックを生成し、新しいブロックに記録する、という作業を延々と繰り返します。 さらに、新しいブロックには、直前のブロックの 「ハッシュ値」というものが含まれています。 ハッシュ値というのは、 「データを暗号化した値」です。 このハッシュ値が新しいブロックに存在するため、特定のブロックの内容を改変して入れ替えたり、削除しようとすると、以降のブロックのハッシュ値が全て実際のデータと矛盾することになります。 ですので、ブロックの内容を改変しようと思うと、改変したいブロック以降のすべてのブロックを作りなおさなければならなくなります。 この「改変したいブロック以降のすべてのブロックを作りなおす」という作業が実質的にできません。 というのも、ブロックのデータの中には 「プルーフオブワーク」と呼ばれる 「莫大な計算をした演算結果」も含まれており、改変するためにも莫大な計算をしなければならず、一定時間ごとに増えていくブロックをすべて計算することはほぼ不可能となっています。 (「プルーフオブワーク」に関しては別の記事にて紹介いたします。 ) (イメージとしてはこんなかんじです) さらに、このシステムは、P2Pと呼ばれる分散型システムにて様々な場所にあるコンピュータ(ノード)が記録を保持しています。 記録を保持している一つのコンピュータ(ノード)が壊れても、別のコンピュータが記録を保持しているので、記録が消滅することはほぼありません。 これらが、実質的に「改ざんもされないし、消滅もしない」ということでビットコインへの信頼につながっています。

次の