家族三人 食費。 子供3人5人家族の食費の内訳を公開!酒代もおやつ代も米代も含まれています。|2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

3人家族の食費は平均いくら?子どもの年齢別の食費実例や節約術も紹介!

家族三人 食費

夫・妻・子供1人で暮らしいる3人家族について、月々どれくらいの生活費が妥当なのか一般的な話をまとめて紹介したいと思います。 他人には月々の生活費のことについて直接聞く機会なんてなかなかありませんよね。 周りと比べて自分は使いすぎているのだろうかとか、自分は周りと比べてどれくらい裕福な生活をしているんだろうかなど、気になりますよね。 また「毎月赤字で貯金できていない」「節約しなければと思っているけど、どこから手をつけていいのかが分からない」といったお悩みを持つ3人家族の方も多いのではないのでしょうか。 特に子供ができたばかりは年齢が若く、収入も少ないため、毎月の生活がカツカツな状態に陥りやすいですよね。 この記事では子供ありの3人家族の平均的な生活費について説明し、どのような生活ぶりなのかを明らかにします。 自分の生活費と比べてみて、お金を使いすぎているのか、それとも平均的なのか確認してみてください。 もし使いすぎている場合は、生活費の節約のコツについて書きますので、参考にして節約に挑戦してみてください。 子供あり3人家族の生活費の平均はいくら? 夫・妻・子供1人の3人家族の月々の生活費平均は、一般的に25万円といったところではないでしょうか。 もちろん25万円より少ない金額で生活している人もいるとは思いますが、きちんと貯金できていなかったり、極端に節約してしまっている印象があります。 この記事ではそんな一般的な月々の生活費25万円を前提に、各支出項目についてどういった生活ぶりで、いくらくらいが妥当なのか説明していきます。 生活費が25万円よりも少ない場合は、もっと各項目の支出が少ない必要があると考えてください。 食費の目安 食費は夫・妻・子供1人の3人家族であればそこまでかからず、3万~5万円といったところでしょう。 妻が専業主婦の場合、自炊することになると思いますので、かなりお金を抑えられる項目となります。 一方共働きの場合は、ついつい外食してしまい、支出が増えやすい項目となりますので要注意です。 食べられる量には限界があるため、普通に自炊していれば、4万円には収まると考えます。 25万円で月々生活しようと思うと、3万5千円以内に抑えられるのが理想です。 家賃の目安 住む家については、夫・妻・子供1人の3人家族であれば一般的に1LDK~3LDKの家に住んでおり、月々の住居費は6万円~10万円ほどになります。 子供が生まれたタイミングで家を建てるひとも多く、家を建てた人は月々10万円程の負担となっています。 月々生活費25万円の場合、家賃は6万円ほどが理想です。 手取り収入25万円で住宅を購入すると、収入のほとんどが住宅ローン返済となってしまい、生活は厳しくなります。 光熱費の目安 夫・妻・子供1人の3人家族の一般的な光熱費は、1万5,000円~2万円といったところでしょう。 子供が小さいときは家にいる時間が長く、またエアコンなどの空調を常に点けることとなりますので、光熱費は高くなります。 また子供ができると自炊もきちんと毎食することになると思います。 そこで料理の際のガス代分増加します。 水道代の基本料金や、プロパンガス、都市ガスなどの条件によって、同じ使い方をしていても金額は変わります。 月々25万円で生活しようと思うと、1万5,000円以内に抑えられることが理想です。 保険料の目安 保険料ですが、みんなかなり高いお金を払っている印象です。 夫・妻・子供1人の3人家族の一般的な保険料は1万5千円~3万円くらいではないでしょうか。 月々25万円で生活するならば1万5,000円以内に抑えることが理想です。 独身時代は無保険でも問題はありませんでしたが、子供ができるといざといった場合への備えが必要になります。 一般的に、稼ぎ頭になにかが起こったときのために生命保険・医療保険・ガン保険に加入します。 教育費の目安 子供にかかるお金ですが、子供が幼稚園・保育園に入学していない場合、おむつ代ミルク代などで月々5,000円ほど。 子供が幼稚園に入園した場合、月々2万5,000円ほどかかります。 こどもにかかる費用は習い事などをさせていない場合、どこもあまり変わらないように思います。 ただでさえ幼稚園でかかるお金は大きいため、まだ収入の少ない若い家族にとっては習い事をさせることは家計へのダメージが大きいです。 月々の教育費は子供が幼稚園・保育園に入学していない場合から幼稚園に入学しており、さらに習い事をしている場合が考えられるため、5,000円~3万5,000円くらいが一般的と考えます。 お小遣い 次にお小遣いについては、一般的には2万~3万円ほどです。 独身・DINKS時代を経験したひとからすると、かなり少なく感じるでしょう。 週1回飲みに行けるか行けないかといった金額ですね。 月々25万円で生活するのであれば、お小遣いは夫婦合わせて2万5,000円に抑えたいところです。 もちろん共働きであればもっと増やしてもいいと思いますが、上限は決めるべきです。 子供が小さい家庭では妻が育児で働かないケースが多いため、外で仕事をしている夫の方がお小遣いが多いようです。 夫が2万円、妻が5,000円といったところでしょうか。 娯楽費 夫・妻・子供1人の3人家族の一般的な5,000円程度です。 夫・妻・子供1人の3人家族は若く、収入も労働人口の中では比較的少ない方となるため、住居費や食費などの生活コストで手一杯で、そこまで娯楽にお金は使えないようです。 そのため、公園に行くなどお金のかからないレジャーを楽しむ傾向にあります。 実際の生活費(食費や家賃など)の目安はいくら? ここまでで、各支出項目について、夫・妻・子供1人の3人家族である場合いくらくらいが一般的であるのかを説明をしました。 次に実際、月々25万円で生活する場合の各項目支出がいくらぐらいになるのかを説明したいと思います。 ・月々生活費25万円の支出割合 食費 3万5,000円 家賃 6万2,000円 光熱費 1万5,000円 通信費 1万2,000円 お小遣い 2万5,000円 教育費 2万5,000円 保険料 1万5,000円 娯楽費 5,000円 被服費 5,000円 交際費 5,000円 日用品 5,000円 その他 7,500円 貯蓄 3万円合計 25万円 これはあくまで目安です。 この数値に近ければ良いというものでもなく、住む場所などによっても変わります。 3人家族であればこれくらいの支出金額と全体のバランスが取れていれば、ストレスもなくそれなりに幸せに日々を過ごせるはずです。 しかし、月々に使える金額が25万円より少ない場合、貯金が少なくなったり、お小遣いを減らさざるを得ないことになったりなど、なにかしらのストレスが生まれると考えます。 また、そのストレスから、家庭環境もギクシャクしてしまうかもしれません。 しかしある男性は、収入と自由な時間を増やせたことで、家庭崩壊寸前の状況から立ち直ることができたのです。 3人家族の節約のコツ5つ 紹介した支出金額を見て、こんなに節約できないよと思った人も多いのではないでしょうか。 そのような方々のために各支出項目が紹介した金額に近づけるよう節約方法を紹介したいと思います。 節約のコツとしては、まずは固定費を見直します。 食費や光熱費などの変動費を節約するのは大変な割に効果が少ないです。 しかし、家賃や通信費などの固定費は一度削減させてしまえば効果はずっと続くし、毎日節約をがんばる必要がないため、楽です。 それでは具体的な節約方法を5つ紹介します。 格安SIMに乗り換えて通信費削減 通信費の項目が大幅にオーバーしてしまっている人は、携帯電話をドコモ・au・ソフトバンクなどの大手通信会社でいまだに契約しており、格安SIMに変更していないのではないでしょうか。 格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手通信会社ではなく、その通信会社の回線を借りて提供している通信サービスです。 回線は大手通信会社から借りており、店舗も構えてない会社がほとんどのため、大手通信会社のサービス料よりも安いです。 最近ではかなりの人が格安SIMに乗り換えています。 携帯電話をドコモ・au・ソフトバンクといった大手通信会社で契約しているのならば、格安SIMに乗り換えることで月々現在の半額以上安くなるはずです。 通信費である、NHK、インターネット回線、スマホ2台の契約であれば、先ほど紹介した、支出金額である1万2,000円以内に収まるはずです。 NHK、インターネット代は大幅に削減することは、今のところ手段がなく、難しいです。 しかし、携帯電話通信料については格安SIMのサービスが出来たことにより、安く維持することができるようになりました。 このようなお得なサービスは使わなければもったいないです。 またすぐに乗り換えすることが可能ですので、興味のある人はさっさと乗り換えしてしまいましょう。 家賃の低い物件に引っ越す これはすぐに実践するのは大変かもしれませんが、一度家賃が安い物件に引っ越してしまえば効果がずっと続き、かなりの節約になるためオススメです。 部屋の広さに関して、夫・妻・子供1人の3人家族であれば1LDK・2DKでも生活には問題ないと思います。 2LDK・3LDKなどに住んでいる場合は、1LDK・2DKへの引越しを考えてみてはいかがでしょうか。 また、築年数や駅までの距離など、生活するのに不都合が生じなければ条件を下げることで家賃を下げることができます。 光熱費を月々5,000円節約するのはかなり大変ですが、家賃を5,000円減らすのであれば、ちょっと物件探しをがんばれば可能な範囲です。 いきなり引越しをするのは難しいかもしれませんが、月々の生活が厳しい場合は思い切って引っ越すのもありだと思います。 また気をつけなければいけないのが住宅購入です。 住宅を購入する際、一生住むことを想定して住宅を買うと思います。 そうすると間取りは3LDK以上となるのですが、夫・妻・子供1人の3人家族であればその広さでは部屋があまります。 そのため本来必要な広さ以上にお金を払うこととなります。 住宅ローンを見積もりしてみて返済額が厳しいと感じられる場合は無理をして買ってはいけません。 身の丈に合った住宅選びをしましょう。 保険料を削ることを考える 次におすすめしたいのが、月々の保険料を削減することです。 月々の生活費が高い人のほとんどが高額な保険料を払っており、そのため月々の生活費が高くなっています。 自分にもしものことがあったら妻や子供が大変な目に遭ってしまうと考えているのかもしれませんが、過度な心配は禁物です。 心配するばかりに、今の生活が成り立たなくなってしまえば本末転倒ではないでしょうか。 保険料は必要最低限の金額分だけ、かけるようにしましょう。 保険については無料で相談できるサービス等ありますので、これを期に保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。 一番手っ取り早いのが、医療保険をやめてしまうというのがあります。 現在健康保険には高額療養費制度があるため、大きなケガや病気になってしまって、月々いくらお金がかかっても8万円程が支払い限度額となります。 そのため、病気やケガでかかるお金のリスクは小さいのです。 それをカバーするため、年何万円ものお金を払っているのですから、そう考えると、医療保険をやめてしまのもいいかもしれません。 週末はお金のかからない遊びをしてみる 夫・妻・子供1人の家族の場合、週末になるとお金を使ってどこかに行きたい・レジャーを楽しみたいという気持ちがあると思います。 子供もいるため、せっかくの週末だし、思い出をつくりたいから、と言ってついつい出かけてしまうのではないでしょうか。 しかし、毎週末レジャーを楽しんでいるととてもお金が足りません。 お金を使わなくても同じくらいの幸福度を感じられる過ごし方を考えましょう。 ・お弁当をつくり、近所の公園でピクニックする。 ・本はを買うのではなく、図書館で借りて読む。 ・外食は夜でなく、お特なランチタイムにする。 ・たこ焼き、お好み焼き、ピザを作り、ホームパーティーを家族で楽しむ。 この内容であれば、遊ぶことをただ我慢するのではなく節約することができます。 すべてを我慢するとストレスが溜まってしまいますので、メリハリをつけてお金を使いましょう。 車の維持費を見直す 車は車両を購入する時のもお金がかかりますが、維持費にもかなりのお金がかかっています。 例えば、一日20キロ走行しただけでも年間2万円以上のガソリン代が発生しています。 その他にもガソリン代・オイル代、駐車場代、自動車税、車検費用などがかかります。 夫・妻・子供1人の家族の場合、軽自動車でも室内スペース的には問題ありません。 しかし、その軽自動車を維持するだけでも年30万円ほどかかります。 年30万ということは月々2. 5万円ですからかなりのコストですよね?ですから、なるべく自転車を利用したり、車内の小物を長く使えるようにしてコストがかからない工夫をすることが必要です。 また、車両自体を買うお金がないくらい現在の生活が大変なのであれば、自動車は今は我慢して、こどもが小学生になり学費がかからなくなったタイミングや、昇給したタイミングで買うとするのもいいでしょう。 その他の節約方法 月刊副業では、ここで紹介した節約方法の他にも、以下のような節約について記事をまとめています。 こちらの記事も、参考にしてみてください。 まとめ 夫・妻・子供1人という家族3人の生活費(食費や家賃など)について考えてみましたがいかがだったでしょうか。 月々使えるお金が25万円以上ないと厳しいのではないかというのが個人的な考えです。 これ以上少なくなると、どこかしらにストレスが生まれるように思います。 そのため夫・妻・子供1人の3人家族の方はまずは収入を25万円得ることを目指してみてはいかがでしょうか。 月々の生活がぐっと楽になりますよ。 奥さんがバイトをはじめるのもいいし、旦那さんが副業を始めるのもいいと思います。 まずはこの記事を読んで、自分にできる節約から取り組んでもらえれば幸いです。 お金に余裕ができると、こころも豊かになります。

次の

ひと月の平均食費っていくら?世帯別の平均食費と節約方法を調査しました!

家族三人 食費

1ヶ月子どもとの3人家族で50,400円、1食あたり約560円と推定! 総務省の家計調査を参考にすると、2015年度における「2人以上の世帯」は平均食費72,565円です。 調査対象における平均世帯人員が3. 01人なので今回はこの統計を参考にします。 この金額から外食費12,085円を引くと、家庭での食費は60,480円になります。 つまり一人につき20,160円です。 この数字を大人一人と仮定し、子どもの食費を大人の半額に設定したとすると、50,400円の食費が平均と仮定できます。 この金額から1日に約1,680円、1食で約560円の食費を利用していると推定しました。 いかがでしたか?結構多いなぁと思った人も多いのではないでしょうか。 この平均は、全国すべての都市や家庭を一律に扱った場合の金額です。 子育て世帯は教育にもお金がかかるので、食費にここまでお金をかけられないという家庭も多そうです。

次の

3人家族の食費はいくら?幼児がいる家庭の生活費の平均をチェック!

家族三人 食費

3人家族のご家庭は、月々生活費がどれぐらいかかっているでしょうか。 現代では子供がいる世帯のうち、一人っ子だという割合は全体の4分の1にも上るといわれています。 現在、3人家族の世帯はもちろん、まだ子供がいない世帯にとっても、3人家族になった時に必要となる支出を知っておけば、今から準備ができると思います。 そこで今回は、3人家族の平均的な生活費・貯金額・世帯年収を全てまとめました。 ひとえに3人家族といっても、お子さんの就学状況 未就学児・小学校・中学校・高校・大学 によって、その時々に必要となるお金や母・父の年齢も変わってきます。 本記事では子供の年代別に各世帯の家計状況をご紹介しています。 それぞれのご家庭の状況と照らし合わせて、家計のバランスを確かめてみましょう! 関連記事 3人家族の平均的な生活費や支出割合は?子供の就学状況別まとめ 今回、3人家族の生活費を算出するにあたり、総務省統計局の「平成26年度 全国消費実態調査」をもとに計算しています。 住宅ローンと保険料に関しては、公益財団法人生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」、国土交通省「平成30年度 住宅経済関連データ」を参考 なお、今回は便宜上、賃貸ではなく 持ち家世帯での生活費を算出しています。 毎月の支出内訳で利用する費目の内容は以下の通りです。 費目 内容補足 食費 — 電気・ガス・水道代 — 家具・家事用品 炊事、洗濯、掃除などの家事、冷暖房器具、寝具・家具一式、照明・装飾品、家事代行など 被服費 — 交通費 公共輸送機関の利用料。 定期代やタクシー代、高速利用料、航空運賃など 自動車関連費 自動車購入・維持費、レンタカー・カーシェア利用料、駐車場代など 通信費 スマホ・携帯代・郵便代 教育費 授業料、教科書代 娯楽・レジャー テレビ、PC、スポーツ用品、書籍、習い事、旅行費など その他雑費 美容費、タバコ代、交際費、お小遣い、子供の仕送りなど 保険料 貯蓄型の保険 上記の内容を参考にして、早速以下をみていきましょう。 ご家庭に当てはまるシチュエーションの生活費を知りたい方は以下のリンクから飛べます。 3人家族全体の生活費と支出内訳 3人家族全体の場合• 世帯主の年齢・・・54歳• 世帯年収・・・693万円• 毎月の生活費・・・約33. 6万円 となりました。 毎月の支出内訳は以下の通りです。 費目 金額 円 食費 73,987 電気・ガス・水道代 21,064 家具・家事用品費 10,250 被服費 12,737 交通費 7,601 自動車関連費 27,212 通信費 15,643 教育費 11,593 娯楽・レジャー費 28,612 住宅ローン返済額 92,549 生命保険料 35,228 その他雑費 52,125 合計 336,476 上の子が2歳以下の家庭の生活費と支出内訳 3人家族で長子が2歳以下の場合• 世帯主の年齢・・・35歳• 世帯年収・・・557. 6万円• 毎月の生活費・・・約28. 9万円 となりました。 毎月の支出内訳は以下の通りです。 費目 金額 円 食費 55,758 電気・ガス・水道代 16,030 家具・家事用品費 9,589 被服費 13,658 交通費 7,194 自動車関連費 26,262 通信費 16,041 教育費 1,093 娯楽・レジャー費 20,547 住宅ローン返済額 92,549 生命保険料 30,642 その他雑費 53,207 合計 289,363 上の子が3歳〜6歳の家庭の生活費と支出内訳 3人家族で長子が未就学児の場合• 世帯主の年齢・・・39歳• 世帯年収・・・652. 8万円• 毎月の生活費・・・約33万円 となりました。 毎月の支出内訳は以下の通りです。 費目 金額 円 食費 64,546 電気・ガス・水道代 16,759 家具・家事用品費 8,566 被服費 14,996 交通費 7,469 自動車関連費 22,488 通信費 15,324 教育費 25,815 娯楽・レジャー費 28,379 住宅ローン返済額 92,549 生命保険料 33,184 その他雑費 43,492 合計 330,075 上の子が小学生の家庭の生活費と支出内訳 3人家族で長子が小学生の場合• 世帯主の年齢・・・44歳• 世帯年収・・・699. 5万円• 毎月の生活費・・・約33. 4万円 となりました。 毎月の支出内訳は以下の通りです。 費目 金額 円 食費 71,093 電気・ガス・水道代 19,031 家具・家事用品費 9,833 被服費 13,127 交通費 6,788 自動車関連費 26,726 通信費 16,826 教育費 9,839 娯楽・レジャー費 32,967 住宅ローン返済額 92. 549 生命保険料 35,558 その他雑費 43,959 合計 334,337 上の子が中学生の家庭の生活費と支出内訳 3人家族で長子が中学生の場合• 世帯主の年齢・・・48歳• 世帯年収・・・768. 1万円• 毎月の生活費・・・約36. 4万円 となりました。 毎月の支出内訳は以下の通りです。 費目 金額 円 食費 77,072 電気・ガス・水道代 21,828 家具・家事用品費 9. 639 被服費 16,216 交通費 8,237 自動車関連費 21,778 通信費 19,447 教育費 29,275 娯楽・レジャー費 29,412 住宅ローン返済額 92,549 生命保険料 39,045 その他雑費 44,214 合計 364,498 上の子が高校生の家庭の生活費と支出内訳 3人家族で長子が高校生の場合• 世帯主の年齢・・・51歳• 世帯年収・・・752. 4万円• 毎月の生活費・・・約38. 2万円 となりました。 毎月の支出内訳は以下の通りです。 費目 金額 円 食費 74,527 電気・ガス・水道代 22,231 家具・家事用品費 9,230 被服費 14,583 交通費 10,372 自動車関連費 30,348 通信費 23,197 教育費 39,764 娯楽・レジャー費 27,234 住宅ローン返済額 92,549 生命保険料 38,247 その他雑費 55,006 合計 382,282 上の子が大学生・大学院生の家庭の生活費と支出内訳 3人家族で長子が短大・専門学校・大学生・大学院生の場合• 世帯主の年齢・・・55歳• 世帯年収・・・817. 2万円• 毎月の生活費・・・約44. 7万円 となりました。 毎月の支出内訳は以下の通りです。 費目 金額 円 食費 84,237 電気・ガス・水道代 24,298 家具・家事用品費 8,874 被服費 19,032 交通費 16,048 自動車関連費 26,927 通信費 24,543 教育費 114,155 娯楽・レジャー費 28,981 住宅ローン返済額 92,549 生命保険料 42,156 その他雑費 65,315 合計 447,362 3人家族の平均世帯年収と貯金額はいくら? 次に3人家族の、子供の就学状況別の平均年収と貯金額を見ていきましょう。 子供の就学状況 世帯年収 平均貯金額 2歳以下 602. 8万円 281万円 未就学児 652. 8万円 259. 7万円 小学生 699. 5万円 270万円 中学生 768. 1万円 264. 6万円 高校生 752. 4万円 317. 7万円 大学生・大学院生 817. 2万円 352万円 全体 693万円 329. 5万円 節約・貯金がうまくいかないご家庭は、ファイナンシャル・プランナーの無料相談もおすすめ• 毎月の家計収支がギリギリ。 たまに赤字の月も。。 家族のためにもっとパートの時間を増やした方がいい?• 貯金の必要性はわかっているけど、貯蓄に回す余裕がない・・・• 節約してるけど効果を実感できない。。 上記のような不安、お悩みを抱えている方は、 プロのファイナンシャル・プランナーに無料の家計相談してみるのもおすすめです。 お金のプロであるファイナンシャル・プランナーと一緒に将来必要な貯金額や貯蓄方法を考えることで、根本的な家計改善ができます。 FP無料相談に興味がある方は、リクルートが運営している「 」がおすすめです。 日本全国のエリアに対応しており、厳選されたFPが皆さんの家計のお悩みに答えてくれます。 何度相談しても費用は一切かかりませんので、気になった方は、ぜひご家族で無料相談にいってみてはいかがでしょうか。

次の