メタル ガルルモン プラモ。 D

バンダイ Figure

メタル ガルルモン プラモ

旧トイです! もうすぐ超進化魂のメタルガルルモンが発売されるのでそれと並べたいな〜と思い 正月に実家に帰った時に回収してきた超進化シリーズメタルガルルモン。 関節がクタクタですがギリギリ遊べました。 ガブモン形態、顔が可愛いです。 ガルルモンの毛皮をかぶっているという設定なのですが 普通に4本腕に見えますね。 しかも結構ゴリラ体型。 強そう。 変形途中は地獄のクリーチャーの様相。 コワイ! ワープ進化完了!究極体のメタルガルルモンです。 カラーが明るい水色なのでちょっとイメージ違いますね。 このあたりは超進化魂ではうまくやってくれそう。 変形玩具ですがプロは結構いいし、 シリーズでは珍しく後ろから見て破たんがないという。 足の後ろの肉抜きだけちょっと気になる? 顔もちょっとイメージ違いますが 超進化魂版ではめっちゃイケメンになってるのでそっちに期待。 当時品のウォーグレイモン(写真はブラック)と 成長期状態で並べると結構大きさに差が出ちゃったのが 地味に不満だったのですが、このあたり超進化魂版ではどうなるかな? まぁこいつはこいつで、15年前の玩具としては十分すぎるほど 出来が良いのではないかな、と思います。 早く超進化魂と並べたい〜。 UNOYO.

次の

超進化シリーズ メタルガルルモン で遊ぼう!

メタル ガルルモン プラモ

概要 [ ] のゲーム『』でガルルグレイモンという名前で初登場。 劇場版アニメ『』(にて公開)のために新規に制作されたデジモンであり、とのパートナーデジモンであるとが合体したデジモン。 肩の盾、ブレイブシールドに刻まれた紋章は『』の作中で登場した勇気の紋章である。 胸には勇気の紋章と友情の紋章を半分ずつ合わせた紋章が付いているが、『』などの一部のオメガモン(登場人物として登場する場合は殆ど)には付いていない。 グレイソードにはデジ文字の日本語で「オール(All Delete)」と刻まれている。 登場して数年は「正義のヒーロー」という一面が強調されていたが、『』以降から「」としての活躍も多くなってきている。 人気が非常に高いデジモンであり、アニメ作品では本編・劇場版の両方を含むと『』以外の全作品で皆勤賞である。 時として人気ナンバーワンのデジモンとして扱われるが、での人気投票において1位こそ取っているものの、モード形態を含めた得票数の数ではやに敗北し、その人気は後続のデジモン達に抜かれ始めている面もある。 だが、それでも1位を譲らない点は根強い人気の証と言える。 なお、数多くのデジモンのやを手掛けたのはオメガモンとデュークモンを「 ロイヤルナイツの両翼」と位置づけている。 種族としてのオメガモン [ ] 遥か昔のデジタルクライシス時、ウィルスバスターズであるとが、善と平和を望む人々の強い意志と思いと願いによって融合し誕生したロイヤルナイツの一員である究極体の型デジモン。 『』などの一部媒体では超究極体であるとされている。 左腕にはウォーグレイモンの形をした『グレイソード』と肩の『ブレイブシールド』が、右腕にはメタルガルルモンの形をした『ガルルキャノン』とが装備され、その意匠を強く残している。 背中のは、敵の攻撃を避ける時や飛行の際に自動的に装備される。 二体のデジモンの特徴を合わせ持ち、優れたトータルバランスを誇る、如何なる状況でも遺憾なくその力を発揮できるハイレベルのオールラウンダーである。 基本データ [ ]• 通常技の『ダブルトレント』は両腕を使って地を這う氷と炎を交互に放つ。 X抗体版 [ ] 全体が機械的なデザインに変化。 未来を先読みする究極の力『オメガインフォース』を得た事によって、無敵の強さを手に入れた(しかしどんな敵にも勝てるというわけではない)。 では黒い波動を放ち、辺り一体を全て飲み込み消し去った。 関連種・亜種・その他 [ ]• オメガモンズワルト• オメガモンズワルトD(ディフィート)• オメガモンAlter-B• オメガモンAlter-S• オメガモン マーシフルモード 登場人物としてのオメガモン [ ] デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! [ ] 大量増殖したに一斉攻撃され、瀕死のウォーグレイモン・メタルガルルモンのもとに太一・ヤマトが寄り添い、同時に世界中から送られた無数の応援メールが巨大な光のデジタマの様にウォーグレイモン達を包み、腕へと変化したウォーグレイモン・メタルガルルモンの中央に世界中の人々からの願いが集まり、ボディを形成したことでオメガモンが誕生した。 圧倒的パワーで無数に分裂したディアボロモンをガルルキャノンで核ミサイルのタイマーを持った1体を残して全て一掃し、最後のその1体をグレイソードで倒した。 後述の「ディアボロモンの逆襲」に登場するオメガモンと同一の個体であるが、台詞はない。 デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲 [ ] 声優はと。 再び現れたディアボロモンを倒すべく、太一・ヤマトと共に向かう・がオメガモンの一部へとワープ進化後に合体し、誕生する。 そして・の協力のもと、ディアボロモンを倒すがそれは罠であり、倒すと同時に無数のクラモンが発動する。 現実世界へ出現したの大群が東京湾にてへと進化し、これを倒すべくオメガモンも東京湾に向かう。 しかしアーマゲモンに敗北、両腕が千切れ落ち、瞳の光が消えてしまう。 次いで、アーマゲモンと戦うに千切れ落ちた腕であるアグモンとガブモンの意思がオメガモンのボディをホーリーリングへと変化させ、太一達の希望の詰まったホーリーリングから生まれたオメガブレードを託し、千切れ落ちた腕はアグモン・ガブモンへと戻る。 ガルルキャノンの砲撃の色は紫色。 デジモンテイマーズ 冒険者たちの戦い [ ] 声優はと。 無印・02の世界のオメガモンと同一の存在だが、一人称は「私」となっている。 かつて倒されたのデータの残骸から生まれたと戦うが、別世界に逃げられてしまう。 自分は別世界に干渉できないため、その世界のテイマーであるルキ、ジェンをタカトの元へ送り、メフィスモン撃退を託す。 デジモンアドベンチャーVテイマー01 [ ] エイリアスIIIの一人藤本秀人が育てたウォーグレイモンのオーグとメタルガルルモンのメルーガのジョグレス体として登場。 最初は強大な敵として立ちはだかったが戦いを経て和解、強力な味方となる。 基本的に人格はオメガモンとして統一されているが、ジョグレス中もオーグとメルーガの人格は存在し、絆を見せていた。 デジモンクロニクル [ ] ホストコンピュータ・からの刺客として旧デジタルワールドから脱出し、NEWデジタルワールドに来たX抗体を持つデジモン達を異分子と見なし粛清していた。 と戦いその強さに圧倒されるが、忠義のために自ら異分子となることを知りつつもX抗体を取り込み、オメガモンXとなりドルゴラモンを倒す。 しかしドルゴラモンは死のX進化でと化し、さらにそこから生体データが飛ばされへと変貌してしまう。 スクルドターミナルへ出現したデクスモンと戦うが、オメガインフォースやオールデリートさえもデクスモンには通用しなかった。 その後、それでもデジモン粛清を断行しようとし、それを止めようとするアルファモンと戦う。 DIGITAL MONSTER X-evolution [ ] 声優は。 を表の主人公とするならば、裏の主人公と呼ぶべきデジモン。 ロイヤルナイツの一員としてイグドラシルの命令、PROJECT ARKを実行。 全デジモンの消去に乗り出す。 イグドラシルの命令に忠実な動きをとっていたがの行動やの言葉に心を動かされ、イグドラシルへの不信感を抱き、真意を知るためにアルファモンと共にイグドラシルのもとへ。 最後にはアルファモンからX抗体を譲り受け、オメガモンXへとX進化 ゼヴォリューション。 オールデリートの力を以てイグドラシルを抹消する。 ガルルキャノンの砲撃の色は水色で、エネルギーの放出を続けて敵を複数抹消したりもした。 デジモンセイバーズ [ ] 声優は。 ロイヤルナイツの一人として現れる。 前述の『X-evolution』を除くとテレビアニメでは初登場となる。 最後にイグドラシルに反発して、イグドラシルの攻撃から大たちを守った。 声優の高橋は『』から『』までにも敵や脇役として出演している。 デジモンクロスウォーズ [ ] 声優は。 元々は、デジタルワールドの正義の意志を守護する騎士団の一員だったが、デジタルワールドの分裂を防ぎきれず、仲間と共にデジメモリとなって散らばってしまい、唯一人間界に落ち、そこでデジモン達のメロディを聞き取れる資質のある者を探し続け、主人公・工藤タイキと出会い、彼にクロスローダーを託し、デジタルワールドへと導いた。 なお、前述の「騎士団」とはデジメモリのデジモン達のことであり、ロイヤルナイツのことを言っているのではない。 また、3期の終盤には別の世界の過去から八神太一と石田ヤマトが客演し、ウォーグレイモンとメタルガルルモンを合体させて上記の『ウォーゲーム』及び『ディアボロモンの逆襲』と同一個体のオメガモンが登場。 台詞は無かったが、と共闘しグレイソードでを瞬殺するなど圧倒的な強さを見せた。 なお、ファンの間では長らく、「オメガモンはジョグレス進化なのでは?」という意見もあったが、今作でに、「あれはただの合体」と解説された。 デジモンアドベンチャー: [ ] 八神太一のグレイモンと石田ヤマトのガルルモンがアルゴモン(究極体)の攻撃を受けた時に、グレイモンとガルルモンが合体し登場。 アルゴモンを倒すことに成功し、アルゴモンが現実世界に放ったミサイルの起動を変えた後に太一達が現実世界に戻されたために別れるが、太一がデジタルワールドに行った際アグモンに退化していた。 脚注 [ ].

次の

メタルガルルモン

メタル ガルルモン プラモ

今回は、 Figure-rise Standard(フィギュアライズスタンダード)より、ウォーグレイモンが AMPLIFIED仕様として登場。 デジモンシリーズにおいて、オメガモン以外のプラキット化は今回が初めてなので、デジモンおじさん以外のユーザー諸氏からの注目度も高め。 それでは早速レビューへと参りましょう。 組み立ては簡単なので、連続2時間程度で完成します。 キットにはホイルシールが一枚付属。 ウォーグレイモン オリジナルから大幅なデザインの変更がなされ、ウォーグレイモンXやTri版を彷彿とさせる大胆なアレンジ。 「AMPLIFIED(アンプリファイド)」とは 「増幅」という意味で、ディテールやギミックの増大を意味しているのでしょう。 ウォーグレイモン本体はバンダイの十八番であるメカニカルな立体表現に加え、クロンデジゾイド製の装甲の隙間から見える筋骨隆々としたボディの造形を両立しているのが大きな魅力。 「クロンデジゾイド」って何だよ・・・って思った情弱兄貴は、マジンガーZでいう「超合金Z」みたいなものだと思って、どうぞ。 色分けに関しては、 6色のマルチカラーインジェクション成型で構成され、組み立てただけでも8割は色分けされ、クリヤーパーツが併用されているのが特徴。 ドラモンキラーを始め、細部もエッジの鋭いシャープな形状で表現されただけでなく、各部ギミックの充実ぶりもありがたいところ。 デジモン好きだけでなく、モデラーからの関心も高いです。 頭部 頭部は、野生的かつ精悍な表情で立体化され、マスクのディテールも精密に造形。 後頭部から生える、刺々しい形状の髪の毛は別パーツで再現され、ある程度は上下に可動。 目はシールで再現。 髪の毛は立体感こそ秀逸なものの、エッジがだるく、肉抜き穴が大量にあるのが欠点。 首筋のケーブルは別パーツで分割。 首関節は多重関節で可動域はかなり広いものの、各部の干渉も激しいのがデメリット。 上下にはそれなりに可動しますが、背面にブレイブシールドを取り付けると、あまり動かなくなります。 肩部 ショルダーアーマーは大幅にデザインが変更され、突き出したブレード部分はシャープに再現。 肩の関節は、従来のフィギュアライズスタンダードはポピュラーなボールジョイント関節。 腕はショルダーアーマーが接触する関係で、水平までは上がりません。 反面、前方に腕を大きく持っていけるので、可動域は比較的広め。 腕部 腕は筋肉質な逞しいラインで立体化。 ガントレットは硬質感溢れる形状。 手はクリーチャーらしい角ばった形状。 胴体 比較的原作に忠実なデザインの胴体ながら、より情報量が増しているデザイン。 胴体はほぼ素組みでここまで色分けされていますが、パーツ数はそれ程多くないので、組み立ても苦になりません。 逆に言えば、少ないパーツ数で細部を色分けする、他社の追随を許さないバンダイの技術力の高さを物語ります。 背面は正面に比べてシンプルな構成。 しかしながら、各部ディテールは緻密に再現。 胴体は胸部と腰部にボールジョイントを採用。 可動時にこれらを引き出すことで、可動域を広げる構造。 上体を左右に捻ることは問題無く可能。 逆に反る・屈むといった動作は必要最低限といったレベル。 マシニーカ並みの柔軟性を期待してはいけない(戒め) 腰部はサイドアーマーが可動。 下半身 脚部は特に装甲の硬質感と重量感が強調され、特に見栄えするフォルム。 大腿部は、強靭な筋肉の質感をプラスチックでリアルに再現。 股関節は軸関節により、広範囲に可動。 「HG マジンガーZ(INFINITY)」でも披露したハイキックも難なく可能で、安定感に関してはむしろこちらが上。 ふくらはぎ周りのディテールは精密で、コード等も分割される等、非常に細分化されているのが特徴。 足首は球体ジョイントにより接地性も高く、接地面積が広いので転倒しにくいのがメリット。 つま先を伸ばすようなポーズもある程度可能。 加えて、アンクルアーマーも可動するので、踏み込むようなダイナミックなアクションポーズも可能。 足裏は平坦な形状で、爪の裏側は肉抜き穴があります。 肉抜き穴が無ければ完璧だった・・・(落胆) オプション オプションは両腕に装備する ドラモンキラーに加え、背部に設置される ブレイブシールドが付属。 ドラモンキラー クローはエッジの鋭いシャープな形状で再現。 裏側は肉抜き穴あり。 肉抜き穴ばっかりじゃねぇかよオォン!? クローは上下に大きく可動し、ちょっとした表情付けに役立ちます。 ちなみに、このドラモンキラーは同クラスの究極体(竜型に限る)ですら、いとも簡単に切り裂かれる威力。 主にこれを使用した必殺技として、 「グレイトルネード(ブレイブトルネード)」は回転特攻しながら、敵の体内に潜り込み、内部から八つ裂きにするデジモン史に残る凶悪な虐殺技の一つ。 ブレイブシールド 背部のブレイブシールドは独自のアレンジにより、多段変形タイプとなり、内部にはクリヤーパーツを使用。 シールドは折り畳み式で、実際にシールドとして使用可能。 完全武装状態 ようやく馴染みのあるシルエットに変化。 各部の装備により、より力強いプロポーションへ。 ドラモンキラーは、当然の如く取り外し可能。 片腕に二つのクローを合体可能な、オリジナルギミック搭載。 シールドは専用アタッチメントにより、結合状態を再現。 手持ちシールドとして活用可能。 比較 「Dアーツ版」との比較。 原作デザインから大きく逸脱した風貌で、アレンジし過ぎて同一のデジモンか、これもうわかんねぇな・・・ キットの取扱説明書のデザインも既視感あると思ったら、 「HG マジンガーシリーズ」とほぼ同じレイアウトで草。 マジンガーと言い、ウォーグレイモンと言い、最近はディテールの大幅追加が流行ってそう。 横幅もある上、大きい分迫力があり、組み応えがあります。 しかし、その巨大さが逆に仇となり、これまで同社から発売されたデジモン関連のアクションフィギュアと並べると、不自然な体格差になってしまうのが欠点。 逆に14~15cm台のコンパクトサイズだったら、これまでのアクションフィギュアと絡めて遊べたのですが。 アクション 「ウイルス種はデリートしなきゃ(使命感)」 ということで、 「 フィギュアライズスタンダード ウォーグレイモン AMPLIFIED 」でした。 デジモンの立体物は、これまでPVC製塗装済み完成品が主でしたが、オメガモン以外のキャラクターで本格的なプラキット化は今回が初。 今回は ウォーグレイモンと オメガモンの二種が同時発売され、これまでのバンダイスピリッツのノウハウの応用により、これまでにない新たなイメージで3D化されています。 特にメカニカルな外装と、屈強な肉体を併せ持つウォーグレイモンのデザインを全く新しいアプローチで立体化しており、各部の質感の差異も再現されているのが強み。 シャープかつ精密な造形は勿論のこと、色分けやパーツ精度も優秀な上、組み立ても簡単なので、これといった大きな欠点は見当たりません。 ギミック面でもブレイブシールドの可動、 ドラモンキラーの合体、それ以外にもガントレットのジョイントを活用した独自カスタマイズが可能等、 自分好みのアッセンブルが出来るのも魅力。 が、肉抜き穴が随所にあるため、改修するとなるとそれなりに手間が掛かります。 しかし、一番の懸念は今回のプラキット化による大胆なアレンジ。 古参ニキには過剰とも見える情報量の増加は、果たしてどう評価するかが大きな分かれ道。 ウォーグレイモンXが許容出来るなら、今回のキットも十分魅力あるアイテムに見えると思います。 デジモン世代の筆者の感想としても、素直にカッコイイと思います。 しかしながら、個人的に序盤のラインナップに、相方と言っても過言ではない メタルガルルモンを持ってきてくれなかったのが残念なところ。 以前にプラキット化されているオメガモンでは、造形が良くても少々インパクトが弱いのが欠点。 実際、パッケージはウォーグレの方が厚くて草生えた。 次回にはメタルガルルモンのリリースをオナシャス! 通常の ヨツンヴァイン四足歩行タイプか、X抗体状態のような二足歩行タイプと、どちらに準じた姿で立体化されるかというだけでも、興味が尽きないところです。 後で「ぼくらのウォーゲーム」見なきゃ・・・ さて、今回は最強最悪と悪名高い 台風19号によって、多くの地域で被害を被ったことと思われます。 筆者の自宅がある房総半島こと千葉県も、先月の 台風15号のクソッタレの所為で甚大な被害を受けましたが、幸い今回の台風では停電や家屋の破損等の被害は無く、無事にクッソ害悪な災害を乗り切る事が出来ました。 当ウェブサイトにお越しになられているユーザー諸氏の中にも、大規模災害に遭われた方々も多いと思いますが、心よりお見舞い申し上げます。 それではみなさん。 一日も早い復旧をお祈り致します。

次の