個別銘柄。 「個別銘柄指定方式」で配当金を受け取りたい場合は、いつまでに登録が必...

個別銘柄画面説明|マニュアル|kabuステーションR専用サイト|[KC] スペシャルコンテンツ(PC)|

個別銘柄

実際、日本のアルトコイン取引出来高では、韓国などと共に世界の中でも大きなシェアを獲得し、各国の関心度がそれを牽引してきた。 今回は、国別の関心度データを分析したBlockchaincenter. netの「Cryptocurrency World Map」を元に、最新の状況を記事で紹介する。 「Cryptocurrency World Map」は、Googleトレンドの検索データをもとに、国別の関心度を可視化している。 検索したワードについては言及されておらず、その国の言語に対応しているか不明な点は留意したい点にあがる。 Googleが利用できない中国も対象外になる。 世界の銘柄別関心度シェア まずは、世界各国の基準となる平均値から算出した、個別銘柄別の関心度シェアを紹介する。 アルトコインについては、概ね時価総額に沿った銘柄で構成されている。 Blockchaincenter. netによると、時価総額トップ10に入っている銘柄でも、Googleトレンドで十分な検索量と判断されていないケースで、統計結果に反映されていないケースがある。 その逆も然りで、時価総額トップ30に入っていないDogecoinは、検索数ではトップ10入りを果たし、一定の関心度や需要が反映されたという。 ビットコインの関心度が高い国は? 世界的に圧倒的な関心度を示したビットコインについて、国別に見るとより関心度が高い国が見えてきた。 ランキング上位に入ったのは、1位ケニア(94. トップ10入りした国の特徴は南米とアフリカ圏に集中している点で、南米大陸から4ヵ国(ブラジル・チリ・エクアドル・アルゼンチン)、アフリカ大陸から4ヶ国(ケニア・ナイジェリア・南アフリカ・モロッコ)がランクインした。 南米・アフリカ圏は、ビットコインを決済や資産逃避としての手段として利用拡大が注目されている国で、国際的な取引所も多く進出し始めている。 アフリカについては、インフラストラクチャーの不足、うまく管理されない経済、高額の送金手数料、貧困などアフリカ南部で広く存在している課題について、人々が仮想通貨を用いてどのように乗り越えようとしているかを描くドキュメンタリー「バンキング・イン・アフリカ:ビットコイン革命」がAmazonプライムで公開も予定されている。 日本と韓国は、17年時の出来高データを引き継ぐ形で、現在の関心度でも一定のアルトコイン検索シェアを有している。 これら4ヶ国を特徴別にグルーピングすると、日本と韓国が、関心度2位にXRPが入る。 一方の2ヶ国についてイーサリアム(ETH)の検索数が大きなシェアを占めた。 日本のケースでは、ビットコインが68. また、セルビアは、イーサリアムの関心度が22. 銘柄別シェア また、アルトコインを銘柄別でみると以下のようなランキングになる(トップ3を抜粋)。 トップ3に日本がランクインしたのは、XRP、Cardano(ADA)、Tron(TRX)、IOTAの4銘柄。 日本も上位に入ったIOTAは、1位ドイツが圧倒的で、唯一イーサリアムをIOTAが検索数で抜く国としてランクインした。 Ethereum 1位:セルビア 2位:ロシア 3位:韓国 XRP 1位:韓国 2位:日本 3位:アイスランド Bitcoincash 1位:ベネズエラ 2位:ウクライナ 3位:ロシア Litecoin 1位:ベネズエラ 2位:ウクライナ 3位:ロシア Cardano 1位:オランダ 2位:スロベニア 3位:日本 Monero 1位:ウクライナ 2位:チェコ 3位:ベネズエラ Tron 1位:パキスタン 2位:日本 3位:ロシア IOTA 1位:ドイツ 2位:オーストリア 3位:日本 Dogecoin 1位:バングラディッシュ 2位:ウクライナ 3位:パキスタン ランキング詳細: 画像はShutterstockのライセンス許諾により使用.

次の

個別銘柄戦略:ルネサスやデンソーに注目 投稿日時: 2020/06/02 09:09[フィスコ]

個別銘柄

日本大学教授らが作ったウイルス検査において、月内に同社と量産に向け検査キットの開発でライセンス契約を締結と報じられた。 検査キットが実用化すれば、専門技師や検出器を使わず、30分程度で新型コロナウイルスを判定する検査法が確立することになる。 今秋の実用化を目指すという。 来夏の東京五輪開催も控え、引き続き、ウイルス検査の大規模化、迅速化が急がれる中、製品開発への期待感が高まる形に。 深紫外線LED応用製品が好調と一部で報じられている。 1月末に発売した空間除菌消臭装置「エアロピュア」は、新型コロナウイルスへの有効性が確認された直後から問い合わせが急増しており、納入は2-3カ月待ちとなっているもよう。 また、アルコール製剤不足で需要が高まっているオゾン水手洗い装置「ハンドレックス」も増産の方針。 目先の業績インパクトなどが期待される形になっているもよう。 H.I.S. 1890 -18反落。 先週末に上半期業績の下方修正を発表している。 営業損益は従来の24億円の黒字から14億円の赤字に減額している。 外出自粛や入国制限による旅行需要の低下によって、旅行・ホテル・ハウステンボス事業などが大きく影響を受けたようだ。 修正幅は想定の範囲内とみられるものの、海外旅行取扱高の回復は現状では見通せず、通期予想も今回は修正を行っていないことから、あく抜け感にはつながる形となっていない。 約40%保有している半導体メモリー大手キオクシアHDの株式を段階的に売却する方針を固めたと伝わっている。 キオクシアHDは10月をめどに上場を目指しており、株式売却は上場後となるもよう。 売却株数などは未定だが、時価総額は数兆円規模になるともされ、相応の売却益は期待される状況に。 半導体事業のウェイト低下による収益構造の安定化に加え、売却益を原資とした株主還元の充実などを期待する動き先行。 日本製鉄 1077. 0反発。 大和証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価を1700円に設定した。 大規模な構造改革に伴う固定費負担の大幅削減、高付加価値分野への経営資源集中、紐付き鋼材価格引き上げの動き、鋼材需要の底打ち期待などを高炉セクターの注目ポイントと分析。 なかでも同社は、構造改革と紐付き価格の引き上げに向け業界をリードしており、収益性改善による経営が大きく変化している点が注目との見方をしている。 先週末に上半期の決算を発表、営業利益は49. 7億円で前年同期比11. 3%減益となった。 2ケタ減益ではあるものの、従来計画の42億円は大きく上振れて着地している。 通期計画80億円、前期比4. 7%増は据え置き、過度な下振れ懸念は後退の格好にも。 また、米ゴーワン社との間で、殺菌剤ペンシクロンの日本国内における独占販売契約を締結したとも発表、業績寄与への期待も高まる形に。 ナノウェーブがLEDを使って細菌やウイルスを分解する空気清浄機を開発と報じられており、同社は40畳用の製品を製造とされている。 家電量販店などで初年度10万台の販売を目指すもよう。 同清浄機は光の出力を強め、触媒の表面積を広げることで除菌力を高めているようだ。 新型コロナウイルスの感染防止ニーズは今後も高水準が続くとみられ、業績への寄与を期待する動きが先行。 先週末に上半期業績予想の上方修正を発表、営業利益は従来予想の18. 8億円から23. 8億円、前年同期比35. 1%増にまで増額している。 中間期配当金も従来の20円から23円に引き上げ。 半導体材料を中心に電子材料事業の販売が好調に推移したことが業績上振れの背景。 第1四半期の水準と比較してみても、増益率は拡大する形に。 通期計画は据え置いているものの、上振れ期待を織り込む動きが先行している。 日電波 380 -28大幅反落。 先週末に20年3月期決算を発表。 営業損益は82. 9億円の赤字となり、従来計画64億円を上回る赤字幅となった。 車載市場向けの落ち込みが予想されることで、水晶振動子、水晶機器の生産を行う古川NDKや中国グループ会社の製造設備などについて減損約20億円を計上し、財務体質のさらなる悪化などが警戒された。 なお、中期計画も発表、22年度売上高420億円、営業利益率7%などの目標値を掲げている。 《US》.

次の

マネー

個別銘柄

スポンサードリンク 個別銘柄積立投資「花王」を積立開始しました! 先日の記事で「個別銘柄積立投資」の2つ目の銘柄を「花王」に決めましたという記事を書きましたが、本日予定通り花王の初回の積立が完了しました。 「花王」は投資初心者の方でも比較的投資しやすい銘柄なので、まずは何かに投資したいと考えている方は是非真似をしてみてください。 既に過去の読んでくださっている方も多いかもしれませんが、 「個別銘柄積立投資」の内容からおさらいです。 インデックスや投信に積立というのはよくあるのですが、将来株価があがる(下がらない)個別銘柄に毎月コツコツ積み立てる手法です。 一つ目の銘柄はロゼッタ(6182 を月初に積立をしており、今回は花王(4452)で積み立てを実施しました。 8513円で2株購入したことになります。 次回は3株買えるように少し設定を変更する予定です。 花王については、皆さんもご存知だとは思いますが、詳細は以下の記事で分析しているのでご確認ください。 確率論で考えると損をする確率はかなり低く、上手くいけば投資額を数倍にすることも可能なので、何にどう投資をしようか悩んでいる方は参考にしてみてください。 精神的にはかなり楽な投資手法だと思います。 個別株積立を行う証券会社はSBIネオモバイル証券の一択 以前の記事でも紹介していますが、もう一度「個別銘柄積立投資」を行う証券会社についても記載しておきます。 このサイトでも再三紹介してきておりますが、一番のおすすめはです。 投信やロボアドバイザーを積立で投資できる証券会社は多いのですが、個別株の積立ができる証券会社はまだまだ少ないです。 最近はいくつかの証券会社が対応初めているのですが、以下の理由でがダントツおすすめだと考えています。 それぞれをもう少し解説します。 対象銘柄は、現物取引(東証・名証・福証・札証上場銘柄)、国内ETF(国内上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)の銘柄すべてです。 国内で上場している銘柄は全てカバーしていると考えてOKです。 手数料月額制で以下になります。 220円???と思うと思いますが、SBIネオモバイル証券はTポイントと提携しており、毎月200円分のTポイントをもらうことができます。 そのTポイントは次回の積立で利用することができるので実質は20円分だけ毎月手数料を払うことになります。 その月内に一度も取引が無くても220円掛かってしまうのですが、一時停止をすることも可能なので心配なしです。 積立を行っている比較的手数料が安い証券会社は他にもあったのですが、そこは初めて聞いた名前の会社であり、やはりバックにSBIがいるのとは大違いです。 SBIグループというのは安心材料になると思っています。 他にもTポイントで株が買えたり単元未満(1株単位)で株が買えたりとプロではなく個人向けの証券会社で今後もいろいろサービスが充実してくることも予想できます。 口座開設もネットで完結することが可能で、先ほど記載した手数料も最後に行うクレジットカードの登録をするまでは発生しないので口座開設だけしておいて銘柄を選ぶということも可能になっています。 今回の「個別株積立投資」はもちろん低額で株式購入をはじめて見たい方や余ったTポイントを有効活用したい方にもおすすめの証券会社になっているので、興味がある方は以下から口座開設をしてみてください。 3つ目の銘柄については、7月20日前後に積み立てを開始したいと考えております。 アーカイブ•

次の