オリーブ オイル イブプロフェン。 【悲報】オリーブオイル、コロナウイルスと相性の悪いイブプロフェン作用 (942): ドッカン!!!まとめ

オリーブオイルと健康~オリーブオイルの健康効果~

オリーブ オイル イブプロフェン

オリーブオイルには、風邪薬と同じような効果がある!オレオカンタール オリーブオイルの中でも、上質なエキストラヴァージンオリーブオイルには、口に含んだ時にぴりっとする刺激があります。 これはオレオカンタール(Oleocanthal というエキストラヴァージンオリーブオイル特有の成分によるものです。 オレオカンタールはポリフェノールの一種で、抗炎症効果があります。 それもそのはず、 実はこのオレオカンタールには、風邪薬に含まれているイブプロフェンと同じような効果があることが、アメリカのペンシルベニア大学の研究チームによって発表されています。 (2005年9月、Nature 実際には、50gのエキストラヴァージンオリーブオイルは、風邪薬一錠に含まれるイブプロフェンの約10%の効果しかない、というものでした。 とはいっても、最近の研究では エキストラヴァージンオリーブオイルによってオレオカンタールの含有量が違うので簡単に結論付けれないというのが一般的になっています。 では、どう違うのか見てみましょう。 早摘みのエキストラヴァージンオリーブオイルのほうが効果的 まず、当然ですが、摘みたてのオリーブの実を品質が変わらないうちに採油所に運んで作られた上質なエキストラヴァージンオリーブオイルには、オレオカンタールをはじめとするポリフェノールが多く残っています。 オリーブオイルコンクールで上位にランキングされたような上質なエキストラヴァージンオリーブオイルには、ストロング、マイルドにかかわらず、必ず強いピリッとした刺激を感じますよね。 ところが、スーパーなどのオリーブオイルでは全くそんなことがないのですから、違いは明らかですよね。 そして、ヴァージンオリーブオイルを高温で加熱精製処理をしたオリーブオイル(ピュアオリーブオイル)になると、貴重なポリフェノールは、ほとんど残っていません。 味も色も香りも匂いも消してしまったオリーブオイルですから、当然です。 実際、日本電子株式会社による「」というレポートで、高級な搾りたてエキストラバージンオリーブ油と中級のグレードのオリーブ油で比較しています。 結果は、エ キストラバージンオリーブ油のほうはオレオカンタールが「迅速に検出」され高い質量制度で確認されたのに対し、中級な方では非検出でした。 また、アテネ大学がギリシャのオリーブの生産者たちの依頼で、早積みオリーブオイルに含まれるポリフェノールの含有量を測定したところ、 シーズンの初めに収穫したエキストラヴァージンオリーブオイルから、最もオレオカンタールの含有量が多いという結果になりました。 ( Journal of Agricultural and Food Chemistry』の2012年11月2日号) エキストラヴァージンオリーブオイルを口に含んだ時の刺激的な感覚がオレオカンタールの正体なのですから、やっぱり上質なエキストラヴァージンオリーブオイルでなければ、ならないのです。 オリーブオイルの品種によっても効果が違う まだシーズン初めの実が緑なうちに摘んで、すぐに採油所へ運んで搾ったエキストラヴァージンオリーブオイルに、オレオカンタールが残っていることはわかりましたが、実は、オリーブの実の品種によっても違ってくるんです。 特に有名なのは、イタリアの長靴のかかと部分にあたるプーリア州の土着品種、コラティーナ種。 数々のオリーブオイルコンクールのストロング部門と言えば、コラティーナ、というほど、ピリッとした強い刺激が特徴的なオリーブの品種です。 2016年プーリアのバーリにあるアルド・モーロ大学で、健康な人たちに毎日50ミリリットルのコラティーナ種のオリーブオイルを朝一番で飲み続けてもらう実験をしました。 その結果は、リボ核酸の発生を促進するほどの抗酸化作用や抗腫瘍作用があるとのこと。 リボ核酸って、母乳に含まれている成分で免疫の調整や記憶力の向上に役立つと言われているものです。 実はリボ核酸などと化学的な説明をされても、私はピンとこないのですが、実際コラティーナを飲んでみれば納得できます。 フロスオレイのローマツアーで、コラティーナを中心に試飲した記事を書きましたが、本当にどれもこれもピリッとした強い刺激を感じることができます。 ブラインドテイスティングでも、コラティーナ種はすぐにわかるほど。 しかも、それぞれの造り手によって、それぞれの味わいがあるから面白い。 そして、みんな本当に自信をもって良質なエキストラヴァージンオリーブオイルを作っているんだな、という情熱が伝わってきて、すごくうらやましかったです。 実は、ほんの10年くらい前(?)までは、マイルドなエキストラヴァージンオリーブオイルのほうが人気があったんです。 そのため、コラティーナ種はもっぱら味わいの弱いオリーブオイルとミックスして香りと味わいをつける、という程度の使われ方だったそう。 まさにプーリア州のワインのブドウ用と同じ扱いです。 ところが、ここ数年の研究の成果で、オレオカンタールを多く含むコラティーナ種は優れているという評価が定着して、ようやく日の目をみることになったというわけです。 先日お会いしたコラティーナの生産者さんは、コラティーナ種が抗ガン作用も一番強いという研究結果があるともおっしゃってました。 もちろん、強烈な味わいに好みが分かれると思いますが、ぜひ一度コラティーナ種100%のエキストラヴァージンオリーブオイルを試してみてはいかがでしょうか? 私のおすすめのコラティーナ種。 2020年のフロスオレイでも98点という高得点。 文句なしに美味しい国際コンクールの上位入賞の常連さんです。 ボトルもかわいいし、250ml入りというのも使いやすいですよ。 オリーブオイルの抗炎症効果のまとめ 地中海ダイエットの大切な基本の食材エキストラヴァージンオリーブオイルには、たくさんの素晴らしい効能があります。 その中でも今回は上質なエキストラヴァージンオリーブオイルだけに含まれる特徴的なポリフェノール、オレオカンタールの抗炎症効果についてご紹介しました。 市販の風邪薬でおなじみのイブプロフェンと同じような効果があると証明されているほど抗炎症効果が高いんです。 今、多くの学者がエキストラヴァージンオリーブオイルの効能について次々に研究をすすめているので、研究成果が楽しみです。 ただ、共通して言えるのは、こうした素晴らしいオリーブオイルの効能は、絶対に上質なエキストラヴァージンオリーブオイルにしか含まれていない、ということです。 少し値段が高いですが、毎日のことなので天然のサプリメントと思って、本物を選んでくださいね。 しかも、サプリメントと違って、かけるだけで料理がグンと美味しくなるのですから、いいことずくめです。 上質なエキストラヴァージンオリーブオイルなら、サラダだって、お肉もお魚も独特の風味が加わって美味しく食べることができます。 インフルエンザが猛威をふるうこの時期ですから、ぜひ、毎日の食事に取り入れて、簡単に地中海ダイエットでインフルエンザまで予防しましょう。 こちらの記事もどうぞ。 2001年よりローマ在住。 イタリアソムリエ協会公認オリーブオイルソムリエ。 地中海式ダイエット研究家、イタリアフードアドバイザー、レシピ開発。 ライター&翻訳、通訳。 本場イタリアのマンマから学んだ簡単で美味しくてヘルシーな料理が得意。 アンチエイジングをはじめとした素晴らしい効能のある美味しいエキストラヴァージンオリーブオイルの魅力を知ってもらうために情報発信中。 自分自身もアンチエイジング効果で健康に暮らしていきたいと願うアラフィフ。 イタリア人の夫と2人の10代の子供たちとの4人暮らし 関連する記事• 2019. 01 早いもので今日で9月も終わり。 イタリアも南の方では、早くも今年のオリーブオイルの収穫が始まっています。 週末、アッピア旧街道を散歩した時に、公園でオリー[…]• 2020. 05 ボンジョルノ。 今日は私の使っているエキストラヴァージンオリーブオイルのおすすめ口コミ情報第3弾です。 偶然、素敵なご縁で公式サポーターとして、ホーム[…]• 2019. 19 イタリア料理に欠かせないオリーブオイル。 今では日本の食卓にもすっかり定着して、普通のスーパーマーケットでも、いろんなオリーブオイルが簡単に手に入ります[…].

次の

【オリーブオイル】免疫が下がる!?【イタリアとコロナウイルス】

オリーブ オイル イブプロフェン

オリーブオイルには、風邪薬と同じような効果がある!オレオカンタール オリーブオイルの中でも、上質なエキストラヴァージンオリーブオイルには、口に含んだ時にぴりっとする刺激があります。 これはオレオカンタール(Oleocanthal というエキストラヴァージンオリーブオイル特有の成分によるものです。 オレオカンタールはポリフェノールの一種で、抗炎症効果があります。 それもそのはず、 実はこのオレオカンタールには、風邪薬に含まれているイブプロフェンと同じような効果があることが、アメリカのペンシルベニア大学の研究チームによって発表されています。 (2005年9月、Nature 実際には、50gのエキストラヴァージンオリーブオイルは、風邪薬一錠に含まれるイブプロフェンの約10%の効果しかない、というものでした。 とはいっても、最近の研究では エキストラヴァージンオリーブオイルによってオレオカンタールの含有量が違うので簡単に結論付けれないというのが一般的になっています。 では、どう違うのか見てみましょう。 早摘みのエキストラヴァージンオリーブオイルのほうが効果的 まず、当然ですが、摘みたてのオリーブの実を品質が変わらないうちに採油所に運んで作られた上質なエキストラヴァージンオリーブオイルには、オレオカンタールをはじめとするポリフェノールが多く残っています。 オリーブオイルコンクールで上位にランキングされたような上質なエキストラヴァージンオリーブオイルには、ストロング、マイルドにかかわらず、必ず強いピリッとした刺激を感じますよね。 ところが、スーパーなどのオリーブオイルでは全くそんなことがないのですから、違いは明らかですよね。 そして、ヴァージンオリーブオイルを高温で加熱精製処理をしたオリーブオイル(ピュアオリーブオイル)になると、貴重なポリフェノールは、ほとんど残っていません。 味も色も香りも匂いも消してしまったオリーブオイルですから、当然です。 実際、日本電子株式会社による「」というレポートで、高級な搾りたてエキストラバージンオリーブ油と中級のグレードのオリーブ油で比較しています。 結果は、エ キストラバージンオリーブ油のほうはオレオカンタールが「迅速に検出」され高い質量制度で確認されたのに対し、中級な方では非検出でした。 また、アテネ大学がギリシャのオリーブの生産者たちの依頼で、早積みオリーブオイルに含まれるポリフェノールの含有量を測定したところ、 シーズンの初めに収穫したエキストラヴァージンオリーブオイルから、最もオレオカンタールの含有量が多いという結果になりました。 ( Journal of Agricultural and Food Chemistry』の2012年11月2日号) エキストラヴァージンオリーブオイルを口に含んだ時の刺激的な感覚がオレオカンタールの正体なのですから、やっぱり上質なエキストラヴァージンオリーブオイルでなければ、ならないのです。 オリーブオイルの品種によっても効果が違う まだシーズン初めの実が緑なうちに摘んで、すぐに採油所へ運んで搾ったエキストラヴァージンオリーブオイルに、オレオカンタールが残っていることはわかりましたが、実は、オリーブの実の品種によっても違ってくるんです。 特に有名なのは、イタリアの長靴のかかと部分にあたるプーリア州の土着品種、コラティーナ種。 数々のオリーブオイルコンクールのストロング部門と言えば、コラティーナ、というほど、ピリッとした強い刺激が特徴的なオリーブの品種です。 2016年プーリアのバーリにあるアルド・モーロ大学で、健康な人たちに毎日50ミリリットルのコラティーナ種のオリーブオイルを朝一番で飲み続けてもらう実験をしました。 その結果は、リボ核酸の発生を促進するほどの抗酸化作用や抗腫瘍作用があるとのこと。 リボ核酸って、母乳に含まれている成分で免疫の調整や記憶力の向上に役立つと言われているものです。 実はリボ核酸などと化学的な説明をされても、私はピンとこないのですが、実際コラティーナを飲んでみれば納得できます。 フロスオレイのローマツアーで、コラティーナを中心に試飲した記事を書きましたが、本当にどれもこれもピリッとした強い刺激を感じることができます。 ブラインドテイスティングでも、コラティーナ種はすぐにわかるほど。 しかも、それぞれの造り手によって、それぞれの味わいがあるから面白い。 そして、みんな本当に自信をもって良質なエキストラヴァージンオリーブオイルを作っているんだな、という情熱が伝わってきて、すごくうらやましかったです。 実は、ほんの10年くらい前(?)までは、マイルドなエキストラヴァージンオリーブオイルのほうが人気があったんです。 そのため、コラティーナ種はもっぱら味わいの弱いオリーブオイルとミックスして香りと味わいをつける、という程度の使われ方だったそう。 まさにプーリア州のワインのブドウ用と同じ扱いです。 ところが、ここ数年の研究の成果で、オレオカンタールを多く含むコラティーナ種は優れているという評価が定着して、ようやく日の目をみることになったというわけです。 先日お会いしたコラティーナの生産者さんは、コラティーナ種が抗ガン作用も一番強いという研究結果があるともおっしゃってました。 もちろん、強烈な味わいに好みが分かれると思いますが、ぜひ一度コラティーナ種100%のエキストラヴァージンオリーブオイルを試してみてはいかがでしょうか? 私のおすすめのコラティーナ種。 2020年のフロスオレイでも98点という高得点。 文句なしに美味しい国際コンクールの上位入賞の常連さんです。 ボトルもかわいいし、250ml入りというのも使いやすいですよ。 オリーブオイルの抗炎症効果のまとめ 地中海ダイエットの大切な基本の食材エキストラヴァージンオリーブオイルには、たくさんの素晴らしい効能があります。 その中でも今回は上質なエキストラヴァージンオリーブオイルだけに含まれる特徴的なポリフェノール、オレオカンタールの抗炎症効果についてご紹介しました。 市販の風邪薬でおなじみのイブプロフェンと同じような効果があると証明されているほど抗炎症効果が高いんです。 今、多くの学者がエキストラヴァージンオリーブオイルの効能について次々に研究をすすめているので、研究成果が楽しみです。 ただ、共通して言えるのは、こうした素晴らしいオリーブオイルの効能は、絶対に上質なエキストラヴァージンオリーブオイルにしか含まれていない、ということです。 少し値段が高いですが、毎日のことなので天然のサプリメントと思って、本物を選んでくださいね。 しかも、サプリメントと違って、かけるだけで料理がグンと美味しくなるのですから、いいことずくめです。 上質なエキストラヴァージンオリーブオイルなら、サラダだって、お肉もお魚も独特の風味が加わって美味しく食べることができます。 インフルエンザが猛威をふるうこの時期ですから、ぜひ、毎日の食事に取り入れて、簡単に地中海ダイエットでインフルエンザまで予防しましょう。 こちらの記事もどうぞ。 2001年よりローマ在住。 イタリアソムリエ協会公認オリーブオイルソムリエ。 地中海式ダイエット研究家、イタリアフードアドバイザー、レシピ開発。 ライター&翻訳、通訳。 本場イタリアのマンマから学んだ簡単で美味しくてヘルシーな料理が得意。 アンチエイジングをはじめとした素晴らしい効能のある美味しいエキストラヴァージンオリーブオイルの魅力を知ってもらうために情報発信中。 自分自身もアンチエイジング効果で健康に暮らしていきたいと願うアラフィフ。 イタリア人の夫と2人の10代の子供たちとの4人暮らし 関連する記事• 2019. 01 早いもので今日で9月も終わり。 イタリアも南の方では、早くも今年のオリーブオイルの収穫が始まっています。 週末、アッピア旧街道を散歩した時に、公園でオリー[…]• 2020. 05 ボンジョルノ。 今日は私の使っているエキストラヴァージンオリーブオイルのおすすめ口コミ情報第3弾です。 偶然、素敵なご縁で公式サポーターとして、ホーム[…]• 2019. 19 イタリア料理に欠かせないオリーブオイル。 今では日本の食卓にもすっかり定着して、普通のスーパーマーケットでも、いろんなオリーブオイルが簡単に手に入ります[…].

次の

西洋から発展した医学は「何かが間違って進んでしまっている」ことを新型コロナウイルスの感染拡大が示している。そして、イブプロフェンとオリーブオイルについての最近の話題が気になり

オリーブ オイル イブプロフェン

オリーブポリフェノールは、現在30種類以上発見されています。 その中でも注目されているのが、オレウロペイン、オレオカンタール。 研究によって、さまざまな健康効果が明らかになってきています。 痛みを抑える オリーブポリフェノールの1つ・ オレオカンタールは、鎮痛薬成分のイブプロフェンと同じように作用するという研究結果が発表されています。 骨粗しょう症を防ぐ オリーブの葉や若い実に多く含まれるポリフェノール・ オレウロペインや その代謝産物ヒドロキシチロソールによって骨密度の低下を防いだり、関節炎を改善するという研究が報告されています。 がんのリスクを下げる オリーブオイルの日常的摂取で、乳がん、大腸がん、胃がん等のリスクを下げるという報告があります。 オレイン酸や ポリフェノール類の持つ抗炎症作用・抗酸化作用が働くと考えられています。 生活習慣病を予防 オレイン酸がインスリンの働きを良くして糖尿病を防いだり、LDLコレステロールを下げたり、また ポリフェノールが抗酸化に働くなどして、生活習慣病の予防作用が期待されています。 便通改善 オレイン酸が多く含まれるオリーブオイルは小腸で吸収されにくく、腸管内の滑りを良くします。 また大腸を刺激して、排泄を促すと考えられています。 美白作用 オレウロペインと ヒドロキシチロソールが強力な抗酸化力を持ち、シミを防ぐ成分グルタチオンの働きを高めることがわかりました。 その他 いくつもの研究で、 地中海型の食生活でアルツハイマー病、パーキンソン病の発症率に有意な低下が見られました。 その理由の一つがオリーブオイルにあると考えられています。

次の