喪中 ハガキ が 来 たら。 喪中ハガキをもらったら…お線香を送るのは迷惑?寒中お見舞いの文例を紹介

喪中に年賀状が来たら?返信は寒中見舞いで?その例文は?

喪中 ハガキ が 来 たら

喪中ハガキを受け取った場合 「喪中ハガキ」を受け取った場合、多くの方は年賀状を送らないようにしなきゃと考えるわけですが、それ以上の行動を起こす方って少ないと思われます。 しかし挨拶状として「喪中ハガキ」を受け取ったのですから、何らかの行動を行わなければ失礼にあたります。 どのような行動を行うべきかを見ていきましょう。 寒中見舞いを送る 「寒中見舞い」とは松の内を過ぎてから送る季節の挨拶状で、「暑中見舞い」などと同じ性格を持っています。 松の内とは門松やお正月飾りを飾っておく期間のことで、関東では元旦から7日まで、関西では15日までとなっています。 なお「寒中見舞い」を出せるのは立春の前日までですので、1月7日または15日以降で2月2~3日までに届くようにしましょう。 このたびはご丁寧なご挨拶をいただき、ありがとうございます。 喪中でいらっしゃいますので新年の挨拶は控えさせていただきます お気を落とされていることかと存じますが どうぞお体を大切に新しい年をお迎えになられますよう心よりお祈り申し上げます。 通常はハガキで「喪中見舞い」を送ります。 中には「喪中ハガキ」が来て初めて不幸があったことを知る方も多く、葬儀に出席していない場合には 「香典をお渡ししていないのだがどうしよう」と悩んでしまうことも。 もちろん「喪中ハガキ」が来てから香典を送っても良いのですが、遅れてからだとお金を送りにくいとお考えの方も。 この場合は品物を送ります。 ロウソクやお線香が一般的ですが、ギフト券や菓子類、プリザーブドフラワーを贈る方もいらっしゃいます。 品物の場合の表書きには「御供」とするのが一般的です。 そしてお金や品物と一緒に手紙に書いた「喪中見舞い」を一緒に送るようにします。 年始状を送る 「寒中見舞い」は松の内が明けてから送るものですし、「喪中見舞い」は年が明ける前に送るのが一般的。 「喪中ハガキ」をいただいた方をお正月から元気づけることができればそれに越したことはありません。 しかし不幸があった方にお祝いの気持ちを込めた「年賀」はやはり送りにくい。 そこで元旦に届くように送る「年始状」という考え方もあります。 新年のあいさつとお悔やみの言葉、そしてご遺族の方々を元気づける言葉を綴ったものになります。 ふつうのハガキの料額印面(切手に相当する部分)の下に赤い文字で「年賀」と書いておくことで、元旦に配達してもらえます。 くれぐれも年賀状を用いないように。 喪中ハガキが来たのに年賀状を出してしまった ついうっかり年賀状を出してしまったり、年賀状を出した後に「喪中ハガキ」が届くこともあります。 こんなときはどうしていますか? 悪意があって年賀状を出したわけではありませんが、無礼なことをしたのもまた事実ですよね。 そのためにはお詫びやお悔やみの気持ちを込めて手紙を出す方が良いでしょう。 頻繁に顔を合わせる相手ならば直接会ってお詫びをしてもいいですし、取り急ぎ電話でお詫びを伝えるのもいいですね。 お詫びですからできるだけ早く!がポイントになります。 まとめ 喪中のハガキを頂いても年賀状を送らないだけといった方も多いのですが、新年の挨拶は喪中のためにできないという「挨拶状」ですから、やはりマナーとしては何らかのアクションを起こすべきです。 松の内が明けてから送る「寒中見舞い」がもっともオーソドックスで、近年は喪中のハガキを頂いたらすぐに送る「喪中お見舞い」を送る方も多くなっています。 ただ喪中とはいえお正月に年賀状が来ないというのもさみしいものですから、「年始状」という挨拶状をお正月に送るのも良いですよ。 くれぐれも何もアクションを起こさないことだけは避けましょう。

次の

喪中なのに年賀状が来たら?喪中だけど年賀状をもらった時の返信は?サンプル有

喪中 ハガキ が 来 たら

喪中はがきを受け取ったらどうする? まずは喪中はがきを受け取った場合の、一番基本的な対応について見ていきましょう。 喪中はがきとは、 「今年は喪中なので新年の挨拶は慎ませていただきます」ということを伝えるためのものです。 つまり、新年の挨拶=年賀状を今年は出しませんよというお知らせなんですね。 なので喪中はがきは、今まで年賀状のやり取りを行っていた人に送られるものです。 そして 一般的に喪中はがきを頂いたら、その方には年賀状を出しません。 喪中はがきは「こちらからは年賀状を出しませんよ」という意思表示だから、自分からは年賀状を送ってもマナー違反ではないという意見も目にします。 ですが一般的には、喪中はがきが届いたらこちらも年賀状を慎むのことが多いです。 ただでさえ喪中で気持ちの落ち込んでいる相手の気を悪くしないよう、喪中はがきが届いたら年賀状は出さない方が無難でしょう。 ただ喪中の方の中には、自分は年賀状を出せないけど相手からは受け取りたいと考える人もいます。 そういった方は喪中はがきに、年賀状を送っても大丈夫な旨を一言書き添えていることが多いです。 そう書いてある場合は、例年通り年賀状を送っても差し支えないでしょう。 年賀状を投函してから喪中はがきが届いたら? 喪中はがきは12月上旬頃までに送ることが多いですが、たまに12月中旬以降に届くことがあります。 その時期だと、年賀状の準備を早めに済ませた場合はすでにポストに投函済みという場合もあります。 前述しましたように、喪中の方に年賀状を出してもマナー違反というわけではありません。 相手の方も喪中はがきを出すのが遅かったことは自覚しているでしょうから、あなたから年賀状が届いても気を悪くすることはないと思います。 なので 年賀状を投函してから喪中はがきが届いたとしても、特別何かをする必要はありません。 ですがどうしても心苦しくて気になる方は、松の内 1月7日 を過ぎてから寒中見舞いを送りましょう。 寒中見舞いに年賀状を出してしまって申し訳ない旨を綴れば、相手の方にお詫びの気持ちを伝えることができます。 以下に、寒中見舞いで年賀状を出してしまったことを詫びるときの文例を紹介しますので、参考にしてくださいね。 寒中お見舞い申し上げます。 先日は【故人続柄・敬称】のご喪中を存じ上げなかったとはいえ、賀状を差し上げてしまい大変失礼いたしました。 遅ればせながら、ご冥福をお祈り申し上げます。 まだまだ寒い日が続きますが、お体を大切に元気でお過ごしください。 喪中はがきが届いた時のマナーある対応とは まず第一に、 届いた喪中はがきに何か返事をしなかったとしても、特に失礼には当たりません。 あくまで新年の挨拶を辞退する旨を伝える書状ですので、こちらから年賀状を出すことを控えるだけで大丈夫です。 ですが相手との関係性によっては、お悔やみや励ましの言葉を伝えたいと思うこともあるでしょう。 親しい友人の近しい身内がなくなったことを喪中はがきで知った場合は、友人に何か返事をしたいと思ったりしますよね。 なのでここからは、 喪中はがきに返事を出したいときのマナーについてご紹介していきます。 喪中はがきの返事は寒中見舞いで 喪中はがきに返事をする一番代表的な方法は、 寒中見舞いを出すことです。 寒中見舞いとは松の内 1月7日 が過ぎてから立春 2月4日頃 までに出す、寒中を見舞う手紙です。 現代では、年賀状への返事や年賀状の代用として用いられています。 なので 喪中はがきを受け取ったら、ひとまず年末年始の挨拶は慎み、正月ムードが明けた頃に寒中見舞いのはがきを出すと良いでしょう。 喪中の友人は例年のように年賀状が届くこともなく、寂しい気持ちでお正月を過ごしているかもしれません。 そんなときに寒中見舞いが届くと、思いの外嬉しい気持ちになるものです。 喪中の方に送る寒中見舞いの文例を紹介しますね。 寒中お見舞い申し上げます。 ご服喪中と存じ、年頭のご挨拶はご遠慮させていただきましたが、いかがお過ごしでしょうか。 ご家族がご逝去されて、この冬の寒さはひとしおのことと存じます。 遅ればせながら、ご冥福をお祈り申し上げます。 厳寒の折、お体大切にお過ごしください。 上はあくまで例文なので、ご友人に送る寒中見舞いならもう少しくだけた文でも構いません。 固い文章だけだと、どこかからコピペしてきただけのような印象になってしまいますしね。 喪中のことを気づかう文章に添えてあなたの近況などを書いておくと、もらって嬉しい素敵な寒中見舞いになりますよ。 年内の喪中はがきの返事はクリスマスカードもOK? 先ほどは年が明けてから寒中見舞いで返事をする方法をご紹介しました。 でも大切な友人が喪中であることを知ったら、年明けを待つよりもっと早くに何か返事をしたいと思う場合もあるでしょう。 そういったときは、 喪中はがきに対する返事を年内に送っても問題ありません。 年内に送る場合は一般的に、 喪中見舞いとして出します。 喪中見舞いには特に決まった形式はなく、便箋でもはがきでもOKです。 ただ相手は喪中の方なので派手なものは避け、シンプルな便箋やはがきを選びましょう。 書く内容についても特に決まりはありませんが、それでは何を書いたらいいか分からないという方もいらっしゃるでしょう。 以下の文例を参考にしながら、あなたなりの文章を書いてくださいね。 年賀欠礼のお知らせをもらい【故人続柄・敬称】のご不幸を知りました。 存じ上げず、お悔やみ申し上げるのが遅くなったこと申し訳ありません。 遅ればせながら、ご冥福をお祈り申し上げます。 ご服喪中とのことで年始の挨拶は控えさえていただきますが、お体に気をつけて新しい年をお迎えください。 これにあなたの近況やメッセージを加えればOKです。 最近は喪中はがきの返事に クリスマスカードを出すという意見がチラホラ見られます。 海外には喪中という習慣自体がないので、日本でいう喪中の期間であっても海外ではクリスマスカードのやり取りが行われます。 だからといって、 喪中の方にクリスマスカードを送るのは止めておいた方が良いでしょう。 今までもクリスマスカードを送り合っていたなら話は別ですが、そんな習慣はないのに喪中に突然クリスマスカードが届いたら、相手は困惑してしまう可能性大です。 しかもクリスマスカードはクリスマスをお祝いするものなので、喪中の方の気分を害してしまう可能性すらあります。 例年クリスマスカードを送っていた訳ではないなら、喪中はがきの返事は喪中見舞いか寒中見舞いで出してくださいね。 スポンサーリンク 喪中はがきにメールで返信するのはあり? 最近は便利な通信手段が増えてきたことから、年始の挨拶もメールやライン、SNSなどで行うことが増えてきています。 では喪中はがきを受け取った場合に、メールやラインなどでお悔やみの言葉を返すのはOKなのでしょうか? 手紙やはがきを用意するのはなかなか大変なので、メールで簡単に返事を送りたいと感じる方もいるかと思います。 ですが原則としては、 喪中はがきに返事するなら自分も手紙かはがきを返しましょう。 相手からメールやラインで年賀状のやり取りを辞退する連絡が来たなら、あなたもメールやラインで返事して構いません。 ですが 相手が喪中はがきを作成する手間をかけて年賀欠礼の知らせを送ってくれたなら、あなたも同じ手間をかけて文章をしたためるのが礼儀でしょう。 特に先輩や上司などの目上の方、年配の方などは、メールやラインで返事がくると気分を害される可能性があります。 なので目上や年配の方から喪中はがきが届いたら、喪中見舞いや寒中見舞いを返しましょう。 一般的には返事を何もしなくてもマナー違反ではありませんが、普段お世話になっている目上の人には、丁寧な文章で返事を送った方が印象が良いですよ。 喪中はがきに対する返事がメールやラインでOKなのは、親しい関係に限られるでしょう。 親しい間柄であれば、喪中はがきで不幸を知ったらすぐに何か言葉をかけてあげたいと思ったりしますよね。 このようにすぐに返事をしたい、早くお悔やみの気持ちを伝えたい場合は、メールやラインでお悔やみの言葉を送っても良いです。 すぐに連絡できるのが、こういった通信手段の長所ですからね。 ですがそういった場合も、 「略儀ながらメールで失礼します」という旨の一言は入れておいた方が良いでしょう。 相手は喪中でまだまだ落ち込んでいる時期かもしれないので、相手の心中をしっかり思いやってメッセージを送ってくださいね。 喪中はがきが届いてすぐにメールなどで返事した後に、改めて寒中見舞いなどを送るとより丁寧な対応になりますよ。 まとめ 喪中はがきを受け取ったらどう対応するのがマナーなのかを解説しました。 自分が喪中はがきを受け取る、または送る立場になったことがないと、こういったマナーって意外と知らないですよね。 喪中の相手に失礼がないよう、正しい知識で行動しましょう。

次の

喪中のはがきが届いたら送る喪中見舞いとは

喪中 ハガキ が 来 たら

それでは友達から喪中はがきが届いた場合の返事はどのようにすれば良いのでしょうか? 特に仲の良い友達の場合 喪中はがきが自宅に届いてその内容を見ると、連絡を取ることに消極的なイメージを受けてしまうので、返事をするべきかしないべきか誰もが悩んでしまうところです。 ここでは、返事をするかしないかの一般的な基準をご紹介します。 返事をする 喪中はがきが届いたということは、はがきを送ってきた方にとって、新年のご挨拶は控えさせていただきますという消極的な態度であるといえます。 しかしながらお互いの関係は、しばらく年賀はがきのやり取りしかしていない関係から特に仲の良い友達まで様々です。 年賀はがきのやり取りくらいの間柄であれば、近親者に不幸があったのに、返事をするほど踏み込める間柄でないかなと判断できます。 特に仲の良い友達であれば、逆に近親者に不幸があったのに何も連絡をしないのは違和感があります。 このため、一般的には喪に服されているので、連絡を取ることは控えめにといったイメージが強いと思いますが、特に仲の良い友達であれば返事をしても良いでしょう。 返事をするかしないかはお互いのご関係によるところが大きいので、あまり過度に接触しない程度に、 お悔やみや励ましの言葉で友達を元気づけることは大切なことです。 実際に、喪中はがきに返事をすることは珍しいことではありません。 一般的な知人の場合は返事をしない 特に仲の良い友達であれば返事はした方が良いということでしたが、その他の知人についてはどのようにするべきでしょうか。 近親者が亡くなられたということは必然的に、ご自身と喪中はがきを送ってきた方との普段のご関係に、近親者の話題があっても 不自然であるかないかという点が重要になってきます。 例えば兄弟がいるかどうかも知らない間柄の方から、ご兄弟が亡くなられた内容の喪中はがきが届いたとします。 」と書いて返事を送付しました。 特に仲の良い友達であれば、これまで当然のように近親者の話題はあがっていると思うので問題ないでしょう。 しかしそうでなければ、この返事を受けとった方はどこか違和感を感じるのではないでしょうか。 このように何かの集まりの一員であったり、同じ職場であっただけといった程度のご関係であれば、 返事はしないのが一般的です。 返事をする方法について 返事をする方法については、あまり難しく考える必要はなく、喪中はがきが来たら電話等でなく、 はがき等の文面で返事をすれば良いです。 最近では、喪中はがきの代わりに喪中メールをする方もいますが、このような場合もメールで来たなら メールで返事をすれば良いでしょう。 相手の方の要領に合わせて返事をすると良いでしょう。 電話は避けたほうがいいかも 電話で喪中のお知らせが来たなら、その流れでお悔やみや励ましの言葉をお伝えするのは当然のことです。 しかし喪中はがきが届いて、電話で返事をするというのは一般的ではありません。 喪中はがきが届いたということは、親族の中でも近い方が亡くなっているので、相手の方が今どのような深い悲しみにあるのかわかりません。 そのような中で突然電話で返事というのは、文書と違って非常に危険であると考えられます。 文書であれば、しっかりと考えた上で述べられた内容になっていると思いますが、電話では自分の 気付かないうちに失礼なことを発しているかもしれません。 同じ内容でも話し方やタイミングによって受け取り方も違ってきますので、電話は避けた方がよいでしょう。 メールを送ってもいいの? メールについては、手軽な手段というイメージが強いので、 はがきでご連絡頂いたのにメールで返信というのは避けた方がよいでしょう。 しかしながら喪中メールの場合であれば必ずしもそうともいえません。 相手の方は、はがきではなく喪中メールを選択した事情があると思います。 送付先がたくさんあったのか、住所を掌握しきれていなかったのか、様々な事情があると思います。 状況も状況なので、この場合はそのままメールで返事をした方が良いでしょう。 基本的に相手の方の連絡手段に合わせて問題ありません。 寒中見舞いを送る 寒中見舞いは、特に寒い地域にお住まいの方に対して気遣う手紙等として使われています。 しかし年賀状の返答や喪中のため 年賀状が出せない場合の代用としても使われています。 このように相手を気遣うといったイメージを持つ寒中見舞いなので、喪中はがきへの返事として利用しても良いでしょう。 メールで返事をする場合のマナー メールは非常に便利な手段なので、簡単に相手の方に返事ができます。 しかしその一方で、意図しない印象を相手の方に与えてしまうことがあります。 ここではそのようなことにならないように、 メールで返事をする場合のマナーをご紹介します。 メールを送る際の注意点 メールはその気軽さゆえに、冠婚葬祭には不向きな内容になりがちです。 例えば、絵文字の使用であったり、普段使っている口語になってしまうことです。 また、普段の調子で書いてしまうと、相手を傷つけることもあり得るので、ここでは メールを送る際の注意点についてご紹介します。 絵文字などは使用しない 普段メールで文書を作成するときに、当たり前のように絵文字を使用していると思いますが、喪中はがきへの返事に使用することは 避けるべきです。 絵文字はやはり「遊び」といったイメージが強いからです。 したがって喪中はがきへの返事だけでなく、謝罪や依頼などの心情的な場面における絵文字の使用は不適切です。 思わず使用してしまいそうなので、 十分に注意する必要があります。 他の話は避ける メールへ記述する内容については簡潔にし、他の話題は避ける方がよいでしょう。 やはり、近親者に不幸があったということで相手の方の心情は読み切れないものがあります。 普段であれば何気ない話題でも、その時の心の状態で相手の方がどのように受け取るかわかりません。 できるだけ必要のない内容は避けて、本当に伝えたい お悔やみや励ましの言葉を伝えるようにしましょう。 メールを送る場合の文例 寒中見舞いは、特にはがきを投函する時期について気を付けなければなりません。 その理由は、寒中見舞いは喪中はがきが来てすぐに喪中見舞ができなかった場合や年始状も出せなかった場合に利用するからです。 ここでは、 寒中見舞いを投函する時期や書き方について解説していきます。 いつ送ればいいの? 寒中見舞いを出す時期については、松の内が明けてから立春までとされています。 具体的には、 1月7日~2月4日までとなります。 しかし松の内は東日本は1月7日ですが西日本では1月15日を基本としており、さらに各地域で違ってきます。 さらに通常の寒中見舞いではなく、喪中はがきの返事として出す場合は少し遅めがよいでしょう。 この時期は世間的にお正月というお祝いの雰囲気が強いので、この雰囲気が落ち着いたころが望ましいといえます。 とはいっても2月4日までには届いていないといけません。 これらを踏まえると、 1月中旬から末ごろにはがきを投函するのが良いでしょう。 寒中見舞いの書き方について 寒中見舞いは厳しい寒さの中、 相手の方を気遣って送る季節の便りです。 寒さゆえに体調を崩しているのではないだろうか、あるいは外出がおっくうになり自宅にこもりがちになっているのではないだろうか、といったことを踏まえる必要があります。 また、出す時期についても喪中はがきを頂いてから少し時間が経っていることも意識する必要があります。 これらを踏まえた上で、 喪に服されている方へのお悔やみや励ましの言葉を伝えることが重要です。 寒中見舞いを送る場合の文例• 喪中はがきとは、近親者に不幸があって、年賀状より一足早い12月に届く年賀状の代わりになる挨拶状です。 友達から喪中はがきが届いた場合の返事については、親しい友達であれば返事をしますが、一般的な知人の場合はしないのが一般的です。 返事をする方法については、電話、メール、寒中見舞いなどありますが、相手の方が連絡してきた手段に合わせた方が良いでしょう。 メールで返事をする場合のマナーについては、絵文字などは使用せず、他の話は避けて、簡潔明瞭な文章にしましょう。 寒中見舞いで返事をする場合のマナーについて、時期は1月中旬から末ごろにはがきを投函するとよいでしょう。 書き方は、厳しい寒さの中での相手の方への気遣いについても触れて、お悔やみや励ましの言葉を述べましょう。 以上、友達から届いた喪中はがきの返事についてまとめてみました。 喪中はがきは誰もが頂いた経験があると思います。 しかしこのはがきは普段の年賀状ではなく、人が亡くなったということが関わっているので、これに対する自身の行動が非常に慎重になります。 「終活ねっと」では、このような人の死に関わる多くの疑問について、詳しく解説した記事を多数掲載しています。 ぜひそちらもご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の