エクセル 在庫管理 関数。 せどりの在庫管理は重要!Excelで仕入管理をする方法

Excel(エクセル)で在庫管理ってどうするの? 在庫管理表を簡単に作成する方法

エクセル 在庫管理 関数

A4縦サイズ 定期的に在庫管理をする 繰越あり 一定期間の在庫を調べる 商品ごとの在庫を管理する ページサイズを表示する 今回はA4縦型の在庫管理表をつくるので、ページサイズをA4に設定しましょう。 エクセルを起動してすぐは、どこがA4の範囲なのかわからないので、A4の範囲を表示させます。 すると、A4の範囲に点線があらわれるので、それを基準にして表をつくります。 タイトルと期間を作成 タイトルと在庫管理をする期間を記入する部分をつくります。 この辺のデザインはお好みで作成してください。 表部分を作成 在庫管理表の表部分を作成します。 項目を設定する 商品がいくつかあってそれぞれの在庫を管理する表をつくるので、項目は、 商品コード 商品名 繰越数 入庫数 出庫数 備考 にしました。 今はサイズを調整しないので先ほどのA4の範囲を出てしまっても構いません。 在庫管理表に設定する項目は、会社によって変わってくるので自社の在庫管理に合うように作成してください。 表の入力欄をつくる 項目を作成したら、表を作る範囲を選択してテーブルの書式を設定します。 在庫数を計算する 在庫数をエクセルの関数で自動的に計算するようにしておけば、いちいち自分で計算しなくともよくなるので便利です。 計算式は、 入庫に数字が入っている場合は、繰越数+入庫数 出庫に数字が入っている場合は、繰越数-入庫数 で計算します。 入庫と出庫は同時に書かずに同じ商品でも行を分けて記入します。 また、繰越数に数字が入ってない場合は0を表示しないようにします。 サンプルでは、.

次の

ピボットテーブルで在庫管理も簡単に!エクセルの基本とは?

エクセル 在庫管理 関数

エクセルで顧客データを管理している方も多いのではないでしょうか。 エクセルは、データ管理や分析などに管理しやすい反面、データの量が多くなると入力ミスに気付きにくくなります。 そんなミスを無くし、後々の手間を省くには、エクセルのフォーム機能が有効です。 このフォーム機能はExcel2003以降に搭載されており、入力項目の多いデータをミスなく入力することをサポートしてくれます。 Excel2013で、フォーム機能を使えるようにし、素早く、確実な入力ができるようにしてみましょう。 住所録データの入力 下のような住所録に、フォーム機能を使って新しいデータを追加してみましょう。 まず、エクセルのフォーム機能を使えるようにします。 エクセル画面の上部にある、「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」から、リボンに「フォーム」ボタンを追加していきます。 「その他のコマンド」をクリックします。 「クイックアクセスツールバー」のなかで、「基本的なコマンド」の部分をクリックし、「すべてのコマンド」を選択します。 「すべてのコマンド」から「フォーム」を選択した状態で、真ん中にある「追加」をクリックすると、右側の欄にフォームが表示されます。 そうすると、エクセル画面の上部にフォームボタンが追加されました。 そして、表内の任意のセルを選択した状態でフォームボタンをクリックします。 データの入っていないセルを選んでいると、フォームは表示されないので注意してください。 上のような画面が表示されますので、「新規」をクリックすると新しいデータを追加する画面が表示されます。 以下のように追加データを入力し、「閉じる」をクリックします。 表の最後の行にデータが追加されました。 住所録以外でも活用! もちろん、フォーム機能はエクセルの表であれば、どのようなものでも利用することができます。 下のような在庫表で利用してみましょう。 「新規」で新しいデータを入力しました。 追加された表には、関数が使われていたため、自動的に在庫状況の表示がされました。 データの編集も可能 また、この入力フォームを利用して、データの編集を行うこともできます。 「フォーム」ボタンを押して入力フォームを表示したら、「検索条件」をクリックし、条件を入力します。 今回は、基準数に「30」と入力しました。 「次を検索」をクリックすると、該当するデータが表示されます。 この画面で、データの編集を行います。 ここでは、在庫数を修正しました。 「閉じる」をクリックすると、表のデータが訂正されています。 ご紹介したフォーム機能は、データの入力や編集に大変便利です。 多くのデータを入力しなければいけない場面や、「この人のこのデータだけを修正したい!」という時など、エクセルのセルをそのまま操作するよりも見た目がわかりやすいこともあり、入力ミスを防ぐことにもつながります。 ぜひ覚えて活用してください。

次の

受発注管理をエクセルで行うメリット・デメリットは?関数も紹介!|ITトレンド

エクセル 在庫管理 関数

A4縦サイズ 定期的に在庫管理をする 繰越あり 一定期間の在庫を調べる 商品ごとの在庫を管理する ページサイズを表示する 今回はA4縦型の在庫管理表をつくるので、ページサイズをA4に設定しましょう。 エクセルを起動してすぐは、どこがA4の範囲なのかわからないので、A4の範囲を表示させます。 すると、A4の範囲に点線があらわれるので、それを基準にして表をつくります。 タイトルと期間を作成 タイトルと在庫管理をする期間を記入する部分をつくります。 この辺のデザインはお好みで作成してください。 表部分を作成 在庫管理表の表部分を作成します。 項目を設定する 商品がいくつかあってそれぞれの在庫を管理する表をつくるので、項目は、 商品コード 商品名 繰越数 入庫数 出庫数 備考 にしました。 今はサイズを調整しないので先ほどのA4の範囲を出てしまっても構いません。 在庫管理表に設定する項目は、会社によって変わってくるので自社の在庫管理に合うように作成してください。 表の入力欄をつくる 項目を作成したら、表を作る範囲を選択してテーブルの書式を設定します。 在庫数を計算する 在庫数をエクセルの関数で自動的に計算するようにしておけば、いちいち自分で計算しなくともよくなるので便利です。 計算式は、 入庫に数字が入っている場合は、繰越数+入庫数 出庫に数字が入っている場合は、繰越数-入庫数 で計算します。 入庫と出庫は同時に書かずに同じ商品でも行を分けて記入します。 また、繰越数に数字が入ってない場合は0を表示しないようにします。 サンプルでは、.

次の