カンタス 航空 32 便 エンジン 爆発 事故。 デルタ航空1288便エンジン爆発事故とは

世界衝撃映像100連発|TBSテレビ:水トク!

カンタス 航空 32 便 エンジン 爆発 事故

1989年、ジャンボジェットこと『』に対抗できる輸送力を持った機体として『UHCA ウルトラ・ハイ・キャパシティ・エアクラフト、超大容量航空機ってところ 構想が登場。 1994年にはUHCAを『A3XX』として計画に着手。 当時の計画では550席クラスの-100型と、650席クラスの-200型が考えられていた。 ボーイング社のネガキャンにも負けず開発を進めていった、がボーイングも同様の大型機計画をぶつけていたりする。 ただしボーイングとしてはあくまでライバルへの牽制だったようで ボーイングとしてはA380規模の需要は複数社が参入するほどのものはないと判断していた。 マクドネル・ダグラス社も総2階建機MD-12を計画しておりこちらは本気だったようだが、MD-11販売不振などの事業失敗によって計画中止となり最終的にはボーイングに吸収された。 後退角がついていて、エンジンをぶら下げた主翼、わけでもわけでもない尾翼、小さな窓が多数連なる機体側面。 構成するパーツそれぞれは、通常の航空機と何ら変わりはない。 ただ、その1つ1つがあまりに巨大なのである。 大きな機体を浮かせるだけの揚力を生み出すため、翼幅は80mにも達する。 エンジンも直径が3m程のものを片翼に2発ずつ、計4発を装備する。 全高は約24mと、なんと8階建てのビルと同等。 他の航空機で言えば、B737を2機積んだのと同じくらいになる。 タイヤも自重に耐えるべく、胴体前部・中央・左右主翼の4か所に計22本が取り付けられている。 とにかく、圧倒的である。 これが1機空港にいると、大型機のB777やA330すら小型機に見えてくる。 ……もっとも、貨物機にはもっと大型の機体も存在するのだが。 ・強大な輸送力 …がそのエミレーツも受注した機数も同じエアバス社のA350・A330neoへ変えるなど再び暗雲が立ち始め、カンタスも受注を全てキャンセル そして2019年2月14日に2021年をもって生産中止されることが決定した。 予定されていた貨物型も747のようにノーズ開閉ができないため長い貨物の収容が出来ないために折角の長い全長を生かせない、2階部分には 専用ローダーが必要、そもそもその大きさに対して搭載量はそこまで多くない、更には開発遅延もありUPSやFedExも受注をキャンセル。 結局開発は中止、旅客から貨物転用も厳しいことは昨今初めから貨物機を導入することも多い航空会社にとって痛手でありこれがセールスに響いた。 いくつかの問題は挙げられるがかつて747で悩まされたように旅客数に見合うだけの路線が限られたことが大きいと思われる。 今日では747が無双できたような一度に大量輸送よりも旅客数減らしつつも多頻度輸送が主流となっており、定員数が500人を超える旅客機は このA380以外には日本国内で運用される777-300など一部の機材に限られている。 またかつてのハブアンドスポークは効率観点以外にも当時の旅客機では航続距離が足りないがための苦肉の策という側面もあった。 だが現在の旅客機は双発旅客機でもほぼ世界の主要な空港へはポイントツーポイントで行き来することができるほど性能が向上したことで ハブアンドスポーク方式は時代遅れになりつつあった。 そもそも機体が大きすぎて運用・維持できるのが大手航空会社くらいと課題は山済みであった。 まずA380の翼幅はかつて国内空港の翼幅制限を考慮して翼端のウイングレットが撤去された747-400Dよりも遥かに大きく、旅客数的には運用に入れそうな 空港は軒並み混雑空港でありこのような大型機が駐機場にいると両隣のスポットが使えないなど不具合が出る可能性が高い。 座席数も国際線機材でも500人以上乗せられるため国内線になれば700人以上は軽く超えるだろうがその分機体の乗降などに時間がかかってしまい 何か問題が起こった場合の代替機材のやりくりも同じA380でなければ最低でも2機飛ばす必要が出てくる。 そしてそんな人数が埋まる繁忙期は需要の高い路線は 既に大型機を運用に入れており臨時で機材やりくりが出来るかが非常に怪しい。 そして2020年になり新型コロナウィルスの影響でハワイ路線が運休になりA380は運行を停止、3機目の受領は延期になるなど暗雲が立ち始めている。 近年ANAはMSJ(旧MRJ) の開発遅延や787の度重なるトラブルなどで737などの小型機の機材やり繰りに貧窮しており、ピーチとの統合した旧バニラエアの機材を 座席をLCC仕様から改修しないまま運用するなどかなり切羽詰まっており、コロナの影響で大型機は駐機場に並ぶ一方、小型機はほぼフル回転状態になる など今まで以上に切羽詰まっており、提携関係にあるソラシドエアやスターフライヤーなどが運行している地方路線はそちらに肩代わりさせて 他社の乗り入れの無い地方空港に機材を飛ばしている状況である。 アニヲタ的にはクスィーガンダムよりちょっと低い程度の全高と思えば解りやすいか -- 名無しさん 2018-01-26 09:53:35• 執行猶予つきの実刑って、「体温は平熱で熱がある」「無傷で大怪我」みたいな矛盾した表現だな(実刑というのは執行猶予がないということ) -- 名無しさん 2018-01-26 10:37:29• 作成乙。 かつての羽田大混雑時代なら国内線にも入ったんだろうけど…一回でいいからのってみたいなぁ -- 名無しさん 2018-01-26 12:25:26• そもそもA300みたいに経済性とハイテクでボーイングにチャレンジしてきたエアバスが、なんで自分らと航空会社の懐事情が滅ぼした市場に参入したのだろう -- 名無しさん 2018-01-26 17:06:37• -- 名無しさん 2018-01-26 20:00:48• せめて「お台場ガンダムより頭二つ三つデカい」とでもしてくれ。 -- 名無しさん 2018-01-26 21:01:02• 昔テレビで「個人購入が一件あった」って話があって驚いたわ -- 名無しさん 2019-03-12 11:35:13• ボーイングが737MAXでやらかしまくって、会社 とFAA の体質に大問題ありそうってなってるけど、こっちの需要は増えるのだろうか -- 名無しさん 2019-08-06 16:26:38.

次の

カンタス航空とは (サスカンとは) [単語記事]

カンタス 航空 32 便 エンジン 爆発 事故

デルタ航空1288便エンジン爆発事故(でるたこうくう1288びんえんじんばくはつじこ)はフロリダ州ペンサコーラ発ジョージア州アトランタ行きの定期便だったデルタ航空1288便(マクドネル・ダグラス MD-88)が1996年7月6日にペンサコーラ地域空港の滑走路17から離陸する際に、エンジンが破裂し離陸を中断した事故。 エンジン左側のコンプレッサーの破片が左後部客室を貫いた。 これにより、2名の乗客が死亡し、2名が重傷を負った。 死亡した2人は母親と息子だった。 機体は滑走路上で停止し、緊急避難をおこなった。 ほとんどの乗客は休みで旅行しているところだった。. 25 関係: 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。 中部標準時(ちゅうぶひょうじゅんじ、Central Standard Time)は、協定世界時 UTC を6時間遅らせた標準時である。 「-0600 CST 」のように表示する。 なお、夏時間では協定世界時より5時間遅れ、中部夏時間(Central Daylight Time: 略称CDT)と呼ばれている。. 新しい!! モービルの東約90km、州都タラハシーの西約300kmに位置する。 メキシコ湾につながるペンサコーラ湾に面し、また「海軍航空のゆりかご」と称されるペンサコーラ海軍航空基地をはじめとする海軍関連施設を多数抱える軍事都市・港湾都市であり、また、歴史的建築物と白砂のビーチで知られる観光都市・保養都市でもある。 人口は51,923人(2010年国勢調査). 新しい!! 五大湖地域に含まれる。 アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第11位、人口では第8位である。 前身のミシガン準州から1837年1月26日に合衆国26番目の州に昇格した。 州の北と東はスペリオル湖・ヒューロン湖を挟んでカナダ国境に接し、西はミシガン湖越しにウィスコンシン州に、南はインディアナ州とオハイオ州に接している。 北米における自動車産業発祥の州として知られているが、五大湖のうちの4つに囲まれているという地の利もあり、アメリカ・カナダの両方からの観光客が多い州でもある。 州域はロウアー半島とアッパー半島という2つの大きな半島で構成され、その間には幅5マイル 8 km のマキナック海峡があり、ヒューロン湖とミシガン湖を繋いでいる。 2つの半島はマキナック橋で繋がれている。 州都はランシング市であり、人口最大の都市は東側のカナダ国境に面したデトロイト市である。. 新しい!! MD-80シリーズは、リアエンジン方式の小型短距離向けナローボディ機である。 ダグラスDC-9をベースとした発展型として開発され、当初はDC-9スーパー80と呼ばれていたが、後にMD-80シリーズと名付けられた。 MD-80シリーズは大きく分けて、MD-81 DC-9-81 、MD-82、MD-83、MD-87、MD-88の5型式で構成され、MD-80という型式そのものは存在しない。 後に、MD-80の更なる発展型として、次世代化を行ったMD-90およびMD-95が開発されたが、MD-95は開発中にマクドネル・ダグラスがボーイングに吸収合併され、開発・製造を引き継いだボーイングによりボーイング717と命名されて販売された。. 新しい!! 「アトランタ(国際)空港」「ハーツフィールド(国際)空港」などとも呼ばれる。 世界最大級の航空会社であるデルタ航空のハブ空港であり、2000年より発着数および利用者数において世界中で一番忙しい空港である。 2010年の年間航空機発着回数は約95万回。 2017年、世界の空港の年間乗客数のランキングで、20年間連続の首位を達成した。 アトランタ中心部からのアクセスには、バス、タクシーの他、鉄道のマルタ(MARTA)が国内線ターミナルに乗り入れている。 名称の由来は空港の発展に尽力した元アトランタ市長であるウィリアム・B・ハーツフィールドと初の黒人市長であるメイナード・ジャクソンの2人から採られている。. 新しい!! 新しい!! 757はボーイング727の後継機として短・中距離路線向けに開発された。 ボーイングが開発したナローボディ機の中で最も大きく、座席数は200から289席、航続距離は3,150から4,100海里(5,830から7,590キロメートル)である。 2人乗務のグラスコックピットとターボファンエンジンを備え、空力抵抗を抑制できるスーパークリティカル翼型の設計が採用された。 開発はワイドボディ双発機のボーイング767と同時並行で行われ、757と767でシステムの共通化が図られ、パイロットの操縦資格も共通化された。 757シリーズには胴体長が異なる2つのモデル、とが存在する。 最初に開発されたのは旅客型ので、1983年に引き渡しが開始された。 貨物専用型と貨客混載型は、と共通の胴体を持ち、1980年代後半に登場した。 1999年に初就航した胴体延長型のは、史上最も長い胴体を持つナローボディ双発ジェット機となった。 旅客型のからは貨物専用機への改造も行われたほか、米国のC-32のような要人輸送機や多目的機などの軍用の派生型、さらにはプライベート機や政府専用機なども作られ、輸送用途や研究用途に用いられた。 757のエンジンは、ロールス・ロイス製RB211シリーズまたはプラット・アンド・ホイットニー製PW2000シリーズのいずれかであった。 757はイースタン航空とブリティッシュ・エアウェイズによって1983年に就航した。 757は旧式のナローボディ機を置き換え、米国の短中距離国内線、シャトル便、大陸横断路線で一般的に使われる旅客機となった。 1986年にはETOPSと呼ばれる双発機の長距離飛行に関する緩和要件が適用され、757は大陸間路線にも就航するようになった。 757の主な運航者は米国の大手航空会社、欧州のチャーター便航空会社、貨物航空会社である。 2014年10月までに757の機体損失事故は8件発生しており、うち7件は死亡事故である。 757は54の顧客向けに総計1,050機が製造され、2004年10月28日に生産が終了した。 757シリーズの中ではが圧倒的に多く913機が製造された。 旅客機需要の中心が小型機に移り757の販売が縮小したため、ボーイングは小型機の737シリーズに力を入れ、757の生産終了時に直接的な後継機は開発されなかった。 757の最終機は2005年4月26日に上海航空に引き渡された。 757が生産されていた当時、日本の航空会社はボーイング機を好んで使う傾向にあったが、757に関しては登場から生産終了までに1機も購入・使用されることはなかった。 2016年7月の時点で688機が就航しており、最大の運用者はデルタ航空である。 本項では以下、ボーイング製の旅客機については「ボーイング」という表記を省略して数字のみで表記する。 また、エアバス製旅客機についても同様に社名を省略する。 例えば「ボーイング747」であれば「747」、「エアバスA320」であれば「A320」とする。. 新しい!! 新しい!! 96 to 1 の ターボファンジェットエンジンである。 新しい!! )は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市に本拠を置く航空会社吉田力『図解入門 業界研究最新航空業界の動向とカラクリがよーくわかる本 第2版』秀和システム、2014年、56頁。. 新しい!! メキシコ湾と大西洋に挟まれるフロリダ半島の全域を占め、北はジョージア州とアラバマ州に接しており、サンベルトと呼ばれる比較的気候が温暖な州の1つである。 フロリダ州の面積は170,306 km2 65,758 mi2 で、50州の中で22位であるが、海岸線の長さは約1,900 km 1,200 マイル あり、大陸48州の中では最長である。 フロリダ州は北部と中部が亜熱帯、南部は熱帯に属して概して暖かいので、「サンシャインステート(日光の州)」という渾名がある。 2009年の推計人口は18,537,969人となっており、全米50州の中で第4位である。 州都はタラハシー Tallahassee 、人口最大の都市はジャクソンビル Jacksonville 、その他主な都市としてはマイアミ Miami 、タンパ Tampa 、オーランド Orlando などがあり、マイアミ都市圏は人口500万人以上を抱える州内最大の都市圏になっている。 ケネディ宇宙センター、スペースポート・フロリダ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、ユニバーサル・オーランド・リゾート、シー・ワールド・オブ・フロリダなどがあることで有名で、アメリカでも有数の観光地として知られている。. 新しい!! 新しい!! 同州の州都・最大都市であり、またフルトン郡の郡庁所在地である。 市域の大部分はフルトン郡内にあり、一部東隣のディカーブ郡にかかっている。 人口はアトランタ市域内で420,003人、フルトン郡を中心に29郡にまたがる都市圏では5,286,728人、アセンズやゲインズビル等をあわせた広域都市圏では5,910,296人を数える(すべて2010年国勢調査). 新しい!! エアバス社のナローボディ機であるエアバスA320ファミリーの1つであり、A320の短胴型。 日本の航空会社では運航されていないが、日本以外の航空会社(中国南方航空など)にはA319で日本の空港に乗り入れてきている便もある。. 新しい!! 民間機として初めてデジタル式フライ・バイ・ワイヤ制御システムを採用したハイテク旅客機であり、サイドスティックによる操縦を採用しているのが特徴である。 座席数は標準2クラス仕様で150席程度。 バリエーション(A320 ファミリー)として、長胴型のエアバスA321、短胴型のエアバスA319、エアバスA318、新エンジンを採用したエアバスA320neoがある。. 新しい!! このため、カバーや部品が欠損して落下し、民家を破壊した航空事故である。 原因は、搭載エンジンであるロールス・ロイス トレント970に製造ミスがあったためだった。. 新しい!! 州都はアトランタ市で、人口で州内最大の都市でもある。 1776年にアメリカ独立宣言をした13州の1つである。 コカ・コーラやCNN、アフラックの本社などがあることでも知られている。 ジョージア植民地として1732年に設立されており、13植民地の中では最後のものだった。 アメリカ合衆国憲法を1788年1月2日に批准しており、合衆国への加盟順位としては4番目になった。 1861年1月21日にアメリカ合衆国からの脱退を宣言し、アメリカ連合国建国7州の1つになった。 1870年7月15日にアメリカ合衆国に復帰したが、これは最後の州となった。 アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第24位、人口では第8位である。 2007年から2008年の人口増加率では州内14郡が国内100傑に入っており、テキサス州に次いで多い数だった。 「モモの州」や「南部の帝国州」と呼ばれる。 ジョージア州の南はフロリダ州、東は大西洋とサウスカロライナ州、北はノースカロライナ州とテネシー州、西はアラバマ州に接している。 北部にはアパラチア山脈に属するブルーリッジ山脈がある。 中央部のピードモント台地は丘陵部から滝線まで広がっており、滝線から川が流れ落ちて南部の大陸性海岸平原に流れ込んでいる。 ミシシッピ川より東では最も陸地面積が広い州だが、水域を含む総面積では第4位である(ミシガン州、フロリダ州、ウィスコンシン州に次ぐ)。. 新しい!! リフト・ダンパー(lift dumper)とも。. 新しい!! 主要な構成部品である弁(バルブ)はスロットルバルブ throttle valve あるいは絞り弁と呼ばれ、弁を操作するための構造はスロットルレバー throttle lever 、'''スロットルペダル''' throttle pedal 、ガスペダル gas pedal 、スロットルグリップ throttle grip などのように呼ばれる。 あるいは操作部を指してスロットルと略称する場合もある。. 新しい!! 発音は「コーパイ」)と呼ばれる事が多い。 航空法上で2人の操縦士が乗務することが義務付けられている航空機では通常、機長と副操縦士が1名ずつ乗務し操縦を行う。 飛行機と飛行船のコックピットでは右席に、ヘリコプターでは左席に座る。. 新しい!! 事態が自然に収束するのを待ってから緩和措置を取る(事後処理)しか手段がないような場合もあるが、多くの場合は事態の悪化を防ぐための介入に急を要する。 多くの生命が脅かされる自然災害などは緊急を要する事態であることが自明だが、緊急性の有無を判断するために観察者(あるいは当事者)による主観的な評価を必要とする事態もある。. 新しい!! 米国内での航空機の開発、製造、修理、運航の全ては、同局の承認無しには行えない。 本部はワシントンD. に置かれている。. 新しい!! スラストリバーサーとも呼ばれる。 着陸後初期の高速滑走状態で使用され、滑走距離を短縮するために用いられる。 滑走速度低下後は車輪ブレーキとスポイラーのみによって制動が行なわれる。 機体を減速させるだけの逆推力を得る為にエンジン出力が増大されるので、接地直後の数秒間だけエンジン音が一段と大きくなる。. 新しい!! 新しい!! 国籍記号と登録記号により構成される - JAXA。 俗に英語のレジストレーション(registration)を略して単にレジ、レジスタ、レジ番と呼ぶ場合もある。 国土交通省航空局では識別記号と表記している - 国土交通省航空局。 航空機認識の表示方法が数字のみの場合もあるが、こちらはアメリカ空軍(テールコード)、ロイヤルエアフォース(イギリス)や航空自衛隊(日本)などの軍用機に対し用いられる。 そのため民間機に「機体数字」といった呼び方はしない。 なお船舶にも個別認識番号があるが、本稿では民間航空機に対してつけられる機体記号について記載する。. 新しい!! これは、それぞれの概念との関係の簡単な定義を与えます。 これは、概念図の基礎となる巨大なオンライン精神的な地図です。 これを使うのは無料で、各記事やドキュメントをダウンロードすることができます。 それは教師、教育者、生徒や学生が使用できるツール、リソースや勉強、研究、教育、学習や教育のための基準、です。 学問の世界のための:学校、プライマリ、セカンダリ、高校、ミドル、大学、技術的な学位、学部、修士または博士号のために。 論文、報告書、プロジェクト、アイデア、ドキュメント、調査、要約、または論文のために。 ここで定義、説明、またはあなたが情報を必要とする各重要なの意味、および用語集などのそれに関連する概念のリストです。 日本語, 英語, スペイン語, ポルトガル語, 中国の, フランス語, ドイツ語, イタリア語, ポーランド語, オランダ語, ロシア語, アラビア語, ヒンディー語, スウェーデン語, ウクライナ語, ハンガリー語, カタロニア語, チェコ語, ヘブライ語, デンマーク語, フィンランド語, インドネシア語, ノルウェー語, ルーマニア語, トルコ語, ベトナム語, 韓国語, タイ語, ギリシャ語, ブルガリア語, クロアチア語, スロバキア語, リトアニア語, フィリピン人, ラトビア語, エストニア語 と スロベニア語で利用できます。 すぐにその他の言語。 すべての情報は、から抽出し、それがクリエイティブで利用することができます。 Google Play、Android および Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

次の

カンタス航空

カンタス 航空 32 便 エンジン 爆発 事故

概要 [ ] カンタス32便はからを経由して、に向かう定期便であった。 チャンギ空港を離陸して数分後に突然左翼内側の第2エンジンが爆発した。 この時、32便はバタム島の上空を飛行中であり、第2エンジンの破片やエンジンカバーがバタム島やその近辺に落下した。 この破片が発見された時、カンタス航空のA380が墜落したとの速報が流れたが、実際には墜落しておらず、クルー達は即座に第2エンジンを停止させて消火した。 偶然にも32便のはこのフライトで定期的な試験を受けており、試験官を務める別の機長と交代の副操縦士を含めてコックピットクルーは5人いた。 操縦こそ鈍くなってしまったものの、運行搭乗員たちは互いに協力し合い、32便をその後安全に着陸させるための手順を迅速に行なうことができた。 だが、この時に上には50項目以上の膨大なエラーメッセージが表示された。 後に第二副操縦士が客室から被害状況を確認すると、第2エンジンの破片の一部が主翼を貫通し、が漏れ出していた(他にも胴体下部に衝突して穴を開けた破片があった)。 この衝突によって、油圧などの操縦系統や配線の一部が破損していた(後述する第1エンジンが停止できなかったのも、これが原因だった)。 また、燃料投棄によって機体を軽くすることも出来なくなった。 副操縦士がエラーに対処する一方で、機長は操縦に専念し、32便はゆっくり旋回をしながらチャンギ空港へと引き返した。 32便は事態発生から二時間後に、滑走路をギリギリでオーバーランせず着陸に成功した。 そして、クルー達は全エンジンを停止させたが、第1エンジンだけはパイロットの操作を全く受け付けずに作動したままだった。 燃料が漏れ出していたこともあり、引火を恐れた機長の判断で非常用脱出シュートを使用せず、乗客は着陸後も一時間近く機内に留まった。 結局、駆けつけた消防隊が燃料漏れや引火の危険を食い止めた後に、乗客乗員をタラップで降ろすことにした。 しかし、第1エンジンの停止にはそれからさらに時間を要し、消火液をエンジンに吹き付けることで、事態発生から五時間後にようやく第1エンジンが停止した。 搭乗していた乗員乗客469名は全員無事脱出し、また、エンジンの破片が直撃した民家でも負傷者はなかった。 事故原因の調査 [ ] 第2エンジンの損傷 調査の結果、エンジン爆発の引き金となったのはオイルパイプの疲労破壊と判明した。 このパイプは高圧タービンと中圧タービンのベアリングに潤滑油を供給する部品の1つである。 破損した周囲は冷却用の空気が導入されており、比較的低温だったが、それでも潤滑油の発火点を超える温度であったために、パイプの亀裂から霧状に噴出した潤滑油が発火した。 潤滑油の燃焼による熱で、周囲の部品は変形あるいは材料強度の低下を引き起こして破損した。 ベアリングの後方には中圧タービンディスクからタービン軸へ繋がる部位 ドライブアーム があり、この部位も熱による強度低下で破損し、中圧タービンはタービン軸から分離してしまった。 タービン軸と中圧タービンが分離してすぐに低圧圧縮機 ファン と中圧圧縮機は回転数が低下したものの、設計に反して高圧圧縮機は回転数の低下が小さく、中圧タービンを通るガスの圧力は十分に低下しなかった。 そのためタービン軸から分離した中圧タービンディスクは後方の部品と衝突しながらも回転が加速していき、過回転を生じた。 その結果、タービン軸と分離してから4秒後に材料強度の限界を超える遠心力によって中圧タービンディスクは破断、主に3つの破片となって高速で飛散し、エンジンのケースを突き破って一部が機体に損傷を与えた。 破損したパイプの肉厚は規定値を下回るほどに薄く、ロールス・ロイスによる製造ミスが明らかになった。 急遽同社製のエンジンが使用されたA380(当時20機が就航)の検査が行われ、34基のエンジンで製造ミスの部品が発見され、交換された。 事故の後、エンジン制御ソフトウェアの改修によってトレント900に中圧タービン過回転防止システムが追加された。 これは中圧タービンが過回転を起こさないように、タービンと軸の分離の原因となりうる中圧タービン前後の冷却空気の温度上昇を検知するか、タービンと軸が分離したときに発生する中圧タービン軸の急減速を検知した場合に、燃料供給を止めると共にガスの流れを上流で絞りしながら圧力を逃がすことでエンジンを緊急停止させる仕組みとなっている。 出典 [ ]• 2013年7月4日閲覧。 Lowy, Joan 18 11 2010. の8 7 2013時点におけるアーカイブ。 5 11 2010. の8 7 2013時点におけるアーカイブ。 4 11 2010. の4 7 2013時点におけるアーカイブ。 Creedy, Steve 11 12 2010. の8 7 2013時点におけるアーカイブ。 Waldron, Greg 4 11 2010. の4 7 2013時点におけるアーカイブ。 Australian Transport Safety Bureau. 2015年4月3日閲覧。 2015年1月12日 -• 4 11 2010. の8 7 2013時点におけるアーカイブ。 O'Sullivan, Matt 4 11 2010. の8 7 2013時点におけるアーカイブ。 Chong, Jordan 22 4 2012. の4 7 2013時点におけるアーカイブ。 参考文献 [ ]• Australian Transport Safety Bureau 2013-6-27. Report. 関連文献 [ ]• Richard de Crespigny 2012. Sydney: Pan Macmillan Australia. 関連項目 [ ]• この事故を扱った作品 [ ]• 『』第11シーズン第10話「Qantas 32: In The Sky」• 『』2013年3月21日放送• 『』天国VS地獄!奇跡の生還2時間スペシャル!「最新鋭機でエンジン爆発!469人の運命は!?」 2016年3月2日放送• 『』2018年8月1日放送 外部リンク [ ]•

次の