アイアシスタント2。 美容師アシスタントです。

美容師アシスタントです。

アイアシスタント2

番組放送開始のきっかけは、1978年4月から月曜日の19:30に放送する新番組枠を「科学産業班」と「教養番組班」のどちらかが担当することになり、科学産業班が企画したのが『 ウルトラ・アイ』である。 パイロット版(「ウルトラ・アイ『馬』」)は、1978年1月5日の19:30より放送され、好評を博した結果、放送枠を勝ち取った。 なお、教養番組班が企画した番組は、4月より木曜22:00枠を与えられて『』として放送され、こちらも約6年続く人気番組となった。 番組制作に際し、司会にはNHKアナウンサーのが起用された。 山川は当時、芸能番組の出演などで多忙を極めていたが、の打診に「理科嫌いの自分がやるのは面白い」と考え、司会を引き受けたという。 以後、数多くの題材に自ら実験台として携わった上、当番組終了後も、後継番組の『』『』までの20年近くに渡って司会を担当し続けた。 これらの番組は、現在放送中の『』()や、『』 ()に象徴される生活科学番組の草分け的存在でもある。 番組タイトルの「アイ」には、3つのアイ(アイデア、目、愛情)が込められている。 企画の際には「 ウルトラアイ3原則」として• ばかなことを言っても笑わない• やってみなけりゃ わからない• みんなでやれば こわくない というコンセプトを掲げて各番組を制作した。 内容 [ ] NHKらしく、科学的な検証実験をまじめに行うものであるが、当時としては珍しい、大掛かりな内容のものもあった。 省エネ運転術:この回の最後、スタジオから比較的近くに住むアシスタントに、が1リットルしか入っていない車で帰宅させた。 出発したところで番組は終了したが、無事帰宅できた模様である。 卵の大実験(1980年6月16日放送):ニワトリの卵へのエサの影響を調べるために、1日おきに違う色のエサを食べさせて、黄身が状になることを示す。 何層にも色の違った黄身の卵が出来る。 あなたのは本物か(1980年10月20日放送):ダイヤモンドの硬さを証明するために、ダイヤモンドと他の鉱物をで轢く。 ダイヤモンドは固定した台にめり込み、ローラーのその位置は凹んだ。 大実験(1981年8月24日放送):ひとだまを人工的に作る実験をし、滞空時間3秒で成功した。 の呼びかけで実現し、本人も番組にも出演した。 ガスを使ってひとだまを発生する機械はが製作した。 すし学入門(1981年11月2日放送)• 右きき 左きき(1982年5月31日放送)• 出会いのテクニック(1981年4月13日放送):男女の出会いで一番が上がるときはどんなときか探る。 自己紹介するときが一番上がる。 シートベルトの安全性の実験:崖から人形を乗せた車をにほど近い谷間へ突き落とす。 その結果、車は木っ端微塵になった。 の飛距離を測る実験:バスの中の乗客全員が無機質なお面をかぶった。 の実験:「ストレス実験中」と書かれた札を下げた乳牛が銀座をねり歩く。 乳の出が悪くなる。 ちょっと気になる夏の肌• 肥満タイプ・やせタイプ• 虫歯にならない耳よりな話• ラッシュアワー大実験(1981年12月7日放送):当時大井川鉄道(現在の)で使用していた(元)に地元の住民を1両の中へどれだけ詰め込むことが出来るかを実験した。 定員150名の所へ393名を乗車させて「定員の約2. 6倍」という結果となった。 木の肌ざわり住みごこち• さんまは苦いがしょっぱいか• 柿のしぶい話• 天ぷらはどうすればカラッと揚がるか? 上手な掃除のしかた など。 トライヤー [ ] 司会の山川は、体を張って数々の実験台の役をこなしたことから「 トライヤー」と呼ばれた(この「トライヤー」は、のちに「」で実験台担当者の呼称として正式に採用される)。 に挑戦(1980年2月4日放送):山川が短期間の練習を経て、実際に級のジャンプを成功させた。 また、選手の視界を体験するということでジャンプのコーチがカメラを持ってのジャンプを撮影した。 なお、この回はに出場する日本ジャンプ陣の壮行の意味合いもあり、らがゲスト出演した。 山川213匹、池尾93匹で皮膚温の高い方が刺されやすい。 撃退作戦(1980年10月27日放送):特殊な素材で出来た服装(デニム素材を数枚重ねたもの)を着てスズメバチ駆除を試みる。 手袋のところをスズメバチに刺されてしまう。 VTRの最後で握手をした際、山川は「イテテ!」と崩れ落ち、救急車で搬送された。 ハリ・灸はどのように体にきくか(1982年11月8日放送):治療の肩こりへの効果を試すため、のようなものを1日中、通勤の車内でも付けて強制的に肩こりにする。 結果は、耳へのハリ治療で肩の硬度が18から14に下がった。 のボクサーに殴られる実験(1978年10月9日放送):手加減なしのを受けた山川は、暫くに悩まされたという。 マイナス30度以下の倉庫内でどれだけ長く耐えられるかを自らが入って実験• 一週間タコとイカだけを食べての変化を調べる実験• の写真の被写体になる:時間は1時間程度であった。 ただし、夏の暑い日の事で、椅子に座った山川は持ちこたえたが、立ち姿のアシスタントは途中で倒れてしまい、写らなかった。 魔球の秘密(1980年4月7日放送):のメカニズムを紹介したエピソードである。 変化球を習得した山川がのと1打席限定で対戦した(結果は内野ゴロ)。 この対戦は実験のために組まれた物ではなく、実際の80年で行われたもので、ユニフォーム姿の山川が投手としてコールされた際、不審に思ったがベンチに確認を取ったほどであった。 :に投げ飛ばされた。 時間に関する実験のため、明かりのないで2日間過ごした。 主な出演者:、、、(ナレーター) 時には榊原、おおば、黒鉄らも、山川程ではないにせよ「トライヤー」としても出演する事があった。 アシスタント:、、、、、、他。 アシスタントも「トライヤー」となる事があった。 にトライし、実際に海に潜ったり(山本)、零下数十度の部屋に防寒着を付けて入ったり(宮本)した。 テーマ曲 [ ] 開始当初は作曲の番組オリジナル曲を使用、オープニング用とエンディング用があった。 演奏はが担当した。 1980年からはエレクトーン奏者のによる演奏に変更された。 その後、番組発掘プロジェクトの呼びかけで『』(放送)で当番組を取り上げた際、番組開始から2年間アシスタントを務めたが自宅ので番組を60本ほど録画しており、その映像を一部使用して放送した。 この発掘分を含めて視聴者提供の映像も発掘され、この時点で残りは「寒さ」と「冷凍食品」の2本のみに。 2014年7月、「冷凍食品」(放送)の回が発掘。 山川が提供したの録画テープをプロジェクトスタッフがチェックしていた時に発見したもので、保存のない回は「 寒さ」(1979年2月5日放送)のみとなった。 参考文献 [ ].

次の

株式会社アイ・コーポレーションの求人概要

アイアシスタント2

プロにお任せした事で売り上げUPに! 当社は、採用専任の担当が居らず私が兼任して採用活動を行っていました。 しかし、採用活動は求人・応募者とのやりとり・面接・内定後フォローなど工程がとにかく多く、採用活動の時期はコア業務の時間がほとんど取れない状態でした。 そこで思い切って採用のプロに任せてみようと思いi-staff-recruitingさんにお願いしてみました。 初めてだったので一番ベーシックな6か月間での依頼をさせて頂きました。 とにかく依頼するからには、自分1人では行き届かなかった要望や細かな注文もさせて頂きたかったので担当の方には入念な打ち合わせをして頂きました。 担当の方がとても丁寧に対応して下さり、採用活動は非常に満足のいく結果となりました。 中途の採用も随時行っていく予定ですので、また今後も利用させて頂きます。 応募数・採用率が劇的にアップしました! 当社では、求人を出してもなかなか応募が集まらない状態が長く続いていました。 応募がきて面接をしても、なかなか求める人材には出会えず、四苦八苦していました・・ そんな時、ネットで見つけたi-staff-recruitingさんに相談させていただきました。 まず当社の採用計画と、求める人材についてお話ししたところ、最適な求人媒体の選定やスカウトによるマッチング人材の確保など当社に合った採用方法をご提案して下さり面接以外の業務を全てお願いさせて頂きました。 結果、応募率は例年に比べ3倍、採用人数も目標数をクリア、求める人材確保も行え大満足です! 担当の方はただ採用を代行してくれるだけではなく、なぜこれまで応募者が少なかったのか? PRするべき魅力や強みは何なのか?と私達以上に当社の事を知ろうとして下さいました。 その姿をみて、改めて自分たちの事業内容や社員・組織を知る事が大切だと気づかされました。 来年度は、もっとたくさんの方に魅力をお伝え出来るよう、説明会に挑戦したいと思います! 丸投げできるパートナーに やっと出会えました! 現在採用活動については面接以外全ての業務をi-staff-recruitingさんにお願いをしています。 利用するまでは営業と兼任で採用業務を行っていました。 そのため、秋頃〜春先までは営業成績減も下がってしまうという状態でした。 仲の良いクライアントからの紹介でi-staff-recruitingさんのRPOサービスを知りました。 以前一度他社さんのRPOサービスを利用したことがあったのですが工程ごとの金額設定で、トータルコストが予算を超えてしまい決済が下りず・・ 結局は資料作成も貸し会議室の手配もオファーメールも私がやる事になってしまいました。 なのでi-staff-recruitingさんのパッケージ価格は本当に魅力的で、どこまでがこの金額で出来るのか何度も何度も担当の方へ確認してしまいました(笑) 打ち合わせではこれまで私がやってきた事、本当は叶えたかった事などをお伝えしました。 「この量を兼任なんてこれまで本当大変でしたね」と現場の苦労も理解して下さりました。 私は採用業務から解放された嬉しさと営業に集中できる喜びでいっぱいです! 今では外注先というよりも、ひとつの採用チームとして本当に助けられています。 これからも末永く、パートナーとしてお付き合いして頂きたいと思っています! 「内定辞退者は減らせる!」 と教えてもらいました 当社では、毎年内定者の辞退に悩まされていました。 辞退が相次ぎ採用活動は振り出し・・なんて事もありました。 いっそのこと、雇用条件の見直しも必要か?と考えていた時に、i-staff-recruitingさんのHPで「内定辞退者を減らす活動」という文言が目に留まり、依頼してみようと思いました。 内定後は社歴の浅い社員との面談や親睦会の計画、研修代行などこれまであまり時間を割いてこれなかった内定者とのコンタクトをフォロー頂きました。 その結果、内定者の方々が持っていた不安・疑問が解決され、迷う事なく入社を決意してくれる方が格段に増えました! 入社後に話を聞いてみると、やはり面談や親睦会で不安が払拭できたのが大きかったとの事でした。 内定者が不安に思っていること、当社が用意すべき回答事項、それぞれを担当の方がまとめて下さり円滑な面談や懇親会を行う事ができました。 時には内定者の誕生日をサプライズでお祝いするなどの社内イベントまで企画して下さり、社内の雰囲気や業務外の交流まで感じてもらうことができました。 こうした一歩踏み込んだ気遣いが出来るのも、i-staff-recruitingさんの特徴だと思います!.

次の

AIアシスタントサービス

アイアシスタント2

課題3 特定業務に特化せず、さまざま業務に対応可能なAIアシスタントを導入したい。 解決 さまざまな間接業務の他、情報検索の代行、コミュニケーションの支援、さらにはバックオフィス業務の代行など、多種多様な業務に対応します。 特長1 スマートデバイスが、AIでチャットや音声を理解。 業務を支援します。 スマートデバイスに自然な言語や音声で入力すれば、AIが内容を理解し、さまざまなシステムと連携して業務を支援します。 隙間時間で情報探索や間接業務を完了できます。 特長2 機械学習によりユーザーごとのパーソナライズを実現します。 検索対象や回答方法をユーザーごとに随時機械学習し次回から優先して検索、提示。 ユーザーに寄り添うアシスタントとして使うほどにパーソナライズ化されます。 特長3 幅広い業務と連携できます。 特定業務に特化せず、Webアプリケーション、ファイルサーバ、さらにRPA*など多種多様なシステムと連携して、知りたい情報の抽出や、やってほしい業務の代行を実現します。 * Robotic Process Automation•

次の