フィジカル ディスタンス。 WHO:◯ソーシャル ディスタンシング→◎フィジカル ディスタンシング :英会話講師 多武佳子 [マイベストプロ福岡]

フィジカル・ディスタンスの意味 “physically distance”とは物理的距離をとること〜ソーシャル・ディスタンス”socially distance”(社会的距離)の言い換え #physicallydistance

フィジカル ディスタンス

日本では緊急事態宣言が解除され、新規感染者数が少ない状況が続いています。 これまでの取り組み、ソーシャルディスタンスやマスク、ゴーグルなどの感染予防にどれだけ効果があったのでしょうか? これらの検証試験をまとめたシステマティックレビューの紹介です。 ランセットに掲載されたシステマティックレビューです。 論文の結論• 距離を取る(ソーシャルディスタンス・フィジカルディスタンス)ことの予防効果• マスクの予防効果• 目の保護(フェイスシールド)の予防効果 の順に説明します。 論文の結論 現在話題のコロナ(SARS-CoV-2)だけでなくSARS,MERSといった風邪以外の以前のコロナウイルス感染症も含めての解析です。 20013の論文から19409が除外されて604本が対象となっています。 不適切なものを除いて44の論文でメタアナリシスを行っています。 結果を先に記載します。 1m以上の社会的距離 一定の効果あり マスクと目の保護 有効である可能性がある との事です。 個別に見ていきます。 距離を取る(ソーシャルディスタンス・フィジカルディスタンス)ことの予防効果 フォレストプロットを示します。 1行づつ解析対象となった論文が記載されています。 真ん中のグラフで、RR(relative risk:相対危険度)を表しています。 この横棒が、1を跨ぐと有意差なしとなります。 RRが1より小さいと、介入が(このグラフでは距離を取ること)がコロナ感染のリスクを小さくして、RRが1より大きいとリスクを大きくすると見て下さい。 一番下に全体での結果が記載されています。 1をまたがず小さい数値が出ています。 3(0. 20-0. 44)というのは、相対危険度0. 3でその95%信頼区間が0. 2から0. 44の間ということです。 信頼区間についてはこちらのコラムで説明しています 距離を取ると感染リスクを三分の一くらい、悪くとも半分に減らせそうと考えて下さい。 どれだけ距離を取るとどれだけリスクを抑えられるか、が次のグラフです。 明らかに1mから、絶対リスクが低下しています。 1m以上の距離が有効と言えそうですね。 マスクの予防効果 次に、話題のマスクのについてです。 まず、ほとんどの論文がhealth careの場面での仕様を評価しています。 それでも効果があまり出ていません。 下の3つのnon health careでの論文は中国での2本がギリギリ有意差あり、ベトナムのものが有意差なしです。 このベトナムの論文、マスクしていた群が9例、マスクなしが154例ってすごいですね。 使用しているマスクはサージカルマスクとN95 が混ざっています。 もちろんnon health careでの論文は全てサージカルマスクです。 これら全てをまとめて解析して、RR0. 34(0. 26-0. 45)で有効な可能性とされています。 明確にこの論文が根拠とは言われていませんが、 同じ週のWHOの発表では 感染流行地域で距離がとれないときのマスクの使用を推奨する に変わりました。 明らかに医療機関と他の場所でのマスクの予防効果が違うようにみえますし、N95のほうがaOR小さいです。 陰謀論者ではないのですが、色々勘ぐってしまいたくなります。。。 一応マスクは効果ありそう、特に 医療機関でのN95の使用は効果ありと言えそうです。 ちなみに、マスク素材の壁を作ってそれを濾した空気ではマウスのコロナ感染が減った、というのはマスク効果アリの根拠にはなりません。 マスク着用時に吸気の9割はマスクを濾さず周りから入ってきています。 私たちはマスク着用時の空気の流れを数値流体力学の手法を用いて分析しました。 北九州市立大学の白石靖幸教授がコンピューターによるシミュレーション解析を行ったところ、マスクを着けた場合、吸っている空気のうち、マスクを通して吸引している空気は少量、マスクの顔への密着度がよくない場合は約1割で、横の隙間から吸っている空気が大半、約9割に達するという結果が出ました。 空気には、なるべく抵抗の少ないところを通るという性質があるからです。 色々推測するためにはこうした細かい実験結果も重要ですが、結局は実証試験(人がマスクを装着してウイルス感染を抑えられたかの検討)が重要なエビデンスとなります。 それらのシステマティックレビューが今回の論文です。 目の保護(フェイスシールド)の予防効果 はこちらです。 もうフォレストプロットは解説なしで読めますよね。 ちょっと追加すると、横線が長い報告は信頼区間の幅が広いものです。 N数が少ないなどが代表的な原因です。 目の保護は個人的には 意外と効果あるんだな、と感じました。 マスクは熱中症のリスクなどデメリットもありますが、 1m以上の距離をとる、 目を保護するでしたら感染リスクのあるエリアでは、 出来る人はやっておくといいのではないかと思います。 (そもそも介入群、対照群ともに感染者ゼロの報告も多く感染率が低い疾患友言えますが) マスクをして体育の授業を行い小学生の命が失われたニュースが出ています。 為政者にはメリットとリスク、過去の事例から学んで、やってきたことを真摯に検証してルールを決めて欲しいです。

次の

【重要】7月・8月フィジカルディスタンスDEオープンキャンパスの開催について

フィジカル ディスタンス

すっかり耳慣れた言葉となった「ソーシャルディスタンス」ですが、英語ではSocial distancingと書きます。 そうなんです、本当はソーシャルディスタンシング。 なぜディスタンスが定着したのかわかりませんが、多分言いにくかったのか最初にニュースにした時に間違えたのか? (タイトルはわかりやすいように定着した方を使いました) しかしながら、ソーシャルディスタンス(Social Distance)だと用語で、「特定の個人やグループを排除する」「社会での圧迫がある距離」という意味になります。 これ、ちょっとあんまりよろしくない伝わり方ですよね。 ソーシャルディスタンシング(Social distancing)であれば、感染予防戦略を表す用語であり、感染拡大を防ぐために物理的距離を保つことを言います。 そして、最近はSocial distancingではなくPhysical distancingと言おうとWHOが言っています。 It doesn't mean that socially we have to disconnect from our loved ones, from our family. (略)We're changing to say physical distance and that's on purpose because we want people to still remain connected () これはや家族との関係を社会的に断たなければならないという意味ではない。 我々があえて物理的距離と言い換えているのは、人と人とのつながりは引き続き保ってほしいと思うからだ。 フィジカルディスタンシング。 この話を聞いたのはカ在住の方からですが「フィジカルPhysical(肉体的・物理的)な距離は離れても、心の距離を寄り添わせましょう」ということが、強く発せられるようになっているそうです。 危機の時こそ、人の内面や本質が浮き彫りになります。 こういう時に連絡を取り合う人、なんとなく距離が離れる人。 仲が良かったはずの人とも、根本的な考えが合う・合わないと気付かされたりします。 ある意味、時間を無駄にしてしまうような必要のない人間関係も、淘汰される時かと思います。 本当に大事な人と交流している時間は黄金です。 前向きに行きていくために意味のある話、明日へのやる気、気持ちや考えを共有することでの心の平穏、いろんな嬉しいものが生まれます。 ちょっとした口論や意見の不一致も喧嘩も含めて、ね。 そういったもので人生を彩っていきたいもの。 お互いを思いやれない関係や、何か得をするかもという気持ちだけで会う時間、ただ暇をつぶしあうだけの飲み会。 それらは若い時多くの時間を費やしてしまうものです。 でもそのおかげで、本当に大事な人はどういう人なのかがわかってくるから、全然無駄だとも後悔もありません。 けど、これから先には必要ないものではありませんか。 人間関係の整理。 このタイミングだからこそ、意図的にではなくても、勝手にそうなってしまってる状況もあるのかなと思います。 しんどい時でも、しんどい時だから連絡を取りたい人。 この人ならばと情報交換をする人。 一緒に問題に取り組んでいける人、高め合っていける人、安心できる人。 心がゆるむ人。 大事な人を見極めて、淘汰する時期。 最後に。 わたしは、このBlogを読んでくださる方をPhysical distancingな関係だと感じています。 どこの誰が読んでいるかさっぱりわかりません。 どんな人なのか、一生お顔を見ることも叶わない方も多いかと思いますが、心の距離は近いのかなと。 いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。 感謝しています。 何かしらの小さなお役に立ててればと願います。 台湾の知人が「日本はチームプレーを尊ぶのが素晴らしい。 台湾や中国は人生一人プレーです。 」と言って、この漫画を推していました。 確かにこの漫画にはチームプレーの素晴らしさがてんこ盛りです。 でもみんながみんな最初からそれが出来てるわけではなく、みんなとプレーする内に成長していくのですよね。 まさにフィジカルをぶつけ合いながらの心のデゥタンシングを掴む!(こじつけた)読みだしたら止まらなくなります。 まだまだ連載中。

次の

ソーシャルディスタンスとフィジカルディスタンスの違い

フィジカル ディスタンス

日本では緊急事態宣言が解除され、新規感染者数が少ない状況が続いています。 これまでの取り組み、ソーシャルディスタンスやマスク、ゴーグルなどの感染予防にどれだけ効果があったのでしょうか? これらの検証試験をまとめたシステマティックレビューの紹介です。 ランセットに掲載されたシステマティックレビューです。 論文の結論• 距離を取る(ソーシャルディスタンス・フィジカルディスタンス)ことの予防効果• マスクの予防効果• 目の保護(フェイスシールド)の予防効果 の順に説明します。 論文の結論 現在話題のコロナ(SARS-CoV-2)だけでなくSARS,MERSといった風邪以外の以前のコロナウイルス感染症も含めての解析です。 20013の論文から19409が除外されて604本が対象となっています。 不適切なものを除いて44の論文でメタアナリシスを行っています。 結果を先に記載します。 1m以上の社会的距離 一定の効果あり マスクと目の保護 有効である可能性がある との事です。 個別に見ていきます。 距離を取る(ソーシャルディスタンス・フィジカルディスタンス)ことの予防効果 フォレストプロットを示します。 1行づつ解析対象となった論文が記載されています。 真ん中のグラフで、RR(relative risk:相対危険度)を表しています。 この横棒が、1を跨ぐと有意差なしとなります。 RRが1より小さいと、介入が(このグラフでは距離を取ること)がコロナ感染のリスクを小さくして、RRが1より大きいとリスクを大きくすると見て下さい。 一番下に全体での結果が記載されています。 1をまたがず小さい数値が出ています。 3(0. 20-0. 44)というのは、相対危険度0. 3でその95%信頼区間が0. 2から0. 44の間ということです。 信頼区間についてはこちらのコラムで説明しています 距離を取ると感染リスクを三分の一くらい、悪くとも半分に減らせそうと考えて下さい。 どれだけ距離を取るとどれだけリスクを抑えられるか、が次のグラフです。 明らかに1mから、絶対リスクが低下しています。 1m以上の距離が有効と言えそうですね。 マスクの予防効果 次に、話題のマスクのについてです。 まず、ほとんどの論文がhealth careの場面での仕様を評価しています。 それでも効果があまり出ていません。 下の3つのnon health careでの論文は中国での2本がギリギリ有意差あり、ベトナムのものが有意差なしです。 このベトナムの論文、マスクしていた群が9例、マスクなしが154例ってすごいですね。 使用しているマスクはサージカルマスクとN95 が混ざっています。 もちろんnon health careでの論文は全てサージカルマスクです。 これら全てをまとめて解析して、RR0. 34(0. 26-0. 45)で有効な可能性とされています。 明確にこの論文が根拠とは言われていませんが、 同じ週のWHOの発表では 感染流行地域で距離がとれないときのマスクの使用を推奨する に変わりました。 明らかに医療機関と他の場所でのマスクの予防効果が違うようにみえますし、N95のほうがaOR小さいです。 陰謀論者ではないのですが、色々勘ぐってしまいたくなります。。。 一応マスクは効果ありそう、特に 医療機関でのN95の使用は効果ありと言えそうです。 ちなみに、マスク素材の壁を作ってそれを濾した空気ではマウスのコロナ感染が減った、というのはマスク効果アリの根拠にはなりません。 マスク着用時に吸気の9割はマスクを濾さず周りから入ってきています。 私たちはマスク着用時の空気の流れを数値流体力学の手法を用いて分析しました。 北九州市立大学の白石靖幸教授がコンピューターによるシミュレーション解析を行ったところ、マスクを着けた場合、吸っている空気のうち、マスクを通して吸引している空気は少量、マスクの顔への密着度がよくない場合は約1割で、横の隙間から吸っている空気が大半、約9割に達するという結果が出ました。 空気には、なるべく抵抗の少ないところを通るという性質があるからです。 色々推測するためにはこうした細かい実験結果も重要ですが、結局は実証試験(人がマスクを装着してウイルス感染を抑えられたかの検討)が重要なエビデンスとなります。 それらのシステマティックレビューが今回の論文です。 目の保護(フェイスシールド)の予防効果 はこちらです。 もうフォレストプロットは解説なしで読めますよね。 ちょっと追加すると、横線が長い報告は信頼区間の幅が広いものです。 N数が少ないなどが代表的な原因です。 目の保護は個人的には 意外と効果あるんだな、と感じました。 マスクは熱中症のリスクなどデメリットもありますが、 1m以上の距離をとる、 目を保護するでしたら感染リスクのあるエリアでは、 出来る人はやっておくといいのではないかと思います。 (そもそも介入群、対照群ともに感染者ゼロの報告も多く感染率が低い疾患友言えますが) マスクをして体育の授業を行い小学生の命が失われたニュースが出ています。 為政者にはメリットとリスク、過去の事例から学んで、やってきたことを真摯に検証してルールを決めて欲しいです。

次の