猫君顔。 DISH// 猫 歌詞

猫の性別当てクイズ!猫の顔写真で性別を見分けられますか?

猫君顔

ご自宅に猫がいる方、あなたや家族がテレビを見ているときや寝っ転がっているとき、猫はどこで何をしていますか? 猫と暮らしていない方でも猫好きの方ならネットで見かけたり話で聞いたり、なんとなくイメージがあるのではないでしょうか? 有名どころでいうと ・テレビの前に突っ立つ ・膝に乗ってくる ・おもちゃで音を立てて遊び出す など。 これは ・テレビの前に突っ立つ 「俺は・・・ここだぜ・・・? 」 ・膝に乗ってくる・ 「俺は・・・ここだぜ・・・? 」 ・おもちゃで音を立てて遊び出す 「俺は・・・ここだぜ・・・? 」 という意味になるのですね。 犬とは違っておもちゃを持ってきて「お〜〜〜い! 遊ぼうぜ〜!!! 」みたいなノリで近づいてきたりしないので、そう捉えない方も多いのかもしれませんが、地味〜に存在感をアピールする。 それが猫です。 覚えておいてください。 突然猫マスター感を全開に出す とはいえ、猫は毛柄や個体差もあり、性格もさまざま。 そんなときの実家猫たちの反応は・・・ まず、すんぴの場合、 ・できるだけデカイ音で爪を研ぎ、すごく可愛い顔でこっちを見る ・無視してくる人間の足をわざとらしく踏んで歩いていく ・なぜか廊下の端っこまで行って、全力で駆け抜ける ・目の前に突っ立ち、こちらと目を合わせることなく、ただただ尻尾を顔にぶち当ててくる といった行為を行う、猫的なツンデレ感のある性格です。 一方、村松氏は ・膝に乗る ・なんか可愛い声を出す ・ひっくり返る ・ついてくる という、わりとストレートで猫的なツンデレ感があまりない性格なのです。 こんなに対称的な2匹と暮らす家族はさぞかし大変だろうと思っていましたが 村松君は、仕事さえなければ、一日中ずーーーっと猫を触っていたい父に懐いていて、 すんぴは、家事やピアノのレッスンなどで忙しくゆっくりと猫を触れられない母に懐いている、という、すごく綺麗にバランスが取れているのでした。 ちなみに、僕が実家に帰ると、玄関ですんぴが待っていて、ずっとついてくるというスーパー可愛い仕草を見せつけてきますが、村松君はなぜかゴミを見るような目でこっちを見てくるので悲しくなります。 将来の夢は無人島に住んで猫と一日中鬼ごっこ日向ぼっこ。 毎日猫と追いかけっこしたいがために突如家を買う。 日々曲を書き、曲の〆切に追われながら日々猫たちのご飯の〆切にも追われる。

次の

顔デカ ナッツくん│フェリシモ猫部

猫君顔

シンガーソングライターのあいみょんさんが楽曲提供をしたことでも大きな注目を集めました。 ) という人間寄りに書こうかなって考えてて。 当時はまだ19歳だったから、男の子と男性の間な感じがしたんですよね。 これからだんだんと大人の男性に向かっていくっていうタイミングだったので、それをうまいこと表現できたらなって思ってました。 barks. 青年の気難しい感情をうまいこと描けてしまうあいみょんって一体。 また北村さんのコメントによると、 北村さんが主演を務めた映画 「君の膵臓をたべたい」を見てインスピレーションを受けたあいみょんさんが制作した楽曲とのことです。 スポンサーリンク 歌詞 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで 作詞:あいみょん 歌詞の意味・解釈 1番 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け 楽曲では 「君」という大切な人を失った主人公の姿が、 あいみょんらしいまっすぐな言葉で描かれていきます。 本来横で笑っているはずの君を今日手放してしまった僕 と、 夕焼けに染まる街。 君がいない明日がどんな世界になってしまうのかを恐れる僕は、 いっそ夕焼けに飲み込まれてしまうことを望んでいます。 こんな不安と絶望でいっぱいの心も、跡形もなく全て真っ赤に染まってしまえば、きっといくらか楽になるだろうから。 しかしそんなことできるはずもなく、 夕日は沈み主人公は夜に置き去りにされてしまうのでした。 「君」が生きているのか死んでしまったのかは歌詞に直接的な表現が無いので明言は出来ませんが、別れの表現の深刻さなどから 恐らく亡くなってしまったのだと推測されます。 だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 時間は残酷にも流れていき、街には 夜が訪れます。 君を失って明日が怖いのに、眠ってしまったら明日が来てしまうのに、 それでも眠くなる自分が馬鹿らしくなって笑えてきて。 そして 君を失ったことを正面から受け入れられるほど大人ではない主人公は、 もう君の顔なんか忘れてやろう、なんてことを思い始めます。 君が横にいた昨日なんてのはきっと幻だ。 そう思い込むことで、 君の存在にすがりつこうとする惨めで弱い自分をなんとか取り繕おうとしているのです。 「家まで帰ろう 1人で帰ろう」 「君の顔なんて忘れてやるさ」 主人公なりのちょっとしたカッコつけ。 そんなことできるはずもないのに。 「明日ってウザいほど来るよな」なんて荒い表現が、あいみょんがインタビューで語っていた 「男の子と男性の間」の主人公をさらに形作っているような気がします。 まだ大人になんかなり切れない、 思春期の青年を。

次の

【DISH///猫】歌詞の意味を徹底解釈!あいみょんが描く思春期のバラード。

猫君顔

それは昨今の人類においては切っても切り離すことのできない・・・通称・・・見栄である。 (違う) スマホのカメラの性能も上がったり、今までだったらうん十万円していたデジタル一眼カメラもコスパが良くなりお買い求めやすくなってたり、写真がとっても身近になっています。 それは音楽でも同じですね。 ほんの数十年前は300万とか下手したら1000万とかかけなきゃCDや音源なんて作れなかったのですが、今となっては数万円のパソコンとちょっとした機材が揃ってれば誰でも気軽に音源が作れてしまいます。 努力して頑張れば綺麗な写真や音楽がバチッと作れて、SNSなどに投稿すればいいねもついちゃったり・・・場合によっては一躍有名に! 本当にいい時代に生まれたなと実感する日々です。 技術や文明の進化を目の当たりにしている感じがとても楽しい! その感覚、実は人間だけではなく猫も密かに感じ取っていますよ。 村松氏「ここに立てばねこのきもち WebMagazine用の写真で使えるでしょ」 お前・・・すげえな・・・自分の神々しさと、イルミネーションのバランス、完璧に理解している・・・なんなら載せる媒体まで・・・ 村松氏「あ、一方向だけだと写真少ないって怒られちゃうよね?ほい。 別アングル」 いやいや、映えだけじゃなくて裏事情まで考慮済み!?あんた・・本当に猫かいな・・・? 翌日 すんぴ「村松君が、ここに立ってたら写真いっぱい撮ってもらってたから、僕もきたよ!!!撮っていいよ!!!はい!!!」 あ・・・うん。。。。 あの、、、その。。。。 村松君は後ろの可愛い光とのバランスを鑑みてあそこに立ったから綺麗に見えたって感じで・・・今はほら・・・カーテンがさ・・・・閉まってて・・・ 光が・・・ね・・・・ すんぴ「????とりあえず可愛い顔するね」 うほおぉおおおぉ!!!!可愛すぎて顔の部分だけで充分に映えているうう!!!! 人間もセンスや感覚って、それぞれですからね。 将来の夢は無人島に住んで猫と一日中鬼ごっこ日向ぼっこ。 毎日猫と追いかけっこしたいがために突如家を買う。 日々曲を書き、曲の〆切に追われながら日々猫たちのご飯の〆切にも追われる。 日々の猫との暮らしで実感した、猫の真実を語った書籍が好評発売中 ・ブログ: ・Twitter: ・Instagram: ・YouTubeチャンネル:.

次の