ラウンジ 同伴者。 ご同伴のお客様とラウンジへ

ラウンジのご利用

ラウンジ 同伴者

空港の中の喧騒から離れてひといきつくことができるラウンジ。 利用条件を満たされている方と一緒に同行者の方もラウンジに入ることができるのでしょうか?最初に成田空港を例に挙げて同行者さまのご利用についてお話をしていきたいと思います。 国際線のANAのラウンジには、ファーストクラス及びANAダイヤモンドサービスメンバーの方だけが利用することができる ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)と、ファーストクラス、ビジネスクラス、ANAダイヤモンドサービスメンバー、ANAプラチナサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員、スターアライアンスゴールドメンバー、スターアライアンス有料ラウンジ会員の方がご利用いただくことができる ANA LOUNGE(ANAラウンジ)とがあります。 それぞれ ANA便もしくはスターアライアンス加盟航空会社便をご利用予定の方限定でご利用いただくことができるようになっています。 ANA スイートラウンジでは、基本的に それぞれ同行者1名さまのご利用が可能となっています。 ANA ラウンジでは、基本的に ビジネスクラスをご利用のお客様はご本人様のみのご利用となりますが、それ以外の ファーストクラス、ANAダイヤモンドサービスメンバー、ANAプラチナサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員、スターアライアンスゴールドメンバー、スターアライアンス有料ラウンジ会員の方は、同行者1名様のご利用が可能となっています。 ANA ARRIVAL LOUNGE(ANA国際線到着・国内線出発ラウンジ)では、国際線到着ラウンジとしてご利用の場合と、国内線出発ラウンジとしてご利用の場合では、条件が異なります。 ANA国際線到着ラウンジとしてご利用の場合には、ANA運行の国際線ご利用の方のみのご利用となりますので、その他スターアライアンス系の航空便でのご利用はできません。 ファーストクラス、ANAダイヤモンドサービスメンバー、ANAプラチナサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員の方の場合、同行者1名様のご利用が可能となります。 ビジネスクラスのお客様はご本人様のみのご利用となります。 ANA国内線出発ラウンジとしてご利用の場合には、ANA運行便でご出発の場合に限り、ANAダイヤモンドサービスメンバー、プラチナサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員、成田空港発ANA国内線を当日ご利用のスターアライアンスゴールドメンバーの方は、同行者1名様のラウンジご利用が可能となっています、 成田空港発ANA国内線を当日ご利用となるANAブロンズサービスメンバーの方の場合、1回のご利用につき1,000マイルが必要となり、ご本人様のみのご利用となります。 成田空港発ANA国内線を当日ご利用になる「」及び「ANA JCBカード スーパーフライヤーズプレミアム」会員様の場合もご本人様のみのご利用となります。 羽田空港の場合も成田空港とほぼ変わりませんが、ANA ARRIVAL LOUGEは国際線到着ラウンジとしてのみのご利用となりますので、お気を付けいただきたいと思います。 関西国際空港では、ANA LOUNGEのみのご用意となりますが、ご同行者のご利用は成田空港とほぼ変わりません。 中部国際空港では、スターライアンスラウンジのご利用となり、成田空港ANA LOUNGEのご同行者のご利用とほぼ条件は変わりません。 また、それぞれ 2歳未満のお子様の場合、同行者としての数には含まれませんが、2歳以上のお子様の場合は同行者としての数に含まれますので、お気を付けいただきたいと思います。 ANAダイヤモンドサービスメンバーの方の場合、マイルを利用されることで成田・羽田のANAスイートラウンジ、関西のANAラウンジでは、さらに多くの同行者をお連れいただくことも可能です。 同行者1名様は無料でご利用いただくことができますが、2人目から4人目の方までは、おひとり様につき3,000マイルでご利用いただくことができるラウンジ利用券にて、メンバーと一緒にラウンジをご利用いただくことができます。

次の

ANAラウンジを利用するには? (2) 同行者の利用について

ラウンジ 同伴者

空港ラウンジが使える(同伴者1名も無料) 空港ラウンジサービスが使えるようになるのも、JALカード(普通カード)+アメックス・スカイ・トラベラー・カード2枚持ちのメリットです。 、及び、には、国内27空港37ヶ所、海外2空港2ヶ所のラウンジを利用できる空港ラウンジサービスが付いています。 利用料はカード会員及び同伴者1名様まで無料です。 同伴者1名も無料になる点が、他のクレジットカード付帯空港ラウンジサービスと決定的に異なる点です。 2名様以降については各ラウンジ規定の利用料金がかかります。 3歳未満の幼児については基本的に無料ですから、カード会員、その配偶者、3歳未満の幼児という親子連れの場合、親子セットで無料になります。 お盆や年末年始、大型連休など、空港が混雑する時期には重宝するでしょう。 ラウンジ入室の際は、受付にて当日の搭乗券または航空券の提示が必要です。 JALカードで空港ラウンジサービスが付帯するのは、JAL CLUB-Aゴールドカード(年会費16,800円)とJALダイナースカード(年会費21,000円)の2枚です。 JALカード(普通カード)(年会費2,100円)+アメックス・スカイ・トラベラー・カード(年会費10,500円)の2枚持ちなら、合計年会費12,600円でJAL CLUB-Aゴールドカード(年会費16,800円)とほぼ同数の空港ラウンジが利用可能となります。 しかも、アメックス・スカイ・トラベラー・カードは同伴者1名まで無料になりますが、JAL CLUB-Aゴールドカードでは無料対象はカード会員本人のみです。 以下にまとめました。 なお、JALダイナースカードは、ダイナースクラブ提携の海外約300ヶ所の空港ラウンジも利用可能となりますので、別格です。 海外空港ラウンジ重視ならJALダイナースカードの他に選択肢はありません。

次の

ラウンジのご利用

ラウンジ 同伴者

空港ラウンジが使える(同伴者1名も無料) 空港ラウンジサービスが使えるようになるのも、JALカード(普通カード)+アメックス・スカイ・トラベラー・カード2枚持ちのメリットです。 、及び、には、国内27空港37ヶ所、海外2空港2ヶ所のラウンジを利用できる空港ラウンジサービスが付いています。 利用料はカード会員及び同伴者1名様まで無料です。 同伴者1名も無料になる点が、他のクレジットカード付帯空港ラウンジサービスと決定的に異なる点です。 2名様以降については各ラウンジ規定の利用料金がかかります。 3歳未満の幼児については基本的に無料ですから、カード会員、その配偶者、3歳未満の幼児という親子連れの場合、親子セットで無料になります。 お盆や年末年始、大型連休など、空港が混雑する時期には重宝するでしょう。 ラウンジ入室の際は、受付にて当日の搭乗券または航空券の提示が必要です。 JALカードで空港ラウンジサービスが付帯するのは、JAL CLUB-Aゴールドカード(年会費16,800円)とJALダイナースカード(年会費21,000円)の2枚です。 JALカード(普通カード)(年会費2,100円)+アメックス・スカイ・トラベラー・カード(年会費10,500円)の2枚持ちなら、合計年会費12,600円でJAL CLUB-Aゴールドカード(年会費16,800円)とほぼ同数の空港ラウンジが利用可能となります。 しかも、アメックス・スカイ・トラベラー・カードは同伴者1名まで無料になりますが、JAL CLUB-Aゴールドカードでは無料対象はカード会員本人のみです。 以下にまとめました。 なお、JALダイナースカードは、ダイナースクラブ提携の海外約300ヶ所の空港ラウンジも利用可能となりますので、別格です。 海外空港ラウンジ重視ならJALダイナースカードの他に選択肢はありません。

次の