お 気の毒 に。 「気の毒だ」に関連した英語例文の一覧と使い方

岡江さん遺骨帰宅 中継され衝撃「気の毒」「見ていられない」「置き配のよう」/芸能/デイリースポーツ online

お 気の毒 に

新型コロナウイルスによる肺炎により23日に死去した、女優の岡江久美子さんの遺骨が、24日、都内の自宅に戻った。 テレビの夕方ニュースで中継された。 感染防止のため家族は最期に立ち会えない。 この日に係官が自宅を訪ね、玄関先に遺骨の入った箱を置き、一礼して立ち去ると、家の中から夫の大和田獏が出てきた。 無言の帰宅を目の当たりにし、SNSには「岡江さんかわいそう」「気の毒すぎて」「無言の帰宅…見ていられない」との投稿が相次いだ。 係官と家族が接触しない形での帰宅。 「置き配扱いされて」「玄関前にとか…悲しすぎる。 コロナ恐ろし過ぎる」「配達のように自宅玄関に置かれて…惨い…こんな終わり方、帰り方って…言葉にならないよ」とのコメントも続いた。 大和田獏は遺骨を持ち、「久美子が帰って参りました。 こんな形の帰宅は本当に残念で、悔しくて、悲しいです。 みなさまもお気をつけ下さい。 それがのこされた家族の願いです」と語った。

次の

気の毒(きのどく)の意味や使い方 Weblio辞書

お 気の毒 に

1 「不憫」は、自分より年下や立場が下の者に対してのみ用いる。 「可哀相」も本来同様の使い方をするものであるが、近ごろは年上にも用いる。 2 「痛痛しい」「痛ましい」は、その人自身についてでなく、その姿やおかれた状況などについていうが、他の語よりも心を痛める程度は強い。 3 「哀れ」「痛ましい」は、外見から見た様子にも心情をおしはかってもいうが、「痛痛しい」は、外見についてだけいう。 4 「哀れ」「気の毒」には、相手をやや軽蔑 けいべつ する意が含まれる場合がある。 「こんなことも分からないとは哀れ 気の毒 な男だ」 5 「気の毒」は、「雨の中を運んでいただいて気の毒でしたね」のように、他人に迷惑や厄介をかけてすまなく思うこともいう。 6 「不憫」は、やや古風な文章語。 「不愍」とも書く。 7 「可哀相」は、「可愛想」とも書く。 軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意• 気のどく• 傷傷しい• 傷々しい• 情ない• 情無い 運に恵まれない; 不運を運命づけられた、不運を伴う、または不運に終わる の意• 気のどく• 後悔に値するさま の意• 気のどく• 非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意• 惨たる• 侘びしい• 気のどく• 憫然たる• 佗しい• 愍然たる• 何かをした、あるいはしなかったことについて後悔、悲しみ、あるいは喪失感を感じること、あるいは表すさま の意• 申しわけ無い• 口おしい• 済まなそう• 軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意• 気のどく• 傷傷しい• 傷々しい• 情ない• 情無い 非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意• 惨たる• 侘びしい• 気のどく• 憫然たる• 佗しい• 愍然たる• 人の苦しみへの深い理解と同情 の意• 思遣り• 思い遣• 人の不幸に対する同情と悲しみの気持ち の意• 惻隠の情• 哀みん• 哀れを誘うもの• 哀びん• 軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意• 気のどく• 傷傷しい• 傷々しい• 情ない• 情無い 非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意• 惨たる• 侘びしい• 気のどく• 憫然たる• 佗しい• 愍然たる• 非常に劣った品質または状態の の意• すぼらしい• 侘びしい• 憫然たる• 佗しい• 見窄らしい• 情ない• 愍然たる• 情無い 人の苦しみへの深い理解と同情 の意• 思遣り• 思い遣• 軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意• 気のどく• 傷傷しい• 傷々しい• 情ない• 情無い 非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意• 惨たる• 侘びしい• 気のどく• 憫然たる• 佗しい• 愍然たる• 非常に悲しい; 特に、悲しみ、死、または破滅などに関わる の意• 深い悲しみ、または苦悩をもたらす、あるいはそれらを特徴とするさま の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

気の毒(キノドク)とは

お 気の毒 に

「不憫」とは? 「不憫」の意味と使い方について紹介します。 意味 「不憫」は 「ふびん」と読み、 「かわいそうなこと」 「哀れなこと」という意味です。 古語として 「都合の悪いこと」 「かわいいこと」という意味でも使われます。 使い方 「不憫」は形容動詞で、 「不憫だ・である」として使ったり、副詞として 「不憫に思う」と使ったり、 「不憫な人」と名詞を修飾して使います。 「不憫」は元々 「不便」と書かれていました。 しかし段々と 「不便」が 「都合が悪いこと」という意味で定着すると、 「かわいそう」という意味を表す言葉が必要になりました。 そこで、 「不憫」という漢字が使われる様になったのです。 「気の毒」とは? 「気の毒」の意味と使い方について紹介します。 意味 「気の毒」は 「きのどく」と読み、 「他人の辛さや悲しさに同情して心を痛めること」 「他人に迷惑を掛けて申し訳ないと思うこと」 「きまりが悪くて困ること」という意味です。 相手に対して心苦しくなることを言います。 使い方 「気の毒」は形容動詞で 「気の毒だ・である」と使ったり 「お気の毒さま」と、他人にかける言葉として使います。 「気の毒」は、本来 「心の毒になる」という意味で使われていました。 毒を飲んだ様に心が苦しくなる気持ち、という意味で、相手の為に心を痛めたり、申し訳なく思うことを表します。 「不憫」と「気の毒」の違い! 「不憫」は 「相手に対してかわいそうだと思う気持ち」です。 「気の毒」は 「相手に対して心を痛めたり、申し訳ないと思う気持ち」です。 まとめ 「不憫」と 「気の毒」は、相手に対する気持ちが違います。 相手の立場や自分との関係を考えて使う様にしましょう。

次の