カメックス 育成 論。 カメックス育成論 : カメがついにからを破れるようになったそうです|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

カメックス育成論 : カメがついにからを破れるようになったそうです|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

カメックス 育成 論

【良いところ】• 鋼技に耐性を持ちます。 メタグロス@こだわりハチマキ の「コメットパンチ」読みで交代出しができます。 メタグロスの初手行動に多い「しねんのずつき」には注意。 岩・地面技には耐性がありませんが、水技で岩・地面タイプの弱点を突けるため有利です。 火力が高い相手はキビシイものの、火力UPアイテムのないマンムーやカバルドンには対応できます。 「こうそくスピン」を習得できます。 ファイヤーやメガヤンマなど「ステルスロック」に弱いエースをパーティに入れたいときに撒き物除去のサポートができます。 【悪いところ】• 種族値はどれをとっても中途半端です。 防御特化にして岩・地面・鋼など有利なタイプに交代出しするだけなら、より物理耐久が高いスイクンやヤドランの方が向いています。 カメックスは彼らと違い、火力UPアイテムを持ったマンムーや「しねんのずつき」を撃つメタグロスに対応しきれません。 広範囲の物理エースの流しとなることができません。 かといってアタッカーにするには攻撃面の種族値が物足りないです。 単水タイプは岩・地面といったタイプに耐性を持ちません。 それらの仮想敵の攻撃を等倍で受ける必要があるため耐久数値が重要になってきますが、カメックスは耐久種族値が半端です。 岩技に耐性があるラグラージや地面技が無効であるギャラドスと仮想敵が被りますが、彼らの方が耐性をいかした交代出しをしやすいためダメージが抑えられます。 「カウンター」「ミラーコート」を使って決定力を出すことができます。 他の水タイプとの差別化点は実質「こうそくスピン」サポートしかありません。 ファイヤーやメガヤンマなど「ステルスロック」で最大HPの半分が削られてしまうようなエースをサポートします。 「こうそくスピン」のターンに相手に隙を与えてしまうため、使わずに済むならそれに越したことはない技です。 パーティにファイヤーを入れなければスピン要員も必要ないですし、相手に1ターンの隙を与えることもありません。 水タイプで「こうそくスピン」を覚えるポケモンには、特殊エースでもあるスターミーがいます。 スターミーはスピンのターンに相手エースを呼び寄せにくいため、隙をつくりにくいです。 カメックスはボーマンダやスターミーなどの相手エースを呼び寄せやすいので、スピンのターンに彼らの無償降臨を許してしまう点がイタイです。 他の水タイプスピン要員では、ゴウカザルや水タイプなどを流せて「どくびし」も撒けるドククラゲがいます。 ドククラゲは、カメックスよりも交代出しできる相手が明確である点が評価できます。 これらのポケモンを差し置いてまでカメックスを使う必要があるのかというと微妙です。 カメックスの型 性格 : ずぶとい 努力値: HP252、防御252、素早さ6 持ち物: オボンのみorたべのこしorカゴのみ 確定技: ハイドロポンプorなみのり、こうそくスピン 選択肢: あくび、れいとうビーム、ほえる、ねむる 火力UPアイテムを持たない岩・地面・鋼などの有利なタイプに交代出しします。 相手の「ステルスロック」読みで出したり、カメックスに通る攻撃を持たない水タイプに出して「こうそくスピン」をすることもできます。 性格・努力値について。 岩・地面・鋼など物理相手に交代出しするために防御特化がベースとなります。 素早さは多少調整してもよいですが、激戦区に近いため相手も多少調整していることが多く、リターンを取れるかは微妙です。 持ち物について。 「ねむる」を使うなら「カゴのみ」です。 使わないなら、交代出しできる回数を増やす「オボンのみ」、交代出しを安定させる「たべのこし」で。 技について。 「ハイドロポンプorなみのり」「こうそくスピン」「選択肢」「選択肢」という技構成とします。 「ハイドロポンプ」「なみのり」は岩・地面・鋼タイプなどに撃つことができます。 命中100の「なみのり」が安定ですが、火力がなさすぎてHP4振りマンムーすら倒せません。 「こうそくスピン」は後続のファイヤーなどのために「ステルスロック」を除去するサポートです。 これを使わないならカメックスを使う必要がなくなってしまいます。 残りの技は選択肢となります。 「あくび」は交代読みで使うことにより様々な相手を牽制することができます。 水タイプに出して「こうそくスピン」をした後にバトルが硬直状態になっても相手を流せます。 「れいとうビーム」は水技読みで出てくるラティオスやボーマンダ、草タイプの牽制です。 ドラゴンの牽制のために、この技か「あくび」いずれかは持っておく必要があります。 「ほえる」は「めいそう」を積むスイクンや「みがわり」を使うマンムーを飛ばすコンボ封じの技です。 「ちょうはつ」無しで「りゅうのまい」を積もうとするギャラドスも強制交換させることができます。 「ねむる」は交代出しできる回数を増やす技ですが、カメックスだけが漫然と長生きしても仕方ないためパーティとの相談です。 役割関係.

次の

【ポケモン剣盾】カメックスの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【ポケモンソードシールド】

カメックス 育成 論

考察などの中からテキスト検索 ポケモン名のほか、対戦形式やルール、役割などを指定して育成論を検索できます。 うっかりや• 投稿者:いしゃりょう• コメント 0 みんなの評価 :• ずぶとい• 投稿者:sia• コメント 6 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:鯵汁ダー• コメント 13 みんなの評価 :• おくびょう• 投稿者:やみらみ• コメント 0 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:ぜあみは• コメント 0 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:doyoyoon• コメント 2 みんなの評価 :• ひかえめ• 投稿者:うしにく• コメント 4 みんなの評価 :• ひかえめ• 投稿者:みーまん• コメント 0 みんなの評価 :• のんき• 投稿者:マロン• コメント 11 みんなの評価 :• ずぶとい• 投稿者:通行人c• コメント 3 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:がう• コメント 7 みんなの評価 :• れいせい• 投稿者:いずもみょうが• コメント 2 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:ぼん• コメント 2 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:NANA• コメント 4 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:かぶとむし• 実際に使用して活躍したみたいで安心しました。 「がんじょう」にもメリットがあるので自分自身も色々試してみたいと思いました。 「アナライズ」に... 私が育成論の投稿するのバレていましたか。 私のことを覚えていただけてとても嬉しいです。 ラッキーは対策すれば比較的止めやすいポケモンですが、対策を... じゃあ多分最速じゃないのか。 お騒がせしてすいません。 ずぶとい• 投稿者:イシガメ230• コメント 0 みんなの評価 :• なまいき• 投稿者:クギあたま• コメント 0 みんなの評価 :• おくびょう• 投稿者:さいと• コメント 1 みんなの評価 :• のんき• 投稿者:まよたぬ• コメント 0 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:塩分•

次の

カメックス育成論 : カメがついにからを破れるようになったそうです|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

カメックス 育成 論

シーズン4から解禁されたポケモンの一匹、カメックスの育成論を掲載しています。 5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 新たに習得した「からをやぶる」によって攻撃・特攻・素早さを2段階ずつ上昇させる積みエースとしての活躍が可能になりました。 素の耐久は並以上あり、素早さも現環境の中速争いに参加出来る数値となっているので上手く積む事が出来れば全抜きの可能性もあります。 物理特殊どちらの攻撃数値もほぼ同じで型を絞らせづらく、技範囲も非常に豊富なのが特徴です。 また、「ミラーコート」「あくび」と言った搦め手も覚えるので積みエースと見せかけて補助や奇襲をかける事も出来ます。 素早さはからをやぶる後最速スカーフサザンドラ(247)抜きまで確保してあり、 最速ドラパルトやダイジェット使用後の最速トゲキッスも抜いているので安定して上を取っていける構成です。 抜群以外であれば多くの攻撃を1耐え可能な耐久があり、 「しおふき」の火力はダイストリーム中であれば「150で固定」なのでその後はガンガン相手を削っていく事が可能です。 相手のパーティや環境的に耐久面で不安が出てくる場合は壁貼りやおきみやげなどでサポートをしてあげるとより安定した積みが可能になります。 その場合完全にCS振りにして「いのちのたま」を持たせるとより攻撃性能が増し、全抜きがしやすくなります。 ダイマックス終了後のしおふきの威力を確保しやすくする為に特性はあめうけざらとしていますが、げきりゅう発動時であればダイストリームの火力がより上がるのでこちらも採用候補です。 サブウエポンは構築や環境と相談となりますが、対面時に迅速に処理する必要がある「パッチラゴン」に安定したダメージを与えられて天候を上書きしない「りゅうのはどう」、耐久相手でも「ダイアーク」によって特防を下げて対応可能な「あくのはどう」がおすすめです。 その他、 あくびを採用する事で回復木の実などを持てば自ら起点を作っていく事も可能ですが、からをやぶるで下がった耐久が戻らないので先制技などには注意が必要です。 メインメニュー•

次の