菜の花 こころ の クリニック。 菜の花こころのクリニック(名古屋市中村区乾出町)|エキテン

院長紹介|菜の花こころのクリニック|名古屋市中村区(中村公園)

菜の花 こころ の クリニック

こころの病気の的確な診断や適切な処方を心掛けています。 あなたがあなたらしく過ごせるよう、そっと寄り添いサポートいたします。 あなたに寄り添いサポートいたします。 <お気軽にご相談ください> 人として不遇な少年時代の経験、医師として岐阜大学病院や岐阜赤十字病院での経験を活かし、標準的な診断や薬物の適正使用を基本としつつ、一人の不器用な人間としてあなたやあなたの生き方に向き合いたいと考えています。 あなたを知る、その上で今置かれている環境や心身の状態に応じて 適切なアドバイスやちょっとした勇気とともにより良い医療ができたらと思います。 <明るく和みのある院内> 2016年2月1日に開業しました。 早いもので2年経ちましたが、試行錯誤の日々です。 相談しやすい雰囲気作りや、ほんのり落ち着けるように最大限配慮し院内設計しております。 院長こと私は40代で、周囲の人がいうには親しみやすく、おとなしい(おっとりした)人柄だそうです。 印象は人それぞれなので参考までに。 こころの不調を、お気軽にご相談ください。

次の

菜の花こころのクリニックの医療事務/受付求人情報(パート・バイト)

菜の花 こころ の クリニック

ようこそ「木洩れ日こころのクリニック」へ 木洩れ日こころのクリニックは患者様と共に歩み、患者様と御家族様に希望の光を届けたいと切に願うクリニックです。 「うつ」や「不安」、「いらいら」などこころの問題をお薬の助けを借りながら和らげ、最終的に自分で自分を上手く扱えるように導いてまいります。 安心安全の医療を目指します。 診療理念 当院が診療において一番価値を置いていることは、"うつくしみ"、です。 万葉の言葉で慈しみ、愛しみと表記する言葉ですが、当院が考える"うつくしみ"とは、患者様を「もう一人の自分」として見ることです。 患者様を単に治療が必要な対象として見るのではなく、自分の知らない貴い人生を歩んできた「もう一人の自分」として労い、懐かしむ気持ちを持って臨みたいと思っています。 もちろんその気持ちを土台に据えて、精神科医として精神療法や薬物療法の技術を提供させていただきます。 担当医• 第一診察室は、小林先生。 月、火、水、木休診、金、土午後2時まで。 第二診察室は、山内先生。 月、火、水、木休診、金午前、土午後2時まで。

次の

なごみこころのクリニック

菜の花 こころ の クリニック

2020. ・更新の都合上、〇でもご予約できない場合がございます。 ・現在、心理士によるカウンセリング枠は 空きがない状況です。 何卒ご了承ください。 2020. 12 《休診日のお知らせ》 7月23日 木 ~7月27日 月 の期間、 当院休診とさせて頂きます。 大変ご不便をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。 2020. 最寄りの「帰国者・接触者相談センター」へご相談ください。 不安の強い社会情勢ですが、少しでも皆様の不安感が軽減されるよう努めて参ります。 2019. 11 《開門および電話受付時間について》 クリニック開門:午前 9時20分、午後 2時50分 電話受付開始:午前 9時15分、午後 2時30分 となります。 宜しくお願い致します。 2018. 31 《駐車場について》 スギ薬局海南店向かいに、新しく『三井のリパーク』が出来ました。 当院提携なため、スギ薬局が満車の際はご利用ください。 駐車証明書をご提示頂ければ、60分無料券をお渡しします 当院は弥富市ではじめてのメンタルクリニックとなります。 海南病院のすぐ裏手で、近隣には薬局も多く利便性の高い場所にあります。 現在、弥富市での心療内科・精神科外来が可能な医療機関は当院のみとなります。 全国的にうつ病、発達障害、認知症など精神医療を要する疾患が増加の一途をたどっておりますが、ここ弥富市および周辺地域においても同様の流れを感じております。 開院後、多くの患者様にお越し頂いておりますが、中には病状が不安定な方もおり、周辺の精神科病院や保健所、役所、社会福祉協議会等とも積極的な連携をさせて頂いております。 今後も地域精神医療の要として、よりいっそう身を引き締めて日々の診療にあたりたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。 なお院長は精神保健指定医、精神科専門医でありますので、地域の皆さまの『こころのかかりつけ医』として十分にお役立て出来ると考えております。 些細な内容でも結構ですので、どうぞお気軽にご予約の上、ご来院頂ければ幸いです。

次の