ゴーゴー カレー。 ゴーゴーカレーグループ

ゴーゴーカレーでおすすめの人気メニュー10選【定番/スピードメニュー】

ゴーゴー カレー

どうも。 カレーはライス派のカレー好き、りょうむた()です。 5頃)。 俗に言うB級グルメでもありますね。 この 『ゴーゴーカレー』、以前から気にはなっていたものの今日まで行ったことがなかった理由は• ルーがソースのようでカレーとは言えない• 味がかなり濃い• カレー店であれば断然ココイチが美味しい といったネガティブな話を耳にし、 「美味しくはないんだろうな…」と自分で勝手に思い込んでいたためです。 しかし、 強豪ひしめく中での3冠はまさに偉業。 松井秀樹さん引退後の現在では、「カレーで世界を元気に!」をコンセプトに『ゴーゴー』の前向きさが充てられているとのこと。 お店のトレードマークは松井秀樹さんにちなんで 『ゴジラ』と思わせておきながら、『ゴリラ』にするというユニークな発想からきています(権利の使用料の問題らしい)。 そして、 イメージカラーはご覧の通りイエロー。 松井秀喜さんにはじまり店名となった『ゴーゴー』へのこだわりがとても強く、数字に置き換えた『5』にちなんだ様々なサービスやイベントが企画されています。 5へのこだわり• ルーは55の工程で5時間かけて煮込み、55時間寝かせている。 営業時間も開店10時55分~閉店22時55分など、5が入るように設定。 開店から午後5時55分までは「ゴーゴータイム」として、 ロースカツカレーとチキンカツカレー全てのサイズを通常価格より100円引きで販売している 一部開催していない店舗もある。 毎月「5」のつく日は「ゴーゴーデー」として、 トッピングサービス券を1枚進呈している。 また、 新規店舗は必ずゴーゴーデーに開店しており、その際は記念として全店舗で2枚進呈している。 毎年5月5日は「ゴーゴーバースデー」として、 ファーストクラス・メジャーカレー・店舗限定メニューを除いたカレーメニューを500円で提供し、プレミアムチケットというトッピングサービス券 5枚綴り を進呈している。 但し、この日に限りワールドチャンピオンクラスの販売はなく、トッピングサービス券は利用出来ない。 以前は新規開店の店舗についても同様に500円イベントを1ヶ月程度実施することもあった。 2014年後半まではオープン初日に数量限定 先着555名 で55円のイベントのみを実施していた。 またどこかの店舗でリトルメジャーカレーを食べたい。 ゴーゴーカレーの鉄板メニューが安く食べられる!店名にちなんだ『5』のつく豊富なサービス 5へのこだわりが凄いため、豊富なサービスがある。 大きく分けると3つ。 開店から午後5時55分までは「ゴーゴータイム」として、 ロースカツカレーとチキンカツカレー全てのサイズを通常価格より100円引きで販売している 一部開催していない店舗もある。 毎月「5」のつく日は「ゴーゴーデー」として、 トッピングサービス券を1枚進呈している。 また、 新規店舗は必ずゴーゴーデーに開店しており、その際は記念として全店舗で2枚進呈している。 毎年5月5日は「ゴーゴーバースデー」として、 ファーストクラス・メジャーカレー・店舗限定メニューを除いたカレーメニューを500円で提供し、プレミアムチケットというトッピングサービス券 5枚綴り を進呈している。 但し、この日に限りワールドチャンピオンクラスの販売はなく、トッピングサービス券は利用出来ない。 その他、お得な情報やイベント情報は、で随時発信中。

次の

【カレー開店4月】厚木市中町の本厚木駅スグに「ゴーゴーカレー」がオープン!おすすめメニューや場所なども紹介

ゴーゴー カレー

ゴーゴーカレーのメインメニュー メニュー \ サイズ ソフト ヘルシー エコノミー ビジネス ファースト ゴーゴーカレー 380円 530円 580円 690円 790円 ロースカツカレー 580円 730円 780円 890円 990円 チキンカツカレー 580円 730円 780円 890円 990円 エビフライカレー 580円 730円 780円 890円 990円 ウインナーカレー 680円 830円 880円 990円 1,090円 メジャーカレー - - 1,000円 1,150円 1,300円 その他メニュー ゴリえもんカレー ドリンク付き キッズサイズのみ 650円 メジャーカレーワールドチャンピオンクラス 2,550円 メジャーカレーワールドチャンピオンクラスは総重量2. 5kgあります。 30分以内に食べ切ると代金が無料になり、2,550円が戻ってきます。 ゴリえもんカレーは子供用メニューで、小さめのサイズのカレーにウインナー2本、エビフライ1本、ゆで卵が乗っていてドリンクも1杯つきます。 トッピングメニュー らっきょう 50円 ゆでたまご 100円 ルー増し 200円 チーズ 200円 ロースカツ 200円 チキンカツ 200円 ウインナー4本 200円 エブフライ2本 200円 メニュー補足説明 すべてのメニューにお代わりし放題のキャベツがついてます。 ゴーゴーカレーはルーのみのカレーです。 玉ねぎも入ってません。 エビフライカレーのエビフライは2本です。 ウインナーカレーのウインナーは小さいものが4本です。 メジャーカレーにはチキンカツ、ロースカツ、エビフライ1本、ウインナー2本、ゆでたまごがついてます。 いわゆるトッピング全乗せで1000円なのでかなりお得です。 毎月もらえるトッピング券について ゴーゴーカレーでは毎月5の付く日、5日、15日、25日に行くと次回使えるトッピング券がもらえます。 このトッピング券を使うと200円のトッピングの中の1つが無料でつけれます。 ただし有効期限は来月末までなので注意しましょう。 ゴーゴーカレーの各メニューはサイズが選べます。 エコノミーやビジネスなど飛行機に例えてますが実際サイズによってどれくらい違うのでしょうか? 普段飛行機に全く乗らない人からしたらわかりづらいかもしれませんが、ゴーゴーカレーのメニューは• ソフト・・・少なめ• ヘルシー・・・やや少なめ• エコノミー・・・普通• ビジネス・・・大盛• ファースト・・・特盛 と飛行機のグレードが上がるごとに量が多くなる仕組みです。 ごはんとルー量が変わります。 で、どのくらい多くなるかと言うと・・・ サイズ ご飯の量 ソフト 150g ヘルシー 250g エコノミー 350g ビジネス 520g ファースト 700g ちなみにソフトサイズは実施してない店舗もあります。 また大盛りにしたくてビジネスを頼む人もいると思いますが、ゴーゴーカレーのビジネスサイズのご飯の量は500gを超えています! エコノミーで350gなのでエコノミーですでに一般的なお店の大盛りの量です。 なのでよほど大食いじゃない限りエコノミーを選ぶことをオススメします。 またゴーゴーカレーはご飯に対するルーの量が少ないです。 ただでさえルーが少なくてご飯が多いカレーなのにご飯500gはかなりきついことを忠告しておきます。 私は小食な方なのに一度だけビジネスを食べましたが食べ終わるまでに30分近くかかりました。 以上、ゴーゴーカレーのメニューと価格やサイズごとのご飯の量を紹介しました。 ぶっちゃけ私はゴーゴーカレーの値段設定は雑なのではないかとちょっと思います。 ロースカツカレー• チキンカツカレー• エビフライカレー 全部値段一緒ですからね。 ロースカツもチキンカツも薄めだしあまり変わらないのかもしれません。 ただこれだとエビフライ2本とチキンカツやロースカツ1個の値段が同じということになるのでエブフライ好きな人ちょっとかわいそう。 そしてウインナーカレーが100円高い。 私はウインナー好きなので頼みたいんですが、チキンカツやロースカツの方が安いんだったら絶対頼みません。 食べる側としてはエブフライ2本やウインナー4本食べるよりチキンカツやロースカツを食べる方がお腹いっぱいになるので同じ値段ならついそっちを頼みたくなりますからね。 またゴーゴーカレーはご飯に対するルーの量が少ないので食べるときはそれを考えて食べるように気を付けてくださいね。 こちらの記事もおすすめ• 関連ページ ココイチのメニューの価格一覧が見たいという方のためにご飯の量別にメニュー価格一覧表を作成しました。 またカロリーも一緒に載せました。 ココイチに行く前に参考にしていただければ幸いです。 ココイチのカレーと言えばトッピング! トッピングつけたい!でもつけると結構値段高くなる、という現実も。 そこでココイチのトッピングメニューの価格一覧表を作成し、1000円以内に収まる具体例やトッピングメニューの人気ランキングを作成しました。 ココイチですが、メニューが豊富すぎて毎回何を頼むか迷っちゃう人もいるんじゃないでしょうか? そこで200人にアンケートを取り、ココイチのメニューの人気ランキングを作成しました。 口コミも一緒に紹介するのでぜひ参考にしてください! みなさん、ゴーゴーカレーは好きですか? え?まだいったことない? じゃあまず何を食べるか決めないといけません。 ゴーゴカレーは食券制なので機械の前であまり悩んでると後ろの人にせかされますからね。 ってことで今回は200人にアンケートを取り、ゴーゴーカレーの人気メニューランキングを作成しました。 カレーショップ C&Cですが、メニューが豊富なので初めて行く人は何を頼むか迷ってしまうと思います。 そこで200人にアンケートを取り、カレーショップ C&Cのメニューの人気ランキングを作成しました。 口コミも一緒に紹介するのでぜひ参考にしてください! 仕事での打ち合わせで外出した際、蒲田にいたため。 食べログで蒲田駅近辺で美味しいお店はないか探したところ、カツカレーがおいしく有名なお店との情報があり、ちょうどカツもカレーもがっつり食べたく、また、かなりの有名店のようだったので、行くことにした。

次の

ゴーゴーカレーでおすすめの人気メニュー10選【定番/スピードメニュー】

ゴーゴー カレー

ゴーゴーカレーは、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、宮城、石川、富山、新潟、長野、京都、岡山、福岡、鹿児島、沖縄に店舗を持つカレー店です。 老舗の金沢カレー店 カレーハウスターバンの姉妹店としてスタートしました。 カレーハウスターバンは、昭和46年に創業され、石川県や富山県、長野県、京都府といった地域に店舗を展開しています。 ゴーゴーカレーの創業者は、このカレーハウスターバンで修行を積み、ゴーゴーカレーを創業しました。 ゴーゴーカレーグループは2003年に設立され、現在では、日本国内に限らず、アメリカやブラジルといった海外にも店舗を構えています。 また、店舗で食べられるだけでなく、公式通販や、楽天、Amazonなどのネットショップでの購入も可能です。 ゴーゴーカレーのレトルトや食べ比べセットなどが販売されています。 ギフト用の商品もありますので、送りものに活用してみるのも喜ばれるかもしれませんね。 さらに、ステンレスの器やフォークまでネットで販売されていますので、自宅でゴーゴーカレーを再現することが可能です。 お近くに店舗がないという場合はぜひネットショップを活用してみてはいかがでしょうか。 ゴーゴーカレーのメニューや特徴 ゴーゴーカレーのメインメニューは、ロースカツカレーです。 カツがのせられ、その上にソースをかけて食べるのは金沢カレーの特徴でもあります。 ゴーゴーカレーの定番メニューで、 人気ナンバー1を誇ります。 また、 チキンカツカレーもあり、ロースカツカレーより食べやすいので、女性に人気です。 もちろん、何もトッピングのない ゴーゴーカレーというメニューもありますが金沢カレーのお店であるゴーゴーカレーでは、カツカレーの方が定番メニューと言えるのではないでしょうか。 ウインナーなどで作られた顔がインパクトの強いゴリえもんカレーはお子様に喜ばれそうですね。 そしてさらにインパクトが強いのが メジャーカレーです。 エビフライ、ウインナー、カツ、ゆで玉子などトッピングがてんこ盛りの一品。 食べ盛りの若者にもってこいのメニューです。 それ以上に多い メジャーカレーワールドチャンピオンクラスもあります。 こちらは、総重量 2. 5キログラムと話題のメニューです。 各店舗1日5食のみの限定メニューとなっております。 大食いの方、食べることに自身のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 量の多いメニューは、誰かと分け合って食べるのもいいかもしれませんね。 らっきょう(50円)、ゆで玉子(100円)、ルー増し(200円)、チーズ(200円)、ロースカツ(200円)、チキンカツ(200円)、ウインナー(200円)、エビフライ(200円)の8種です。 好きなトッピングを組み合わせて、 オリジナルのゴーゴーカレーを作れるのは嬉しいですね。 また、どれも50円〜500円という価格帯なのでお財布にも優しいのではないでしょうか。 全てのトッピングを組み合わせても、1350円という値段です。 ゴーゴーカレーのエコノミーサイズと合わせても、2000円程度に収まりますね。 旅行などで、店舗限定メニューを味わってみるのもいいですよね。 ゴーゴカレー好きの方は旅の目的にもなるかもしれません。 ゴーゴーカレーのメニューを一通り制覇した方は、次は店舗限定のメニューに挑戦してみてはいかがでしょうか。 店舗限定メニューについては、詳しくは各店舗にてご確認ください。 ゴーゴーカレーのメニューのサイズによるご飯の量 続いては、ゴーゴーカレーのメニューの ご飯の量についてご紹介していきます。 ゴーゴーカレーのメニューのサイズ ゴーゴーカレーのサイズは、ソフト(特小)、ヘルシー(小)、エコノミー(中)、ビジネス(大)、ファースト(特大)に分けられます。 飛行機のように例えられたサイズ設定ですね。 5段階に分けられたサイズの中から選択できるので、自分の好みに合わせて残すことなく美味しく食べられそうです。 無駄が減るのでお財布にも環境にも優しいですね。 ゴーゴーカレーのサイズによるご飯の量 先程、ご紹介した5つのサイズのご飯の量について詳しくご紹介していきたいと思います。 それぞれのご飯の量は、ソフト(150グラム)、ヘルシー(250グラム)、エコノミー(350グラム)、ビジネス(520グラム)、ファースト(700グラム)とです。 ご飯の重さは基本的に150グラムで お茶碗1杯分という感覚なので、エコノミーでも大盛りくらいの量がありますね。 きちんとグラム数を確認して注文することをおすすめします。 ゴーゴーカレーのご飯がお得はどのサイズ? やはり、大きい方がお得な感じはしますよね。 しかし、先程も申し上げたように 量はきちんと確認した方がいいでしょう。 いくらお得でも、残してしまってはもったいないですよね。 ちなみにそれぞれのお値段は、定番メニューのロースカツカレーの場合、ソフト(580円)、ヘルシー(730円)エコノミー(780円)、ビジネス(890円)、ファースト(990円)です。 ゴーゴーカレーのメニューで使える豊富なサービス ゴーゴーカレーにはお得に利用できるサービスも充実しています。 ゴーゴーカレーを訪れる前に要チェックです。 開店から午後5時55分までロースカツカレーとチキンカツカレーが100円引きで食べられるというサービスです。 ゴーゴータイムはソフトサイズには対応しておらず、ソフトサイズは通常のお値段となりますのでご注意ください。 ゴーゴータイムによって、ソフトサイズとヘルシーサイズの差はたったの50円になります。 大変お得なサービスですね。 ランチタイムや少し早めの晩ごはんとして活用してみてはいかがでしょうか。 ゴーゴーデーとは、毎月5日、15日、25日と5のつく日に行われるサービスのことです。 ゴーゴーデーにゴーゴーカレーで食事をすると、次回から利用できる トッピング無料券をゲットできます。 トッピングが無料になるといつもよりちょっと豪華なカレーが食べられますよね。 ぜひ、5の付く日はゴーゴーカレーで食事をしてみてください。 ゴーゴーバースデーは1年に一度、5月5日に行われています。 2017年までは、4種類のカレーが500円均一で食べられるサービスが行われており、毎年たくさんの人が来店していました。 2018年度からはプレミアムチケット(トッピング券5枚セット)が贈呈されるというサービスに変更されています。 500円均一というサービスはなくなりましたが、トッピングが無料になる券が5枚ももらえるだけでも嬉しいですよね。 5月5日はぜひゴーゴーカレーを食べましょう。 ゴーゴーカレーは、美味しい金沢カレーが特徴でした。 他のカレーチェーン店では味わうことのできないカレーをゴーゴーカレーでは味わうことができます。 また、サイズも充実していて、女性、男性、小さなお子様、ご年配の方、さまざまな方々が一緒に利用しやすいお店ではないでしょうか。 さらにサービスをうまく活用することで、お得に利用できますので、普段の生活でも利用しやすいですよね。 店舗だけでなく、通販の利用によって自宅でもゴーゴーカレーを再現することができるのも面白いところです。 近くに店舗がないという方でも大丈夫ですね。 ゴーゴーカレーをまだ利用したことがないという方も、この機会にぜひゴーゴーカレー こだわりの金沢カレーを食べてみてください。

次の