ウェイク リフト アップ。 MK53 スペーシアギア リフトアップキット もちろんチョイアゲ お手軽

【画像】ウェイクのカスタム例まとめ!改造・ドレスアップする方必見!

ウェイク リフト アップ

トータル5cmのリフトアップを実現! 通常、リフトアップ 地上高 すると重心が高くなります。 純正スプリングと同じバネレート(強さ)でリフトアップするとフラツキが多くなり、操縦性が不安定になります。 フラツキを解消しようとバネレートを高く(強く)すると乗り心地が悪くなります。 純正スプリング• 構造変更等の申請も必要ありません。 5cm、純正よりひとまわり大きなタイヤの装着でプラス約1. 5cm、トータルで 約5cmのリフト量でそのまま車検対応。 ボディーリフトによるリフトアップ• リフトアップと同じ約5cmアップの地上高を実現させる為には、タイヤの外径を10cmも大きくしなければなりません。 もちろんノーマル比で10cmも大きなタイヤでは保安基準(車検)に適合しません。 また、大きなタイヤを回すことにより、 ブレーキ性能が低下したり、駆動系やエンジンにも負担がかかります。 5cm、純正よりひとまわり大きなタイヤの装着でプラス約15mm、トータルで 約50mmのリフト量でそのまま車検対応。 USA方式でサスペンション(ショックアブソーバー)が 伸びきった状態です。 ストラットスペーサーによりサスペンション(ショックアブソーバー)が 伸びきった状態です。 また、この方式のリフトアップでは、ドライブシャフトが他の車体構成部品(ロアアーム等)に干渉することがあります。

次の

リフトアップ!ハイゼットキャディー

ウェイク リフト アップ

軽バンリフトアップの人気車種と言えばエブリイだが、ダイハツ勢も負けてはいない。 シーザーが手がけたのはハイゼットカーゴ、そして珍しいハイゼットデッキバン。 3インチリフトアップキットで新たな魅力を注入する。 ボディ形状との相性が最も良いアップ量 独特な1台をあらゆるシーンで乗り倒す アクティブさを演出する、オフビートカーキに包まれたハイゼットデッキバン。 3インチアップした足元に装着されたのは、ダンロップグラントレックTG4。 「国産では数少ないブロックパターンのオールシーズンタイヤ。 サイズもちょうど良く、うちの推奨タイヤです」。 デモカーにはアメリカ製のホワイトレターステッカーを施工。 サムライピックオリジナルのマッドガード(税別6800円)。 クラシカルな4WDロゴが際立つ。 お手軽に取り付け可能。 シーザーが取り扱っている、エフクラス製のハードカーゴキャリア。 脚立など、長尺物の積み込みに便利。 見た目もクール。 5+45) 後期型のカーゴもいち早くリフトアップ マイナーチェンジを受け、後期型となったハイゼットカーゴ。 ノーマルでも洗練されたフォルムだが、3インチリフトアップキットを装着することで存在感が大幅にアップする。 デモカーのホイールは15インチのエクストリームJ、タイヤはナンカンマッドスターを組み合わせた。 足まわりとタイヤ&ホイールで、印象がここまで変わる。 その結果、全高を2m以内に収められる3インチアップがちょうどいい数値だったとか。 「デッキバンやカーゴはファミリー層が多いので、スムーズに車検を通せる仕様にしたかったんです」。 メンバーダウン方式を採用し、スプリングは純正をそのまま使っているので乗り心地も良好。 リアショックも変えることで、より粘り強い走りを実現した。 ブロックをかませてメンバーの位置を下げ、プロペラシャフトやドライブシャフトの角度をしっかりと補正。 フロント フロントはストラット上部に、キャンバー角補正済みのスペーサーを装着。 ショックとスプリングは純正のままでOKだ。 リア スプリングの上にスペーサーをセット。 専用ショックはストロークを稼ぐために長く。 乗り心地重視で油圧式を採用した。 自分でも施工できる特殊コーティング ボトルの中には特殊な塗料が入っており、ボディに塗るだけでサビやキズの防止に役立つ。 融雪剤や海水などの塩害予防にも最適。 施工には別売(5000円)のスプレーガンが必要だが、ローラーを使って塗ることも可能。 自分でも手軽に施工できるのが魅力的。 シーザーでも施工を行っているので、気になる人は問い合わせてみよう。 ハイゼットデッキバンはボンネットと荷台、ステップ部分に施工。 シーザーの工賃目安は、ボンネット2万円〜。 こちらは材料費込みの値段なので、結構リーズナブル。 1本の内容量は1リットル。 4本以上購入した人には、施工用のスプレーガンが無料で付いてくるぞ。 「軽バンはないの?」という問い合わせから始まった 但東自動車(兵庫県)との共同プロジェクト、サムライピックシリーズが好 評のシーザー。 サムライピックと聞いて思い浮かべるのが、自社オリジナルのリフトアップキットをセットしたハイゼット/ハイゼットジャンボ。 いわゆる軽トラなのだが、新たに軽バンのカスタマイズもスタートした。 軽トラにはない強み、室内空間の広さを求めるオーナーたちの要望が多かったという。 同社の深海さんに聞くと、「仕事の休憩中に横になって休みたい方、多くの人を乗せたいファミリー層から『軽バンが欲しい』というご要望が多いので、ラインアップに加えました」。 手がけたのは4人乗車できて荷物もたっぷり積めるハイゼットカーゴ、そして面白いところではハイゼットデッキバン。 居住空間を確保しつつ後部に荷台を備えた軽バンと軽トラのいいとこ取りと言えるモデルは、他の自動車メーカーでは手に入らない個性的な1台だ。 「デッキバンは実用性があり、さらにスタイリングが独特なのでファッション性も高い。 4人乗りの軽トラック感覚で指名買いされる方が多いクルマです」。 足まわりは、どちらもサムライピックのリフトアップキットを装着。 軽トラは2インチ/4インチアップを設定するが、こちらは3インチ。 165R14タイヤを履かせた状態で、車検ギリギリの全高2m以内に収められるという点で、この3インチがベストな数値なのだ。 そしてシーザーのもうひとつのイチ押しは、特殊塗料のラプターライナー。 キズやサビの防止に優れており、ザラザラした質感がワイルド。 ワイルドなリフトアップ車には絶対に似合うはずだ。 シーザー 深海さん ダイハツ車をメインで扱っている山口県のシーザー。 サムライピックのコンプリートカーも製作・販売しており、全国各地から多くの問い合わせを頂いているとのこと。 () 【注意】• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の

リフトアップ車を安全に楽しむためのカスタマイズ知識

ウェイク リフト アップ

詳細条件• ディーラー車• 左ハンドル ミッション/駆動系/乗車人数• マニュアル MT• 8名 エンジン種別• ハイブリッド• ディーゼル オプション• サンルーフ• アダプティブクルーズコントロール• 3列シート• 電動リアゲート• ボディタイプ• クーペ• ステーションワゴン• ボンネットバン• バス 価格帯• 5万円以下• 10万円以下• 15万円以下• 20万円以下• 25万円以下• 30万円以下• 35万円以下• 40万円以下• 45万円以下•

次の