ドンペリ ドン 食後。 モエ・エ・シャンドンのシャンパンの種類や歴史

「ドンペリ」はなぜ高級?値段の理由に迫る

ドンペリ ドン 食後

ドン・ペリニヨンはシリーズを通して、長期熟成が特徴としてあげられます。 熟成の段階は「プレニチュード」と呼ばれ、ワインがより高く、強く進化する瞬間なのだとか。 ドン・ペリニヨンのヴィンテージを第1段階とするなら、P2は第2段階目のピークとして表現されています。 なんと 16年の熟成期間を経て生まれたものです。 一番近い、ヴィンテージ2000年の物は、鮮やかで熟成度のある香り。 口に含むと気品がある粘性もあり、肉感的な味わいもあるそう。 優雅な苦みとともに余韻も長く楽しめるとのこと。 高級感あふれる黒いボトルとラベル。 箱も黒に統一されているもの特徴です。 商品名:ドン・ペリニヨン エノテーク• 最高傑作とも言われる『チャールズ&ダイアナ』の特徴と値段 1981年、チャールズ皇太子と、ダイアナ妃の結婚式での記念品。 ダイアナ妃の父親、スペンサー氏が特別注文したドンペリです。 ダイアナ妃が生まれた年の 1961年ヴィンテージ。 記念すべき高級シャンパンであり、なおかつ、当たり年としても知られています。 これまでに作られたドンペリの中でも、最高傑作と名高いシャンパン。 レアリオティも高く、値段も高騰しています。 現在では100万円以上します。 150万円を優に超える!最高級のドンペリ『ホワイトゴールド』 『ドン・ペリニヨン ホワイトゴールド・ジェロボアム』というドンペリです。 ヴィンテージは1995年。 意外にも、それほど年代物ではないのですが、値段は 150万円以上です。 先ほど取り上げた『チャールズ&ダイアナ』よりも高い理由は以下の通りです。 ボトルの底にあるボタンを押すと、ラベルが光るドンペリ。 その華やかでロマンチックな演出に、人気も高い銘柄です。 3時間程度は明かりが灯っているので、飲み終わった後も楽しめます。 (スイッチでオン/オフができます) ゴージャスな気分を味わいたい人におすすめです。 ラベルのデザインが2種類あり、ドンペリのラベルがそのまま光るものと、シンプルデザインのものがあります。 防水仕様なので、ワインクーラーに入れられます。 白とロゼがあります。 香味は、白の場合、スモーキーでありながら、ナッツやドライフルーツのような香りが立つのが特徴。 ロゼは濃い色合いで、可愛らしいピンク色のものとは一線を画しています。 力強い琥珀色、銅のような色彩です。 エレガントな花の香りの後に、サクランボを感じさせるフルーツの匂いも。 ポップアートの革新者、故アンディ・ウォーホルが、友人たちと行っていた企画があったそう。 20人の男性がドン・ペリニヨンのボトルを2000本買い、密閉した部屋に2000年まで保管し、その後飲むというもの。 1987年にウォーホルが逝去したため、飲むことは叶わなかったが、このアイデアを気に入っていたそうです。 そんなアンディ・ウォーホルへのオマージュとして、2010年に作られたのが、『ドン・ペリニヨン アンディ・ウォーホル カラーラベル』。 ヴィンテージは2002年です。 発売当初は赤、黄色、青の3種類のラベルで、同じ色のギフトボックスとのセット。 (750mlで2万1000円) それからカラーバリエーションが増えて、6種類あります。 ポップでスタイリッシュさを楽しめるラベル。 自分用にも、気の利いたプレゼントにも良さそうです。 ドンペリは、ウォーホル以外にも、様々なアーティストとのコラボを果たしています。 探してみるのも、面白そうですよ!.

次の

ドン・ペリニヨン 1998

ドンペリ ドン 食後

1.ドンペリは、スパークリングワインの1種で、シャンパン! fa-lightbulb-o「ドンペリ」は、ワインの中のスパークリングワイン(発泡性ワイン)の1種で、シャンパンと呼ばれるアルコール飲料。 シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で生産される発泡性ワインのこと。 下記の図は、ワインの中で「シャンパン」の立ち位置を表したもの。 シャンパンは制限されたワインであることが分かりますね。 ただ、日本においては、発泡性ワイン全般を「シャンパン」と呼ぶ方もいれば、シャンパンは「シャンパン」と呼び、シャンパン以外の発泡性ワインを「スパークリングワイン」と区別して呼ぶ方もいて、呼名においては複雑さがあります。 生産するシャンパンは世界150ヶ国に輸出され、モエ・エ・シャンドン社のシャンパンは、世界で最も飲まれているシャンパンと言われています。 ちなみに、モエ・エ・シャンドン社は、高級シャンパンブランドであるドンペリの他に、下記のような「モエ・エ・シャンドン」というシャンパンブランドも展開。 両者とも生産者は同じですが、各ブランドによって醸造責任者が異なります。 ドンペリの醸造責任者は、ヴァンサン・シャプロン氏 醸造責任者とは、シャンパン造りにおいてもっとも重要な決断を下す人物。 ドンぺリニヨンで言えば、ドンペリを出すかどうかを決断し、味(ブレンド)の調整を行う役割を担っているのが、この醸造責任者。 現在、ドンペリブランドの醸造責任者は、ヴァンサン・シャプロン氏。 2018年まで28年間ドンペリの醸造責任者を務めていた リシャール・ジェフロワ氏が引退し、2019年からドンペリニョンの醸造責任者に就任。 過去のドンペリブランドの伝統を引き継ぎながらも、新たなドンペリの時代が期待されています。 ドンペリブランドは、シャンパンの父への敬意! fa-lightbulb-oそもそもドンペリは、シャンパンの父と言われる、「ドンピエール・ペリニヨン」への敬意を表現しているブランド。 一般的(スタンダード)なシャンパンの場合は、品質を安定させるために、様々な収穫年のブドウで造られたワインをブレンドします。 シャンパンの生産地であるフランスのシャンパーニュ地方は、フランスの北東に位置し、平均気温が低いため、決してブドウ栽培に向いていると言えません。 そんな土地で、シャンパンの品質を安定させるためには、ブレンドがとても重要になります。 製造面においては、他収穫年のものとブレンドが出来ないため、手間や労力がかかり、ブドウの出来具合によっては製造できない可能性もあります。 また、一般的なヴィンテージシャンパンの熟成期間は、3年~5年程度とされていますが、ドンペリの場合は約8年の熟成を経ます。 「ドンペリ」は、どんなシャンパン!? では、具体的に「ドンペリ」はどんなシャンパンかというと下記の通り。 甘辛度:辛口• アルコール度数:12. 生産者:モエ・エ・シャンドン(所在地:エペルネ)• 生産者タイプ:NM(ネゴシアン・マニピュラン)• 正規輸入販売元:MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 「ドンペリ」には様々な種類がありますが、上記の点においてはどのドンペリニヨンにも共通しています。 ドンペリの意味は!?ドンペリヘネシーって何!? ドンペリの意味は別記事に詳しく記載していますが、簡単に言えば下記の通り。 にて詳しく記載しているので、その一部の内容を引用して掲載しておきます。 fa-angle-rightドンペリニヨン ヴィンテージ(ドンペリ白) 最もスタンダードなドンペリ! 作柄の良いブドウのみを使用して造られたドンペリ!熟成期間は8年程度。 「エノテーク」とは、古いヴィンテージが置かれているセラーのこと。 その「エノテーク」というセラーに貯蔵された中の一握りのみが「ドンペリニョン エノテーク」として発売されます。 現在、この種類のドンペリはリリースされていないため、以前リリースされたものが販売されています。 また、ラベルがゴールドであることから、ドンペリゴールドとも呼ばれています。

次の

ドン・ペリニヨン 1998

ドンペリ ドン 食後

シャンパンの王様「ドンペリ」とは… ドンペリ=ドン・ペリニオン。 聞いたことありますよね。 それはシャンパンの王様。 しかし、実際に飲んだことがあるという人はまだまだ少ないのでは?ドンペリってどんなお酒なのか、いくら位で買えるのか、飲めるのか。 実際そんなに美味しいの?と言ったドンペリの疑問に迫ります。 なぜドンペリはそんなに偉いのか シャンパンやスパークリングワインの存在は知っていても、ブランドの銘柄名まで覚えているお酒はそんなにありませんよね。 しかし、お酒を飲まない人でも老若男女に知名度が高い「ドンペリ」。 なぜこんなにも有名なのでしょうか。 それは、ドンペリがなによりシャンパンの王様で、最高峰であるというのが最大の理由です。 シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方でつくられる、発泡性ワインのこと。 発泡性ワインの中でも、この「シャンパーニュ地方産」であること自体がとてもステータスの高いものなのですが、さらにその中でも、モエ・シャンドン社の作る高級ラインのドンペリは最高級な、ヴィンテージのお酒なのです。 また、極上の葡萄のみを選りすぐり生産するため、生産量が少ないので希少価値が高くなっています。 このシャンパンがとても高価で知名度が高いのは、こうした理由によるものなのですね。 ドンペリの種類とお値段を覚えてみよう ドンペリには、種類がいくつかあります。 ヴィンテージ・シャンパンで、最低でも7年は熟成期間があり、その期間や時期によって価格が違ってきます。 まずは基本の種類や相場の値段をご紹介します。 (価格は参考価格です。 お店や容量によって違ってきます。 もちろん!) ドンペリニヨン ヴィンテージ、ドンペリ白 7年ほどの熟成期間で、一番一般的なドンペリです。 参考価格帯(750ml)¥13,000 ~22,000 ドンペリニヨン エノテーク ヴィンテージ、ドンペリ黒 15年ほどの熟成期間で、特別な選ばれしドンペリです。 参考価格帯(750ml)¥27,000 ~ ドンペリニヨン ロゼ ヴィンテージ、ピンドン 8年~10年ほどの熟成期間で、人気の「ピンドン」です。 参考価格帯(750ml)¥30,000 ~ ドンペリニヨン レゼルブ ドゥ ラ ベイ、ドンペリゴールド 20年ほどの熟成期間で、希少なドンペリです。 参考価格帯(750ml)¥100,000 ~ ドンペリニヨン エノテーク プラチナ、ドンペリ プラチナ 1976年以前に造られたドンペリで、最高級品です。 参考価格帯(750ml)¥140,000 ~ ドンペリってお店で飲んでも大丈夫!?相場が知りたい! ドンペリと言えば、ホストクラブのシャンパンタワーを思い出す人も多いのでは。 タワーの高さにもよりますが、ホストクラブだと相当な金額が必要になりそうですよね。 美侍をご覧いただいているみなさんがドンペリを飲むとしたら、キャバクラでの相場が気になりませんか? (決めつけちゃって、ゴメンナサイ…) 地域やお店によって金額はもちろん違ってきますが、都内のキャバクラだと、一番安い「ドンペリ白」で、¥50,000~¥80,000ほどと言われています。 女の子におねだりされて思わず頼みたくなってしまいますが、お財布の中身をチェックしておかなければいけませんね。 ちなみにキャバ嬢は、その上のランクの「ピンドン」が大好きなんですよ。 相場は¥80,000~¥130,000となっています。 ドンペリの意外なレシピを発見しました 高級なドンペリをこんな風に使ったレシピを発見。 意外と色々使えるドンペリのポテンシャルの高さに驚きです。 ドンペリのクセのなさを利用したレシピ。 味は…ごはんには合わないなと思った。 びっくりするほど不味くもない。 これが意外とイケる。 わざわざお断りするまでもないとは思いますが、上記のレシピご紹介は、まあ「話のネタ」としてお読みいただければ幸いです。 もちろん、本気でお試しいただいても構いませんが。 できる男は臭いケアを忘れない。 たかがドンペリ、されどドンペリ やっぱりなんだかんだ言っても、一度は飲んでみたいドンペリ。 大人の男の仲間入りをした気分にも浸れそうですね。 炭酸が強いからか、グラスで提供してくれるお店は見当たりませんでした。 最初からボトルで頼むのには勇気がいる人は、まずは酒屋さんでドンペリ白を買ってみて、お家で味わってみてはどうでしょうか。 特別企画:女性に選ばれた、男性向け衣類の消臭スプレーは? 美侍編集部で、は3つの衣類用消臭剤を女性52名にアンケートを実施。

次の