格安sim 機種変更。 SIMカードの入れ替え方法について|注意点から使用方法も解説

他社から格安SIMに乗り換えと同時に機種変更する場合は超楽!開通までの流れを解説するよ

格安sim 機種変更

乗り換えと機種変更を同時にする場合、手順は大きく6ステップあります。 ここからは1ステップずつ詳しく解説していきますね。 【ステップ1】どこで端末を購入するか? まずは機種変更する端末を選ぶ必要があります。 端末の購入先は大きく2つあり、1つが自分が利用したい格安SIM会社(MVNO)の端末セットで契約する方法です。 もう1つは端末セットではありませんが、店舗やネット通販で端末を購入する方法があります。 格安SIM会社(MVNO)の端末セットを購入する場合 格安SIM会社(MVNO)の端末セットは、 SIMフリー端末と呼ばれる回線の種類が限定されないスマホを扱っています。 回線が限定されないから、回線と端末の対応状況をチェックする必要もありません。 (そのまま使えます) また、 端末セットの良い点は初期設定が必要がないため、自宅に届いたらすぐに使うことができます。 必ず用意しておこう!• クレジットカード• フリーメールなどのメールアドレス 特に クレジットカードは、格安SIM会社(MVNO)の定番の支払い方法です。 格安SIM会社(MVNO)によっては口座振替やデビットカードといった支払い方法も用意していますが、必ず1枚のクレジットカードを用意しておくと手続きが楽です。 他にメールアドレスは、格安SIM会社(MVNO)と連絡できるものであればフリーメールでもパソコンのメールでもOKです。 【申込編】申し込み場所はネット(WEB)受付にする?店舗受付にする? いよいよ格安SIMの申し込みです。 手続き方法としては大きく2つあります。

次の

機種変更をsimカードの入れ替えだけで安く済ませる方法

格安sim 機種変更

iTunesはiPhoneから一度PCにバックアップを取り移行する方法なので、PCが必要ですがアプリの細かい設定など、ほぼ全てのデータを移行できるのでPCをお持ちの方はiTunesがおすすめです。 iTunesを使用する場合 まずはiTunesを入手しましょう。 MACのパソコンであれば最初から入っているので問題ありませんが、Windowsの場合はMicrosoft storeでインストールして下さい。 インストールが完了したらiTunesを開き、USBケーブルでiPhoneとPCを繋ぎます。 ガイドに従いPCとiPhoneの設定を進めていくと、画面の左上コントロールの下辺りにiPadのようなアイコンがあるのでクリックしてください。 するとiPhoneの設定画面が開きますので、バックアップから手動でバックアップ/復元の「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが始まります。 この時に、「ローカルのバックアップを暗号化」のチェック項目にチェックを入れておくと、アカウントパスワード等の細かいデータもバックアップを取ることができます。 バックアップが完了したら、端末を取り外し次にデータ移行先の新端末とPCをUSBで接続します。 接続が完了したら中央一番右の「バックアップを復元」をクリックすると新端末に全てのデータを移行する事ができます。 iCloudを使用する場合 iCloudはiPhoneだけで出来るデータ移行方法なのでPCが無くても大丈夫です。 やり方は「設定」の一番上にあるユーザ名をタップして「iCloud」の「iCloud バックアップ」をタップします。 ここで「iCloud バックアップ」をオンにしましょう。 次にiPhoneを充電ケーブルに接続し、次の条件を確認してください。 「Wi-Fiに接続されている」「iCloudの空き容量が十分にある」「画面がロックされている」充電中にこの条件を満たすと自動的にバックアップが開始されます。 後は新端末でiCloudからデータを取り込めば完了です。 注意する点はiCloudでデータのバックアップをする場合、5GB以上のデータ容量だと有料になってしまうので、PC環境がある方はiTunesを使用した方が安全にデータ移行する事ができます。 それぞれのやり方を説明していきます。 Googleアカウントを使用する場合 まずは旧端末からバックアップと取っていきます、各機種やメーカーによって若干やり方が異なりますのでその点はご了承ください。 最後に「今すぐ同期」をタップするとバックアップが開始されます。 同期が完了したら新端末でGoogleアカウントを取得し読み込めばデータ移行は完了です。 各アプリに関しては個別にデータを移行する必要があるので、それぞれのアプリ内で確認してください。 JSバックアップを使用する場合 無料アプリの「JSバックアップ」を使用したデータ移行の方法を紹介します。 「JSバックアップ」を使うと電話帳から画像、SNSやアプリまで「JSバックアップ」のアプリ内で全て完結しますのでとても便利です。 ただし、LINEやFacebook、各種ゲームアプリ等は、事前にアプリ内で引き継ぎ登録をしておかないといけない物があるので、引継ぎ前に確認して準備しておきましょう。 まずは機種変更前のスマホで「JSバックアップ」をプレイストアからダウンロードして下さい。 ここまで完了したら次は新端末で「JSバックアップ」をダウンロードします。 新端末のSIM交換と初期設定はあらかじめ済ませておきましょう。 SDカードを使用する場合 SDカードのみを使用してデータ移行をする方法を紹介します。 画像も同じ要領でSDカードに移動してください。 画像も同じ要領でデータ移行を完了してください。 ここではiPhone、AndroidでのLINE移行手順について解説します。 注意点として、新しいスマホでLINEにログインしてしまうと、古いスマホでLINEにアクセスできなくなるため、バックアップが取れなくなってしまいます。 必ず新しいスマホでLINEにログインする前に、古いスマホでバックアップを完了させましょう。 また、スタンプや着せかえに関してはバックアップが取れないため、新しいスマホでLINEにログインした後にストアから再ダウンロードしましょう。 ログインが正常に行われていれば、再ダウンロード時に新たにLINEコインが必要になることはありません。 iPhoneでトーク履歴をバックアップする場合 iPhoneの場合はiCloudを使用してバックアップする事ができます。 iCloud Driveがオンなっていない場合は、バックアップを開始する前にiPhoneの設定からオンにしておきましょう。 新しい端末でLINEにログインする方法とトーク履歴の復元方法 新しい端末でのログイン方法、トーク履歴の復元方法はiPhone、Androidとも一緒です。 旧端末で設定したメールアドレスとパスワードを使って、新端末のLINEにログインします。 初期設定の途中でトーク履歴を復元するかどうかの選択がありますので、「トーク履歴をバックアップから復元」を選択しましょう。 年齢認証に関しては、初期設定中に済ませてもOKです。

次の

スマホの機種変更 SIMの入れ替えからデータの移行まで詳しく解説!!

格安sim 機種変更

近年は格安スマホの登場により、「2年契約」に縛られていない人も多い。 しかし、こうなると問題になってくるのが、「機種変更するタイミング」だろう。 また、新しい通信規格「5G」のサービスも開始し、対応しているスマホの購入を検討している人もいるはず。 そこで今回は、そんなスマホの機種変更のタイミングについて解説していこう。 スマホの機種変更はこんなタイミングで! スマホの機種変更はどのようなタイミングで行うのがいいのだろうか。 当然、何年も同じスマホを使っても問題はないのだが、スマホは年々その機能が進化しているため、最新機能や最新サービスを利用したいという人は、定期的に買い替えるのをおすすめしたい。 スマホ機種変更のタイミング:電池の持ちが悪くなった まず考えられる機種変更のタイミングは、スマホのバッテリーが購入時よりももたなくなってきたと感じた時。 スマホのバッテリーは、充電を繰り返していくうちに劣化し、その持続時間は徐々に短くなっていってしまう。 メーカーやキャリアによっては、バッテリーの交換サービスを行っている場合もあるが、このタイミングでスマホ本体を買い替えてみるのはいかがだろうか。 スマホ機種変更のタイミング:画面表示に時間がかかるように…… スマホのスイッチを入れたり、アプリの起動に時間がかかるようになってしまう場合も、機種変更のタイミングかもしれない。 これらの要因は、データの容量が多すぎてしまったり、最新のOSが端末にとってオーバースペックだったりと、様々な要因が考えられるので、自分のスマホがなぜ動きが悪くなってしまったのかを把握し、次の端末選びに生かすといいだろう。 スマホ機種変更のタイミング:使いたいアプリが適応していない!? 何年も同じスマホを使い続けていると、OSのアップデート保証期間を過ぎてしまい、最新のものに更新できない場合がある。 古いOSには対応していないアプリも存在するので、アプリをダウンロードしようとしたのに、「お使いの端末には対応していません」という理由でダウンロードできないという場合も起こりかねない。 スマホの機種変更に必要な準備とは! では、実際にスマホの機種変更をする際にはどのような準備が必要なのだろうか。 近年はバックアップのためのアプリも登場しているが、念のために2重でバックアップをとると確実なので、おすすめしたい。 スマホの機種変更に必要な準備:電話帳のバックアップをしよう まず大切なのが、電話帳のバックアップをしっかりと取る作業。 特にビジネスにスマホを用いていて、取引先や上司などの大切なデータが残っている人は、細心の注意を払って、2重でバックアップをとってもいいだろう。 電話帳をGoogleアカウントなどのクラウドサービスに同期していれば、引継ぎも簡単なのでおすすめだ。 スマホの機種変更に必要な準備:アプリの引き継ぎ準備は忘れずに 電話帳と同じように、各アプリの引継ぎを準備する必要もある。 アプリごとにバックアップの取り方が異なる場合も考えられるので、データを残しておきたいアプリの引継ぎ準備は忘れずに行おう。 SNSなど、ログインにパスワードが必要なサービスに関しては、パスワードをしっかりとメモしておくといい。 スマホの機種変更に必要な準備:写真ファイルなどのバックアップは確実にとろう! 写真や動画など、残しておきたいデータのバックアップもとろう。 こちらも、クラウド上に保存するサービスが多く存在するので、SDカードと併用してバックアップをとるなど、2重で準備しておくと確実だ。 おすすめのクラウドサービス「Googleフォト」での バックアップ方法は、下記リンクを確認していただきたい。 【関連記事】 おサイフケータイを利用している場合 「おサイフケータイ」の利用情報を引き継ぐ場合には、モバイルSuicaや楽天Edyなど各々のサービスごとに手続きをしなければならない。 しっかりデータ移行を済ませておかないと、残高やポイントが失効してしまう恐れがあるので、事前にチェックしておくべきだ。 スマホの機種変更の手順 では、スマホの機種変更の手順について解説していこう。 同じキャリアで機種変更する場合 元々使っていたキャリアのまま、新しい端末に変更したい場合は、契約しているキャリアの店舗にて新しい端末を選ぶか、オンラインショップで購入すると、機種変更ができる。 格安スマホを契約する場合 新しく格安スマホを契約する場合は、まず現在利用しているキャリアを解約する必要がある。 これは、実店舗やオンラインショップで可能となっているが、契約内容によっては、解約金などがかかる場合があるので注意が必要だ。 同時に、利用したい格安スマホの通信会社のSIMカードを購入する必要がある。 格安スマホの通信会社は、オンラインショップが主であるため、購入から実際にSIMカードが届くまでに数日から数週間かかる場合がある。 手元に届く日付を確認してから、状況に応じてキャリアの解約をしよう。 文/佐藤 文彦.

次の