で びでび で びる 地 声。 地声(じごえ)とは

人間は悪魔にひれ伏すしかない!《でびリオン二次創作》

で びでび で びる 地 声

・この番号への通話料金は、各種通話料金割引サービス、携帯電話無料通話分の対象外となります。 ・携帯電話、スマートフォンから発信者番号を通知しておかけください。 ・発信者番号を非通知設定にされている方は、00678の前に「186」を付与してお電話をおかけください。 ・固定電話、PHS、IP電話、プリペイドカード式携帯電話及びデータ通信専用プランの携帯・スマートフォンなどの場合ご応募いただけません。 ・070、080、090以外から始まる番号では応募が出来ません。 ・電話が集中してかかりにくくなる場合も生じます。 その際は後ほどおかけ直しください。 ・当選された方には、後日番組スタッフよりおかけになった電話番号、または、メールアドレスにご連絡させていただきます。 ・当選された方からいただいた個人情報は、今回のプレゼント発送のみに使用し、発送後は情報を破棄させていただきます。 <ご注意ください> ・当選された方の電話がつながらなかった場合、留守番電話にメッセージを残して電話をかけなおしていただくようご案内することはありません。

次の

人間は悪魔にひれ伏すしかない!《でびリオン二次創作》

で びでび で びる 地 声

Contents• でびでび・でびる でびちゃん の前世や中の人は? でびちゃん2. 声は変わらずあの声のまま歌っているので、ずっと聞いていたいくらい癒し効果がありますよね。 しかも歌が上手で楽しそうに歌っているので、元気がもらえる配信でした! そんなでびちゃんことでびでび・でびるにも中の人が存在しています。 でびっち、迫真のSkype着信音 — しゃきり shakiri02 にじさんじ仮説4 【でびちゃん美少女説】 異界からやってきた崇拝すべき偉大なる悪魔 でびでび・でびる ですが、実は裏の顔があります。 — にじにゃんこ🌈🕒V界の猫 nijicat2434 でびちゃんの前世や中の人を調査していくと、でびちゃんは 「でびっち」という仮説が多かったですよ。 確かにかわいい声がかなり似ていますよね。 中々真似できそうな声ではないので、可能性が高そうです。 しかもで「でびっちの初配信」を紹介しているので濃厚ではないかと思います! でびでびでびる|地声や性別や年齢と親と同居してる? にじさんじSEEDsのニコ生よくばりセット~でびっちの初配信~ より でびっち可愛いので頼む — キメツのネタバレ偶にしちゃうマン uuuumaruru でびでびチャンネルでも紹介している 「でびっちの初配信」の終盤、放送事故のような騒ぎになりました。 でびでびでびるの中の人が、でびっちと同じであれば性別は 「女性」という可能性が高いですよね。 でびっちは初配信最後、配信をきり忘れてしまったようで結果、 彼氏の声や親の声が配信されてしまうことに・・。 しかし、この様子を隠さず でびでびチャンネルで紹介している精神力の強さがすごいですよね! 親の緩い声が入っていますので、でびっちは親と同居していることが考えられそうですね。 声がとても若い印象ですし中の人の年齢は20代くらいと推測しています。 また配信中の声は作っているのかと思うくらい特徴的な声をされていますが、「でびっちの初配信」終盤、配信を切り忘れた後の声もあのままの声でしたので、 地声もきっとあのままのかわいい声の可能性が高いと思います!.

次の

地声(じごえ)とは

で びでび で びる 地 声

「それは、僕の眷属にするための刻印だよ。 キヒヒヒ!」 小さな悪魔はお腹を抱えて笑う。 瞳は淀み、悦楽が身体中を掛け巡る。 キヒヒヒと愉快そうな哄笑が響き渡り、エクスの耳を震わせる。 「師匠……」 「うん? もしかして、絶望しちゃったのかなぁ?」 抗うこともせず、アルスを見下ろすエクス。 仲間の死を目の前にして心が折れたのか。 俯き、影の差す顔からは表情が伺えない。 ぜったいに、良い表情を浮かべてるのにねぇ。 でびでび・でびるは人の絶望した顔が大好きだ。 勇気を振り絞って立ち向かった勇者が、でびでび・でびるに敵わず絶望していった姿は得も言われぬ快楽となる。 「んん~?」 酒に酔うようにエクスの表情を覗き込もうとしたでびでび・でびるは、顔を上げたエクスの目と視線がぶつかる。 その瞳には絶望などなく、明確な怒りが宿っていた。 でびでび・でびるの口が、裂けるように弧を描く。 いいぞいいぞ。 まだ、抵抗するんだねぇ。 重力を感じさせない動きで空中を飛び、エクスから距離を取り、玉座に座る。 「イヒヒ! がんばれ、がんばれ。 それを聞いて安心した」 アルスと出会ってから一度も抜くことのなかった剣に、エクスは初めて手を掛ける。 どれだけ文句を言われても拳で戦ってきたエクス。 剣を抜かなかったのは、拳で十分に戦えるというのが理由の一つ。 もう一つは、危険性が故に。 聖剣などと大それた呼び名が付いているが、結局のところ強力な武器でしかなく、聖剣か魔剣かは担い手によって変わる。 僕は強いですから剣を抜く必要もないと舐めたことを口にするが、必要のない時に危険な武器を使いたくなかったのだ。 ……調子に乗って適当に扱い、仲間を傷つけることもあるのだから。 故に、エクスは決めていた。 聖剣を抜く条件を。 普段なら恥ずかしさで悶絶しそうだが、今のエクスの心はマグマのように煮え滾っていた。 羞恥など沸きようもないほどに。 柄に手を掛けたまま、エクスは呟く。 「"RELEASE"」 今ここに、かつて魔王を倒した聖剣が解放される。 目を焼くほどに輝く刀身を目にしたでびでび・でびるは、ダンジョンを揺るがすほどの狂笑を上げた。 「キヒヒヒヒヒヒヒヒッ!!?? イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒッッッ!!!! 最高だねぇ英雄!? ここまで楽しいのは久々だよ。 最後まで僕を飽きさせないでくれよ?」 「楽しませませんよ。 目をパチクリさせて、ぼーっと視線を漂わせる。 ……? 僕はなにをして…………? 働かない頭。 身体は馬車に乗っているように揺れるが、足が地に付いておらず動かしにくい。 視界の大半は金色が埋め尽くし、寝惚けた頭で状況の把握は不可能。 そう判断したアルスは、ぽてっと金色の海に顔を埋めた。 「師匠。 起きましたか?」 凄く近くから金髪英雄の声が響き、改めて目を覚ます。 金髪……英雄……………………金髪っ!? ようやっと状況を把握したアルスが、真ん丸の林檎のように顔を赤くして手足をじたばたさせる。 「ちょ、ちょっとぉ!? なんで僕は英雄に背負われ……っ!? 降ろして、降ろせぇ!」 「ちょっ!? 師匠暴れないで下さいよ! あたたたっ!? 髪を抜こうとしないで!」 エクスにおんぶをされているアルスは羞恥心で一杯になりエクスの背中で暴れたが、眠ってしまう前のことを思い出し慌てる。 「あの悪魔は!? というか僕はどうしたの!? なんかヤバイの喰らってなかった!? ていうか外!? 」 「師匠うるさい」 頭を掴まれ、耳元で叫ばれたエクスは、眉間に皺を寄せながらもアルスを落とすことなく歩き続ける。 声の調子は軽く、薄っぺらいいつもの口調だ。 「めっちゃヤバかったんで、師匠背負ってとんずらしたら見逃してくれました。 いやー、ほんと死ぬかと思いました。 コアラって強いんですね。 もう二度と戦いません。 まあ、本気を出せば一撃ですけど」 「そんな簡単に見逃してくれるような悪魔じゃ……」 ない、と言いかけて、アルスは言葉を飲み込んだ。 口調こそいつも通りなのに、横から見えたエクスの表情が笑っていなかったからだ。 いつもふざけた事ばかりを口にし、真面目な表情なんて一度も見せたことがないのに。 そのエクスが、なぜかつらそうにしている気がしたのだ。 あの場所でなにがあったのかはわからない、けど。 お調子者の英雄がそんな表情をしなければならないほどのことがあったことを悟り、アルスは考えるのを止めた。 ぽてりとエクスの後頭部に額を落とす。 「師匠?」 「疲れた。 帰ろう。 寝たい。 走れー英雄ー」 きっと、考える必要はなくて、僕たちは悪魔の迷宮から情けなく逃げ帰った。 それでいいんだ。 それが、いい。 エクスの首に回していた腕に力を込め、彼の背中に身体を預ける。 追及を受けると身構えていたエクスはあっさりとアルスが引き下がったことを意外に思った。 けれど、それがアルスなりの気遣いだとなんとなく理解して微かな笑みを零すと、少しばかり足を速めた。 「師匠」 「なに?」 「おっぱいが当たってます」 「降ろせぇえええええ!! 今すぐ降ろして死ねぇええええええええ!! 」 沈む日に照らされた二人の影は、重なりながらも騒がしく暴れ回る。 その玉座では闇に溶けてしまいそうなほど、ボロボロとなったでびでび・でびるが転がっていた。 「イヒヒヒ。 負けちゃったねぇ」 負けるなんて久々。 楽しいねぇ。 力なく笑う。 ただ、その表情は本当に楽しそうで、敗北の悔しさなど欠片もない。 「この迷宮も飽きたし、あいつらを追い掛けるのも楽しそうだ。 僕を負かした相手をからかって、遊んで……想像するだけでたのちいねぇ」 悪魔は死なない。 悪魔は消えない。 故に、悪魔にとって敗北など些末な問題であり、勝利してしまった人間は悪魔を倒したことを後悔する。 なぜなら、敗北した相手が絶望して死ぬまで、執念深く追い掛け回すのだから。 寿命のない悪魔にとってたかだか人間の寿命など一瞬の時でしかない。 死ぬまでからかうなど、でびでび・でびるにとって悠久の時の戯れに他ならない。 「どうやって遊んでやろうかな。 イヒヒヒヒ! …………ん?」 アルスとエクスをどのようにからかうか想像を膨らませていると、迷宮に侵入者が現れたことに気が付いた。 既に侵入者は玉座の間の近くまで来ており、接触まで後僅か。 よっこらしょっと、小さな背を背もたれに預けると、楽し気に両腕をパタパタされる。 「今日は先客万来だなぁ。 彼女は友達の家に遊びに来たかのような気軽さでレッドカーペットの上を歩き、玉座に座るでびでび・でびるを見て、残念そうに息を吐き出した。 「もうボロボロじゃないですかぁ。 せっかく、万全の悪魔さんと戦えると思ったのにぃ」 「キヒヒ! 僕に勝てる気でいるの?」 気軽に吐かれた大言壮語に、でびでび・でびるは楽しくなる。 今日は僕の長い悪魔生の中でも、稀に見るたのちい日だねぇ。 英雄との闘いで大きなダメージを負っているとはいえ、でびでび・でびるは人などよりも強靭な悪魔である。 たかだか人間の女に負ける要素は何一つとしてない。 見た目で弱いと判断し、勝利を確信する者のなんと愚かなことだろうか。 しかし、少女は紅い艶やかな唇に一刺し指を添えて否定する。

次の